« ノーカントリーでシガーが使っていた“道具” | トップページ | フレキシブル三脚ゴリラポッドを使ってみました。 »

2008年5月 4日 (日)

La Fontennaの活用法を検討してみました

 以前、FON用のLa Fonera(WiFiルーター)とLa Fontenna(指向性アンテナ)を購入したのですが、契約しているプロバイダに問い合わせたところ、FON用の利用は契約違反になるということで、お蔵入りになっていました。
このまま使わないのは勿体無いので、手元にある他の無線LAN装置にLa Fontennaを接続できないかどうかを少し検討してみました。
とりあえずLa Fontenna自体について調べてみると、以下のような情報がありました。

「La Fontennaご使用に関してのご注意」(外部リンク:http://www.tsukumo.co.jp/fon/caution_lafontenna.html)からの引用。

***** 引用開始 *****
La Fontennaご使用に関してのご注意
La Fontennaをご使用いただけるのは、新しい※「技術基準適合証明 (以下 技適シール)」の貼付されたLa Foneraのみとなります。
2008年1月27日現在販売しておりますLa Foneraにつきましては、新しい「技適シール」が貼付されております。
以前に販売されていた新しい「技適シール」の貼付されていないLa FoneraでLa Fontennaをご使用されますと電波法違反となりますので、ご使用しないよう、お願い申し上げます。
現在入荷しています新しい「技適シール」貼付済のLa Foneraで、La Fontennaをご使用いただきますよう、お願い申し上げます。
***** 引用終了 *****

 この情報から判断すると名前が同じLa Foneraでも販売時期によってLa Fontennaが使用できる場合とそうでない場合とがあるようです。
手元にある今年3月に九十九電機で購入したFON2200を総務省電波利用ホームページ(外部リンク:http://www.tele.soumu.go.jp/index.htm)で調べて見ると以下のようになっていました。
Fon22001 Fon22002

 手元にあるFON2200の技適シールをみると番号が201WW07215286となっていました。Fon2200mark 
 ということは、技適シールの番号が201WW07215286のものが外部アンテナ対応型のLa Foneraと考えていいのでしょうかね?
 ところが、他のページにあったLa Fontennaの説明(外部リンク:https://www.fonshop.jp/detail_fontenna.html)には以下のように記載されています。
「このアンテナは電波法に基づき、以下の認証番号のステッカーが貼られたLa Foneraにのみ接続可能です。
認証番号: 005WWCA0028」
 この認証番号を調べて見ると、以下のように対応のモデルはFON2100Eとなっています。Fon2100e

 ということは、FON2200は駄目ということになるのでしょうか?
 このあたりの関係がよくわかりません。


 なお、外箱に添付されていたラベルではFON2200ではなく、 FON2200Eとなっていました。

Fon2200e_label_2

 次に、La Fontennaを手元にあるBUFFALO社のWiFi機器に接続できるかどうか検討してみました。
外部アンテナの接続に関する記載を調べて見ると、BUFFALOのQ&A・掲示板に以下のような記載がありました。
「Q:エアステーションと屋外アンテナとの接続には、市販の同軸ケーブルでも使用できますか...」(外部リンク:http://www.zqwoo.jp/bfqa/show_c/114961
これに対する回答は以下のようになっていました。なお、以下の引用は一部を抜粋したものです。

***** 引用開始 *****
エアステーションとバッファロー製屋外アンテナの接続において市販の同軸ケーブルを使用することは、動作保証外です。
本製品は電波法施行規則に既定された小電力機器に該当します。
そのため、屋外アンテナに適合していない短いケーブルやバッファロー同軸ケーブル(WLE-CCシリーズ)以外のケーブルを使用することは法的に禁止された行為に当たります。
バッファロー屋外アンテナのご利用には、バッファロー製専用同軸ケーブル「 WLC-CCシリーズ 」をご利用ください。
***** 引用終了 *****

 この記載から判断すると、エアステーションと外部アンテナが規定を満足していたとしても、同軸ケーブルが違うと電波法違反ということになります。
 ということは、エアステーションにLa Fontennaを接続するのも当然NGということになりそうです。

 次に、アマチュア無線用のアンテナとして流用できないかどうか考えて見ました。La Fontennaの仕様(外部リンク:http://www.tsukumo.co.jp/fon/about_lafontenna.html)によれば、2400MHz~2500MHzの周波数範囲で2.0以下のSWRを保証しているようなので、2400 MHz ~2450 MHzのアマチュアバンドで利用できそうな気もしますが、現在のところは2.4GHz帯の免許もないしリグもないので、実際問題としては活用できそうにもありません。

 このままだと余りにも悲しいので、プロバイダとの契約違反にもならないようにLa Foneraをオフラインにして外部アンテナの効果をNetStumbler(外部リンク:http://www.netstumbler.com/)で調べてみました。なお、付属アンテナは垂直方向にし、La Fontennaのビーム方向はPCに向けました。

La_fontenna_2

 S/Nの測定なので電界強度そのものではありませんが、付属アンテナに比べてLa Fontennaのほうが受信状態が良くなるという傾向は確認できます。ただし、同じ付属アンテナでもLa Fontennaへの接続の前後で受信状態が変化したり、PCの筺体を手で触ったときのボディエフェクトで受信状態が改善したりしているので、測定結果はあくまでも目安です。
 結論としては、FONの利用を許可してくれるプロバイダが見つかるまで、あるいは、現在契約中のプロバイダがFONの利用を許可してくれるようになるまでは、La FoneraとLa Fontennaはお蔵入りになりそうです。

2008/5/10追記)

FON La Fontenna(ラ・フォンテナ)の対応機種について、Amazonに以下のような記載がありました。

これによれば、手元にあるFON2200 (201WW07215286)はOKのようです。

***** 引用開始 *****

商品の仕様

·                     無線ルーター La Fonera(ラ・フォネラ)の電波飛距離をこれまでの約5倍に拡大するラ・フォネラ専用の指向性アンテナです。

·                     対応機種: La Fonera, La Fonera+で認証番号の適合する商品

·                     対応認証番号: 005WWCA0028, 201WW07215286, 201WW07215287

性能: 絶対利得7dBi

***** 引用終了 *****

005WWCA0028 → FON2100E

http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jg01_01&PC=005&TC=N&PK=1&FN=217tuv&SN=%94%46%8F%D8&LN=5&R1=*****&R2=*****

201WW07215286 → FON2200

http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jg01_01&PC=201&TC=N&PK=1&FN=062bv&SN=%94%46%8F%D8&LN=5&R1=*****&R2=*****

201WW07215287 → FON2201

http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jg01_01&PC=201&TC=N&PK=1&FN=062bv&SN=%94%46%8F%D8&LN=7&R1=*****&R2=*****

|

« ノーカントリーでシガーが使っていた“道具” | トップページ | フレキシブル三脚ゴリラポッドを使ってみました。 »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/41090883

この記事へのトラックバック一覧です: La Fontennaの活用法を検討してみました:

« ノーカントリーでシガーが使っていた“道具” | トップページ | フレキシブル三脚ゴリラポッドを使ってみました。 »