« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

UNIQLOCKが秋バージョンになりました

やっとバージョンが変わりました。今回はパリ編です。

夏は一寸暑苦しかったです。

以前は夏バージョンもありましたが、商品との関係でそう都合よくいかないのでしょうね。

Image001

以前のバージョン(http://www.uniqlo.jp/uniqlock/archive/

Image002 Image003 Image004 Image006 Image007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

フェアリングの分離機構

  下記の記事によれば、KSLV-1(ナロ号)の失敗の原因はフェアリングの分離機構が正常に機能しなかったためのようですが、フェアリングの分離に使用されたexplosive bolt(分離ボルト、爆裂ボルト、爆砕ボルト、爆発ボルト)がどのようなものかがよく判らなかったので一寸調べて見ました。

朝鮮日報
羅老号:保護カバーの一方が分離されず(上)
2009/08/27 09:22:32
http://www.chosunonline.com/news/20090827000023
羅老号:保護カバーの一方が分離されず(下)
2009/08/27 09:22:35
http://www.chosunonline.com/news/20090827000024

THE KOREA TIMES
08-26-2009 18:52    
Naro Satellite Destroyed
https://www.koreatimes.co.kr/www/news/tech/2009/08/129_50747.html
*****引用開始*****
The KSLV-1 second-stage uses an "explosive bolt" technique whereby a dozen or more bolts stitching the fairings with the rocket are ignited and popped, he said.
There were eight bolts circled around the bottom of the fairings, the part that is attached to the rocket, Tahk said. Four other bolts, probably more, are positioned to cut the fairings in half.
He pointed out that a misfire on just one or two of the explosive bolts would be enough to keep the fairing attached to the rocket, disrupting the whole plan.
The explosive bolts were produced by Hanwha, a Korean conglomerate involved in explosives among many other business areas, based on KARI design.
"The separation of fairings account for nearly 10 percent of failed space missions. There could be a lot of problems, including turbulence or electricity malfunction, but I think that this is likely to be a case of the explosives misfiring," Tahk said.
*****引用終了*****

KSLV-1自体の資料ではありませんが、新聞でおなじみのGlobalSecurityの資料の中にexplosive boltを使用したフェアリング分離機構の図面がありました。
中国の長征2号の資料のようです。
Figure 4-5a Fairing Jettisoning Mechanism (1)の図面を見るとexplosive boltの配置関係がよく判ります。

GlobalSecurity.org
(http://www.globalsecurity.org/index.html)
 ↓
Space - Report -  Other Sources

http://www.globalsecurity.org/space/library/report/index.html
 ↓
1999 Reports
 ↓
China Academy of Launch Vehicle Technology (CALT)
Long March LM-2C Users Manual - Issue 1999
 ↓
LM-2C User's Manual
Chapter 4 Payload Fairing
4.4 Fairing Jettisoning Mechanism
4.4.3 Fairing Separation Mechanism
Figure 4-5a Fairing Jettisoning Mechanism (1)
Figure 4-5b Fairing Jettisoning Mechanism (2)
Figure 4-5c Fairing Separation Dynamic Process

(本家サイト?:http://www.fas.org/spp/guide/china/launch/lm2c/index.html

KSLVについての記述もありました。
Top Page
 ↓
Hot Topics
 ↓
KSLV - Korean Space Launch Vehicle
The first stage of KSLV is not identically to the Russian Angara. The KSLV uses an other Russian engine. The named engine RD-151 has four chambers with 1667 kN s.l. of thrust. Two pairs from the Russian engine RD-251 (RD-251 use three pairs RD-250) are probable the new Kerosene/LOX driving RD-151 for KSLV.

打ち上げ失敗の原因がフェアリングの分離失敗である割合はどの程度あるのか一寸調べて見ました。
原因は特定されていませんが、国別打ち上げ成功率のデータがありました。
Launch Successes and Failures, 1957–1999).
http://www.aero.org/publications/crosslink/winter2001/03_table_1.html

(1990–1999)
U.S.  CIS/USSR  Europe  China  Japan
93.6%  95.0%       95.6%     87.2%   82.4%

打ち上げ失敗の原因別のデータもありましたが、フェアリングについての直接的な記載はありませんでした。

Space Launch Vehicle Reliability
Launch Vehicle Subsystem Failures, 1980–1999
http://www.aero.org/publications/crosslink/winter2001/03.html

失敗の原因が、Propulsion, Avionics, Separation, Electrical, Structural, Other, Unknown に分類されています。
フェアリングの分離失敗はSeparationの項目に含まれるように思われますが、Separationの件数は114件の中の11件となっています。
これから判断する限りでは、フェアリングの分離失敗の割合はそれほど高くないように思われますが、最近打ち上げられたNASAの衛星の打ち上げ失敗は、衛星フェアリングの分離失敗ということのようです。

Technobahn Research 
NASA、温室効果ガス観測衛星の打ち上げ失敗は衛星フェアリングの分離失敗
2009/7/22 16:35 UTC 
http://www.technobahn.com/news/200907221635

フェアリング分離関係の情報を探していたら、9月11日打ち上げ予定の日本のH2Bロケットのフェアリング分離試験の記事がありました。

Impress Robot Watch
JAXA、H-IIBロケットフェアリング分離試験を公開
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20090818_309115.html

これによると、爆発ボルトは冗長設計になっており、2列並行に配置されており、一方がだめな場合でも残りでフェアリング分離できるようになっているようです。もっともH2Bは、地球低軌道用のペイロードが約16トン、フェアリングの全長が15m、ボルトの数が558本という大規模なロケットなので、このような設計になっているのかもしれません。

【2009.08.31追記】

KSLV-1とは関係ありませんが、フェアリングと爆発ボルトの関係を示す図がありました。

登録2561738から引用

2561738_image1_2 2561738_image2

登録4181111から引用

4181111_image3

4181111_image4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

打ち上げ直後にKSLV-1(ナロ号)が傾いた理由

  発射の実況中継をArirang TVの小さな画面で見ていたときには、気がつかなかったのですが、あとでYouTubeのHD画像を見ると、打ち上げ直後に機体がかなり揺動しています。
制御不調かと思いましたが、下記の記事(自動翻訳なので不明な点が多々ありますが)によれば、発射台を保護するために意図的に傾斜させたとのことです。結構クリチカルな制御のような気がします。

chosun.com
入力:2009.08.26 02:45
ナロホ発射Q&A
발사직후 기울어져 비행… 경로 이탈 아닌가
打ち上げ直後に傾いて飛行...パスの離脱ではないか
http://74.125.153.132/translate_c?hl=ja&sl=ko&u=http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/08/26/2009082600081.html%3FDep0%3Dchosunnews%26Dep1%3Drelated%26Dep2%3Drelated_all&prev=/search%3Fq%3D%25EF%25BC%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衛星軌道投入失敗の原因は残留フェアリングの模様

 KSLV-1(ナロ号)の2段目は、分離できなかったフェアリングの重量で姿勢が狂って、横向きに衛星を加速する代わりに上昇したようです。

「羅老」打ち上げ失敗の原因は? 「フェアリング分離映像公開すべき」(1)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=119670&servcode=300&sectcode=330

「羅老」打ち上げ失敗の原因は? 「フェアリング分離映像公開すべき」(2)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=119671&servcode=300§code=330

YONHAP NEWS
Tech/Science        2009/08/26 11:36 KST 
(LEAD) S. Korean satellite lost shortly after launch: gov't 
http://english.yonhapnews.co.kr/techscience/2009/08/26/64/0601000000AEN20090826002800320F.HTML

*****引用開始*****
"The fairings weigh four times more than the scientific satellite making it effectively impossible for the second stage rocket to generate the necessary thrust to keep the satellite in orbit," said Vice Science and Technology Minister Kim Jung-hyun.
   He added that the extra weight also affected stabilization and navigational control that caused the rocket to steer upwards and the satellite to be released at an altitude of 387km, far higher than the planned 302km.
*****引用終了*****

打ち上げのアニメーションですが、01:14~01:16あたりにフェアリング分離のシーンがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

KSLV-1(ナロ号)の次回打ち上げは来年5月?

  韓国のロケットKSLV-1「羅老(ナロ)号」に搭載された科学技術衛星2号(STSAT-2)は、正常な軌道への投入に失敗したようです。
  打ち上げのテレビ中継をArirang TV (http://www.arirang.co.kr/Player/TV_Player.asp?code=TVonAir)で見ていましたが、表示が英語なので助かりました。

  asahi.comによれば、来年5月2日の再発射を目指すとのことですが、ロシアとの契約では、9ヶ月間隔であと2回打ち上げが行われるようです。

中央日報
「羅老」、正常軌道に進入せず
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=119656&servcode=300&sectcode=330

asahi.com
韓国初の衛星ロケット、軌道投入に失敗
http://www.asahi.com/international/update/0825/TKY200908250278.html

chosun.com
南道で、来月'衛星'ロケットの打ち上げ
入力:2009.06.09 03:15
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://boomup.chosun.com/site/data/html_dir/2009/06/09/2009060900863.html&ei=K_qTSt-4FNCBkQWkzNm8Cg&sa=X&oi=translate&resnum=3&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25EB%259F%25AC%25EC%258B%259C%25EC%2595%2584%2B%25EA%25B3%2584%25EC%2595%25BD%2B3%25ED%259A%258C%2B%25EC%258F%2598%25EC%2595%2584%2B%25EC%2598%25AC%25EB%25A0%25A4%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294

YOUTUBE
aug 25, 2009. 원 궤도보다 36km 더 높게 이탈함으로서 실패한 대한민국 나로호.
aug 25,2009.円軌道より36kmさらに高く離脱することで失敗した大韓民国ナロホ. (OCN翻訳)
aug 25、2009。元の軌道より36kmより高く離脱ことにより、障害が発生した大韓民国ナロホ。(Google翻訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

KSLV-1(ナロ号)25日午後5時頃発射予定

8月19日にカウントダウンが途中で中止された韓国のロケットKSLV-1ですが、下記の記事によれば25日に打ち上げられるようです。

나로호 최종 점검...25일 오후5시께 발사
http://www.kyeongin.com/news/articleView.html?idxno=474128
ナロホ最終チェック... 25日午後5時頃発射 
2009年08月24日(月) 
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.kyeongin.com/news/articleView.html%3Fidxno%3D474128&ei=GZSSSuL1GsuXkQXbvNC7Cg&sa=X&oi=translate&resnum=8&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25EF%25BD%258B%25EF%25BD%2593%25EF%25BD%258C%25EF%25BD%2596%2B%25EF%25BC%2591%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DG%26tbs%3Dqdr:d


なお、19日のカウントダウン中止はソフトウエアエラーが原因であると報道されていましたが、下記の記事によれば、" SWのバグではないことが判明した"と書いてあります。
これによると、バグというよりもパラメータの設定が不適切で、ヘリウムの高圧タンク圧力のGO/NO GOを判断する閾値が高すぎて、本来許容可能な圧力低下が異常と判断されたようです。
ロジックのエラーではないけれども、パラメータが間違っているのであれば広義のバクであるような気もしますが・・・

재발사, 발사체 기립 '3단계부터 시작
再開、打ち上げ拍手'3段階から開始
記事入力2009-08-21
http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.etnews.co.kr/news/detail.html%3Fid%3D200908200217&prev=/search%3Fq%3D%25EC%259E%2590%25EB%258F%2599%2B%25EC%258B%259C%25ED%2580%25B8%25EC%258A%25A4%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GZEZ_jaJP235JP236%26sa%3DN%26start%3D20&rurl=translate.google.co.jp

なお、飛行コースは、下記のPDFの26/32ページの図が判り易いように思われます。

SatRec  
http://satrec.kaist.ac.kr/
 ↓
뉴스레터 '과학기술위성2호' 특집호 발간 2009.7.15
(ニュースレター'科学技術衛星2号[特集号発行2009.7.15)
http://143.248.9.139/sub_07_3.asp?module=B&mode=main&board_idx=112
 ↓
첨부파일 : 뉴스레터_과학기술위성2호 특집호.pdf       
(添付ファイル:ニュースレター_科学技術衛星2号特集号.pdf )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

KSLV-1(ナロ号)の打ち上げが7回目の延期

  発射7分56秒前で、自動打ち上げシーケンスのカウントダウンが止まったようです。

Nation's 1st Rocket Launch Postponed
[2009-08-19, 17:42:36]
http://english.kbs.co.kr/News/News/News_view.html?No=65954&id=Sc

下の写真はKBS WORLD NEWSの画面を撮影したものです。

Kbs_world_cd Kbs_world_map

 かなり前になりますが、打ち上げをLPX(大型揚陸艦、軽空母?)から見学するという以下の記事がありましたが、今日はどうだったのでしょうかね?
こんなに変更が多いと対応が大変だと思われます。

나로호 발사관람 행운의 주인공은
독도함 승선관람 이벤트에 4만2834명 응모 열기
ナロホ発射観戦幸運の主人公は、
ドクドハム乗船見学イベントに、 4万2834人の応募を開く (Googleによる自動翻訳)

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://newslink.media.daum.net/news/20090804073210140&ei=0QSMSrPqKYyQkQWq3ckx&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25EF%25BC%25AC%25EF%25BC%25B0%25EF%25BC%25B8%25E3%2580%2580%25EF%25BD%258B%25EF%25BD%2593%25EF%25BD%258C%25EF%25BD%2596%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DN%26start%3D10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

KSLV-1(ナロ号)の飛行シーケンス

  明日(8月19日)、羅老宇宙センターから打ち上げが予定されている韓国のロケットKSLV-1(ナロ号)の飛行シーケンスを示す図がありました。
  画像部分の韓国語は自動翻訳されないので、詳細はよく判りませんが、翻訳部分を見ながら図を見るとなんとなくイメージが沸きます。

Segye.com
世界10番目の'ハネウルムン'ノック... '宇宙強国'希望撃つ (Googleによる自動翻訳)
記事入力2009.08.16 (日) 18:46 、最終修正2009.08.17 (月) 01:45
http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.segye.com/Articles/NEWS/ECONOMY/Article.asp%3Faid%3D20090816002130%26subctg1%3D00%26subctg2%3D00&prev=/search%3Fq%3Dkbs%2B%2B%2522kslv%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3D%26rlz%3D1T4GZEZ_jaJP235JP236%26sa%3DN%26start%3D20%26tbs%3Dqdr:w&rurl=translate.google.co.jp

今朝見たときには、KARI(Korea Aerospace Research Institute:韓国航空宇宙研究院)の英語版のサイト英語で書かれた図があったのですが、なぜかアクセスできないときもあります。

先ほど、21時からのKBS WORLD NEWSでナロ号の打ち上げ関係の映像が15分位流れていました。

Kbs_world

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

RD-XD91のDVDドライブをどうにか自分で交換しました

  20061月に購入した東芝のHDD&DVDビデオレコーダーRD-XD91を使用しているのですが、「ディスクをチェックしてください」の故障が出たため、20077月に一度修理(DVDドラブ交換)しています。保証が切れていたので有償修理(30,030)でした。

結構修理費が高かったので、次に故障した時には自分でDVDドラブ(SW9574)を交換してみようかなと考えていました。

今朝、HDDの内容をDVDに焼いていると、処理が100%になったにもかかわらず、処理中の表示が消えない状態になりました。数分待っても変化がないので停止しようとしたのですが、ストップボタンも電源ボタンも効きません。仕方がないので、ACプラグを抜いて再度コンセントに接続すると、例によって「ディスクをチェックしてください」が表示されて、記録も再生もできません。

症状は前回と同じですが、故障の原因が同じかどうかはわからないので、最初は修理に出そうと思いましたが、累計の修理費が本体価格の半分以上になるのもなんか納得できないし、今後時間の経過とともに他の部品(HDDなど)が故障することも考えられるので、傷が深くなる可能性はありますが、自分で修理(DVDドライブ交換)することにしました。

幸いなことにWeb上にRD-XD91DVDドラブ換装の情報がいくつかあったので、下記の記事を参考にさせてもらいました。

DVDドライブを換装してみた

http://y30.net/rdxs-e/rdwiki/wiki.php?DVD%B4%B9%C1%F5#v2b1f7ac

写真つきで非常に判り易く書かれているので、これなら自分でもどうにかなりそうです。

取り敢えず、互換性のあるDVDドラブを入手する必要がありますが、幸いなことに、SW9574と交換性があるI/O DATADVR-AM16CVPC Depo9970円で売っていたので、早速これを買ってきました。

 PCの自作などはしたことはありませんが、上記記事の手順に従って作業を進めて、約1時間でDVDドライブの交換を終わりました。作業が特別に困難という箇所はなく、最初のケースの上蓋が一寸外しにくいという位でした。

 交換後、電源を入れると初期設定画面が表示されますが、記録・再生は正常にできました。

 取り敢えず写真を撮ったので、一応時系列で貼り付けました。説明文はつけていませんが、上記の記事を参照して頂ければ想像がつくと思います。取り外すべき爪やビスの位置に三角の黄色マークを貼ってあります。見えない部分もありますが、基本的に左右対称または前後対称の位置に爪やビスがあります。

01dvram16cv_box 02dvram16cv_w_bezel 03dvram16cv_bezel_hook 04dvram16cv_bezel_remove 05rdxd91_upper_case 06rdxd91_lid_open 07rdxd91_bottom 08rdxd91_frontpanel_upperscrew 09rdxd91_frontpanel_sidehook 10rdxd91_connecter_before 11rdxd91_connecter_after 12rdxd91_hdd 13rdxd91_hdd_move 14rdxd91_dvd_remove

