2017年3月26日 (日)

電波時計の信号(JJY)は窓から離れると急激に減衰

  現在、腕時計としてはCASIO PROTREK 3069*JA (PRW-1300ARJ)を使用しています。
 PRW-1300ARJでは、時刻修正は夜中(00:00, 01:00, 02:00, 03:00, 04:00, 05:00)に行われるので、自宅に居るときには腕時計は窓際に置いてあります。
 今までは、ほぼ毎日正常にJJY信号による時刻修正が行われましたが、最近は殆ど時刻修正が行われていません。
 窓は、北向きの金網入りの窓ガラスです。
 また、南側には鉄筋の建物が隣接しています。

 時計会社のサイトに電波が金属などで妨害された届きにくい場所の例がいくつか挙げられていましたが、四つの条件を満足しています。
  

  セイコーウオッチ株式会社→修理・サポート→操作・機能 電波時計→電波を受信しやすい環境
  https://www.seiko-watch.co.jp/support/function/wave03.php
  以下、上記URLから抜粋引用。
----------------------------------------
  電波が金属などで妨害された届きにくい場所
  ・ビルの中、地下(窓から数10cm離れただけで受信できない場合もあります)
  ・近くに大きな鉄筋ビルがあるところ
  ・網入りガラス(ワイヤーガラス)や金属ブラインドがあるところ
  ・ベランダに鉄の柵があるところ、のき下が出っ張っているところ
----------------------------------------

 当方の受信環境はかなり悪いです。
 正常にJJY信号による時刻修正が行われなくなった理由としては、経年変化による腕時計の感度低下が考えられますが、別の電波時計(OREGON SCIENTIFIC RM219)でも同じような傾向にあるので、雑音の増加などで受信環境が悪化してきたのかもしれません。
 スマホの時刻修正アプリを使う手もありますが、結構面倒です。
 自宅でJJYの信号が十分な強度で受信できて、かつ、腕時計を夜間放置しておいても邪魔にならない場所を探してみたら、北西の角部屋の西向きの窓際であれば、ほぼ確実に時刻修正が行われることが判りました。

 窓からどの程度の距離までJJYの信号が正常に受信できるか、JJY用トーンキーヤーでリアルタイムで確認してみました。

【JJY信号劣化の様子】

 窓際では、殆ど雑音の影響を受けずに正常に受信できていますが、少し離れると急激に雑音が増えています。
 50cm程度離れると雑音まみれになります。
 誤り訂正は行われていると思いますが、あまり雑音が多いと訂正しきれないかもしれません。
 一寸面倒ですが、電波腕腕時計は、1週間に一度程度は西向きの窓際に置いて、時刻修正をするしかないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

Googleマップのタイムラインを利用して移動経路をアニメーション表示

 旅行の際に、自分がどこにいるのか、あるいは、どこに行ったのを確認するために、m-241等のGPSロガーを使用することがあります。
 通常は、ログを記録したいコースを意識して、移動の前にGPSロガーの電源を入れるのですが、場合によっては、最初は記録するつもりはなかったけれども、移動した後にログを記録しておけばよかったと思うことがあります。

 スマホのGoogleマップは、デフォルトで自動的に座標データを記録するようになっているので、タイムラインを利用すれば、任意の日の自分の移動経路を表示することができます。

  タイムラインの表示または編集
  https://support.google.com/maps/answer/6258979?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

 移動経路を表示するのであれば、移動状態をアニメーションで表示してみたいのですが、タイムラインではできないようです。
 タイムラインから座標データを抽出することができれば、どうにかなるかもしれません。

 調べてみると、タイムラインから、JSON(JavaScript Object Notation)またはKMLフォーマットのデータがダウンロードできるようです。

  Export timeline - Google Product Forums
  https://productforums.google.com/forum/#!topic/maps/v8iaQF_Y0fw

 以下、上記URLから抜粋引用(内容が一寸古い?)
-------------------------------------------
Visit your Timeline
https://www.google.com/maps/timeline
Click the cog icon at the bottom right corner of the screen and select the option "Download a copy of all your data"
It will re-direct you to the Takeout site from where you can download your Location history in JSON or KML format.
-------------------------------------------
 

 移動経路をアニメーション表示できるツールとしては、「ルートラボ」と「轍 ONLINE」を使ったことがありますが、海外で記録したトラックをブログに埋め込んでアニメーション表示する場合は、「轍 ONLINE」の方が使い易いので、タイムラインのデータを使って「轍 ONLINE」で表示することにしました。

    轍 Wadachi ソフトウェア 公式サイト
    http://wadachi.cyclekikou.net/

    インポートできるファイル
    http://wadachi.cyclekikou.net/files.php

  「轍 ONLINE」でインポートできるファイルを確認してみるとKMLが含まれているので、タイムラインのデータが利用できそうです。

 以下、操作手順です。
 なお、Googleアカウントでログイン済であるとします。

(1) Google Mapのタイムライン(https://www.google.com/maps/timeline)にアクセス。
(2) トラックを表示したい年月日を指定。
(3) 右下の設定アイコンをクリック。
Google_map_timeline1

(4) ポップアップメニューの中の「この日のデータをKML形式でエクスポート」をクリック。
Google_map_timeline2

(5) 適当な保存先(たとえば「デスクトップ」)を指定してkmlデータを保存。
Google_map_timeline4

(6) 「轍 ONLINE」を起動してkmlデータをアップロード。

【「轍 ONLINE」による表示】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

デコネイル用LEDでスマホのNFC磁界パターンをチェック

  半年以上前の話になりますが、以下の記事を見て一寸気になっていました。

  AKIBA PC Hotline!
  Suicaやスマホの装飾に? NFC通信時に発光するLEDモジュール
  2016年9月23日
  http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1020857.html

  共立電子産業 プロダクツ事業所の公式blog
  2016年09月24日
  AKIBA PC Hotlineに掲載されました。
  http://blog.livedoor.jp/kyohritsu/archives/48515380.html
   「この製品電話着信時は無反応で、駅の自動改札やコンビニ での精算時などNFC通信時に点滅してくれます。」

 このLEDモジュール自体は、2014年に発売されたLumiDecoNail(ルミデコネイル)に使われていたもののようです。

  LumiDecoNail(ルミデコネイル) | スペシャルサイト | タカラトミーアーツ
  http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/lumideco/

  マイナビニュース
  光るネイルシールが登場 -LED内蔵でNFC電波をキャッチして光る!
  [2014/04/10]
  http://news.mynavi.jp/news/2014/04/10/238/

  AliExpress
  Free shipping !! LumiDecoNail / Ball manicure supplies / Nail Stickers Smart / NFC Nail / LED nail stickers
  https://www.aliexpress.com/store/product/Free-shipping-LumiDecoNail-Ball-manicure-supplies-Nail-Stickers-Smart-NFC-Nail-LED-nail-stickers/1019737_32236889361.html

  The Japan Times
  Apr 18, 2014
  LED nails light up when calling
  http://www.japantimes.co.jp/tag/lumideconail/

 NFC(13.56MHz)の磁界パターンチェック用に使えそうな感じです。

 構成部品から考えると一寸高いような気もしますが、このサイズで自作は無理なので、i以下の製品を買ってみることにしました。
  なお、ルミデコネイルで使用されていた純正の部品かどうかは判りません。

【NFC LEDネイルシール】
Lumideconail_1
 中国から送られてきました。

Lumideconail_2

Lumideconail_3

Lumideconail_4s

Lumideconail_5

Lumideconail_6s

Lumideconail_7


 12ターンx2(表裏)のプリントコイルとLEDは判りますが、4個の小さなチップ部品は何でしょうか?
 上の二つは取り付け方向を判別するためのマークがないので無極性で、下の二つはマークがあって互いに逆方向に取り付けられているので、極性があるようです。
 素人の想像ですが、上の二つが共振用のコンデンサで、下の二つが両波整流用のダイオードかも知れません、

 モジュールは5個入っていたので、約1cm間隔で1列に並べて透明プラスチック板に貼り付けて、ラインスキャナー風にスマホ(P-02E)の裏面をスキャンしてみました。

【NFC磁界パターンチェック中】

 無負荷のときは間歇的にポーリング信号が出力されています。
 手元にあったcash beeのICカードを接近させると、データ通信が連続的に行われるようです。

  背景で聞こえている音は、NFCの信号(13.56MHz)をPL-660(SSBモード)で受信しているときの音です。

 P-02Eの場合は、筐体の上半分で磁界が発生していますが、結構穴があるような感じです。

【長時間露光】(ISO 80, F3.0, 10s)
Nfc_pattern

 なお、P-02EはNFC対応であり、cash beeはNFC方式ですが、残念ながらP-02Eはcash beeに対応していないので、データは読めませんでした。

  cashbee電子マネー対応機種
  http://www.cashbee.jp/info_mobile.jsp

 日常生活においては、あまり役に立ちそうにありませんが、NFCの実験をするときに、実際に13.56MHzの信号が出力されているかどうかを確認する程度には使えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

誤訳されそうな用語をGoogle翻訳してみました

 かなり旧聞になりますが、Google翻訳が進化したということです。

  Google Research Blog
  The latest news from Research at Google
  A Neural Network for Machine Translation, at Production Scale 
  Tuesday, September 27, 2016
  https://research.googleblog.com/2016/09/a-neural-network-for-machine.html

  Google 翻訳が進化しました。 
  2016年11月16日水曜日
  https://japan.googleblog.com/2016/11/google.html

 10年以上前のことになりますが、長文翻訳のためにWindows用の安い(1~2万円)翻訳ソフト(英→日)は、いくつか使ったことがありますが、初期状態の辞書ではまともな翻訳はできませんでした。
 しかし、長文を翻訳する場合は、同じ単語を異なる日本語に翻訳してしまうことがあるので、翻訳用語の統一には役に立ちました。
 また、定型文が多い場合には、数行分をまとめてユーザ辞書に登録することにより、翻訳作業が少し楽になった記憶があります。

 新Google翻訳による翻訳例を見てみるとかなり自然になってきているようですが、翻訳例がIT系(コンピュータ系?)に偏っているような気がします。

 ということで、単語自体は非常に簡単で、かつ、単語数も少ないけれども、単純な機械翻訳では誤訳されそうな用語をGoogle翻訳で試してみました。
 なお、比較のために他の翻訳サイトでも翻訳してみました。

【原文】
    water that is hot
    bread and butter
   white elephant
   smoking gun
   absolute alcohol
  trigger happy

-------------------------------------------
【Google翻訳】https://translate.google.com/
  暑い水
  パンとバター
  白象
  禁煙銃
  絶対アルコール
  トリガーハッピー

 「?」です。
  「パンとバター」、「白象」は単語単位の直訳ですが、適切な訳とは言えないと思われます。
 「禁煙銃」とは何でしょうか? 「喫煙銃」ならまだ理解できるのですが・・・
 カタカナで「トリガーハッピー」と言われても多分普通の人は判らないでしょう。

-------------------------------------------
【Excite翻訳】http://www.excite.co.jp/world/
    熱い水
    バター付きパン
   白いゾウ
   喫煙銃
   絶対のアルコール
  幸福に引き起こしなさい

 「喫煙銃」が出てきました。
 「幸福に引き起こしなさい」は意味不明です。

-------------------------------------------
【Bing翻訳】http://www.bing.com/translator/?MKT=ja-JP

  熱い水
  パンとバター
  白象
  動かぬ証拠
  無水アルコール
  トリガーハッピー

  「動かぬ証拠」と「無水アルコール」はOKです。

-------------------------------------------
【Infoseek翻訳】http://translation.infoseek.ne.jp/
    熱い水
    バター付きのパン
   始末に困る物
   動かぬ証拠
   無水アルコール
  すぐに銃を撃ちたがる

 「熱い水」は一寸引っかかりますが、他はOKのような感じです。
-------------------------------------------

 
  サンプル数が非常に少ないので、全体的な翻訳精度は判りませんが、短い熟語のレベルではInfoseek翻訳が結構いい線をいっているような気がします。
 コンピュータ関係の文を翻訳するとどうなるでしょうか?

【原文】
 Table 1 shows the contents of the IPL bootstrap records as the system supplies them. Each bootstrap record has a count area and a four-byte key area.

 上記原文は以下のサイトから抜粋引用
  IPL bootstrap record contents
  http://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SSB27U_6.3.0/com.ibm.zos.v2r1.ickug00/ick40741.htm

【Infoseek翻訳】
 「システムが彼らを供給して、表1はIPLつまみ革記録の内容を示します。各々のつまみ革記録は、カウント・エリアと4バイトの重要な地域があります。」

 かなり悲惨な日本語になります。

【Google翻訳】
 「表1は、システムがIPLブートストラップ・レコードを供給するときの内容を示しています。各ブートストラップレコードには、カウント領域と4バイトのキー領域があります。」

 自然な日本語で違和感がありません。
 "as"とか"them"の翻訳が機械翻訳とは思えないです。
 誰かが翻訳して辞書に登録したのではないかと邪推しそうになります。

 この翻訳結果と最初の簡単な用語の翻訳結果のギャップが非常に大きいですが、学習分野が偏っているのでしょうか?

 Google Research Blogには以下のように書いてありました。

  "Machine translation is by no means solved. GNMT can still make significant errors that a human translator would never make, like dropping words and mistranslating proper names or rare terms, and translating sentences in isolation rather than considering the context of the paragraph or page."

【Google翻訳】
 「機械翻訳は決して解決されません。 GNMTは、言葉を削除したり、適切な名前やまれな用語を誤って翻訳したり、段落やページの文脈を考慮するのではなく、孤立して文章を翻訳するなど、人間の翻訳者が決してしない重大な誤りを引き起こす可能性があります。」
 
(GNMT:Google Neural Machine Translation system)

 最後に"Big Spender"の歌詞を新旧のGoogle翻訳で比較してみました。

【原文】(http://petitlyrics.com/lyrics/868796 から抜粋引用)
 So let me get right to the point. I don't pop my cork for every man I see.

【Google翻訳(2013.02)】
  だから私はポイントの権利を得ることができます。私が参照してくださいすべての人のために私のコルクをポップしないでください。

【Google翻訳(2017.03)】
  だから、私はポイントに右に行こう。 私は私が見るすべての人のために私のコルクをポップしない。

 どちらも意味不明です。
 さすがのGNMTもまだ学習が足りないのかもしれません。

【教科書的翻訳例?】
「それでは単刀直入に言うと、私は、私が会う全ての男性に夢中になるわけではありません。」

 現時点ではこの種の文章の翻訳は未だ不得意のようですが、学習が進むと、"What A Diff'rence A Day Made"を「縁は異なもの」と翻訳するようになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

Weeping Angel

 ネットニュースで以下の記事を見かけました。

  BBC
  テレビで室内の会話を盗聴――ウィキリークスが米CIA技術を暴露
  2017年03月8日
  http://www.bbc.com/japanese/39202254

 最近の家電製品はコンピュータ制御のものが多いので、センサとネットワークがあれば、なんでもできそうな気がします。

 BBCの記事では「サムスン製スマートテレビ「F8000」シリーズに侵入する技術の開発を「ウィーピング・エンジェル」というコードネームの下で進めた。」と記載されているので、実際に稼働したのかどうかは判りません。

 もう少し詳しい情報はないかと思って探してみたら以下の記事がありました。

  CNET
  Update, March 8 at 10:30a.m. PT
  Weeping Angel: Did the CIA really hack into TVs? - CNET
  https://www.cnet.com/news/weeping-angel-hack-samsung-smart-tv-cia-wikileaks/

  CNETの記事には"there's no proof that the CIA ever finished refining this tool."と書いてありました。

 なお、SamsungのSmartTVは、もともと周囲の音声を外部に送信する機能があるようなので、素人考えでは、それほど敷居は高くないかもしれません。

    BBC
    Not in front of the telly: Warning over 'listening' TV - BBC News
    9 February 2015
    http://www.bbc.com/news/technology-31296188

  Samsung Privacy Policy--SmartTV Supplement
  http://www.samsung.com/sg/info/privacy/smarttv/?CID=AFL-hq-mul-0813-11000279
  以下上記URLから抜粋引用
----------------------------------
To provide you the Voice Recognition feature, some interactive voice commands may be transmitted (along with information about your device, including device identifiers) to a third-party service provider (currently, Nuance Communications, Inc.) that converts your interactive voice commands to text and to the extent necessary to provide the Voice Recognition features to you.
----------------------------------

Voice Control Environment Test - 2013 Samsung Smart TV

 現時点の情報では実際の状況はよくわかりませんが、そのうちに24時間モニタされる世界(1984?)になるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Android用SDRアプリ"RF Analyzer"と"SDRoid"