トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

極大射程(4)

その4です。

「.300口径H&Hマグナム」(.300 H&H Magnum) ・・・上p86
http://en.wikipedia.org/wiki/.300_H&H_Magnum

「ユナーテル」(Unertl)・・・上p86
http://www.unertloptics.com/

「H4831」・・・上p87
http://www.reloadbench.com/gloss/hh4831.html

「M-14」・・・上p149
http://en.wikipedia.org/wiki/M14_rifle

「スミス&ウェッソン1076」・・・上p157
http://www.chuckhawks.com/s-w_1076_pistol.htm

「M852マッチ・アキュラシー・レークシティ・アーセナル7.62ミリNATOカートリッジ」(M852 Match Accuracy Lake City Arsenal 7.62mm NATO cartridges) ・・・上p179


http://www.k5.dion.ne.jp/~sak/main/Cartridges/308WIN.html

「レミントン・モデル40A-1」(Remington Model-40A1) ・・・上p179
http://en.wikipedia.org/wiki/M40_rifle

「ベレッタ92」(Beretta 92) ・・・上p179
http://products.berettausa.com/frame_tabellaprodotti_2002.asp?sgmt=31&Model=92/96%20Series

「モデル4506」(Model 4506) ・・・上p277
http://en.wikipedia.org/wiki/Smith_&_Wesson_Model_4506

「コルト10ミリ・デルタ・エリート」・・・上p296
http://en.wikipedia.org/wiki/Colt_Delta_Elite

「ペーパー・パッチング」(paper-patching) ・・・上p348
http://www.lrml.org/technical/ammunition/patching.htm
素人の考えですが、弾丸の外周が直接ライフル溝に食い込まない状態で、1000ヤード以上の距離で十分な射撃精度を維持できるのか、疑問であるように思われます。
米国内でもいろいろ意見があるようです。
http://community.discovery.com/eve/forums/a/tpc/f/9701967776/m/7341952888

「モデル19」(Model 19)
http://en.wikipedia.org/wiki/Smith_%26_Wesson_Model_19

とりあえず上巻分はここで終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

最近見た映画

先週、立て続けに4本映画を見たので、感想and/orツッコミを一言。

(1)「プレステージ」http://prestige.gyao.jp/
「この映画の結末は決してだれにも言わないでください。」とありましたが、見た感想は、これがサプライズなの?という感じでした。個人的には、シックスセンスのような納得できるオチが好みです。

(2)「不都合な真実」http://www.futsugou.jp/
世界各地で1000回以上講演したというだけあってゴア氏のプレゼンは非常にうまいと思います。しかしながら、プレゼンの内容を100%信用したわけではありません。反対勢力の意見は全部間違っているというような感じの説明になっているので、ちょっと引っかかるところがありました。多分温暖化自体は真実なのでしょうが、これに対してはバランスのとれた対応が必要であるように思われます。

(3)「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html
昔、第1話か第2話を見てからかなり時間がたっているので、ストーリーの流れにあまり乗れませんでした。みんな大きくなったというのが感想です。

(4)「ダイハード4.0」http://movies.foxjapan.com/diehard4/
基本的にドンパチが好きなので、それなりに楽しめましたが、あまりCGが多用されると胸焼けしそうです。また、映画でのお約束なのかもしれませんが、自分の立場が優位になった時点で、なぜその優位性を確実なものとしないのかが腑に落ちません。たとえば、人質がいるのに有効に利用していなかったり、銃で相手を制圧しているのに簡単に反撃されてしまうのは、ちょっと納得できません。また、F35http://youtube.com/watch?v=Xm7_PPE-8nk&mode=related&search= による攻撃の場面がありましたが、なぜF35の必要があるのか? 道路を壊す必要があるのか? あえて危険を伴う操縦をする必要があるのか(1機$35M?)? 偽指令は本来の指令側でも傍受しているはずなのに、なぜ対応しないのか?(指令側の近くにジャミング装置を設置したようにも見えないし・・)などなどツッコミどころはいろいろあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

極大射程(3)

その3です。

「ホローチップ弾」(hollowtip) ・・・上p37
http://en.wikipedia.org/wiki/Hollow_point_bullet

「スタイロフォーム」(Styrofoam) ・・・上p37
http://en.wikipedia.org/wiki/Styrofoam
http://www.dowkakoh.co.jp/Styrofoam%20Product/styrofoam-top.htm

「ウィンチェスター・シュプリーム」(Winchester Supreme) ・・・上p37
http://www.winchester.com/products/catalog/rifle.aspx

「フェデラル・プレミアム」(Federal Premium) ・・・上p37
http://www.federalpremium.com/default.asp?br=1

「レミントン・エクステンディッド・レンジ」(Remington Extended Range) ・・・上p37
??(未確認)

「レークシティ・マッチM852」(Lake City Match M852) ・・・上p59
http://www.dtic.mil/ndia/2003smallarms/beck.ppt スライド4枚目

「“一時溶接”」(spot-weld) ・・・上p78
短時間であることを意味する「一時」と半永久的な状態である「溶接」の組み合わせがどうも釈然としません。一般に使用されている「スポット溶接(点溶接)」の方が、状況が把握しやすいように思われます。
<http://ja.wikipedia.org/wiki/スポット溶接>
p76に記載された射撃姿勢(座射)の場合であれば、ライフルと砂袋の接触点、ライフルの床尾と肩の接触点などの各接触点が、スポット溶接されたように堅固に固定されているので、射撃姿勢が安定することを意味しているように思われます。

(2007/12/19追加):溶接用語として「一時的溶接」という用語はあるようですが、あくまでも、時間を規定するものであって、位置を規定するものではない思われます。(外部リンク:http://w.jisw.com/01260/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

RD-XD91修理

昨年の1月に購入した東芝のHDD&DVDビデオレコーダーRD-XD91http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/hdd/rd-xd91/index.htmlが故障したので修理に出していましたが、今日修理が完了したということで引き取ってきました。7/7ヨドバシカメラ持込、7/18朝一修理完了連絡で思ったよりは時間はかかりませんでした(修理明細票には、東芝での所要日数が6日とありました)。

Rdxd91_repair_d
故障の症状は、「ディスクをチェックしてください」という表示が出て読み書き不能となるものでした。全163話の韓ドラを連続して安いDVDに焼いていたのが原因かも知れません(12時間連続稼動のときもありました)。第159話でエラー発生です。
修理明細票を見るとDVDドライブ SW9574 http://www.e-technologys.com/products/SW9574.htmの交換となっていました。
保証が切れていたので有償修理でした。修理代が本体価格の1/3くらいになってしまったので、次に故障したときには、ドライブを自分で交換することも検討して見たいと思います。
この機種を選択したのは、購入を検討した時点では、「スカパー!連動」機能があるのは、このセットしかなかったという理由によります。ネット情報http://bbs.kakaku.com/bbs/20278010222/ によるといろいろ問題があるようですが、いまのところ修理しながら使うしかないようです。
このセットの感想は、使い勝手が悪く時々フリーズするけれども、多機能であるといった感じです。なお、私としては、とりあえず「スカパー!連動」機能が正常に機能すればOKです。あと、自動録画の設定が完了したときに携帯にメールを送信できるのが便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

極大射程(2)

続きです。

「ロック・チャッカー」(Rock Chucker) ・・・上p30
http://www.midwayusa.com/eproductpage.exe/showproduct?saleitemid=513567

「ディロン・リローダー」(Dillon) ・・・上p30
http://dillonprecision.com/default.cfm?

「シューターズ・チョイス」(Shooter’s Choice) ・・・上p31
http://www.shooterschoice.com/

「ガンズ&アモ」(Guns & Ammo) ・・・上p31
http://www.gunsandammomag.com/

「シューティング・タイムズ」(Shooting Times) ・・・上p31
http://www.shootingtimes.com/

「アメリカン・ライフルマン」(The American Rifleman) ・・・上p31
http://www.nrapublications.org/TAR/index.asp

「アキュラシー・シューティング」(Accuracy Shooting) ・・・上p31
??(未確認)

「ショットガン・ニュース」(The Shotgun News) ・・・上p31
これか??   http://www.shotgunnews.com/

「ライフル」(Rifle) ・・・上p31
これか?? http://www.riflemagazine.com/magazine/index.cfm?magid=268

「コルト.45口径シリーズ70」(Series ’70 Colt .45) ・・・上p31
http://www.sightm1911.com/lib/history/s70_colts.htm

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

極大射程(1)

しばらく前になりますが、映画「ザ・シューター(極大射程)」試写会の招待状が入手できたので、見に行ってきました。http://www.shooter-movie.jp/
http://www.shootermovie.com/main.html
原作のタイトルは聞いたことはありましたが、ほとんど予備知識なしで見ました。
半分ネタバレになりますが、ストーリーの肝となるペーパーパッチングと撃針の話があまり納得できませんでしたが、映画としては面白かったと思います。ただし、エンディングは、個人的にはあまり後味がよくありませんでした。
映画ではかなり説明不足の部分があるように思われたので、文庫本を買って読んで見ました。当然のことかもしれませんが、やはり原作のほうが十分書き込んであるので、ストーリーの背景やメンフィスの心理状態がよくわかりました。
しかし、本では、映画では気にならなかった、銃器関係の詳細な説明があり、用語を知らなかったり、イメージが湧かなかったりする箇所がかなりありました。
個人的興味で、よくわからなかった用語を調べてみました。
注:
・個人的興味で調べたもので、内容の正しさを保証するものではありません。
・下記したURLは外部リンクです。
・目に付いたところから調べたので、かならずしも用語の出現順ではありません。

なお、目を通した本は、以下のとおりです。

極大射程〈上巻〉〈下巻〉(文庫)
スティーヴン ハンター (著), Stephen Hunter (原著) ISBN978-4-10-228605-0、 ISBN978-4-10-228606-7 
(上巻の17ページ3行目までhttp://www.shinchosha.co.jp/books/html/228605.htmlにあります)

Point of Impact
by Stephen Hunter Bantam Books USA
ISBN: 978-0-553-56351-1
(4ページ31行目までhttp://www.ereader.com/product/book/excerpt/24570?book=Point_of_Impact
にあります)

CHAPTER ONE

「45-70 ソフトポイント」 ( .45-70 softpoint)  ・・・上P9
http://en.wikipedia.org/wiki/.45-70
http://www.midwayusa.com/eproductpage.exe/productview?saleitemid=925391&t=11082005
http://encyclopedia.masdf.com/pukiwiki.php?%A5%BD%A5%D5%A5%C8%A5%DD%A5%A4%A5%F3%A5%C8%C3%C6

「レミントン1100」 (Remington 1100) ・・・上p12
http://en.wikipedia.org/wiki/Remington_1100
http://www.remington.com/products/firearms/shotguns/model_1100/

「ダブルO」 (double-ought) ・・・上p12
http://en.wikipedia.org/wiki/Shotgun_shell

「M-60」・・・上p13
http://en.wikipedia.org/wiki/M60_machine_gun
http://www.fas.org/man/dod-101/sys/land/m60e3.htm

「レミントン700」 (Remington 700) ・・・上p15
http://en.wikipedia.org/wiki/Remington_700
http://www.remington.com/products/firearms/centerfire_rifles/model_700/model_700_SPS_varmint.asp

「ヴァーミント・バレル」(varmint barrel)・・・上p15
http://en.wikipedia.org/wiki/Varmint_rifle
http://www.accuracysystemsinc.com/index.php

「ハート社」(Hart) ・・・上p15
http://www.hartbarrels.com/

「白目」(pewter) ・・・上p15
<http://ja.wikipedia.org/wiki/ピューター>

「デブコン」(Devcon)・・・上p15
http://www.devcon.com/

「ベディング・コンパウンド」・・・上p15
原文では”bedded in Devcon aluminum”となっており、直接対応する用語は見当たりませんが、http://www.6mmbr.com/pillarbedding.html のPhoto 5の下の写真(Bedding Compounds) が対応するものと思われます。
また、原文の”Devcon aluminum”は、
http://www.devcon.com/devconfamilyproduct.cfm?familyid=108&catid=34 などに記載されている商品に関係があるのかもしれません。

「ネジはアルミニウムのパイラーで六十ポンドに締め付けてあった。」(The screws were torqued through aluminum pilars, tightened to sixty pounds.) ・・・上p15

「パイラー」の意味が理解できませんでした。「パイラー」で検索してみると、杭打ち装置、積み上げ装置などが出て来るのですが、意味が通じません。また、スペルも、pilarではなくpilerとなります

下記URLなどの関連しそうな資料を調査してみたところ、pilarsがpillars(ピラー)であるのであれば、筋が通るのですが・・・。

また、「六十ポンドに締め付けてあった」も一寸わかりにくいように思われます。

How to Pillar Bed a Remington 700 BDL

http://www.varminthunters.com/tech/pillar.html

SCORE HIGH ADJUSTABLE BEDDING PILLARS

http://www.scorehi.com/pillar%20installation.htm

「ネジはアルミニウムのピラーを貫通して六十ポンドのトルクで締め付けてあった。」とでもなるのかもしれません。

なお、「デブコン」、「ピラー」については、

射撃競技用語集http://www11.plala.or.jp/guutara/html/kyousitu/terms.htmに説明がありました。
(2007/8/5追記:下p371に「ピラー取り付け式」(‘pillar bedded,’)とありますので、pilarはpillarの誤記かもしれません。)

「.308ウィンチェスター」(.308 Winchester) ・・・上p15
http://en.wikipedia.org/wiki/.308_Winchester

「レオポル・スコープ」(Luepold)・・・上p16
http://www.leupold.com/hunting-and-shooting/products/scopes/
日本ではレオポルドやリューポルドと呼ばれているようです。
http://202.133.121.129/column/bn/2006/060/index.html
http://www.a2g2.com/php/itemlist.phtml?division=76
(追記:上p229では「レオポルド」となっていました。)

「ウィンチェスター・モデル70」(Winchester Model 70)・・・上p16
http://en.wikipedia.org/wiki/Winchester_Model_70
http://www.kitsune.addr.com/Firearms/Bolt-Rifles/Winchester_M70_Rifle.htm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年8月 »