« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

地デジキャンペーンキャラクター「地デジカ」って・・・

  日本民間放送連盟(www.nab.or.jp/)の地上デジタル放送完全移行PRキャラクターだそうですが、デザイン、ネーミング(ちでじか)ともに一寸・・・・・。

「地デジカ」
http://www.nab.or.jp/chidejika/

総務省の地上デジタル放送キャラクターの「デジタ・ルカ」の立場は??
どこかに、“新キャラクター「地デジカ」”と書いてあったので降板?
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/kouhousi/image/catch54.pdf
http://blog.livedoor.jp/habatan7/archives/50256832.html

Digitalka_2 【デジタ・ルカ】数年前にCEATECでもらったものですが、長年携帯にぶら下げていたので、可哀想に胴体がどこかに行ってしましました。



そういえば、昔「auシカ」という鹿もいたようです。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0506/01/news009.html
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0504/25/news047.html
「現実世界で、シカはキノコを食べることがある。」そうです。
http://aushika.ti-da.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

『消されたヘッドライン』の試写会に行ってきました

 スペースFS汐留(シートが良かったです)で行われた「『消されたヘッドライン』俺たち!ジャーナリスト試写会」に行ってきました。

『消されたヘッドライン』俺たち!ジャーナリスト試写会

http://info.cocolog-nifty.com/info/2009/04/post-2561.html

この映画は、「ペリカン文書」、「陰謀のセオリー」などのいわゆる政治陰謀ものの範疇に入ると思いますが、主に新聞社側から見た話となっています。

陰謀と並行して友情、背信、記者魂などの話があってなかなか面白かったです。

しかし、印刷をあんなには待ってはくれないような気が・・・

原題の” State of Play”は、辞書では「(事)形勢, 現状」となっていましたが、これが事件全体を意味しているのか、コリンズ議員の立場のことをいっているのか、紙新聞とWEB新聞の関係のことを言っているのかよくわかりませんでした。

基本的にはドンパチ大好き人間なのですが、最近は、このようなストーリーで引っ張っていく映画も見るようになりました。最近では「フロストxニクソン」が面白かったです。

なお、試写会の前に映画の宣伝としてプレゼント付きのミニクイズがあったのが、最近の試写会では珍しかったです。

関連外部リンク:

公式HP:

http://kesareta.jp/

予告編:

http://meta.yahoo-streaming.jp/cgi-bin/yahoo/movies.asx?cid=20090416005cs0000movie1m

BBCState of Play

http://www.bbc.co.uk/drama/stateofplay/ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

@nifty WiMAX試験サービス モニター当選

2回目の応募で「@nifty WiMAX試験サービス モニター」に当選しました。

UQ WiMAXのサイト(http://www.uqwimax.jp/service/wimax/)の説明によれば、下り最大40Mbps、最大半径3kmまでアクセス可能ということなので、一寸楽しみです。

 昨日(4/24)、モニター当選のメールが来て、今日(4/25)の午後に現物(NECアクセステクニカ㈱製D01NAA)が佐川急便で届きました。パッケージのデザインが、MP3プレーヤなどの携帯用AV機器のような一寸洒落た感じになっています。

 端末の裏には、「D01NAA PA-WM3200U(U)」と書いてあります。UQ WiMAXのサイトではデータ通信カード「製 UD01NA」となっていますが同じ物なんでしょうね。

D01NAA

Packagee Case1 Case2 Wimax1 Wimax2

通信カード(カードと呼ぶのは一寸抵抗がありますが・・・)に工事設計認証番号「 003IVA080977」が書いてあったので、総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」(http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=js01)で調べてみました。

登録証明機関による工事設計認証に関する詳細情報 

http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jg01_01&PC=003&TC=N&PK=1&FN=245dspr&SN=%94%46%8F%D8&LN=10&R1=*****&R2=*****

WiMAX802.16eのようですが、出力が0.2Wということは802.11系よりもかなり出力が大きいです。手元にあるBUFFALOWLI-PCM-L11GPの出力を工事設計認証番号「01GZDE1039」で調べてみると0.005Wとなっていました。搬送波の状態が異なるので単純には比較できませんが・・・。

http://www.tele.soumu.go.jp/giteki/SearchServlet?pageID=jg01_01&PC=001&TC=N&PK=1&FN=99tele&SN=Sheet2&LN=45&R1=*****&R2=*****

 とりあえず、Think Pad X40USBスロットに通信カードを挿入してWiMAXを使えるようにしましたが、CR-ROMなどによる個別のインストール作業が不要なので非常に楽です。

 PCのバッテリを充電して早速外に持ち出して使って見たいと思います。

【関連外部リンク】

WiMAXとは・・

http://www.uqwimax.jp/service/wimax/

WiMAX

http://ja.wikipedia.org/wiki/WiMAX

@nifty WiMAX試験サービス

http://setsuzoku.nifty.com/wimax/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

遅まきながらSOHLA-1(まいど1号)のビーコンを受信しました

  雨の休日ということで外の出るのも億劫なので、SOHLA-1のビーコンの受信(デコード)を試してみることにしました。

まず、軌道情報が必要ということで、SOHLAのキーワードで検索したのですが、なかなかヒットしません。PRISMKKS-1はキーワード検索でTLEがすぐに判ったので今回も何も考えずに検索したのですが、SOHLAでは登録されておらず2009-002Eで登録されていました。SOHLAのサイトにはTLEが記載されていたので、先にこれを見れば良かったです。なお、REAL TIME SATELLITE TRACKINGの方がデータが若干新しいようだったので、あまり関係ないと思いますが、こちらの方を使用しました。

軌道情報(NASA Two-Line Elements

2009-002E

1 33496U 09002E   09111.86837701 -.00000088  00000-0 -65947-5 0  2726

2 33496 098.0313 222.0714 0007956 100.8128 259.3971 14.69429195 13006

(2009/4/22 12:00現在)

http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/HP_M/html/about.html

REAL TIME SATELLITE TRACKING

Two Line Element Set (TLE):

NORAD ID: 33496  Int'l Code: 2009-002E

1 33496U 09002E   09114.72834656  .00000113  00000-0  27236-4 0  2815

2 33496 098.0325 224.8850 0008051 093.8665 266.3465 14.69430647 13420

http://www.n2yo.com/satellite/?s=33496

受信には以下の装置を使用しました。

・自作の500円6エレ八木アンテナ

ICOM IC-23  144/430MHzハンディFMトランシーバ

TASCO TNC-22  ターミナル・ノード・コントローラ

VAIO PCG-505(初代) ハイパーターミナル用(ポートリプリケータにレガシーI/FRS-232Cコネクタが装備されていたので、数年振りに電源を入れて使用しました)。

Think Pad X40   CALSAT32表示用

【使用装置】            【TNC-22 & PCG-505

Rig Tnc22_pcg505

軌道情報をCALSAT32に入れて今日(4/25)の衛星の通過予定パスをみてみると、12:55に天頂を通過して13:02に南に沈むようになっています。

 とりあえず、アンテナを南向きに仰角45度位に設定して437.505MHzを受信していると、以下のデータが受信できました。空白のみの行は詰めました。なお、データ本体はバイナリで送信されているようなので、ASCIIで送信されているコールサインしか表示されていません。コールサイン以外の文字部分はエラーデータと思われます。とりあえず送信局のコールサインであるJL3YUSは確認できたので、一応の目的は達成です。

TNC-22でバイナリを受信できるかどうかは、もう少し勉強してみます。

cmd:JL3YUS>JL3YUK <UI>:`w

JL3YUS>JL3YUK <UI>:p

JL3YUS>JL3YUK <UI>:p

JL3YUS>JL3YUK <UI>:`

JL3YUS>JL3YUK <UI>:`+

JL3YUS>JL3YUK <UI>:`

JL3YUS>JL3YUK <UI>:`

JL3YUS>JL3YUK2<UI>:p

JL3YUS>JL3YUK <UI>:`

                 %

JL3YUS>JL3YUK <UI>:q-*+**)*(+(,)+&+)**+(*), ,+*,,-,-+.-.-//1255;:?@DHJJNS

JL3YUS>JL3YUK <UI>:`

【つくば宇宙センターの特別公開でもらったSOHLA-1のペーパーモデル】

Sohla1_paper_model

【関連外部リンク】

SOHLAアマチュア無線クラブJL3YUK

*アマチュア無線運用情報*

http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/HP_M/html/about.html

Two-line elements TLE

http://ja.wikipedia.org/wiki/2軌道要素形式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国アマチュア無線のバンドプラン

  日本では、ピギーバック衛星のアマチュア向けビーコンとして430MHzが使用されることがありますが、7月末に打ち上げ予定の韓国衛星ロケット(KSLV-1)でもアマチュア無線帯が使用される可能性があるかもしれないと思って、韓国アマチュア無線のバンドプランを調べてみました。

  韓国アマチュア無線連盟(KARL)釜山支部の資料にバンドプランの説明がありました。

http://karl.cosk.net/radio04.htm(★リンク切れ)

(20007/7/19追記:上記リンクが切れていたので、別のリンクを追加しました。)

http://www.sunpr.co.kr/HAM-band.htm

  430MHzバンドもあるようなので、このバンドでビーコンを送信してくれるとうれしいです。

  個人サイトの資料もありました。同じような情報と思われますが、もしかしたら新しい情報が何か入っているかもしれないと思って併記しました。

http://www.hl3app.com/entrance/bandplan.htm

http://6m0nj.net/?mid=bandplan

参考外部リンク:

日本のアマチュア無線のバンドプラン

http://www.jarl.or.jp/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/A-3-1-20090330.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

「ロケーションビュー」サービスサイトが4月27日15時で公開終了

「ロケーションビュー(Location View)」(http://www.locaview.com/)は、GoogleStreet Viewと類似のサービスですが、ストリートビュー(Street View)より前にサービスが開始されています。

(ロケーションビューのサイトから抜粋引用)

サービス名称  LOCATION VIEW    他サイト(G社) 

サービスイン  2006622      2008/8/4(米版2007531日)

カバーエリア  42地区                 12地区

撮影方法   自動車撮影・歩行撮影     自動車撮影 

視点     ほぼ人間の目線の高さ        高い(おおよそ2.5m程度)

ユーザ登録が必要だったせいか、Street Viewほど知名度は高くありませんが、Street View で表示されない場所(池上本門寺など)や、まだサービスが開始されていない地域(福岡など)の画像を見ることができて中々便利でした。公開の目的を達したので一旦終了ということのようです。

 後何日かの寿命ですが、池上本門寺と福岡の画像です。
【2009.04.30追記】ログインはできませんが、表示はできるようです。

【池上本門寺】


映像地図で見る

【福岡空港RWY34側】

1996年にガルーダ・インドネシア航空DC-10がフェンスを突き破って道路を横断した地点です。博多駅付近のビルから黒煙を目撃しました。


映像地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

7月末に打ち上げ予定の韓国の衛星搭載ロケットKSLV-1の写真など

韓国が7月末に人工衛星搭載ロケットを打ち上げるという以下の記事があったので、どんなロケットか一寸調べてみました。

【外部リンク】毎日JP

韓国:ロケット、日本上空通過へ 7月、衛星打ち上げ

http://mainichi.jp/select/world/news/20090422ddm002030049000c.html(★リンク切れ)

下記の記事によると、1段目がロシア製作、2段目が韓国自主開発のKSLV-1と呼ばれるロケットのようです。(KSLV :Korea Space Launch Vehicle)

【外部リンク】朝鮮日報

威容を現した韓国初の宇宙ロケット

http://www.chosunonline.com/news/20090416000017

写真を探してみたところ、下記のサイトにそれらしい写真がありました。

当事者が作成した一次資料では無いようなので情報の精度は判りませんが、写真を見るかぎりでは、これのように思われます。光明星2号には、ハングルで「조선」(朝鮮)と書かれていましたが、KSLV-1には「대한민국」(大韓民国)と書かれています。

【外部リンク】

[화보]우리나라 위성발사체 'KSLV-1', 우주향해 서다(★リンク切れ)

[画像]韓国初の衛星発射体' KSLV - 1 ' 、宇宙に向かってからだ  Google自動翻訳)

http://kr.blog.yahoo.com/seo82822000/folder/3.html

下記のサイトには飛行計画が書いてあるようですが、関係ありそうなところだけ自動翻訳してみました。

우주강국으로의 도약, 국산 위성발사체 KSLV-1

KSLV -1 宇宙大国への跳躍、国産衛星発射体KSLV -1Google自動翻訳)

http://kr.blog.yahoo.com/rtsfive/1457909

「このように発射がなされればKSLV-125秒の間垂直上昇する。 そして正南(チョンナム)側で東に10° ほど方向を定めて,日本,沖縄商工(上空)に向かう。 科学技術衛星2号を浮かす地点で方向を旋回するいわゆるキックターン(kick turn)段階だ。」(OCN翻訳サービスによる自動翻訳)

KSLV1で打ち上げられる人工衛星に、アマチュアが受信できるようなビーコン送信機が搭載されているとうれしいのですが・・・。

2009/05/08 追記】リンク先が下記URLに変更になったようなので、もとのハイパーリンクは解除しました。

http://media.paran.com/sdiscuss/newsview2.php?dirnews=1131800&year=2009&key=net&link=nethitnewslist.php

2009/05/08 追記】一定期間経過すると会員登録しなければ見ることができないようなので、ハイパーリンクは解除しました。

【2009/05/11追記】同一内容と思われる記事が下記URLにありました。

http://jp.cyworld.com/news/news_read.php?news_post_code=1000020725&startpos=9&search_mode=category_1&search_index=10004(★サービス終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

TNC-22でナビトラ®の信号を受信(デコード)しました

 最近、衛星受信に興味が出てきて、ちょこちょこと受信を試しています。

500円八木アンテナで東大衛星PRISMFMテレメトリ(ピーギャー)と航空高専衛星KKS-1のCWビーコン(トツー)は受信できましたが、テレメトリのデータのデコードはまだしていません。

 以下のサイトの情報によれば、テレメトリのデータのプロトコルとしては、AX.25と呼ばれるパケット通信 (アマチュア無線)のプロトコルが使われていることが多いようです。

 パケット無線は、20年位前に電話代をかけずにBBS (Bulletin Board System、電子掲示板)を利用できるということで一寸やったことはありますが、インターネットが使えるようになってからは、TNCなどの関連装置は物置の奥に捨てられる寸前の状態で放置されたままとなっていました。

 以前使用していたTASCOTNC-22FMテレメトリのデコード(復号)に利用できそうなので、物置の奥から引っ張り出してきたのですが、電源ケーブルや接続ケーブルがありません。電源のジャックはマイナスセンターの12Vとなっているので、電源プラグを新たに用意しました(追記:後で取説を読んだらプラスセンターでもOKでした)。また、PCとのインターフェースはRS-232Cの25ピンDサブコネクタとなっており、いまどきこれに合うようなケーブルは手元にありません。ISDNTAを使っていた頃はRS-232C用の各種のケーブルや変換コネクタが転がっていたのですが、こんなものはもう使うことがないだろう思って殆ど捨ててしまいました。

TNC-22】 
Tnc22_front_2 Tnc22_back_2       

さらにPC側もRS-232Cのインターフェースはありません。幸いなことに、GPS受信機(Garmin eTrex Legend)用に以前購入したUSB-RS232コンバータ(U232-P9)があったのですが、9ピンDサブコネクタとなっています。

U232-P9
U232p9_2

25ピンー9ピンの変換コネクタを作るのは面倒だと思ってネットで探してみたら、下記のような便利なものがありました。価格も320円と安かったので早速買ってきました。

RS232Cケーブル】
Rs232c_2 Label_2

 PCをターミナルモード(スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→通信→ハイパーターミナル)にし、TNC-22ケーブルで接続し、TNC-22の電源を入れると無事に以下のオープニングメッセージが表示されました。

TASCO Packet Radio TNC-22

AX.25 Level 2 Version 2.0

Release 1.1.5TJ 08/29/88 - 32K RAM

message board Ver 1.23

20年前の製品ですね。送信する訳ではないのですが、バックアップ電池を入れ替えて、一応コールサインを入れて時間を合わせました。

 プログラムはまともに走っているようですが、デコード機能が正常に動作しているかsどうかわかりません。

 いまはパケット通信によるRBBSは見かけないし、どうやってチェックしようかと思いましたが、ナビトラが同じプロイトコルだったような気がするので、調べてみたところ同じAX.25であることが判りました。また、使用周波数は431.00MHzが使用されることが多いようでした。とりあえず、FRG-965の周波数を431.00MHzに合わせてFMモードにし、スケルチをオープンにし、イヤホン出力をTNC-22DCDランプが点灯する直前くらいのレべルに合わせて待ち受け受信をしていると、運良く下記のようなデータ(一部修正あり)が受信できました。なお、アンテナは2階のべランダのホイップです。

cmd:=-10>521.*6-14 <????>

*E1___-5>GPS,JA1___-3*,WHDE,KING,WIDE <RNR R R0>

lfWrIy-6> =$%H6-9­QU$7_-15>Ky‑A-11 <RNR C P R5>

:Hh#`%-1>0^

           Hw-15,8^ jIY-6*,M6u-14>s\z-10LbGIw-13>mWVE)-12JI1___-9>GPS,JA1

xxx-3*,WIDE,KING,WIDE <UI R>:$PNLS,1,0,__,__,2009,052127,35__.382,N,139__.148,E,

62,0011,3,ケイジドウシャ RX145 8.84,000,1*E8

文字化けはありますが、デコードは正常に出来ているようです。

 座標データも見えるので、適当なソフトを使用すれば地図上に車両の位置を表示できるのかもしれませんが、今回はナビトラが目的ではないので、TNC-22の動作を確認して一段落です。

 SOHLA-2(まいど1号)が2009324日より通常運用を開始したようなので、衛星のパスがよさそうなときに、FMテレメトリのデコードを試して見たいと思います。

参考外部リンク:

日本のCubeSat衛星

http://www.jarl.or.jp/Japanese/7_Technical/cubesat/cubesat.htm

GOSAT相乗り打上衛星初期受信協力(公開用)

http://www.astro.mech.tohoku.ac.jp/~gsn/jp/index.php?GOSAT%C1%EA%BE%E8%A4%EA%C2%C7%BE%E5%B1%D2%C0%B1%BD%E9%B4%FC%BC%F5%BF%AE%B6%A8%CE%CF%28%B8%F8%B3%AB%CD%D1%29

AX.25 Link Access Protocol for Amateur Packet Radio

http://www.tapr.org/pdf/AX25.2.2.pdf

《ナビトラのデータフォーマット》

http://www.hi-ho.ne.jp/~jf1qci/dformat.htm

なお、「ナビトラ」はケンウッドの登録商標のようです。

(111) 【登録番号】 第4031003号 

(151) 【登録日】 平成9年(1997)7月18日 

(210) 【出願番号】 商願平7-120909 

(220) 【出願日】 平成7年(1995)11月21日 

    【先願権発生日】 平成7年(1995)11月21日 

    【最終処分日】 

    【最終処分種別】 

    【出願種別】 

--------------------------------------------------------------------------------

    【商標(検索用)】 ナビトラ\NAVITRA 

(541) 【標準文字商標】 

(561) 【称呼】 ナビトラ 

(531) 【ウィーン図形分類】 

--------------------------------------------------------------------------------

(732) 【権利者】 

    【氏名又は名称】 株式会社ケンウッド 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

平成21年度筑波宇宙センター特別公開に行ってきました

  旅行のパンフレットをみていたら「筑波宇宙センター特別公開」というバスツアーがありました。

 筑波宇宙センターは、最近FMテレメトリやCWビーコンを受信したピギーバック衛星PRISMKKS-1に関係がありそうであり、また、普通は見学する機会も余りないであろうということで4月18日の特別公開に行ってきました。

 バスツアーの場合は、乗っているだけで目的地まで到着するのでらくちんです。

【パンフレット(表)】

1jaxaas 

【パンフレット(裏)】

2jaxabs

H-Ⅱロケット】    【宇宙ステーション補給機】
3hrockets_3 4htvs_2








【デブリ・バンパー】     【
GOSAT相乗り衛星】
5debris_bumpers_2 6gosats_3







【打ち上げ/帰還用与圧服】 【運用管制室】
(パラシュート・筏装備) (撮影禁止だったので・・)
7less_3 8s_2













【宇宙食】          【霧発生注意 ???】
9_2 10s_2



JAXAマーク入りアンケート記入用鉛筆】
11jaxa_pencil_2










関連外部リンク:

平成21年度科学技術週間筑波宇宙センター特別公開

http://www.jaxa.jp/visit/tsukuba/index_j.html

宇宙航空研究開発機構(JAXA

http://www.jaxa.jp/

筑波宇宙センター

http://ja.wikipedia.org/wiki/筑波宇宙センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

小田急の各種ロマンスカー(その2)

   EX-V7のバッテリが切れるまで、約1時間20分連続撮影し、デジカメに内蔵されたムービーカット機能を使ってH.264のまま編集しました。2009.4.11撮影のものです。

手ぶれ補正off且つズーム倍率が高めなので、電車の通過時に振動で画面が細かく上下に揺れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

朝っぱらから掃除機を修理しました

 朝起きて、のんびり新聞を読んでいると「掃除機が故障したので修理して」という声がします。頼むほうは簡単ですが、電気部品がモータとスイッチしかない昔の電気掃除機と違って、今の掃除機は電子制御のものが多いので、場合によっては一寸厄介です。

 症状は電源スイッチ(クリックスイッチ、タクトスイッチ?)を押しても動作しないというものです。故障の原因は色々考えられますが、可能性として、ACコードの断線、スイッチの接触不良などが考えられます。なお、掃除機は国産のメーカー品(CV-SJ9)です。

 とりあえず、分解してみましたが、ACコードの先端が制御基板の裏側に回り込んでいて、AC100Vが基板まできているかどうのチェックも容易でありません。とりあえず目視でざっと見ましたが、焼けている部品もないし、ヒューズも飛んでいません。

【分解】
Photo

 

【制御基板】
Photo_2

 電子回路自体が故障する可能性は少ないと判断して、次に、なんとなく怪しいと思われる手元操作部をチェックしました。操作部の蓋を開けて見ましたが、一見おかしなところはないように思われます。ところが、スイッチ部分から伸びているワイヤーを1本づつ引っ張ってみると、1本だけズルズルと引き出すことができます。ワイヤーの先端を見ると切断されています。BINGOです。

【操作部】
Photo_3        

【断線部】
Photo_4

 切断されているのは、操作部のパイプの継ぎ目の部分のようです。継ぎ目部分でパイプを引き抜いてみると、3本のワイヤーのうちの1本が切れています。この断線が故障の原因と思われますが、念のために線材の先端を剥いて芯線同士を巻きつけた状態で、ACコードを接続して電源スイッチを押すと動作しました。後は、芯線同士を半田付けし絶縁テープで巻いて操作部と筐体を組み立てて無事修理完了です。

 昔の電化製品の故障は断線が多かったような気がしますが、今回のような本来は断線しないような箇所が断線したのは一寸不思議です。断線部分をよくみると捻られたような形跡があります。操作部からパイプに伸びる3本のワイヤーは、パイプの継ぎ目部分で内筒と外筒の間に挟まれた状態になっています。本来、この継ぎ目部分は回転する場所ではありませんが、何らかの外力が加わって継ぎ目部分が回転し、ワイヤーに捻れる力が加わって最終的に断線したように思われます。今回のようなケースは珍しいかもしれません。(追記:回転しない部分と思っていたのですが、実際は、回転部分にワイヤーを咬みこんだため、回転出来なくなっていたようです。)

 なお、掃除機の修理は2回目ですが、最初の修理は、電気部品がモータとスイッチしかない安価な掃除機で、スイッチ(シーソースイッチ)をオフにしても電源が切れないという一寸不思議な故障でした(電子制御ならありえるかもしれませんが)。テスターでスイッチをチェックしてみると、オンでもオフでも導通があります。スイッチが不良だったのは判りましたが、代替のスイッチは入手困難です。仕方がないのでスイッチそのものを修理しようと思って、スイッチのケースを開けると、接点が溶着した状態になっていました。リレーの接点を定格以上で使用して接点が溶着した経験はありますが、シーソースイッチのようなメカニカルスイッチで接点が溶着したのを見たのは初めてでした。このときの掃除機はいわゆるメーカー品ではなかったので、スイッチの品質の問題だったのかもしれません。溶着した接点を無理やり引き剥がし、溶けた接点部分を整形して修理完了です。一寸危ないかもしれませんが、いまのところ無事に動いています。

 

2009/04/14 追記】

モデルは違いますが、同じメーカーの掃除機で上記故障と全く同じ事例(操作部の継ぎ目で断線)が報告されていました。

教えて!goo > ライフ > 家電製品

回答日時:06/02/02 00:28 回答番号:No.4

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1935209.html

故障の原因を考えてみましたが、ビニール被覆の線材を、部品の間に圧力が掛かったままの状態で挟んで通すのは、電気的にも機械的にもあまりうまくないような気がします。特に、この機種のように操作部とホースの継ぎ目でホースからの回転力が継ぎ目部分に加わって、本来は回転しない部分が僅かではありますが回転する場合には、長年にわたって捩れの力を受け、線材の1箇所に剪断力が加わって線材が切断されたように思われます。追記:回転しない部分と思っていたのですが、実際は、回転部分にワイヤーを咬みこんだため、回転出来なくなっていたようです。)

故障は予期しない原因から発生することも多いのですが、今回の場合は、もし継ぎ目部分が回転する可能性があることがわかっていれば、回転止めの機構を設けたり、線材の逃げ溝や保護材を使用した設計になっていたいれば防止できたかもしれません。

【2012.07.04追記】

写真を大きくしました。

【2014.04.27追記】
  今までに皆さんから色々の情報を頂いたので一寸まとめてみました。
 モデル別には以下のようになっていました。(当方修理分を含む)

 CV-SJ9            6台
  CV-PHB8            1台
  モデル名不明(同一メーカ)    3台

  CV-SJ9が多いのは、ブログがCV-SJ9の修理記事だったためなのか、機種固有の問題だったのかはよく判りません。
 gooのQ&Aには、CV-WR15で全く同じ事例が報告されているので、この時期に設計された特定機種グループ(ファミリー?)が問題だったのかもしれません。(単なる想像です)

  教えて!goo > ライフ > 家電製品
  回答日時:06/02/02 00:28 回答番号:No.4
  http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1935209.html

 教えて頂いただけでもこれだけあるということは、全体の故障件数はかなり多かったと想像されます。
 CV-SJ9の発売日は2005年7月10日ということなので、現在は十分な故障解析が行なわれて断線が発生しないような設計になっているでしょう。

 ニュースリリース
  http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2005/06/0627.html

 

 Hitachi KE Systems, Ltd
  故障解析
  http://www.hke.jp/PRODUCTS/testing/ichiran6.htm

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ラジオ版「宇宙戦争」のカセットテープ

先ほど日テレで映画「宇宙戦争」(2005)を放送していました。原作は、HG・ウェルズWar of the Worldsですが、この原作に基づいて1938に放送されたラジオドラマがパニックを引き起こしたことはよく知られています。

話はよく聞くのですが、長い間、実際のラジオ放送の内容を聞くことはありませんでした。放送を聴いても英語は理解できないと思いますが、雰囲気や効果音がどのようなものか一寸興味がありました。

大昔にFEN(現AFN)で偶然放送の途中から聴いたことがありますが、最後までは放送されなかったような気がします。もしかしたら、前半後半に分けて放送したのかもしれません。

 かなり前になりますが、ニューヨークに行ったときに、Museum of Broadcasting(現在は"Museum of Radio and Television"だそうです)に売っているかもしれないと思っていってみるとラジオ版「War of the Worlds」のカセットテープが売っていました。カセットテープということはかなり昔に買ったようです。

 内容は、本や雑誌で読んだ通りに進みますが、実際に音声で聞くと一寸感激します。

War_of_the_world Wotw1 Wotw2 

 一寸珍しいテープではないかと思っていたのですが、先ほどWEBで調べてみたら、下記のThe Mercury Theatre on the Airから放送の内容をReal Audio MP3でダウンロード可能になっていました。MP3を聞いてみましたがテープの音よりもずっと音質が良かったです。もしかしたら、雑音除去など信号処理をしているのもしれません。簡単に聞けるようになったのは、うれしいような残念なような・・・。

The Mercury Theatre on the Air

http://www.mercurytheatre.info/

The War of the Worlds (October 30, 1938)


2009/04/14追記】

知らなかったのですが、CDになっていたのですね。

HGウェルズの宇宙戦争―CD+BOOK (全米ラジオドラマ傑作選 ミステリー劇場 3) ~ H.G.Wells

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

11作目の「スタートレック」

キャスト一新の「スター・トレック」、プレミア開催

http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-37392520090408

映画の情報は、新聞やWEB上の試写会のお知らせで、初めて知る程度なので、このような映画ができたのも知りませんでした。

「スタートレック」は「宇宙大作戦」(1969~)の頃からよく見ていましたが、劇場版を映画館で見たことがありません。テレビ放送の映画版は、期待したほどは面白くないであろうという偏見のせいかもしれません。

予告編を見た感じでは、面白そうなので、試写会に当たるのを期待して待っていたいと思います。

Star_trek 特にトレッキーという訳ではありませんが、なぜか、手元にFOTONOVELと称されるスタートレックのテレビ番組の複数枚の写真とふきだしから構成される変な本があります。タイトルは””A TASTE OF ARMAGEDDON”となっているので、上記Wikiによれば、第19話(日本版)の「コンピューター戦争」ですね。また、メールの着信音がスター・トレックもどきの”Captain, incoming message”(「mailworf.wav」をダウンロード )になっています。ファイル名から判断するとウォーフ中尉をイメージしているようです。

「スタートレック」といえば、BASIC言語の黎明期に人気があったコンピュータゲームSTAR TREKを思い出します。当時の出力装置は、ASR-33などのテレタイプだったので、ゲームは紙に打ち出されたテキストだけで行いました。その後、CRTモニタ(ソフトコピー)が使用できるようになったのでかなり楽になりましたが、最初は印刷音と紙が大変でした。

WEBで調べてみたら少容量版BASICのソースがありました。

http://www.dunnington.u-net.com/public/startrek/STARTREK.BAS

ミスをしたときの”To err is human”(過つは人の常)というミスタースポックの皮肉っぽいコメントが一寸面白かったです。なお、上記ソースにはこのコメントは無いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

デジタルグローブ社による『銀河2号』の飛翔中の写真

  舞水端里から発射直後のDIGITALGLOBE社の衛星写真です。
 新聞の写真では、細部がよく判りませんでしたが、4107x5287画素あると煙と炎の重なり具合まで判ります。

http://www.digitalglobe.com/downloads/featured_images/musudan_ri_coast_april5_2009_dgl.jpg

*****引用開始*****
Musudan Ri, North Korea (Rocket Launch)
Image Collected April 5, 2009
This is a Panchromatic, 50 centimeter (1.6 foot) high-resolution WorldView-1 satellite image featuring the rocket launch from the Musudan Ri launch facility, formerly known as Taepo-dong.
*****引用終了*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

アマチュア局保証料が値上げ

TSS株式会社保証事業部のHPにお知らせがありました。
アマチュア局保証料改定のお知らせ 
http://tsscom.co.jp/hosho/ryokin.html
 
免許(開局)申請の場合 4,800円 (旧料金3,700円)
変更申請の場合 3,000円 (旧料金2,000円)
開局 +1,100円(+30%)
変更 +1,000円(+50%)
平成21年6月1日からだそうです。
平成21年3月30日から135kHz帯が使えるようになったので、一寸実験して見ようと思ったのですが、早めに手続きをしたほうがいいかもしれません。。
ですが、周波数が低いとアンテナが大変そうです。
参考外部リンク:
新「バンドプラン」が平成21年3月30日より施行に!
http://tsscom.co.jp/hosho/whatsnew.html
アマチュアバンドプラン
(2009年3月30日から)
http://www.jarl.or.jp/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/A-3-1-20090330.htm
136kHz technical pages (homebrew stuff)
http://www.qsl.net/on7yd/136brew.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

『光明星1号』とされる衛星の写真

『光明星2号』は失敗に終わったようですが、日本語に自動翻訳された韓国サイトの記事を見ていたら、『光明星1号』とされる人工衛星のモデルの写真がありました。信憑性は不明ですが、他の人のHPに掲載されていた朝鮮革命博物館見学時の写真の衛星と似ていました(アンテナの方向が違うようでしたが・・・)。

北ロケット弾を発射後 ... 'グァンミェオンセオン2'の追跡可能だろうか?(Googleによる自動翻訳)

「北ロケット発射以後…'光明星2'追跡可能だろうか?( OCN翻訳サービスによる自動翻訳)

[元サイト]

 로켓 발사 이후…'광명성2' 추적 가능할까?

http://www.hellodd.com/Kr/DD_News/Article_View.asp?Mark=27110

写真のキャプションは次のようになっています。

「平壌の朝鮮革命博物館に展示された'グァンミェオンセオン1'のモデル。まだ成功したかどうかがベールに積もっている。」(Googleによる自動翻訳)

「平壌(ピョンヤン)朝鮮革命博物館に展示された'光明星1'模型。まだ成功の可否がベールに積まれている。」(OCN翻訳サービスによる自動翻訳)

光明星1号からの電波については、 http://ja.wikipedia.org/wiki/北朝鮮によるミサイル発射実験_(1998)では以下のような記載になっています。

「北朝鮮側の主張によれば、人工衛星は地球の周回軌道に乗り、金日成と金正日を賞賛する音楽の旋律をモールス信号で発している」

しかしながら、音楽の旋律をモールス信号で発するというのは意味不明です。AFSKで可聴周波数を変化させて音階をつけているとも思えないし・・・。

この点については、以下のサイトの説明を見て納得できました。

http://www1.korea-np.co.jp/dprk/gms-1/eisei980928.htm

*****引用開始*****

検証-朝鮮民主主義人民共和国の人工衛星打ち上げ

 「光明星1号」はメロディーを流し、「チュチェ朝鮮」という27メガヘルツのモールス符号電波を発信した。

*****引用終了*****

メロディーを音声信号として送信し、文字をモールスで送信するのであれば、話としては納得できます。

中国最初の人工衛星「東方紅1号」が打ち上げられたときにも、『東方紅』のメロディーが放送されたようです。Sounds From Space20.009 MHzで受信された『東方紅』("The East is Red")のMP3ファイルがあります。

「光明星1号」については、結局受信は確認できなかったようです。

朝鮮新報によれば、『光明星2号』の使用周波数は470MHzとなっていますが、日本の場合には、UHFテレビの13チャンネル(物理チャンネル)の下端側と重複します。NHK教育(論理チャンネルは2)に多く割り当てられているようです。東京メトロポリタンテレビジョンTOKYO MX 14チャンネル(アナログ放送)は、映像周波数 477.25MHz、音声周波数 481.75MHzです。

 なお、Sounds From Spaceによれば、昔のソ連、中国の衛星では、1820MHzを使用することが多かったようです。

参考外部リンク:

テレビ周波数チャンネル

http://ja.wikipedia.org/wiki/テレビ周波数チャンネル

主な地上デジタルテレビ放送局

http://www.nhk.or.jp/res/tvres5/h50300.htm

物理チャンネルと周波数の換算表

http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/misc-ch.html

Sounds From Space

http://www.svengrahn.pp.se/sounds/sounds.htm

NORAD and USNORTHCOM monitor North Korean launch

http://www.norad.mil/News/2009/040509.html

北朝鮮人工衛星打上げ報道について(平成10年9月5日 科学技術庁)

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/10/09/980906.htm

2009.4.6追記】

先ほど、21時からのNHKニュースでJARLが470MHzを中心にしてワッチしている映像が流れていましたが、Two-Line Elementなどは判っているのでしょうかね? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

桜と小田急の電車

 今日は砧公園に花見に行ったのですが、満開にかなり近かったので、話に聞いていた小田急線の座間・相武台前間の桜も丁度いい頃かもしれないと思って、急遽花見の後に写真を撮りに行くことにしました。

 しかし、花見の撮影でコンデジ(EX-V7)のバッテリの残容量はかなり減った状態になっており、また、時刻表の事前チェックもしてなかったので、条件はあまりよくありませんでした。安いデジカメで走行中の電車を撮ること自体に無理があるかもしれませんが・・・。

 座間駅から相武台前まで線路沿に歩いて何枚か撮りましたが、とりあえず桜と電車は写っているという感じです。

Sakuratrain1s Sakuratrain2s Sakuratrain3es Sakuratrain4s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砧公園にお花見に行ってきました

 世田谷区にある砧公園の桜がきれいだという話を聞いたので、見に行ってきました。

天気予報によれば、午前中は天気が持つということだったので、早めに出かけることにしました。

東急田園都市線の用賀駅に着いたのは、10時ころでしたが、砧公園に行くような感じの人が結構沢山いました。地図で砧公園まで経路を見てみると、裏道を歩くような感じだったのですが、実際には遊歩道のような綺麗な道が整備されていて、歩きやすかったです。ただし、この道は専用遊歩道ではなく、この道に面した住居から車両が出入りするので、一寸要注意です。

公園の桜は、さくら花だよりに書かれていたように、7~8分咲きで丁度見ごろでした。

何枚か写真を撮りましたが、桜の花はコントラストがあまりないので、なかなかうまく写せませんでした。

10時半ころ朝昼兼用のお弁当を食べていたときには、それほどシートの数はなかったのですが、12時頃に帰るときには、桜の近くはシートで埋まっていました。

砧公園には初めて行ったのですが、なかなか良かったです。

1sakura_kinutas 2sakura_falls 3sakura_mids 4sakura_cu2s 5sakura_cu2s 6sakura_crowds

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

台湾版BeeTV

昨日の続きです。
BeeTVのように文字の数が少ないと、どうしても被ってしまうのでしょうね。

台湾版BeeTV
http://www.beetv.com.tw/

米国にもbeeTVがありました。

http://www.bee.tv/

http://www.bee.tv/demo.asp

こちらは日本版です.
http://beetv.jp/
http://www.japantoday.com/category/picture-of-the-day/view/beetv

【その他1】(JPO)
(210) 【出願番号】 商願2008-79343 
(220) 【出願日】 平成20年(2008)9月29日 
    【先願権発生日】 平成20年(2008)9月29日 
    【最終処分日】 
    【最終処分種別】 
    【出願種別】 

--------------------------------------------------------------------------------
    【商標(検索用)】 BEETV 
(541) 【標準文字商標】 BEETV 
(561) 【称呼】 ビーテイブイ,ビーテレビ,ビー,ビイイイイイ 
(531) 【ウィーン図形分類】 

--------------------------------------------------------------------------------
(731) 【出願人】 
    【氏名又は名称】 エイベックス・エンタテインメント株式会社 

【その他2】(USPTO)
Word Mark BEE TV
Goods and Services IC 041. US 100 101 107. G & S: Providing a website featuring information regarding weddings in the field of planning, marriage advice and related topics; audio and video broadcasting services over the Internet or other communications network, namely uploading, posting, showing, displaying, tagging, and electronically transmitting information, audio, and video clips; providing access to information, audio, and video via websites, online forums, chat rooms, listservs, online journals and blogs over the Internet; providing online chat rooms and electronic bulletin boards for transmission of messages among users in the field of general interest, wedding planning, marriage advice and related topics. FIRST USE: 20071129. FIRST USE IN COMMERCE: 20071129
Standard Characters Claimed 
Mark Drawing Code (4) STANDARD CHARACTER MARK
Serial Number 77585507
Filing Date October 3, 2008
Current Filing Basis 1A
Original Filing Basis 1A
Owner (APPLICANT) eHarmony, Inc. CORPORATION DELAWARE 888 East Walnut Street, 2nd Floor Pasadena CALIFORNIA 91101
Attorney of Record Lisa Greenwald-Swire
Type of Mark SERVICE MARK
Register PRINCIPAL
Live/Dead Indicator LIVE

【2009.04.07追記】

beetvで検索するとこの他にも沢山出てきます。

オーストラリア版
http://beetv.com.au/

イタリア版
http://www.beetv.it/

ロシア版
http://www.robtex.com/dns/beetv.ru.html
(テレビとは無関係で、ドメイン関係のサイトのようです)

Welcome to beetv.net
http://www.beetv.net/
(このドメインは販売中だそうです))

BeeTV - automatic torrent downloader
http://japanese.osstrans.net/software/beetv.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

世界初のワンセグ専用テレビ局?

「世界初のワンセグ専用テレビ局5・1開局」というニュースがあったので、てっきり、どこからか放送波(物理チャンネル)の1セグメント分を確保してサービスを始めるのかと思いました。

世界初のワンセグ専用テレビ局5・1開局

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090402-477915.html

記事の内容を見てみると、いわゆる放送波によるワンセグの効果の説明になっており、放送系の話と通信系の話がごっちゃになっているような気がします。ワンセグ専用チャンネルを用意したような話になっていますが、どこの放送波を利用するのか等の説明はありません。

 エイベックス通信放送株式会社の合弁会社設立に関するお知らせを見ると、次のような記載がありました。

「ワンセグ放送や既存の動画サイトとは異なり、携帯電話専用に開発された、全くあたらしいプレミアム映像作品の群の中から、視聴者それぞれの好みに合った映像エンタテインメントを、毎日、自動的にお届けしていく、新コンセプトの放送局です。」

 この説明から判断すると、放送局といっても放送法における「放送局」(放送をする無線局)や、電波法施行規則における「放送局」(放送業務を行なう無線局)では無いようです。

放送法

(定義) 

第二条  この法律及びこの法律に基づく命令の規定の解釈に関しては、次の定義に従うものとする。 

  「放送」とは、公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信をいう。 

  「放送局」とは、放送をする無線局をいう。 

電波法施行規則

(無線局の種別及び定義) 

第四条  無線局の種別を次のとおり定め、それぞれ下記のとおり定義する。 

  放送局 放送業務(放送試験業務を除く。)を行なう無線局(電気通信業務を行うことを目的とするものを除く。)をいう。 

 記事をざっと読んだ限りでは、従来の携帯電話向けの有料動画コンテンツ配信とどこが違うのかよく判りませんでした。ビジネスモデルが新しい?

ワンセグ放送自体との関係は無いように思われるので「ワンセグ専用テレビ局」というのは誤解を招く表現であるような気が・・・・。

 こちら(↓)なら「ワンセグ専用テレビ局」(TELEC認証の微弱無線設備)と呼んでもおかしくないと思いますが・・・。

世界初、微弱電波によるワンセグコンテンツ配信システム「スポットキャスト」を開発

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2007/03/5.html

微弱電波によるワンセグコンテンツ配信システム「スポットキャスト」を発売

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2008/08/6.html

 また、「ワンセグ専用放送局」ではなくて、「ワンセグ専用放送」ということであれば、NHKの「NHKワンセグ2」等があるようです。

 BeeTVの関連記事の中には「テレビの公共の電波ではないので、テレビや新聞にのっけられないことを話していきたい。」というような記載もあるので、放送法等の規制を受けないコンテンツの配信がウリの一つなのかもしれません。

 なお、放送法には以下のような条文があります。

放送法

第三条  放送番組は、法律に定める権限に基く場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。 

(国内放送の放送番組の編集等) 

第三条の二  放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 

  公安及び善良な風俗を害しないこと。 

  政治的に公平であること。 

  報道は事実をまげないですること。 

 また、電波法には以下のような条文もあります。

第五条

  公衆によつて直接受信されることを目的とする無線通信の送信(以下「放送」という。)・・・(以下省略)

第百六条  自己若しくは他人に利益を与え、又は他人に損害を加える目的で、無線設備又は第百条第一項第一号の通信設備によつて虚偽の通信を発した者は、三年以下の懲役又は百五十万円以下の罰金に処する。

第百七条  無線設備又は第百条第一項第一号の通信設備によつて日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する通信を発した者は、五年以下の懲役又は禁こに処する。 

第百八条  無線設備又は第百条第一項第一号の通信設備によつてわいせつな通信を発した者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

かなり罰則が厳しいです。

【関連外部リンク】

あなた専用放送局BeeTV

www.beetv.jp

ドコモとエイベックス、ケータイ放送局「BeeTV」開局へ--映像配信で印税分配も

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20390934,00.htm

エイベックス、携帯向け動画サイト「BeeTV」開始 

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/44753.html

世界一小さなテレビ局、BeeTV(仮称)2009年春、始動。

https://recruit.avex.co.jp/05business4/02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

海賊は海賊版を作っていない?

  今日は4月1日(万愚節、エイプリルフール)ということで沢山ネタが出ていますが、一寸毛色が変わったものがありました。

2009年4月1日
我々は違法コピーはやっていない!
海賊関連団体がメディア企業を名誉毀損で提訴
http://www.patentsalon.com/news/2009/0401/index.html

pirateをdictionary.comで調べてみると以下のようになっていました。
http://dictionary.reference.com/browse/pirate

–noun
1. a person who robs or commits illegal violence at sea or on the shores of the sea.
2. a ship used by such persons.
3. any plunderer, predator, etc.: confidence men, slumlords, and other pirates. 
4. a person who uses or reproduces the work or invention of another without authorization.
5. Also called pirate stream. Geology. a stream that diverts into its own flow the headwaters of another stream, river, etc.

–verb (used with object)
6. to commit piracy upon; plunder; rob.
7. to take by piracy: to pirate gold. 
8. to use or reproduce (a book, an invention, etc.) without authorization or legal right: to pirate hit records. 
9. to take or entice away for one's own use: Our competitor is trying to pirate our best salesman. 

–verb (used without object)
10. to commit or practice piracy.

 日本語の「海賊」は、上記の1.に対応しますが、上記の4.の意味に対応する日本語が「海賊」で適切かどうかはよくわかりません。
 4.が1.から派生したものであれば、あまり問題無いように思われますが、最初から平行して使用されていたのであれば、別の用語の方がよかったのかもしれません。
 6.のpirate streamを海賊流と訳すのも変な気がしますし・・・。

その他4月1日関連ネタいろいろ(↓)

リンク集
年に一度は“ウソ”で笑おう! エイプリルフール特集2009 
http://internet.watch.impress.co.jp/static/link/2009/04/01/index.htm

今年も白熱、エイプリルフールネタ合戦 「円谷プロ」など定番から新顔まで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/01/news030.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »