« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月24日 (月)

GPS flight log (JL729 NRT-DPS)日本近海

 JL729(成田発デンパサール行)の飛行経路をGarmin eTrex Legendで記録し、ALPSLAB routeで日本近海部分を表示してみました。
 巡航時は海の上なので最初は何も表示されませんが、”-”ボタンを4~5回押すと陸地との関係が判ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

GPS flight log (JL729 NRT-DPS)

 JL729(成田発デンパサール行)の飛行経路をGarmin eTrex Legendで記録し、Google Earthに時刻情報付で表示してみました。

 成田空港を離陸後、シートベルト着用のサインが消灯してから、デンパサール(Denpasar)のグラライ(Ngurah Rai)空港着陸時のシートベルト着用のサインが点灯するまで、連続的にGPSの電源は入れていましたが、座標データは断続的にしか記録されていません。ログを調べて見ると12個のトラックに分割されていました。
 Google Earthの画面上では、この12個のトラックが順次表示されます。ポイントごとに時刻情報を持っているので、ポイントごとに表示することが出来るような気もするのですが、今のところ方法がわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

GPS flight log (Across the Equator)

 JL729(NRT-DPS)で赤道を通過したときのGarmin eTrex Legendの画面です。

 北緯(N)から南緯(S)に変化しています。

 なお、GPS受信機は、デジタルオーディオ機器やデジタルカメラと同じ扱いで、離着陸時は使用禁止です。
(外部リンク:計器障害を及ぼすおそれのある使用制限電子機器 
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/12/120928/01.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

P905iを0円でgetしました

  現在宣伝中のPanasonicのP905i(外部リンク:http://panasonic.jp/mobile/docomo/p905i/)0円で新規契約しました。

1p905i

NTTパーソナルの時代からバックアップ用の携帯電話としてPHSを契約していたのですが、PHSサービスの終了に伴う特典(外部リンク:http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/070806_00.html#p01)で、FOMA・movaの全機種を無料で購入できることになりました。

2flier

最初は、後継機種としてバックアップの観点から3GでないウィルコムのPHSを考えていたのですが、通常契約では基本料金が結構かかること、また、基本料金が安い通話先限定の「安心だフォン」(外部リンク:http://www.willcom-inc.com/ja/plan/phone/safety/index.html)では、イザというときにバックアップの携帯として使いにくそうであることなどから、結局ドコモの「ファミリーワイド」を新規契約しました。

3receipt

現在、AUのW33SAS(http://www.sanyo-keitai.com/au/w33sa/index.shtml)とA5505SA(外部リンク:http://www.sanyo-keitai.com/au/a5505sa/index.shtml)をメインの携帯として使用しているので、バックアップ用の携帯としては何でも良かったのですが、カタログを見ているうちに、だんだんと欲が出てきて、どうせ無料なら多機能のものをということで、結局P905iになりました。まだあんまり触っていませんが、ワンセグに関しては、今まで使用していたW33SASに比べて画面がかなり綺麗です。ただし、慣れていないせいもありますが、全体的に直感で操作しにくいような気がします。

 なお、今までバックアップ用としてプラン135(基本料金1350円)で契約していたシャープのパルディオ312S[写真:上段]は、今後は、ホームステーションモード[写真:下段中]で固定電話の子機として、また、トランシーバモード[写真:下段右]で近距離通信用のトランシーバとして余生を送ることになります。

4public_2

5label_3 6home_station_2 7tranceiver

 なお、この312Sは、銘板[写真:下段左]にあるように1997年製で、約10年間電池を交換していませんが、現在でも正常に動作しています。もっとも、通常は電源OFFで2~3週間おきに充電するというような変則的な使用法だったので、今まで使用できたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

GPS Log in Korea (Incheon-Seoul)

 GPS Log in Koreaの第2弾です。

韓国のインチョン空港(外部リンク:http://www.airport.or.kr/jpn/airport/)からソウル市内までのリムジンバスの経路です。

  オリジナルの地図のままだと白地図状態なので、何が何だか判りませんが、「写真・標高グラフ付の大きな地図を見る」をクリックしてALPSLAB routeのページに移動し、KMLファイルをダウンロードしてGoogle Earthで開くと詳細を見ることができます。なお、使用GPS受信機はGarmin eTrex Legendです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

GPS Log in Korea (Around the “Lotte” World)

以前、韓国ソウルのロッテワールドの地下3階にある射撃場(外部リンク:http://www.dmtrigger.com/japan/introduct/introduct04.html)に行った際に、帰りまで少し時間があったので、散歩とGPS(Garmin eTrex LegendJ)の動作テストを兼ねて、ロッテワールドを一周してきました。ブログのタイトルに「Around the Lotte World」という題名を付けたいということもあったかも・・・。もちろん、Around the Lotte Worldは、「Around the World in Eighty Days」(外部リンク:http://www.imdb.com/title/tt0048960/)のもじりです。

 最後に測位した東京からは1000Km以上離れていたので、アルマナックの関係でソウルでも正常にGPSが動作するかどうか一寸心配でしたが特に問題なく測位できました。

 以下のKMZファイルをダウンロードし、「右クリック」→「プログラムから開く」でGoogle Earthが起動し、移動軌跡を見ることができます。しかし、我ながらかなり物好きだと思います。 

「around_the_lotte_world.kmz」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

EX-V7 デジタルズーム(42倍)テスト

  昨日、浅草寺に行ったときにズームテストの対象として面白そうな被写体がありましたので、今更ではありますが、CASIO Exlim EX-V7のデジタルズームを試して見ました。

なお、撮影条件は以下の通りです。

撮影モード:easy(簡単撮影)

画像サイズ:3M(2048×1536)

デジタルズーム:オン

手ブレ補正:オン

撮影姿勢:寄り掛かりなしの立ち姿勢での手持ち

画像サイズが3Mの場合には、ワイド側の倍率を1とすると、光学ズームのテレ側が10.5倍、デジタルズームのテレ側が42倍となるようです。

(画像サイズがVGA(640×480)の場合には、デジタルズームのテレ側が105.5倍!!)

さすがに、42倍ともなると、手ブレの影響なのか、デジタルズームによる画質自体の劣化なのかよく判りませんが、かなりボケた画像になっています。

なお、画面をクリックすると拡大されます。さらに写真右下の拡大マークをクリックすると原画素数で表示されます。

光学ズームのテレ側の写真に写っているのは「相輪」(外部リンク:http://www.ja.wikipedia.org/wiki/相輪)と呼ばれるものの一部で、上から「宝珠、「水煙」、「九輪」と呼ばれるそうです。


【ワイド側(1倍)】

Wide_end_2


【光学ズームのテレ側(10.5倍)】

Optical_tele_end


【デジタルズームのテレ側(42倍)】

Digital_tele_end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

eyeVioの画像サイズが可変になりました

最近、eyeVioの画像サイズを大中小の中から選択できるようになったようです。早速試して見ました。

(2007/11/30 埋め込みプレイヤーがリサイズ可能に! 外部リンク:http://blog.eyevio.jp/dev/2007/11/post_31dc.html)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »