« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

VGN-FS92S修理

  現在メインのPCとして200510月に購入したソニーのVGN-FS92Sを使用しているのですが、半年位前からCD/DVDドライブの調子が悪くなりました。最初のうちは読み込みに時間が掛かる程度だったのですが、そのうち完全に読み込みが出来なくなりました。

3年間保証サービス<ワイド>に加入しているので保証期間内でしたが、他の部分も故障するかもしれないと思って、期限ぎりぎりまで待つことにしました。なお、CD/DVDドライブは別の外付けのものがあったので、とりあえず必要な作業は行うことができました。

保証期限が近づいてきたので、修理窓口に電話して修理を依頼することにしました。最近は、自宅まで取りに来てくれるので便利です。先週の月曜に取にきてもらったのですが、その後修理についての問い合わせの電話がありました。内容は、今回の修理依頼の対象にはなっていないが、キートップ(Ctrl)に不具合があり、修理するのであれば有償(金額は正確には覚えていませんが3000円程度だったと思います)になるということでした。今まで使用していてキーボードの不調を感じたことがなかったので、修理不要としました。

修理完了したので木曜日以降に発送可能という連絡が水曜にありました。月曜に修理に出して木曜に日通空輸のパソコンポで戻って来るというのは、昔に比べると早くて便利になったものです。

Keytop 戻ってきたPCのキーボードを見てみると、写真のように右側のCtrlのキートップが若干右に傾いていました。部品が欠損してアンバランスになっているのかもしれませんが、今まで気が付きませんでした。この状態ならしばらくは修理の必要はないと思われます。

なお、ネットで調べてみると、保証期間中でもキートップ関連の修理は有償になることが多いようです。

また、法人向けサポートの話なので、個人向けとは状況が違うのかもしれませんが、キートップの修理に関して以下のような記載がありました。

Q:使用中に外れてしまったキートップがあります。メーカー保証で修理できますか? 

A:キートップが元に戻らなくなった場合、メーカー保証の対象外になります。

http://vcl.vaio.sony.co.jp/business/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

PSP用のUSB延長ケーブルを香港から取り寄せてみました

  PSP本体とGPSレシーバー(PSP-290)の間をUSB延長ケーブルで接続すると衛星の捕捉性能が向上するという話は聞いていたのですが、自作するのは大変そうだということで、そのままになっていました。

PSP本体に接続可能なUSB延長ケーブル自体は、製品(USB2-MBMF-06)があるようですが、電源ラインの部分は自作しなければならず、電源ピンの部分が面倒そうです。

色々探してみると、Pc-MobileUSB Extension  cable for PSP - PSPUE1という製品がありました。このPSPUE1は、USB延長ケーブルと電源ラインが1本のケーブルにまとめられており、電源のピンと受け部も付属しているので都合がよいです。

しかしながら、1ヶ月くらい前にHPを見たときには、このPSPUE1はもうすぐディスコンになり、後継のPSPUE2に置き換えられる予定であることと、PSPUE2は近日発売ということが記載されていたので、どちらを購入するか迷っていました。PSPUE2も注文はできるようになっていましたが、一寸不安でした。

なお、PSPUE1は電源ピンが1本だったのに対して、PSPUE2は2本になっており、また、コネクタの幅も広くなっているので、装着時の安定性が改善されているように思われます。

たまたま先週HPを覗いてみると、近日発売の表示が消えていたので、早速注文してみました。

費用は、以下の通りです。

PSPUE2  Mini-USB Extension Cable for PSP $17.50 USD

Shipping and Packaging           $5.00 USD

Grand Total                $22.50 USD    

Visa または MasterCardを使用する場合は円(¥)での決済が可能で、その場合には以下のようになります。

PSPUE2  Mini-USB Extension Cable for PSP  \2026 JPY

Shipping and Packaging           \579 JPY

Grand Total                \2605 JPY

  材料費、工数、見かけを考えると自分で作るよりメリットがありそうです。ただし、外国の会社にクレジットカードで支払いをすることに一寸不安はありますが・・・。

世界の大部分の地域で7~10営業日以内に到着するとのことでしたが、香港から近いせいか、24日(日)の夜にメールで注文して29日(金)の15:00ころ自宅に到着しました。結構早いです。

配達状況は逐次ネットで確認できるので、なかなか面白いです。

【会社発送8/25

1_sent_out

【香港発送 8/26

2_hk_post

【成田→自宅 8/27-8/29

3_ems_jp

14:57に自宅から商品到着のメール連絡がありました。配送データにほとんどタイムラグがないです。

肝心のUSB延長ケーブルの状態ですが、とりあえず電気的には問題ないようで、GPSは正常に認識されました。電源ピンが2本あるのとコネクタが幅広なので、比較的安定に装着可能です。欲をいえば、ねじ止めできるともっといいのですが。

A_envelop B_invoice C_cable D_closeup E_pinm1 F_pinm2 G_pinf1 H_pinf2

測位性能の方ですが、MAPLUS(初代)を使用し、ベランダに面した窓際にPSP-290をPSP-1000に直付けした状態とケーブルを介した状態で捕捉できた衛星の数を調べてみました。直付けの場合には、濃い衛星が1個、薄い衛星が1個しか捕捉せず、測位不可能でしたが、ケーブル経由の場合には、濃い衛星が4個、薄い衛星が2個捕捉でき、測位可能でした。他の条件の影響もあると思われますが、延長ケーブルの効果は大きいようです。

I_w_psp


なお、このPSPUE2は、TalkMan用のマイクロホン(PSP-240)のマイク延長コードとしても使用することができました。

Psp240 Psp1000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

横田基地日米友好祭2008に行ってきました

雨の中を横田基地日米友好祭に行ってきました。

01_yokota2008_flyer_s_2 02_torii_s 

飛行展示を撮影する予定だったのですが、中止になったようで一寸残念でした。

 折角来たので輸送機の機内の見学でもしようと思ってC-17の行列に並んだのですが、これが大変でした。最初は30分位待てばよいと思っていたのですが、1時間待っても半分位しか列が進みません。時間が掛かり過ぎなのでどうなっているのと思っていると、今並んでいるのは、2階に上がる列で、機内を通過するだけなら列に並ぶ必要はないという案内がありました。このあたりはもう少し配慮して事前に案内して欲しいです。

 折角1時間待ったので最後まで待つことにしたのですが、操縦席に座るまでに結局約2時間半掛かりました。計器類に電源が入った状態で操縦席に座るという経験はなかなかすることが無いので、待った甲斐はあったかもしれません。最近は輸送機にもHUDが装備されているのですね。しかし、待ちくたびれました。


C-17 Globemaster III

http://www.boeing.com/defense-space/military/c17/tutorial/index.html

04_c17full_s 06_c17a_s 06_c17b_s 06_c17c_s_2 06_c17d_s 06_c17e_s 06_c17f_s 06_c17g_s

 

C-17の操縦室の動画です。見学時間が2分位しかないため急いで撮ったので、パンが速すぎて何が写っているのかよく判りませんが・・・・・。

08_steak_lunch_s C-17の見学のあとは、ステーキランチとバドワイザーで昼食をとりましたが、肉は思ったよりも軟らかかったです。






【パトカー】      【A-10】

09_pc_s_2 10_a10_s







GPS(eTrex)で記録した移動軌跡です。

Google_yokota

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

PSP画面撮影用のカメラホルダーを作ってみました

 PSPの画面を撮影することが時々あります。室内で静止画を撮影する場合には、あまり問題ないのですが、PSPを持ち歩きながら動画を撮影しようとすると、ブレを抑えるのがかなり大変になります。

楽に撮影できるように、PSPにデジカメを取り付けるためのホルダー(スタンド、治具)を作ってみました。

最初は、PSPのUSBコネクタの横に設けてある取り付けねじ穴を利用しようと思ったのですが、デジカメの荷重や予期せぬ外力をねじ穴で受け止めると、本体が破損する可能性があるので、本体には直接結合しない構造としました。

現在、PSPの滑り止め兼保護ケースとしてCYBER GadgetPROTECTION GRIPを使用していますが、このグリップには弾性があるので、これを利用してPSPの本体の裏側とグリップの内側の間にカメラ保持用のスタンドの基部を挟んで固定することにしました。Jig1 Jig2 Jig3 Jig4

物は写真を見るとすぐ判ると思いますが、近所のホームセンターで買ってきたフリープレートなどを適当に組み合わせて作りました。費用は1000円以下でした。ただし、三脚穴用のねじは手元にあった三脚ヘッドについいたものを流用しました。

金属板をそのまま差し込むとPSPに傷がつく恐れがあるので、ビニールテープなどを巻いたほうがよいかもしれません。

先日のPlace Engineによる山手線一周の測位軌跡は、このカメラホルダーを使用して撮影しました。

プレートは寸法を加工せずにそのまま使用したので、カメラのレンズの中心とPSPの画面の中心が若干ずれてしまいました。このためカメラを右に少し振ったので、撮影画像に台形歪が発生しています。

実際に使って見るとなかなか便利ではありますが、見かけが一寸怪しいので人目のあるところでは使いにくいのが難点です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

Place Engineによる山手線一周の測位軌跡を動画で撮影してみました

「みんなの地図3」のPlace Engineで測位された山手線一周の軌跡を撮影してみました。内回り先頭車両の左側シートに着座し、膝の上においたバッグの中にPSP-1000EX-V7とを治具で固定した状態で山手線一周分連続撮影し、測位軌跡の位置が変化した分だけ編集で抽出しました。

 以前、PSPを手で持って出入り口付近の立って測位したときよりも、かなりWiFiの受信状態が悪くなっているようです。しかし、ときどきとんでもないところの電波を拾っているときもあります。

 以下のようなものもあるようですが、WiFi(プレイスエンジン)と加速度センサーの併用のようです。

『ロケーション・アンプ for 山手線』

http://www.koozyt.com/press/2008/pr080512.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

Place Engineで山手線半周の測位軌跡を記録してみました

 山手線で高田馬場から秋葉原に移動したときの軌跡を「みんなの地図3」のPlace Engineで記録してみました。

 外回りの最後尾の車両の左側出入り口付近でPSP-1000を手で持ってWiFiを受信しました。

Cimg1938_s_2

 ピンボケですが、山手線に沿って軌跡が記録されているのが判ると思います。もっと密に軌跡が記録されるかと思ったのですが、かなりまばらなところもあります。

 測位軌跡は保存ができないようなので、写真で記録するしかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

Googleマップのストリートビュー機能

本日からサービス開始ということでGoogleマップのストリートビューを触ってみました。

自宅の洗濯物まで写っています。びっくりです。凄過ぎる!やり過ぎ?

写真はグーグルが実際に道路を車で走行して撮影したものだそうです。

一体、どれ位走ったのでしょうかね?

Googleマップの「ストリートビュー」機能、日本でも開始

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/08/05/20479.html

「ストリートビュー」のプライバシー問題、グーグルが方針説明 

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/08/05/20489.html

 郊外のかなり狭い路地や行き止まりまで写っているかと思えば、なぜか池上本門寺を中心とした半径2~3Kmのエリアのデータが殆どありません。

Photo

秋葉原のこの付近で時々ジャンクを買います。

将来はこんな風になるのでしょうか?

Google Maps (Part I of "The Googling")




1984年(http://ja.wikipedia.org/wiki/1984_(小説))やプリズナーNo.6http://ja.wikipedia.org/wiki/プリズナーNo.6)を連想してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

PSP用格安バッテリを使ってみました(その2)

  最近、「みんなの地図3」でGPS(PSP-290)と無線LANを同時に動作させることが多いので、かなりバッテリの減りが早いです。
  以前980円のPSP-1000専用交換バッテリPSP-320(表示容量2600mAh)を 購入ましたが、今のところは比較的まともに動作しているので、GPS用にこれよりも表示容量が大きな互換バッテリPSP-360(表示容量3600mAh)を購入して見ました。1480円だったので表示容量は約1.4倍、価格は約1.5倍となります。

Psp3601 Psp3602 Psp360a Psp360b
 PSP-1000で「みんなの地図3」を起動し、GPSと無線LANを同時に動作させて現在位置を測位している状態で両方のバッテリの残容量変化を比べて見ました。30分ごとにバッテリ情報をチェックした後に「みんなの地図3」を再起動しました。なお、省エネルギー設定は全部オフ、液晶輝度は最大としました。
測定結果は以下の通りです。

        PSP-320(2600mAh)  PSP-360(3600mAh)
経過時間 残量 残時間    残量 残時間
00:00  100% 05:34    100% 05:26
00:30     75% 04:00           78% 04:08
01:00     46%  02:24             59%  03:01
01:30     41%  02:12             43%  02:27
02:00     (電源断)              33%  01:57
02:22                              (電源断)

  PSP-360はPSP-320に比べて持続時間が約1.2倍となりますが、価格差に見合うかどうかは微妙なところです。
  なお、今回はかなり負荷が重い状態でテストしたので、GPS、無線LANなし、省エネオンとしていれば、これよりも持続時間が長くなるものと思われます。

ご注意!
以下のようなお知らせが出ています。

PSP®「プレイステーション・ポータブル」純正バッテリーパック、純正充電機器ご使用のお願い (改定日:2008年4月23日)
http://www.jp.playstation.com/info/support/sp_20060703_notice.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »