« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

デジカメが航空機の運航に障害を与えたと思われる事例

 ネットニュースを見ていたら以下のような記事がありました。

機長、操縦席でデジカメ撮影  ANAグループ会社
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009013001000353.html

たかがデジカメで影響があるはずがないと思いましたが、調べてみると、一寸データが古いようですが、下記のURLの記事に、デジカメの影響が疑われる事例がありました。

------------------------

電磁波干渉と航空機の運航
http://www.jalcrew.jp/jca/public/safety/pub-emi.htm

・96.8 A300-600 地上停留 デジタルカメラを使用したところ、油圧装置の不作動を示す警報が表示された。
・99.3  上昇中 離陸直後オートスロットルを所望のモードに入れられず。更に29000ftにLevel offした際に、オートパイロット、FMCの異常表示。電子機器の使用を控えるよう機内放送を行ったところ、すべて正常に。ゲーム機2台の使用確認。デジカメも使用の模様。
・99.12 上昇中_オートパイロットが突然解除。デジタルビデオカメラの使用を中止した後異常なし。

------------------------

送信機能を有する携帯電話で誤動作するのは納得できますが、DATプレイヤーで「航法コンピューターが誤作動し、パイロットの意思に反し、降下、異常な増速を行った」というのは一寸恐ろしいです。

URLから判断すると、日本航空機長組合のホームページ(http://www.jalcrew.jp/jca/)の下位に位置する資料のようなので、内容の信頼性はあるように思われます。

参考外部リンク:
航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/12/120823/02.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

YouTubeからmp4動画をダウンロードしてPSPで表示してみました

  ImpressInternet WatchYouTubeに動画ダウンロード機能追加、オバマ氏の公式動画で表示」2009/01/20 13:24)という記事があったので、早速試してみました。

 対象のYouTube動画は「President-elect Obama at the Lincoln Memorial Concert」(http://jp.youtube.com/watch?v=77l5OCooQtc)です。

 画面の左下のClick to downloadをクリックすると、video.mp4という名前のファイル (15.4 MB)がダウンロードできます。

 このファイルをUSB経由でPSPのVIDEOフォルダに書き込んだところ綺麗に再生できました。

 mylo(ver1.100)でも同じようにできるかと思って試したみましたが、残念ながら「このファイルは再生できません。myloでサポートしていないフォーマットです。」ということで、はじかれてしまいました。

 mp4で直接ダウンロードできる公式の動画はあまり知らないので、このサービスが広がるとうれしいです。そのうち就任演説も同様にダウンロードできるようになると良いのですが・・・・。

【2009/1/25追記】
 オバマ大統領の就任演説のmp4動画は、ホワイトハウスのサイト

http://www.whitehouse.gov/blog/inaugural-address/)からダウンロードできました(20090120_inauguration.mp4)。1280x720で容量が約230MBありました。残念ながらPSPでは再生できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

映画『007/慰めの報酬』を見てきました

かなり前に007/カジノ・ロワイヤル』を見たのですが、ラストシーンになるまで続きがあるとは知りませんでした。ストーリーが完結しないと気持ちが悪いので、007/慰めの報酬』(Quantum of Solaceを見てきました。

基本的にはドンパチが好きなので、それなりに楽しめましたが、アクションシーンなどの映像の変化が一寸めまぐるしかったです。やや前寄りの席(といっても特別席のすぐ前)だったせいもあるかも知れませんが、状況が十分把握できないところがありました。アクションものではダイナミックな絵作りは当然なのかもしれませんが、個人的にはもう少し引いた視点で全体が見渡せるような絵が好みです。

 ストーリの方は、前編007/カジノ・ロワイヤル』の内容を殆ど忘れていたので、途中で??となった箇所がいくつかありました。前編の007/カジノ・ロワイヤル』を見直してから後編の007/慰めの報酬』を見た方が良いかもしれません(一寸後ろよりの席で)。

 ラストのネックレスの意味がよくわからなかったのですが、Wikipedia(http://en.wikipedia.org/wiki/Quantum_of_Solace)Plotを見てやっと判りました。

 後で知ったのですが、飛行機の中でカクテルを飲むシーンの描写が妙に丁寧だと思っていたらカクテルの名前がVesperだったのですね。映画の中では気がつきませんでした。

 なお、原題のQuantum of Solaceの意味がよくわからなかったのですが以下のGooYahooに納得できそうな説明がありました。

007最新作、慰めの報酬という邦題について

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4387254.html 

「最低限の慰め」

What does 'Quantum of Solace' mean?

http://ca.answers.yahoo.com/question/?qid=20080224002041AAy3Jcm

a small degree of comfort

"If the quantum of solace is nil, then love is dead."


なお、http://en.wikipedia.org/wiki/SPECTRE によれば、Quantumは、S.P.E.C.T.R.E.と同様な秘密組織の名前でもあるようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

Go-aroundを体験しました

  先日、福岡空港に着陸の際にゴーアラウンド(着陸復行/着陸復航)を体験しました。

 夜間の着陸でしたが、当日は天気もよく、機体の揺れも殆どありませんでした。Rwy16
App

RWY16方向から着陸態勢に入って、海岸線を通過し、国道3号線沿いのパチンコ屋のネオンサインが見える程度まで高度が下がり、もうすぐ着陸だと思っていると、急にエンジンの音が高くなり急加速が始まりました。まったく予期していなかったので、一瞬テロ、ハイジャック、事故を連想してしまいました。飛行機はそのまま急上昇を続けました。腕時計のコンパスで確認すると、しばらくの間、南向きのコースを変えずに飛び続けたので、何らかの理由で他の空港にダイバートするのかと思ってしまいました。5分程度してやっと機長からアナウンスがあり、管制塔から着陸のやり直しの指示があったとのことでした。Go-aroundの理由が判ったのとりあえず一安心しました。しかし、Go-aroundをしなければならなった具体的な理由が気になります。このようなときにはTWRをモニターすれば状況が判るのかもしれませんが、着陸時に「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器」を使用する訳にはいきません。

 結局旋回して10分遅れ程度で無事着陸できました。

 Go-aroundの体験は2回目なのですが、今回は心の準備ができていなかったので、一寸あせりました。

 最初のGo-aroundは、悪天候のときだったので、心の準備はできていたのですが、それでもあまり気持ちがいいものではありませんでした。そのときは風雨がかなり強く、飛行中も上下左右に大きく揺れていました。着陸態勢に入ってどんどん高度が下がっていくのですが、雨や雲(霧?)のために翼端灯がやっと見える程度で、地上の灯火はまったく見えません。手元の腕時計で機内の気圧に対応する高度を表示すると、すでにマイナスになっています。高度そのものの表示ではなく、また、地表での高度較正も行っていないので、あまりあてにはできないのですが、今までの経験からは、着陸直後の機内の気圧に対応する高度は、実際の高度からの誤差が最大でも200m程度なので、かなり地面に近いことが想像できます。高度が高い場合には上下に揺れてもそれほど心配しませんが、地表が近いことが判っているとダウンバーストで地面に叩きつけられないか心配でした。突然、今回と同様にエンジン音が高くなり急上昇しました。悪天候時の着陸というだけでも疲れるのに、さらにGo-aroundとなったので非常に疲れました。このときは、Go-aroundの原因は悪天候が原因であることが想像できましたが、心の準備ができていてもGo-aroundはあまり体験したくないです。

 あとで自宅に帰って調べて見ると、Go-aroundの理由としては、気象条件のほかに滑走路上の障害があるようです。

 ANA安全にかかわるトラブルのご報告を見てみると、着陸直前に他機が滑走路に進入した例が報告されていました。

 ANAサイト「安全上のトラブルなど」では、「航空機の正常な運航に安全上の支障を及ぼす事態(事故、重大インシデント、安全上のトラブル)」の概要が3ヶ月ごとに更新(次回は2月中旬)されて公表されているようなので、そのうち今回のGo-aroundの理由も判るかもしれません。(20071111日に着陸復航の事例がありました)

 なお、2007年度JALグループ安全報告書17ページにも着陸復行の事例の報告がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

巡航中の機内で「みんなの地図3」を使ってみました

以前、PSP-1000PSPUE2(USB延長ケーブル)+PSP-290GPSレシーバー)+MAPLUS(初代)の組み合わせを使用して、巡航中の航空機の機内で測位しようとしたことがあります。

しかし、そのときは、座席がBoeing 777-200 の2-5-2配列のシートの窓側から3列目(島側の座席)だったので、高感度で知られているSiRFstar IIIでもさすがに測位することができませんでした。

Empty_seat  今回は、Boeing 777-300 でしたが非常に空いていて、3-4-3配列のシートに自分一人だけでした。

 窓際の座席を選択し、離陸後シートべルト着用サインが消灯してから、PSP-1000PSPUE2PSP-290+「みんなの地図3」の組み合わせでGPSのセッティングを行いました。今回のテストは、移動中の地図をデジカメ(EX-V7)の動画で撮影することが主目的だったので、測位が確実に行われるように、PSP-290を窓の近くに配置し、テーブルの上に置いたPSP-1000との間をPSPUE2で接続することにしました。また、無線LANがオフであることを確認しました。

 最初は、PSPの画面を撮影するために、以前金属プレートを組み合わせて作ったカメラホルダーを使うつもりだったのですが、機内持込制限品目の中の「刃物以外の凶器となり得る物 (5)その他(保安責任者が凶器となり得る恐れがあると判断したもの)」に該当する可能性がある(アイススケート靴はNG)ので、今回は合成樹脂製のクランプ式三脚を使用してカメラをテーブルに固定しました。

  最初の衛星捕捉に数分掛かりましたが、一旦測位が開始されると安定に測位が継続できました。また、地図も円滑に表示されました。なお、途中でPSP-290テーブルの上に移動したところ測位不可能になりましたが、元の位置に戻したら2~3分で再度測位でき、シートべルト着用サインが点灯してPSPの電源をオフにするまで安定に動作しました。

なお、上の動画は連続撮影したものを間引き編集で短縮してあります。

以下のコース(ルート)は、「みんなの地図3」で取得したデータを使用したものです。

Google Earthによるコース表示】
Google_ana267

ALPSLAB routeによるルート再生】(右向き三角をクリック)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年1月10日 (土)

ただいま上昇中

 上昇中のB777-300の機内の気圧に対応する高度を、PROTREK Triple Sensor PRW-1300ARJで表示して見ました。実際の高度とは直接比例していませんが、高度変化のグラフがいかにも上昇中という感じです。なお、撮影はべルト着用サイン消灯直後に行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

ThinkPad X40用の格安互換バッテリを使ってみました

  サブのノートPCとしてIBMThinkPad X40を使っているのですが、最近はバッテリ(92P1000)をフルに充電しても15分位しか持ちません。バッテリー情報(スタート→コントロールパネル→ThinkPad機能設定→システム情報→バッテリー情報)でチェックしてみると、製造日が2005-02-03、サイクルカウントが297、定格容量の27.36Whに対して満充電容量が僅か1.92Whとなっています。バッテリの寿命が尽きたようです。
Ibm92p1000

 バッテリを交換しようと思いましたが、現時点で入手できそうな純正品(92P10093.5時間)は非常に高い(13,000円~15,000)です。互換品であればかなり安くなりますが、それでも、1900mAhのもので8,000円程度します。大容量(4400 mAh)のものはもう少し高いようです。

 秋葉原に行った際にときどきジャンク屋を覘くのですが、ThinkPad X40で使用できるバッテリ自体が中々見つかりません。

 正月に秋葉原に行ったときに、今まであまり行ったことがないジャンク屋(神田キリスト教会がある通りです)を覘いてみると、格安(3,980円)の互換バッテリ(2200mAh)がありました。ビニール袋には中古互換バッテリと書いてあったのですが、同じものが7~8本置いてあり、あまり汚れていないように思われたので、普通の中古品ではなく、訳有りで放出されたものであるような感じでした。また、保証期間が30日ある(ただし完全な故障に限る)ということなので、買うことにしました。

92p1003_92p1000

 外見(写真上)は大容量バッテリですが、容量は標準(写真下)の1900mAhとあまり差が無い2200mAhです。手で持ったときの重量バランスから判断すると、標準バッテリに対応する部分はがらんどうで、外側にとびだした円筒部分のみにバッテリが収納されているような感じです。

Replace

 バッテリの表面には、Replace:92P1002, 92P1005, 92P1000, 92P0998, 92P0999, 92P1009と印刷されていました。ちなみに、Made in China です。

 購入直後のバッテリをThinkPad X40に装着して使用したところ、以下のようになりました。

経過時間 残容量 残時間

0            100%       24

1                100    23

2                100     19               

3                100      17

4                                            電源断

挙動が一寸怪しげです。

次に、3時間ほどかけて満充電した後に再度調べてみました。

経過時間 残容量 残時間

0      100%    02:21 (時間)

60  63   01:15

90        42        00:53

120      22       00:26

130      14       00:17

133      10       00:13

135                                 電源断

今度は、残容量の表示もまともで、2時間15分もちました。

何回か充放電テストを行ったところ、ときどき残容量が100%のままだったり、残時間が逆行したりすることはありましたが、2時間強動作可能でした。

 純正バッテリよりはかなり短めですが、X40の主な用途が空港やホテルのロビーでの短時間のインターネット利用なので、価格を考慮するとそれほど悪い買い物ではなかったように思われます。

 バッテリー情報をチェックしてみると、製造日が2007-01-08、サイクルカウントが5、定格容量の31.68Whに対して満充電容量が27.74Wh、製造者名が4SEAとなっていました。何回か充放電テストを行った後なので、購入直後のサイクルカウントは1(0?)だったと思われます。ただし、サイクルカウントは後で操作される可能性がないとはいえないので、未使用品かどうかはわかりませんが、新古品だったかもしれません。

Ibm92p1003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

GPS衛星の軌道(移動軌跡)を連続撮影してみました

 GPSを使用していると、同じ場所でも、短時間で測位できたり、測位に長時間要したり、あるいは、まったく測位できないことがあります。

 測位能力は、GPSモジュール単体の性能に依存することは勿論ですが、衛星の位置による影響も大きいです。

 GPSに付属の天空図を見ることにより、その時点での衛星の位置や受信状態を知ることができますが、衛星の移動状態を直接実感することができません。

 衛星軌道のシミュレーションはいくつか公開されているようですが、やはり実際の受信状態を確認してみたいです。

 ということで、GPSの天空図に表示された衛星の画像を一定の時間間隔で撮影(インターバル撮影)することにしました。ところが手持ちのコンパクトデジカメ(EX-V7)やデジタル一眼レフ(EOS Kiss Digital X)には、インターバル撮影の機能は内蔵されていません。

Digital Xはリモコンが可能なようなのでインターバルタイマーを作ることにしました。ゼロから作るのは大変なので、何か使えそうなものはないかと探してみると、エレキット(ELEKIT)のリレー付き間欠タイマPS-3041というものがありました。最長の設定時間が300秒ということで、一寸短めなのですが、今回の目的に利用できるであろうということで買ってきました。

 ところが、インターバル撮影の情報をさらに調べてみると、Digital Xに付属していたEOS Utility 1.1でインターバルタイマー撮影ができることがわかりました。カメラ本体自体の機能ではないので、使用説明書にはインターバル撮影についての説明が無いのかもしれませんが、なかなか気がつきませんでした。なお、購入したPS-3041は、コンデジのリモコン用に流用する予定です。

天空図の撮影は以下の機材を使用して行いました。

PSP-1000(省エネオフ、外部電源使用)

PSPUE2 (PSPUSB延長ケーブル)

PSP-290 (PSPレシーバ)

MAPLUSポータブルナビ (初代)

EOS Kiss Digital X(互換バッテリJTT MBH-NB-2LH使用)

EF-S 18-55 mm(マニュアルフォーカス)

Think Pad X40

EOS Utility Ver2.5.1 (バージョンアップして使用)

【GPS設置状況】  

Psp290_2  今回は、寒いので窓を閉めきった状態とし、GPSレシーバは窓の中央寄りに配置しました。







【撮影状況】
Eos_kiss

撮影で得たソースJPEG画像

IMG_0001IMG_0442442枚)

撮影時間:2009/1/1  16:31:0123:52:00(約7時間20分)

(バッテリの電圧低下8.33V6.95V で撮影動作停止)

最初は、jpgswfに変換してFlashで表示するつもりだったのですが、swfファイルの容量が5M以上になってしまいました。ココログでは1回にアップロードできる最大容量が1Mなので容量を削減する必要がありますが、アップロードできる容量まで画質を落とすと文字が読めないほどに画質が劣化してしまいます。

 そこで、Flashをあきらめて、JPEGMPEGに変換して表示することにしました。適当なフリーソフトが無いかと探してみると、TMPGEncjpgからmpgに変換できることがわかりました。jpgファイルを連続番号にし、最初のファイルを指定して変換を開始すると、残りのjpgファイルも自動的に読み込まれるようです。

 MPEG-2 640x480 8fpsの設定で変換したところ、約1分のMPEGファイル(容量約8M)が出来上がりました。

 GPS衛星の周回時間は約12時間ということなので、今回撮影した約7時間分ではデータが不足していますが、移動の傾向が判ればよいのでよしとしましょう。ACアダプターキットACK-DC20を購入すれば問題はないのですが予算が・・・・。

【衛星の移動状態を示す動画】

撮影は11コマ、計442コマ、再生は毎秒8フレーム、再生時間は約1分です。衛星の移動状況ですが、早送りで再生していることを考慮しても結構速く移動しているように思われます。12時間で1周ということは、1時間で30度移動ということになるので、こんな感じでしょうか。

 受信状態については、受信環境が劣悪である割には、常時複数の衛星が見えています。また、かなりの時間割合で測位が行われています。ただし、精度はかなり悪くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

江島神社に初詣に行ってきました

Hamayas  昼過ぎに出かけたのですが、思ったよりは混んでいませんでした。






Fujis  天気が良かったので富士山が良く見えました。







沖合では海上保安庁の艦船とヘリで救助訓練(?)をしていました。(ボケてよく判りませんが・・)
Jcg1s Jcg2s

おみくじは大吉だったので、今年は良い年になるであろうと期待することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

HAPPY NEW YEAR by “Johnny Castaway”

 “Johnny Castaway”の謹賀新年バージョンです。

Image001

“Johnny Castaway”は、Windows 3.1時代のスクリーンセーバーですが、今見ても見飽きません。

オリジナルのプログラムでは、XPで走らせるためには、ディレクトリを変更したり、ファイル名を変更する必要がありましたが、最近のもの(Modernised version)はそのまま実行できるようです。なお、解像度が勝手に640x480に設定されるのは、絵が粗くなるので、個人的にはいかがなものかと感じます。

参考外部リンク:

Johnny Castaway Screen Saver Home page

http://web.onetel.net.uk/~gnudawn/johnny/

Modernised version

http://home.zonnet.nl/jaapjp/Setup.exe

なお、下記の注意書きがありますのでダウンロードの際は要注意です。

Remember, you should always virus-check programs you download, before you try to run them.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »