« 指定外周波数帯での通信で運用停止処分 | トップページ | DS Lite用格安アクセサリ »

2008年4月18日 (金)

eTrexデータをALPSLAB用データに変換(その2)

  先日、米海軍厚木基地日米親善桜まつり2008に行ったときに、GPS(Garmin eTrex Legend)で記録したトラックデータをALPSLAB routeで表示しようと思ったのですが、久しぶりなので手順を忘れていました。

以前、変換手順を2007年11月24日 (土)のブログ「eTrexデータをALPSLAB用データに変換」(http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2007/11/etrexalpslab_efd3.html)に書いていたのですが、今見てみると、自分で書いたものではありますが、ゴチャゴチャと書いてあって読みにくいです。また、なにか回りくどいことをしていたようです。

 自分用のメモを兼ねて再度整理して簡単にまとめて見ました。

 なお、GPSから読み取ったgdbデータは、既にPC上にあるものとします。

(1)gdbデータをMapSourceで開く。

(2)gpxデータとして保存。

(3)gpxデータをWordPadで開く。

(4)txtデータをクリップボードにコピー。

(5)ALPSLAB route ルート作成(http://route.alpslab.jp/create.rb)にアクセス。

(6)クリップボードにコピーしたtxtデータを「ルートのデータ」の欄にペースト。

これ以降については、ALPSLAB routeのヘルプ(http://www.alpslab.jp/route_help.html)を参照願います。

ALPSLAB route

右向き三角マークをクリックするとアニメーションが始まります。変化が無いときはもう一度クリックしてください。 

|

« 指定外周波数帯での通信で運用停止処分 | トップページ | DS Lite用格安アクセサリ »

GPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/40911043

この記事へのトラックバック一覧です: eTrexデータをALPSLAB用データに変換(その2):

« 指定外周波数帯での通信で運用停止処分 | トップページ | DS Lite用格安アクセサリ »