« KD-36HD800修理 | トップページ | Small trip to Hawaii (2002/11) »

2007年8月19日 (日)

PROTREK(電波時計)購入

  今まで、CASIOのトリプルセンサーPRT-40 model 1471を使用していたのですが、電波時計タイプのものが欲しくなり、PRW-1300ARJ (3069*JA)

http://www.casio.co.jp/release/2007/prw_1300arj.html

を購入しました。

電波時計なので、日本のJJY(40kHz/60kHz)  http://jjy.nict.go.jp/ が受信できるのは当然ですが、JJYだけでなく、アメリカのWWVB(60kHz)、イギリスのMSF(60kHz)、ドイツのDCF77(77.5kHz)も受信可能です。

以前使用していたPRT-40との比較になりますが、以下の点が気に入っています。

     電波時計の割には薄い(11.5mm)です。

     横方向のセンサーの出っ張りがなくなり、手首に着けた時の違和感が少なくなりました。

     高度ボタンと気圧/温度ボタンが独立しているので操作性がよくなりました。

     操作ボタンの後側にボタンガードが設けられたので、手首を曲げたときに、誤って手首でボタンが押されてしまうことがなくなりました。

     時刻の表示が大きくなり、見やすくなりました。

     方位ボタンを押したときから20秒間連続的に方位を表示します。表示の数字も大きくなりました。(PRT-40では押した瞬間の方位しか表示できませんでした。)

一寸気になった点は、以下の点です。

     ライトを点灯したときに、背景のロゴマークと時刻表示の文字が重なってしまい、文字が一寸見にくいです。

PRW-1300ARJ(左)とPRT-40(右)の比較です。

上から、(1)高度表示、(2)気圧・温度表示、(3)時刻表示

Protrek_elevation_4

(



Protrek_barotemp_5

(

Protrek_time_7


PRW-1300ARJクローズアップ

3069_closeup_6

PRW-1300ARJ夜間視認性(2008/5/11追加)

Prw1300arj

Tag:lamp light night visibility dark readability

 

|

« KD-36HD800修理 | トップページ | Small trip to Hawaii (2002/11) »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/16168355

この記事へのトラックバック一覧です: PROTREK(電波時計)購入:

« KD-36HD800修理 | トップページ | Small trip to Hawaii (2002/11) »