« 「東急東横線5050系電車型貯金箱」を買いました | トップページ | キリンの明治のラガー、大正のラガーが当たりました »

2008年12月17日 (水)

DS Liteの取扱説明書(英語版等)の入手方法

 DS Liteの取説のキーワードで、ここにこられる方が時々おられるようなので、一寸調べて見ました。
 公式には、任天堂から「部品」として販売されているようです。
「部品販売のご案内」
http://www.nintendo.co.jp/n10/parts/index.html

ニンテンドーDS Lite取扱説明書
350円 (内訳:210円+送料140円)

 色々調べて見たところ、日本語ではありませんが、取説に対応するような資料がありました。
 URLから判断すると公式サイトのものと思われます。

NINTENDO DS Lite
INSTRUCTION BOOKLET

英語
http://www.nintendo.com/consumer/downloads/DSLite_english.pdf
フランス語
http://www.nintendo.com/consumer/downloads/DSLite_french.pdf
スペイン語
http://www.nintendo.com/consumer/downloads/DSLite_spanish.pdf

 日本語ではないので使いにくいですが、PDFの文字データをコピーできるので、機械翻訳も可能です。

--------------------------------------------------
1.       Stereo Speakers
2.       LCD Screens - Twin backlit color liquid crystal displays. The lower display (the Touch Screen) is touch sensitive and should only be operated with a Nintendo-licensed stylus.
         CAUTION: When opening the DS Lite, keep your fingers away from the hinge to avoid pinching them.

機械翻訳例(OCN翻訳サービス:http://www.ocn.ne.jp/translation/
1. ステレオスピーカー
2. LCDスクリーン双子はカラー液晶ディスプレイをバックライト照明しました。 下のディスプレイ(タッチスクリーン)は、敏感な感触であり、任天堂ライ センスされた鉄筆で操作されるべきであるだけです。
警告: DSライトを開く時には、それらを締めつけることを避けるために、ヒンジから指を遠ざけてください。
--------------------------------------------------

 不思議な日本語ですが、理解できないことはないという感じです。
 ここまで手間をかけるのであれば、素直に任天堂から購入したほうが簡単かもしれません。
 なお、外国人の友達にDS Liteの使い方を教えるような場合には、上記URLのINSTRUCTION BOOKLETが役に立つかもしれません。

|

« 「東急東横線5050系電車型貯金箱」を買いました | トップページ | キリンの明治のラガー、大正のラガーが当たりました »

DS Lite」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/43449690

この記事へのトラックバック一覧です: DS Liteの取扱説明書(英語版等)の入手方法:

« 「東急東横線5050系電車型貯金箱」を買いました | トップページ | キリンの明治のラガー、大正のラガーが当たりました »