2021年11月29日 (月)

今更ですがQZS-1R(QZSS Q4)を受信

 昨夜23時頃、GR-8015U(u-blox NEO-M8T)とu-center(21.05)の組み合わせでGNSSを受信していたら、遅まきながらQZSS Q4が受信できました。

【(01)QZSS Q1, Q3, Q4】
01qzss-q1-q3-q4


【(02)QZSS Q2, Q3, Q4】
Qzss-q4-ab-234


 Q1, Q2, Q3, Q4が揃うのを30分程度待ってみましたが、出そうもないので諦めて寝ました。
 もしかしたら、どこかで表示の設定を間違えているかもしれないので、そのうち確認したいと思います。

| | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

2018年のu-center QZSS Q4は何だったのでしょうか?

   素人無線家の好奇心でQZS-1Rの受信を目論んでいるのですが、いまのところ受信できていません。
 受信報告を拝見すると、正式フォーマットで送信されていない場合があるようなので、運が必要かもしれません。
 QZS-1RのL1C/A信号 (J04, PRN196) は、Q4として表示されるようですが、昔u-centerで見た記憶があります。
 調べたみたら、2018年10月に、「QZSS Q4」という文字が表示されていました。
当時は、GR-8013U(u-blox M8)とu-center(v18.09)の組合わせを使用していました。

【(01)u-center QZSS Q4】
01ucenter-qzss-q4

 方位データはありませんが、何かの搬送波は受信できているようです。
 不思議な事には、「QZSS Q5」も表示されることもあります。


【(02)u-center QZSS Q4,Q5】
02ucenter-qzss-q4q5

 Q5ということはPRN197ということになると思いますが、対応関係がよくわかりません。


 関係がありそうな以下の資料を見かけましたが、頭が混乱しそうです。


  L5S信号のPRN番号変更および測位技術実証サービスのユーザインタフェース仕様書第3版(IS-QZSS-TV-003)の適用について
  2021年04月14日
  https://qzss.go.jp/info/information/ptv_210414.html
以下、上記URLから抜粋引用
---------------------------------
2021年4月23日(JST)にL5S信号のPRN番号を次のように変更します。
QZS2:PRN196→184
QZS3:PRN197→189
---------------------------------


  衛星運用状況
   https://sys.qzss.go.jp/dod/constellation.html


  各国の測位衛星
  2021年11月24日
  https://qzss.go.jp/technical/satellites/index.html#QZSS
以下、上記URLから抜粋引用
---------------------------------
PRN SVN 衛星名
193 001 みちびき初号機(QZS01)
194 002 みちびき2号機(QZS02)
199 003 みちびき3号機(QZS03)
195 004 みちびき4号機(QZS04)
196 005 みちびき初号機後継機(QZS1R)
---------------------------------


以下の当時のデータを見るとPRN196とPRN197はラベルだけで、中身が無いような感じもします。

【(03)UBX-RXM(Receiver Manager)-SVSI(SV Status Info)】
03ubxrxmreceiver-managersvsisv-status-in

 

 2018年当時のPRN196は、現在のPRN184ということであれば、何らかの原因でQZS2の L1S(SLAS)信号が表示されたと考えることもできそうですが、実際のところはよくわかりません。

 素人の好奇心だけでは限界が・・・

 運が良ければ、そのうちQZS-1Rを受信できるかもしれません。

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

今日のQZS-1とQZS-1R

 QZS-1Rはまだ少し西に寄っているようです。

【(01)N2YOによるQZS表示】
Qzsgif_2
(画像左クリックでGIFアニメ開始)

 


下記の記事によれば、打ち上げ(10/26)から10日ほどかけて準天頂軌道へ到達するとのことです。

  準天頂衛星「みちびき」初号機後継機、打ち上げ成功 来年3月から運用予定
  2021-10-27
  https://sorae.info/space/20211027-h2a-qzss.html


 そのうち東京の方に移動してくるのでしょうか?

 u-centerでは、現在の衛星は、下記画像のようにQ1, Q2, Q3で表示されています。

【(02)u-centerによるQZS表示】
02ucenterqzs
(画像左クリックで拡大表示)

 

 下記の資料によれば、QZS-1RのPRNは"196"ですが、u-centerではどのように表示されるのでしょうか?

  準天頂衛星の7機体制における配信信号の変更について
  2021年5月
  内閣府 宇宙開発戦略推進事務局
  https://qbic-gnss.org/wp-content/uploads/2021/05/21_wg4_01-02.pdf

| | コメント (3)

2021年11月18日 (木)

再度Google八分かと思ったらNiftyメンテでした

 RevolverMapsのアクセスログ"24 Hours"をチェックしてみると、1AM~8AMのアクセス数がゼロになっています。

【(01)RevolverMaps "24 Hours"】
01revolvermaps24-hours

 

 たまに1時間に1回もアクセスが無いことがありますが、8時間もアクセスが無いのは一寸変です。

 

 以前、映画のネタバレ部分で透明文字を使用してGoogle八分になったことがありますが、最近は怪しいことをした自覚はありません。

【(02)Google八分
02google

 NIftyのアクセスログを確認しようとしたら、「メンテナンス中です」というメッセージが表示されました。
調べてみたら、ココログサーバの移転作業があったようです。
 自分が原因でないので、とりあえず一安心です。

  2021.11.02
  11/12,18 ココログのサーバ移転メンテナンス
  https://info.cocolog-nifty.com/info/2021/11/post-0f72d6.html

| | コメント (0)

2021年11月15日 (月)

MRI検査受診時の熱感の原因は?

 先日、魔女の一撃を食らってしまいました。

 痛みの原因は色々存在するようなので、原因特定のためにMRI検査を受診しました。
 MRI検査は10年くらい前に体験したことがありますが、ガガガガと唸る円筒の中を移動するので、自分がソレノイド・コイルの中のプランジャになったような気分でした。

  What is MRI?  
  MRIではどうやって体の中を見るのでしょう?
  https://jp.medical.canon/general/general_mri

  How do RF-transmit coils work?
  https://mriquestions.com/rf-transmit-coils.html

  オープンフレームソレノイド
  https://smt.shindengen.co.jp/product/lineup/seihin/c/act/openframe/


 検査の手順は前回と同様でしたが、前回は気が付かなかった体の反応がありました。
 前回の検査では、体が感じたのは振動と騒音だけでしたが、今回は音の発生に同期して内臓が暖かくなるのを感じました。
 熱いとまではいきませんが、お腹の中に懐炉が入っている感じです。
 音が大きくなると、感じる温度が高くなるので体に印加される信号の強さと関係があるようです。
 検査が進むに連れて感じる温度が更に高くなります。
 MRIの仕組みは全く知らないし、事前に温度の説明がなかったので一寸心配になりましたが、いざとなったらパニックボタンを押せばよいと思っていたら、そのうち検査が終わりました。
 当方の場合は、所要時間は15分程度でしたが、結構長く感じました。

 MRI検査の結果は、圧迫骨折ということで、対応する処方をして頂くことになりました。
 1~2か月かかりそうですが、気長に待つしかないようです。

 ここまでが今回のテーマの前振りで、これ以降が本題です。

 MRI検査では磁性体禁止ということは知っていましたが、発熱(?)の話は知りませんでした。
 インターネットで調べてみると、以下の資料がありました。

  よくあるご質問
  MRI検査施行中の熱感、ピリピリ感について
  https://saiseikai.info/department/radiology/b_faq/

 この資料には、「MRI検査は強い磁場と電波を使用します。電波の影響で検査の中頃から後半にかけ徐々に暖かくなります。」という説明があります。
 当方が体験したのはこの現象のようです。これを知っていれば、無用な心配はせずに済んだかもしれません。
 磁場ではなくて電波の影響であるとすると周波数が気になります。
 下記の資料の例の場合には、"resonant frequency is approximately 64MHz"となっているので、FM放送より一寸下です。(防災無線付近?)

  INTRODUCTION TO HOW MRIS WORK
  https://www.maximintegrated.com/en/design/technical-documents/tutorials/4/4681.html

 電子レンジのマイクロ波(2.4GHz)とは周波数が大きく異なっていますが、周波数によって発熱のプロセスが異なることはあるのでしょうか?
 下記の資料によれば、生体に対する熱作用に関しては、100kHz以上では同じような挙動のようです。

  電波の人体に対する影響
  https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/jintai/

  電磁波の性質と生体作用
  https://www.soumu.go.jp/main_content/000191705.pdf
(以下、上記URLから抜粋引用)
------------------------------------------------
熱作用
・電波のエネルギーが生体分子を振動させて、熱が発生
 (電子レンジと同じ原理)
・体温上昇によるストレスが発生
・高周波電磁界(100KHz以上)で支配的な作用
------------------------------------------------

 MRIも電子レンジも、電波の周波数は100kHz以上なので、上記資料の説明に基づけば、発熱の原理は同じということになりそうです。
 結局、今回の場合は、自分が体験した熱は、VHF帯の電波が誘電体(人体)に吸収され、生体分子が振動されたことで発生した可能性が高そうです。
 個人的には電子レンジと同じというのが、何となく納得しにくいですが・・・(わが身の反応は食品と同じ?)

 

 電子レンジとは異なる原理の事象(生体分子振動以外の事象)を調べていたら、ジュール熱が原因と思われる以下の資料を見かけました。

  医療事故情報収集等事業 第 22 回報告書 (2010年 4 月~ 6 月)
  MRIの高周波電流ループによる熱傷
  https://www.med-safe.jp/pdf/report_2010_2_T002.pdf

 上記資料に記載の事例は、対象部位が体の表面に限定されており、自分の場合とは異なっているようです。
 なお、"MRI Burn"で画像検索するといくつか事例があります。
 事例の絶対数は少ないかもしれませんが、画像を並べて見ると一寸怖いです。
 次にMRI検査を受けるときには、手足でループアンテナを作らないようにしなくては・・・

 


【参考外部リンク】
(タイトルに釣られて少し眺めてみましたが、ゼロベースの素人無線家では5年かけても理解は難しそうです。スピンや傾斜磁場の話が???)

5分でわかる!MRIのおはなし
http://www.kouseiren-ta.or.jp/gakujyutsu/2018/05/30/7545/

15分でわかる(?)MRI
https://www5.dent.niigata-u.ac.jp/~nisiyama/MRI-15-min.pdf

| | コメント (0)

«ストリートビューで見た電子基準点「町田」