« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

韓国のロケットKSLV-Ⅰの発射シーケンスのアニメーションなど

730日に羅老(ナロ)宇宙センターから打ち上げ予定の「科学技術衛星2号」を搭載した宇宙発射体KSLV-1羅老号(나로호)」について調べていたら、YouTubeに発射シーケンスや衛星軌道投入を示すアニメーションがありました。KeroseneLOXの注入のシーンもあります。

KSLV-1

http://www.youtube.com/watch?v=zsd017iKB60

以下、YouTubeの説明から引用(抜粋)

*****引用開始*****

KSLV-1 is 2nd stages rocket, 1st stage rocket was assembled in Russia, 2nd stage rocket and payload(STSAT-2) are developed in Korea.
KSLV-1 is scheduled to be launched this July.
video by KARI or Korea Aerospace Research Institute

     ****引用終了*****

なお、下記のMedia Daumによれば、打ち上げは、730日の予定ですが、発射延期の可能性を考慮して86日までを予備日で設定しているそうです。また、発射時間は午後440分から2時間の間で予定されているようです。(自動翻訳が頼りなので訳の適否はわかりません)

http://media.daum.net/breakingnews/view.html?cateid=100000&newsid=20090618133804924&p=moneytoday

国内初めての宇宙発射体'ナロホ'推進体搬入

http://article.joins.com/article/article.asp?total_id=3655065

飛行計画図?

http://news.joins.com/component/yonhap/200906/GYH2009061800110004401_P2.jpg

山道(?)を特殊車両で運搬されるKSLV-1 (新幹線みたい?)

http://blog.paran.com/shutwho/31433731

発射見物船(?)も出るみたいです。

한국 최초 위성발사체 '나로호', 어디서 볼까

韓国最初衛星発射体'ナロホ',どこで見るか(OCN翻訳サービスによる自動翻訳)

http://www.nbntv.kr/detail.php?number=25696&thread=22r12

【参考外部リンク】

KBS WORLD

羅老宇宙センター

http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_issue_detail.htm?No=15773

International Laser Ranging Service (ILRS)

STSAT-2

http://ilrs.gsfc.nasa.gov/satellite_missions/list_of_satellites/sts2_general.html

Hellodd

科学技術衛星2号を一般に公開

http://www.hellodd.com/japan/news/news_view.asp?t=dd_jp_news&mark=2104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

小田急線でWiMAXとWiFiを同時に使ってみました

 ニフティから「nifty WiMAX試験サービス モニター機器ご返却のお願い」という題名のメールがきました。
 6月末でモニター期間が終了なので、最後のお勤め(?)ということで小田急線で調べてみました。
 以前、山手線で調べた時にはspeedtest.netで回線速度の測定を繰り返しながら、測定値を測定時刻と共にメモし、さらに後で測定位置を確認することができるように、各駅の発着時刻をメモしていたので結構面倒でした。
 今回はなるべく手抜きをしようということで、基本的にアンテナ本数の測定のみとし、条件がよいとき(強電界、駅のホームなど)に回線速度を測定することにしました。
 また、測定場所がわかるように、WiFiの電波で位置を特定するPlace Engineにより現在位置の地図を表示するようにしました。
 さらに、メモを取るのが面倒くさいので、地図の画像とアンテナ画像とを同時に表示し、キャプチャーソフト「画面ライター」のインターバルキャプチャー機能を利用して、1分ごとにJPGでキャプチャーするようにしました。
 上記の方法は、頭の中で考えただけなので実際にうまくいくかどうか判りませんが、とりあえず試して見ました。
 なお、WiMAX端末は通信端末にしては消費電力が約1.5W(最大)と結構大飯食らい(PC本体に比べれば消費電力は小さいですが・・)であり、時間も掛かりそうなため、格安互換バッテリでは持ちそうもないので、外部電源も用意しました。一応満充電しましたが昔購入したものなので、実容量は不明です。
 使用PC: IBM ThinkPad X40
 使用WiMAX端末:D01NAA  PA-WM3200U (U)
 外部電源:ポータブル電源BPM-5 (DC12V7A) + DC-ACインバータ DA-50W(出力AC100V 50W)

P1
 測定区間:小田急線 町田←→新宿

【いきなり長野県(地図)】
Place Engineではたまにこのような現象が発生します。

1gw20090627105132_nagano

【新百合丘(上り)(地図)】

2gw20090627105300_shinyuri

【世田谷代田(上り)(地図&アンテナ3/6)】

3gw20090627111138_kan7

【新宿ホーム(回線速度 下0.80Mbps/上0.03Mbps)】

4gw20090627112600_shinjuku

【新宿ホーム(地図&アンテナ4/6)】

5gw20090627112740_shinjuku

【新百合丘(下りホーム)(地図&アンテナ3/6)】

6gw20090627121319_shinyuri

【新百合丘(下りホーム)(回線速度下3.21Mbps/上0.04Mbps)】

7gw20090627121800_shinyuri

【柿生(下りホーム)(地図&アンテナ4/6))

8gw20090627122753_kakio

【柿生(下りホーム)((回線速度 下3.02Mbps/上0.02Mbps &アンテナ3/6)】

9gw20090627123400_kakio

感想:
さすがに急行電車の車内でWiFiを利用するのは一寸無理がありました。特に、WiFiとWiMAXの両方がOKというエリアは、非常に少なかったです。
WiMAXについては、小田急線町田・新宿間の町田寄りに関してサービスエリアの中に穴があるというよりも、時々サービスエリアになるという印象でした。
WiMAXとWiFiが同時に使用できるかどうか一寸心配でしたが、今回の組み合わせではOKのようでした。

全般的な感想
良い点:
・インストールが非常に簡単。
・ログオン作業が不要なので非常に使い易い。
・条件がよければ高速でつながる。
気になった点:
・端末がPCからかなり飛び出すので、端末を挿したままPCを持って移動していると、他のものにぶつかって捩れそうになったり、外れそうになったりします。せめてUSBのコネクタの長さが半分であれば、もう少し使いやすいような気がします。そのうち、内蔵が標準になると思いますが・・。
・通信距離を確保するために出力が増加しているのは理解できますが、端末の温度がかなり上昇します。通信距離が長くなっても受信回路の消費電力は増加してないと思われるし、普通の使いかた(ウェブ閲覧、メールチェックなど)では、長時間連続送信することもないと思われるので、素人考えですがもう少し省エネにできそうな気がします(MIMOだからそう簡単には消費電力は減らない?)。LEDの消費電流は僅かかもしれませんが、あんなに明るくなくても視認可能と思われます。逆に通電状態でランプが目立つため、PCを持ち歩くときに目だってしまいます。
・ランプは通常の使用状態で操作者が視認できる向きに設けてほしいです。

P2 P3
・端末を手前に折り曲げて使用するときに、端末の幅が広いためにPCの底面より下に突き出てしまい、PCを机の上に置くと端末のコネクタ部分が捩れてしまいます。回転軸をオフセットすれば解決するような気もしますが、別の問題が発生するのかもしれません。

P4 P5
・どのような条件が高速通信できる条件なのかが、直感的に理解できません。アンテナ本数が6/6でそれほどユーザーが居るようには思えない都心から離れた場所でも1Mb/s以下しか出ないときがあるし、逆に、アンテナ本数が4/6の山手線の駅で7Mb/s位出るときもあります。アンテナの真下だから良いという訳ではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

ストリートビュー総務省見解に対するニュースの表現の相違

  先日、グーグルのストリートビューに対する総務省の見解が発表されましたが、新聞社によっては記事の表現がかなり異なっています。
元の長文を要約する必要があるので、記事の表現が異なるのは当然ですが、ニュアンスが微妙に違っています。
下記三つの記事を読み比べてみました。

asahi.com
"グーグルストリートビュー法規制見送り 総務省が初見解"
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200906220120.html
→「写り込んだ人の姿や表札は個人情報保護法で保護すべき個人データにはあたらない」、「プライバシーや肖像権の侵害にあたるケースも極めて限定的」という記述だけ見ると、写り込んだ(撮影した)対象物をそのまま公開してもOKと誤解される可能性があるような気がします。総務省の見解のポイントと思われる「人の顔やナンバープレートにぼかし処理等を施すなどのプライバシー保護の措置をとる限り」という前提の説明が必要であるように思われます。

毎日JP
"ストリートビュー:総務省研究会「法違反にはあたらない」"
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090624k0000m040100000c.html
→人、表札、車のナンバーがぼかされている→重大な問題があるとは言い難い→違反でない、という説明なので、誤解される可能性は少ないと思います。

YOMIURI ONLINE
"グーグル・ストリートビュー「違法でない」…総務省部会"
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090622-OYT1T00865.htm
→「ぼかし処理などが行われている限り、大部分はプライバシーや肖像権との関係で違法とならない」という説明なので、誤解される可能性は少ないと思います。

【参考外部リンク】
利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会
第一次提言(案)
平成21年6月
http://www.soumu.go.jp/main_content/000028227.pdf
P1(5/54)-P22(26/54)

利用者視点を踏まえたICTサービスに関する諸問題について
平成21年4月
総務省総合通信基盤局
http://www.soumu.go.jp/main_content/000019189.pdf
P4(5/54)-P11(12/54)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

WiMAXの東急田園都市線沿いの西側限界を調べてみました

  UQ WiMAXの公式サービスエリアの地図を見てみると、東急田園都市線では、つくし野駅、すずかけ台駅付近がフリンジエリア(サービスエリア限界付近の内側)になっています。

 ユーザーレポートに基づいて作成された「みんなでつくるUQ WiMAXマップ」でも、長津田駅より西側の駅では、利用可能情報の登録がありません。

 IBM ThinkPad X40D01NAAを挿して試してみました。

長津田駅では接続できることは判っているのですが、念のため測定すると、アンテナ本数が6/6で、下り6.67Mb/s、上り1.07Mb/sでした。なお、下記の2駅とは測定時間帯が異なります。

隣のつくし野駅のホームのベンチで測定してみると、電波が非常に弱く、圏外だったりアンテナ本数が1/6だったりしますが、どうにか通信速度が計測できました。下り1.93Mb/s、上り0.04Mb/sなのでかなり厳しいです。

ここで一寸面白かったのは、WiMAXが圏外になると、IBM Access Connectionsが自動的にアクセス可能なWiFi(この場合wifine)を探してきて、自動的に接続処理を行いwifineのコンテンツを表示したことです。いままでwifineを使ったことがなかったので一寸びっくりしました。WiMAXの話からは外れますが、自分が居る駅付近の地図や情報が自動的に無料で表示されるので一寸便利かもしれません。2gw20090620163100_193_004 3gw20090620163700_wln 4gw20090620163900_wf1 5gw20090620162900_wf2

次に、隣のすずかけ台駅をチェックしましたが、下りホームの端から端までPCを持って移動しましたが、残念ながら圏外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

Speedtest.netで有線LANを測ったら60Mb/s以上でした

  UQ WiMAXのモニタで使用する回線速度測定サイトとして推奨されていたので、初めてSpeedtest.net (http://www.speedtest.net/) を知ったのですが、測定履歴(Your Results)や世界ランキング(Your Summary)表示されるので、なかなか面白いです。

なお、Settingsのページで

Time Zone  : Tokyo

Distance Measurement : kilometers

としたほうが後で判り易いです。(設定しても反映されない場合があるようです)

  しばらく使用してみた感じでは、他の測定サイトよりも高めの数字が出るような気がしたので、自宅の有線LANを測定したらかなり良い値が出るのはないかと期待して測定してみました。

 なるべく回線が混んでない時間の方が有利だろうと思って、土曜日の朝早く測りました。

 測定結果は以下の通りです。

Download/upload (Mb/s)  date  time (JST)

64.85/9.72    20090620  0734AM

56.22/10.15   20090620  0737AM

62.14/10.34  20090620  0739AM

63.39/10.41   20090620  0740AM

  60Mb/s以上の数字が並んでいるので一寸びっくりです。

 いつもは無線LAN(802.11g)を使用していますが、せいぜい10Mb/s程度です。

この数字は本当なの? ということで他のサイト(speed.rbbtoday.com)でも調べてみました

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)

計測日時 : 2009620日土曜日 075512

  下り(ISPPC: 65.77Mbps

  上り(PCISP: 46.52Mbps      

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)

計測日時 : 2009620日土曜日 075634

  下り(ISPPC: 65.36Mbps

  上り(PCISP: 30.6Mbps       

SPEED 2.5 (speed.rbbtoday.com)

計測日時 : 2009620日土曜日 075733

  下り(ISPPC: 59.21Mbps

  上り(PCISP: 46.78Mbps

この数字を見る限りでは、下りの速度はSpeedtest.netと同じ程度です。しかし、上りはSpeedtest.netの3~4倍です。

 結局どの数字を信じてよいのかよく判りませんが、無線LANより有線LANの方が格段に速いということは確認できました。

 通常は10Mb/sもあれば十分なので無線LANで問題ありませんが、巨大ファイルを落とすときには有線LANの方がよいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

米国のアナログテレビ放送が停波しました

日本より一足早く米国のアナログテレビ放送が612日に終了になりました。

AFPBB News

米テレビ、アナログ放送が終了 デジタルに完全移行

20090613 19:32 発信地:ワシントンD.C./米国

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2610974/4262588

300万世帯(ニュースソースによっては200万世帯)でテレビが見えなくなるようです。都会ではケーブルテレビ割合が多いと思われるのでそれほど影響はないと思われますが、地方は一寸大変かもしれません。

米国におけるデジタルテレビのサービスエリアはどうなっているのか、FCCのサイトで一寸調べて見ました。

DTV Reception Maps

http://www.fcc.gov/mb/engineering/maps/

Enter LocationNew Yorkと入力するとニューヨークで受信可能なデジタルテレビの放送局の電波の強さがアンテナ本数で表示されます。日本のサービスエリアマップとはかなり印象が異なります。

FCC TV Queryニューヨーク市のデジタルTV放送局を調べて見ると、20局くらいあるようです。

FCC > MB > Video Division > TV Query

Search Parameters    City:  NEW YORK 

State:  NY 

Service:  DT 

Record type: 

Lower Channel  2 

Upper Channel  69

http://www.fcc.gov/fcc-bin/tvq?state=NY&call=&arn=&city=new+york&chan=&cha2=69&serv=DT&type=0&facid=&list=1&dist=&dlat2=&mlat2=&slat2=&dlon2=&mlon2=&slon2=&size=9

サービスエリアのマップのようなものも見ることができるのですが、細かいところで今ひとつ意味が判らない部分もあります。

下記のURLはWCBS-TVのサービスエリアマップのようですが、地理的条件とは無関係に単純な円になっています。実線がデジタルTV、破線がアナログTVのようです。

http://www.fcc.gov/mb/engineering/maps/images/callsigns/WCBS.gif

 ERP(http://ja.wikipedia.org/wiki/実効放射電力)はデジタルの方がアナログの約6倍あるのに、サービスエリアは少し狭くなっています。デジタルは飛びにくい?

 HAAT(Height above average terrain)は殆ど同じなので、アンテナは同じビルあるいはタワー

 なお、デジタル移行の際に周波数(物理チャンネル)が変更になる局があるようですが、単に再スキャンしてチャンネルをプリセットし直してもうまく行かない場合があるようです。このような場合には、"Double Rescan"を試してみてというCONSUMER ALERTがでていました。

【余談】

日本は米国と同じNTSCだったので、今までは任意の周波数が受信可能なICOMのIC-R3で米国内のテレビ放送が受信できたのですが、今後は残念ながら基本的にはNGです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

韓国のKSLV-1に搭載される人工衛星の写真

  730日に韓国のナロ宇宙センターから打ち上げ予定のKSLV-1に搭載される衛星“科学技術衛星2号”(과학기술위성 2 )が、62日から65日までの4日間、韓国科学技術院( KAIST )の人工衛星の研究センターのクリーンルームで一般に公開されたようです。

科学技術衛星2号を一般に公開

http://www.hellodd.com/japan/news/news_view.asp?t=dd_jp_news&mark=2104

2号”ということは“1号”があるということですが、Wikiによれば、“科学技術衛星1号”は、2003年にロシアのPlesetsk宇宙センターから打ち上げられたようです。

http://ko.wikipedia.org/wiki/과학기술위성_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

山手線を一周してWiMAXを使ってみました

 「@nifty WiMAX試験サービス」のモニターに当選したのは良いのですが、もともと自宅はサービスエリア外であり、利用しようと思っていた山手線沿線の出先の事務所も実際に使用して見ると圏外であることが判り、なかなか利用する機会がありませんでした。
 最近、モニターアンケートの催促のメールが来たので、端末を借りたまま何もしないという訳にはいけないということで、弱いと言われている山手線でテストしてみました。
 最初は、山手線の渋谷から乗車して内回りで測定するつもりだったのですが、車両が座れる状態ではなかったので、とりあえず渋谷から品川までは各駅で降りて、ホームの先頭車両寄りのベンチに座って測定しました。ただし、駅によっては、ホームの中央や後側にしかベンチがなかったので、先頭側と言っても相対的なものです。品川駅から先は車両のシート(最後尾車両中央付近の右側シートドア際)に座って測定しました。
 PCはIBM ThinkPad X40(互換バッテリ(2200mAh))を使用し、WiMAXの端末(D01NAA  PA-WM3200U)をPCの左側のUSBポートに挿入し、少しでも高さを稼ぐためと邪魔にならないようにするために、垂直に上方向に折り曲げました。このように折り曲げるとランプが見えなくなりのが一寸不便です。手前に折り曲げるとランプは見えるのですが端末が幅広なのでPCの底面よりも下に突き出てしまい、机の上に置くとUSBのコネクタが上に押し上げられてしまいます。
  また、ボディエフェクトを避けるためと、少しでもアンテナの高さを稼ぐために、膝の上にカバンを置き、このカバンの上にPCを置きました。
 なお、速度測定サイトは、「みんなでつくるUQ WiMAXマップ」のHelpに「Speedtest.netで速度測定(TOKYOサーバーを推奨)を行い」と書かれていたので、Speedtest.netを使用しました。ただし、自宅のWiFi(WiMAXは圏外)ではYOKOHAMAサーバーの方が速度が出るのでデフォルトはYOKOHAMAサーバーにしてありました。
  車両内での測定に際しては、接続期間中は再測定を繰り返し、接続断となったら再接続して再測定を繰り返しました。
 車両の込み具合は、品川→上野あたりが座席にかかなり空きがある状態、巣鴨→渋谷あたりが反対側の景色がやっと見える程度でした。

【WiMAX端末取り付け状態】

Uq_wimax

【五反田駅ホーム】

Gotannda

【新橋→有楽町走行中】

Shinbashi

【エラー】

Error

【テスト1】(駅のホーム)
区間:山手線内回り 渋谷→品川
場所:各駅ホームの最も先頭車両側にあるベンチ
測定結果:アンテナ本数(1~5)  download/upload (Mb/s)
渋谷    3    5.00/1.26
恵比寿    2     1.53/1.39
目黒       5     5.15/2.20
五反田    5  10.02/2.08
大崎       5     3.05/1.78
品川       3     6.90/1.23 (*)

(注:中心の点を1本と呼ぶには抵抗があり、円弧状の線しかカウントしていないので最大が5本です)

【テスト2】(TOKYOサーバーとYOKOHAMAサーバーの比較)
品川でYOKOHAMAサーバーになっていることに気がついて、推奨のTOKYOサーバーに切り替えて速度を比較しました。
品川      6.90/1.23 (YOKOHAMAサーバー)(*と同じデータ)
品川      6.14/1.10 (YOKOHAMAサーバー)
品川      4.95/1.39 (YOKOHAMAサーバー)
品川      1.34/1.03 (TOKYOサーバー)
品川      2.59/0.93 (TOKYOサーバー)
品川      2.66/1.04 (TOKYOサーバー)
  比較の結果YOKOHAMAサーバーの方が速いようなので、そのままYOKOHAMAサーバーを使うことにしました。

【テスト3】(走行中の車両内)
区間:山手線内回り 品川→五反田
場所:最後尾車両中央付近の右側シートドア際
測定結果: download/upload (Mb/s)
 (停:停車中 走:走行中)
品川    4.55/0.19(走)  (発車直後)
田町    3.56/1.23(停) 
              2.89/1.13(走)
              2.33/0.93(走)
浜松町   5.60/2.01(停) 
             7.59/2.11(停) 
             8.58/(エラー) (走)
新橋    2.98/1.67(走)
             7.48/1.39(走)
             1.88/0.86(走)
有楽町   1.35/1.48(走)
      4.59/1.72(走)
            4.68/1.01(走)
東京      6.31/1.48(停) 
            3.32/(エラー) (走)
神田      8.16/1.65(走)
            3.64/1.15(走)
秋葉原   6.91/1.29(停) 
             3.73/1.54(走)
            (エラー) (走)
御徒町   6.23/(エラー) (走)
上野      (エラー) (走)
鶯谷      (エラー) (走)
日暮里    5.60/(エラー) (走)
西日暮里  3.81/0.36(停) 
              2.44/(エラー) (走)
田端       1.31/0.90(走)
駒込       4.63/0.99(停) 
             3.18/1.42(走)
            (エラー) (走)
巣鴨      (エラー) (走)
大塚      1.91/1.46(走)
            2.42/(エラー) (走)
池袋      1.91/0.40(走)
            2.89/(エラー) (走)
目白      1.71/1.04(走)
            1.73/1.04(走)
高田馬場  1.49/0.12(停) 
              (エラー) (走)   
新大久保  3.85/1.62(走)   
新宿        3.81/2.18(停) 
              3.47/(エラー) (走)
代々木    圏外
原宿   圏外
渋谷    0.79/0.02(停) 
             (エラー) (走)   
恵比寿    1.91/(エラー) (走)
目黒      (エラー) (走)   
五反田    3.91/----(走)   (ここでバッテリ切れ)

感想:
 ハンドオーバーも比較的うまくいっていたようで、想像していたよりは悪くなかったと思います。回線が切断されたのは、圏外かアンテナが1本の場合が多かったようです。3月の時点よりも環境が良くなった(アンテナ増設?)のかもしれません。

 接続さえできていれば、ダウンロード速度は2~5Mb/s位は出ていました。

 しかし、山手線くらいは常時安定に接続できるようになってほしいです。測定条件にも左右されると思いますが、代々木、原宿付近が弱いのは一寸不思議でした。

参考外部リンク:
日経BP PConline
移動しながらWiMAX試用、バスで快適、山手線はほぼ全滅 2009年3月13日
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20090313/1013105/?P=1

関連内部リンク:
@nifty WiMAX試験サービス モニター当選
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2009/04/nifty-wimax-5e5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

グローバルセキュリティー発表の東倉里の衛星写真

 6月3日にDigitalGlobeが撮影した東倉里(トンチャンニ、Tongchang-ni, 동창리)の発射台の衛星写真を下記のGlobalSecurityのサイトで見ることができます。

http://www.globalsecurity.org/wmd/world/dprk/html/tongchang-ni_launchpad_dg_090603.htm

***以下、GlobalSecurityのサイトからの引用***

Tongchang-ni launchpad, North Korea

New imagery as of 3 June 2009 of the launch site at Tongchang-ni shows that the umbilical tower and movable launch pad appear to be operational.
Image Credit: DigitalGlobe.

***引用終わり***

画像取得日が2005513日のGoogle Earthの写真と比べるとかなり変わっています。

Google Earth 2005513画像取得

20050513_tongchangni

Google Earth 2006919画像取得

20060919_tongchangni

Google Maps

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

500円八木アンテナを移動用に若干改造しました

以前、JAMSATの記事「435MHz6エレメント八木の製作」を参考にして作ったアンテナは安価で簡単なので衛星受信用に重宝しています。

小型なのでアマチュア無線の移動運用用のアンテナとして使用できそうなのですが、実際に分解して運ぼうとすると、少し不便な点がでてきます。

オリジナルのアンテナでは、銅線の輻射エレメントに同軸ケーブルの芯線と外皮(外導体)を直接半田付けしているので、アンテナを分解して運ぶときに輻射エレメントと同軸ケーブルの取り扱いが一寸面倒になります。特に、部品をバッグなどに詰め込んで運ぶことを考えると、半田付け部分に外力が加わって断線しないか一寸心配です。

 ということで、輻射エレメントにBNCのメスコネクタを半田付けして、アンテナから同軸ケーブルを着脱できるようにしました。

 使用したのは秋月で100円で購入したBNCコネクタ(BNC-J 丸座非絶縁)です。 コネクタの中心導体と接地側の卵ラグを直接輻射エレメントに半田付けしました。

【半田付け部】

1_2 2_3

これで、両側にBNCコネクタが接続された市販の同軸ケーブルを使用できるようになります。今回は、これも秋月のBNCケーブル 両端BNCオス(5m金)を使用しました。800円なのでアンテナ本体より高いです。

この状態でSWRを測定したところ以下のようになりました。

430MHz  1.25

432MHz  1.15 

434MHz  1.2

436MHz  1.3

438MHz  1.5

440MHz  1.7

同調の中心が一寸下側に寄っていますが、作りっぱなしのわりには良い値が出ているように思います。

 このほかに移動運用の際にアンテナの組み立てが簡単に出来るように、各エレメントの中心位置にマークを入れるとともに、エレメントをパイプの取り付け孔に挿入したときに突き当てで位置決めが簡単にできるように、テープを巻いてストッパを設けました。また、エレメントのストッパを設けた側の端部に、挿入方向を間違えないようにするととももに安全対策のために約Ⅰcmの虫ゴム(自転車用)を嵌めました。

【各エレメント】

3_4

このままだと運搬時にエレメントがバラバラになりそうなので、エレメント固定用のエスロンパイプ(13φ1m)の基部側(反射エレメント側)を15cm切断し、切断したパイプの一端をキャップで塞いで運搬用のエレメントホルダーにしました。

【エレメントホルダー】

4_2

これで一応出来上がりですが、このままだと持ち運び難いので、適当な入れ物がないか探して見ました。長物の入れ物としては、バットケース、図面ケースが考えられますが、開口部が一方の端部にしかないので、アンテナの出し入れがしにくそうです。たまたま新聞の折込広告の釣具店のチラシを見ていたら釣竿ケース(1m)が1000円で売っていました。釣はやったことがないので、この1000円が高いのか安いのかは判りませんが、アンテナ入れに使えるかもしれないと思って見にいきました。釣竿ケースをじっくり見たのは初めてですが、側方が大きく開くようになっているのでアンテナと同軸ケーブルの出し入れも容易で、ケースの強度もアンテナを運搬するのには十分と思われたので、この釣竿ケースを使うことにしました。

【収納状態】

5 

【外観】

6 

ケースの外側に「FISHING IS ・・・・」という印刷があるので、このケースを持って山に登るのは一寸気が引けますが、そのうち印刷の文字も薄くなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

テトリスが生誕25周年だそうです

たまたま今朝PSPWiFiをチェックしていて気がつきました。(最近ブラウザの挙動が一寸変なので・・・)

アイティメディア(ITmedia

テトリスが生誕25周年 今も成長は続く

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/05/news007.html

REUTERS

At 25, Tetris still eyeing growth

http://www.reuters.com/article/technologyNews/idUSTRE5510V020090602?pageNumber=2&virtualBrandChannel=10531&sp=true

 モールス信号の前例があるのでGOOGLEと想像できますが、全く予備知識なしで(GOOGLEの存在も知らないで)この画像を見ても認識は困難かもしれません。

Google Mylo Ds Au

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

「PSP go」って、シルエットがmylo COM-2みたい

  最初にPSP goの写真を見たときに、一瞬myloの新機種が出たのかと思いました。

ニュースリリース
http://www.scei.co.jp/corporate/release/pdf/090603a.pdf

E3 ‘09: PSP go Leads a Huge Wave of PSN Content

http://blog.us.playstation.com/2009/06/02/e3-09-psp-go-leads-a-huge-wave-of-psn-content/

mylo COM-2が、外形寸法 約幅130.8×高さ20.7×奥行64.6mm(最大突起物含まず) 、質量 193g(バッテリー含む)に対して、PSP goは、サイズは約128×16.5×69mm(幅×高さ×奥行)、重量は約158gということなので、外形(シルエット)の印象は一寸似ているかもしれません。

GPSなどの昔のアクセサリは使えるのでしょうかね?

個人的には、無線LANはメールやSkypeを使用するときに便利なので、技適だけでなくFCCの認定もとってほしいです。

手元にあるPSPmyloには技適マークしかないので、米国旅行の際に持っていってもWiFi機能を使用すると法律違反となるので不便というか勿体ないです。なお、旅行時に使用しているIBMThinkPad X40には技適マーク(裏蓋を外さないと見えません)とFCCマークの両方がついています。

PSP-1000, mylo COM-2, DS Liteを並べてみました。

Psp_mylo_ds

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

ブルーインパルス@横浜開港祭

 6月2日に横浜開港祭のマリンイベントの一つとして実施されたブルーインパルスの展示飛行を見に行ってきました。
 平日にしては人出が多いと思っていたら開港記念日ということで学校が休みだったのですね。
Crouds  天気がよかったので、スモークと空のコントラストはっきりしていました。
 一眼レフ+300mmは年寄りには荷が重いので、例によって撮影は動画も静止画もEX-V7ですが、コンデジでブルーインパルスを撮影するのはなかなか大変です。

Panel1s Panel2s


Panel3s

Bluflt1s Bluflt2s Bluflt3s Bluflt4s

帰り際に桜木町の駅からZeppelin NTが見えました。

Zep1s Zep2s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »