« 韓国のKSLV-1に搭載される人工衛星の写真 | トップページ | Speedtest.netで有線LANを測ったら60Mb/s以上でした »

2009年6月16日 (火)

米国のアナログテレビ放送が停波しました

日本より一足早く米国のアナログテレビ放送が612日に終了になりました。

AFPBB News

米テレビ、アナログ放送が終了 デジタルに完全移行

20090613 19:32 発信地:ワシントンD.C./米国

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2610974/4262588

300万世帯(ニュースソースによっては200万世帯)でテレビが見えなくなるようです。都会ではケーブルテレビ割合が多いと思われるのでそれほど影響はないと思われますが、地方は一寸大変かもしれません。

米国におけるデジタルテレビのサービスエリアはどうなっているのか、FCCのサイトで一寸調べて見ました。

DTV Reception Maps

http://www.fcc.gov/mb/engineering/maps/

Enter LocationNew Yorkと入力するとニューヨークで受信可能なデジタルテレビの放送局の電波の強さがアンテナ本数で表示されます。日本のサービスエリアマップとはかなり印象が異なります。

FCC TV Queryニューヨーク市のデジタルTV放送局を調べて見ると、20局くらいあるようです。

FCC > MB > Video Division > TV Query

Search Parameters    City:  NEW YORK 

State:  NY 

Service:  DT 

Record type: 

Lower Channel  2 

Upper Channel  69

http://www.fcc.gov/fcc-bin/tvq?state=NY&call=&arn=&city=new+york&chan=&cha2=69&serv=DT&type=0&facid=&list=1&dist=&dlat2=&mlat2=&slat2=&dlon2=&mlon2=&slon2=&size=9

サービスエリアのマップのようなものも見ることができるのですが、細かいところで今ひとつ意味が判らない部分もあります。

下記のURLはWCBS-TVのサービスエリアマップのようですが、地理的条件とは無関係に単純な円になっています。実線がデジタルTV、破線がアナログTVのようです。

http://www.fcc.gov/mb/engineering/maps/images/callsigns/WCBS.gif

 ERP(http://ja.wikipedia.org/wiki/実効放射電力)はデジタルの方がアナログの約6倍あるのに、サービスエリアは少し狭くなっています。デジタルは飛びにくい?

 HAAT(Height above average terrain)は殆ど同じなので、アンテナは同じビルあるいはタワー

 なお、デジタル移行の際に周波数(物理チャンネル)が変更になる局があるようですが、単に再スキャンしてチャンネルをプリセットし直してもうまく行かない場合があるようです。このような場合には、"Double Rescan"を試してみてというCONSUMER ALERTがでていました。

【余談】

日本は米国と同じNTSCだったので、今までは任意の周波数が受信可能なICOMのIC-R3で米国内のテレビ放送が受信できたのですが、今後は残念ながら基本的にはNGです。

|

« 韓国のKSLV-1に搭載される人工衛星の写真 | トップページ | Speedtest.netで有線LANを測ったら60Mb/s以上でした »

ニュース」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/45363037

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のアナログテレビ放送が停波しました:

« 韓国のKSLV-1に搭載される人工衛星の写真 | トップページ | Speedtest.netで有線LANを測ったら60Mb/s以上でした »