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

8月19日打ち上げ予定の韓国のロケットKSLV-1(ナロ号)の飛行シナリオ

以下の記事は、韓国のロケットKSLV-1(ナロ号)730日に打ち上げられることを想定して624日に書かれたTHE KOREA TIMESの記事ですが、打ち上げの際のシナリオ(Scenario for July 30)が最後の方に書いてあります。

730日の発射を想定して書かれたものなので、細部は異なっているかもしれませんが、大筋は同じであると思われます。

06-24-2009 21:16

Korea Prepares for Crucial Rocket Launch

http://www.koreatimes.co.kr/www/news/tech/2009/07/129_47425.html

打ち上げ直後の部分の飛行シナリオを複数の翻訳エンジンと翻訳サイトで自動翻訳してみました。

(以下、THE KOREA TIMESの記事から抜粋引用および自動翻訳)

[原文]

After launch, the rocket will ascend vertically for 25 seconds, enough time to reach 900 meters above ground, then rotate 10 degrees east and head toward the direction of Okinawa. The rocket will be 290 kilometers above ground when it passes the Japanese island chain, thus avoiding Japan's aerial domain.

[AMiKAi]

着手の後、ロケットは、沖縄の方向への25秒、地上900メーターで達して次に、10度東へ回転するのに十分な時および頭に垂直に上昇するでしょう。日本の島鎖を通り、それにより、日本's航空領域を回避する時、ロケットは地上290キロメーターであるでしょう。

[BizLingo]

着手の後に、ロケットは25秒、地面の900メーター上で達して、次に、10度東に回転して、沖縄の指示に達しようとすることができるくらいの時間、垂直に昇るでしょう。 日本の諸島を渡すとき、地面の290キロメートル上にロケットがあって、その結果、日本の航空領域を避けるでしょう。

[CROSS LANGUAGE]

発射の後、ロケットは25秒(地面より上に900メートルに達するのに十分な時間)の間垂直に上がって、それから沖縄の方向の方へ、10度東と頭を回転させます。それが日本島チェーンを渡すとき、ロケットは地面より上の290キロメートルです。このように、日本の空中領域を避けます。

[KODENSHA]

打ち上げの後に、ロケットは、25秒、グラウンドの900メートル上で達するのに十分な時間そして10度東に回転する間垂直に上昇し、沖縄の方向に向けます。 それが日本の島チェーンを通過する時には、ロケットはグラウンドの上に290キロメートルあり、従って、Japan's航空ドメインを避けます。

[Google]  http://translate.google.co.jp/#

打ち上げ後、ロケットを垂直方向に25秒間、十分な時間を10度東の方向に向かうと沖縄を回転させる地上900メートルを登るに達するだろう。地上290キロのロケットが、このように日本の領空通過を避け、日本の島チェーンされます。

[Babelfish]  http://babelfish.yahoo.com/

進水の後で、ロケットは25秒、地面の上の900メートルに達する十分な時間の間縦に上昇し、そして東10度の回し、そして沖縄の方向の方に先頭に立つ。 従ってロケットは日本の島の鎖を渡す場合Japan'を避ける地面の上の290キロメートル、である;

[Microsoft® Translato]r http://www.windowslivetranslator.com/

起動後、ロケットは 25 秒の垂直方向に登る、地上では、900 メートルに達するし、東 10 ° 回転する時間し沖縄の方向に向かって頭十分。 ロケットはこうして日本の航空ドメインの回避、日本の島チェーンが渡されますと地上 290 キロになります。

[訳してねっと] http://www.yakushite.net/

発射の後で、ロケットが25秒、上述の900メートルの地面に達する十分な時間垂直に上って、その時東に10度を回転させて沖縄の方向に向かうでしょう。このように日本の空気の領域を避けて、それが日本人諸島を通過する時、ロケットは地面の上で290キロメートルでしょう。

[コリャ英和V6](手元にあった翻訳ソフト。辞書はデフォルト。)

ランチの後に、ロケットは25秒、地上に900メートルに達して、それから10度東を回転させて、そして沖縄の方向を目指して進むのに十分な時の間垂直に登るでしょう。 それが、それで日本の空中のドメインを避けて、日本の列島を通り越すとき、ロケットは290キロ地上にあるでしょう。

翻訳の結果をみるとかなり差がありますが、翻訳エンジン[CROSS LANGUAGE]がかなりいい線を行っているように思われます。動詞のheadを名詞と取り違えているのがおしいですが、これ以外は意味が理解できる日本語になっているように思われます。

各翻訳文の赤文字の部分を組み合わせると、かなり判りやすいように思われますが、機械翻訳は難しいのでしょうね。

「発射の後、ロケットは25秒(地面より上に900メートルに達するのに十分な時間)の間垂直に上がって、次に、10度東に回転して、沖縄の方向に向けます。日本の列島を通り越すとき、ロケットは地面より上の290キロメートルです。このように、日本の空中領域を避けます。」

【参考外部リンク】

10の翻訳エンジンから一括翻訳 翻訳くらべ 

http://7go.biz/translation/

仕事・学業に必要不可欠? オンライン辞書・翻訳サービス

http://internet.watch.impress.co.jp/static/link/2009/05/08/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

KSLV-1の打ち上げは19日の予定とのこと

下記の記事によれば、韓国のロケットKSLV-1(ナロ号)の発射が8月19日(予備日は26日まで)に決まった模様です。

韓国初の宇宙発射体ナロホ" 19日、進水させる" (総合)
入力: 2009-08-11 15:49 
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php%3Faid%3D200908110454g%26sid%3D010404%26nid%3D000%26ltype%3D1&ei=f3OBStGHHIGUkAXUuNDWCg&sa=X&oi=translate&resnum=3&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%2522KSLV%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DG%26tbs%3Dqdr:d

ナロホ発射来る19日に最終決定
入力: 2009-08-11 20:55
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.dt.co.kr/contents.html%3Farticle_no%3D2009081202010151731002&ei=iniBSsK9Kc-AkQWFh_HYCg&sa=X&oi=translate&resnum=4&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%2522KSLV%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DN%26start%3D10%26tbs%3Dqdr:d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

今朝は「強い揺れが来ます」の防災無線で起こされました

 今朝、なにかうるさいので目が覚めました。
 何の音かと思っていると防災無線の拡声器からの音でした。
 最初は何を言っているか判りませんでしたが、よく聞くと「緊急地震速報 強い揺れが来ます」と何回も繰り返しています。
 その時点では、小さくカタカタ振れる程度でした。
 寝ている状態で急に「揺れが来ます」と言われても、急に反応はできずに、取り敢えず身構えました。
 しばらく警報が繰り返されましたが、数分程度で警報も止まりました。
 テレビをつけてみると、震源が駿河湾で最大震度が6弱ということで、かなり大きな地震だったようです。
 数日前の地震は座った状態で揺れを感じましたが、今回の地震は寝た状態で殆ど揺れを感じませんでした。
 居住の建物は、建物全体を多数のゴム柱で浮かせた免振構造となっているので、その効果があったのかもしれません。
 設置されている免振ゴムの実物を見学したことがありますが、10数階のビルがゴムで浮いているのは不思議な感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

KSLV-1の燃焼テストの異常値はセンサエラーだった模様

  打ち上げが遅れている韓国の人工衛星搭載ロケットKSLV-1「羅老(ナロ)号」ですが、下記の記事によれば、燃焼テスト時に、100個のパラメータの中の1個が異常値を示したけれども、これは測定エラーだったようです。
 ロシア側は14〜16日の打ち上げを提案しているが、最終的な日程は現時点では未定の模様。

S. Korea's first Space Rocket safe for Launch 
Telecoms Korea News Service
Friday 07, August 2009 18:09
http://www.telecomskorea.com/news/technology/212-s-koreas-first-space-rocket-safe-for-launch

ロシア、ナロホ14 〜 16日の進水しましょう(Googleによる自動翻訳)
news.donga.com
2009-08-07 21:31
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://news.donga.com/fbin/output%3Fn%3D200908070368%26top20%3D1&ei=ECN8Su7JHNSIkQWm45CKAw&sa=X&oi=translate&resnum=8&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%2522kslv%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DG%26tbs%3Dqdr:d

【2009/8/8追記】上の英文サイトへのアクセスが不調な場合があったので、別のサイトを追加しました。
(2nd LD) S. Korea's first space rocket safe for launch: official 
YONHAP.NEWS
2009/08/07 18:46 KST 
http://english.yonhapnews.co.kr/techscience/2009/08/07/49/0601000000AEN20090807007300320F.HTML

韓国初の宇宙ロケット発射の安全秒:公式(Googleによる自動翻訳)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://english.yonhapnews.co.kr/techscience/2009/08/07/49/0601000000AEN20090807007300320F.HTML&ei=TNN8SoH2MYrU6gOMx6E2&sa=X&oi=translate&resnum=3&ct=result&prev=/search%3Fq%3DS.%2BKorea%2527s%2Bfirst%2BSpace%2BRocket%2Bsafe%2Bfor%2BLaunch%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

KSLV-1の打ち上げが8月11日から更に変更??

 韓国のKSLV-1(ナロ号)の打ち上げが8月11日から更に変更になる可能性があるようです。
 昨日、スカパーでたまたまKBS WORLD NEWS(21:00-)を見ていたら、KSLV-1の映像と5個くらいの日付が並んでいたので、もしかしたらこのことだったかもしれません。

나로호 발사, 또 연기
http://kr.ibtimes.com/article/news/20090804/6569481.htm
ナロホ打ち上げ、また延期 (Googleによる自動翻訳)
ibtimes.com   Posted : 2009-08-04 18:14  KST
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://kr.ibtimes.com/article/news/20090804/6569481.htm&ei=6d56SsC9HJng7APR_egy&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8%26hl%3Dja%26lr%3D%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DG%26tbs%3Dqdr:w

러시아에 좌우되는 나로호 발사 시기
http://www.chosun.com/site/data/html_dir/2009/08/04/2009080401411.html
ロシアに依存しているナロホ発射時期(Googleによる自動翻訳)
連合ニュース  入力: 2009.08.04 21:29
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.chosun.com/site/data/html_dir/2009/08/04/2009080401411.html&ei=A-B6SsDxEJiI6gPc3aBY&sa=X&oi=translate&resnum=6&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8%26hl%3Dja%26lr%3D%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DG%26tbs%3Dqdr:w

"先月30日に行われたの燃焼試験は正常に完了したものの、検査の過程で得られたデータを詳しく分析する過程で、特異な値を示すデータを発見した"(Googleによる自動翻訳)とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

韓国の科学技術衛星2号(STSAT-2)の関連情報(英語版)

  8月11日にKSLV-1で打ち上げ予定の科学技術衛星2号(STSAT-2 :Science and Technology Satellite-2)の関連情報です。
  一寸古いですが、英語版なので韓国語の自動翻訳よりも悩む箇所が少なくて済みそうです。

STSat-2 (Science and Technology Satellite-2)   (2002)
http://directory.eoportal.org/presentations/6643/10848.html
S-band communications for TT&C support at 1.2 or 9.6 kbit/s in uplink and 9.6 or 38.4 kbit/s in downlink (FSK modulation).

Term Project Proposal
Orbit and Coverage Analysis of STSAT-2 in LEOP  (2007/4/25)
http://csplab.kaist.ac.kr/lecture/SatRec2007/termproject/projex3_mid_ppt.pdf

Science and Technology SATelliteProgram of KOREA
November 2, 2004
Korea Aerospace Research Institute
http://www.aprsaf.org/data/p_saprsaf_data/repo_ap11cd/ss_info/4_SS_STSAT.pdf
STSAT-2 Program Overview
p18-p22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

韓国のロケットKSLV-1の発射予定日が8月11日に確定した模様

 下記の記事によれば、何回か延期された韓国のロケットKSLV-1(ナロ号)の打ち上げ予定日が8月11日に決まったようです。

TELECOMS KOREA  Sunday, 02 August 2009 18:08
S. Korea's Space Rocket being Assembled for Aug. 11 Launch
http://www.telecomskorea.com/news/technology/196-s-koreas-space-rocket-being-assembled-for-aug-11-launch

NEWSCAN 2009/08/02 08:23:57
【고흥】전남 고흥군, 나로우주센터에서 나로호 8.11 발사 예정
http://www.newscani.com/paper/news/view.php?papercode=news&newsno=137911&pubno=
打ち上げ見学ポイントへの道案内があります。

(以下、Googleによる自動翻訳の抜粋引用。ただし。[]内はOCN翻訳サービス)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.newscani.com/paper/news/view.php%3Fpapercode%3Dnews%26newsno%3D137911%26pubno%3D&ei=S5d1StuqCY7e7AP-1KCYCw&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%2522kslv%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP293JP294%26sa%3DN%26start%3D10%26tbs%3Dqdr:d
【高興】全羅南道ゴヘウングン、ナロヲオジュセンテオエセオナロホ8.11発射予定
[【高興(コフン)】全南(チョンナム),高興郡(コフングン),ナロ宇宙センターでナロホ8.11発射予定]

참고자료
参考資料

나로 발사개요
私発射の概要

발 사 체 :
フィート社体 :
[発射体]

소형위성 발사체 '나로호' (KSLV-1)
小型衛星発射体'ナロホ' ( KSLV - 1 )

장 소 : 나로우주센터 발사장
場所 :ナロヲオジュセンテオバルサジャン
[ナロ宇宙センター発射場]

일 정 日程
◦ 1차 : 2009.8.11 (화) ( 준비 상황, 기상여건을 고려해 18일까지 변경 가능)
◦ 1次: 2009.8.11 (火) ( 準備状況、気象条件を考慮して 、 18日まで変更可能)

∙예정 발사시간 : 16:40~18:40
∙予定 開始時間: 16:40 〜 18:40

◦2차 : 2010년 2분기 예정
◦第2回: 2010年第2四半期の予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-R3用の外部電源BC-153(6V1A)が480円でした

  ICOMの液晶モニタ付き広帯域受信機IC-R3を久しぶりに使おうとしたら、電源が入りません。バッテリ(標準装備のリチウムイオン電池BP-206)が放電してしまったのだろうと思って、付属の普及型バッテリーチャージャーBC-136(6V500mA)を接続したのですが、1時間くらい経過しても充電が行われているようには見えません。バッテリを外して端子電圧を測ってみると0Vです。正規の充電時間は15時間ですが、1時間充電して0Vというのは一寸変です。どうもバッテリが死んでしまったようです。
 ICOMのHPを見てみるとBP-206(3.7V1650mA)の価格は5040円となっていて結構いい値段です。運用時間は約半分になりますが、アルカリ電池やニカド電池も利用可能なようなのでこれらの乾電池を使おうと思ったのですが、乾電池用アダプターがどこかにいっていて見つかりません。
 最後の手段として、自己責任で、死んだBP-206を無理やり復活させることにしました。
 復活作業の結果、めでたくBP-206は生き返ったのですが、充電しながら受信することができないというのはかなり不便です。現在販売されているIC-R3に付属しているバッテリーチャージャーBC-153は容量が1Aなので充電しながら運用可能となっていますが、昔(2000年?)、IC-R3を購入したときに付属していたBC-136は容量が0.5Aしかありません。 無理やり充電中に電源を入れると、一定周期でボツボツボツとオンオフを繰り返すモーターボーティング状態になります。
 ということで、やっぱり充電しながら受信することができる外部電源があると便利です。BC-153(1A)の定価を調べてみると1890円となっています。それほど高くはありませんが、もっと安い電源はないかと探していたら、秋葉原のハム用品専門店でBC-153が480円で売られていました。一寸大きくてかなり重い(約690g, BC-136は約390g)のですが、安さの魅力に負けて買ってきました。店の場所は、秋月電子のある通りの大通り側の突き当たり付近です。1週間前に見たときには、店の前に5~6個並べてありました。BC-136(500mA)しか持ってない人には便利かもしれません。

【左:BC-136、右:BC-153】

Bc136_153

  この他には、小型軽量(110g)でAC100-240V対応という移動用にはぴったりのACパワーアダプターAC-E60A(6A1A) があります。非純正なので動作の保証がない、スイッチングタイプなのでノイズが出る、価格が一寸高いなどの問題がありますが、海外旅行などで極力荷物を減らしたい人には便利かもしれません。ホノルル(AC120V)でTVを受信した範囲では問題はありませんでした。(「変な無線機なんて置いていけば」という声も聞こえますが・・)

【左からAC-E60A、BC-136、BC-153】

Ac_adaptor

【参考外部リンク】
広帯域ハンディレシーバー IC-R3ss \52,290 (税込)
http://www.icom.co.jp/products/amateur/products/receiver/ic-r3ss/option.php?PDNM=ic-r3ss

ACパワーアダプター AC-E60A 希望小売価格3,150円(税抜価格3,000円)
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/avacc/acc/index.cfm?PD=1687

【2010.09.27追記】
 バッテリの復活方法についてお問い合わせがあったので、簡単に説明します。ブログ中に具体的に書かなかったのは理由があったのですが、うまく使えば便利です。
 なお、この方法は昔から無銭家の間では良く知られている方法だと思います。

 充電方法は非常に簡単で過大電圧を瞬間的に印加し、バッテリ温度の上昇と膨張状態と端子電圧をチェックしながら、適当な間隔を置いて瞬間的な充電を繰り返すだけです。
 必要な部品はトランスと大電流用整流ダイオードだけです。
 下の写真は、数十年前に作ったものですが現在でも時々使っています。

Battery_saver

 入力AC100V、出力AC12Vのトランス(2A)の2次側にダイオードブリッジ(1S558×4)を接続しています。また、通電状態と負荷時の電圧降下が視認できるように、2次側にLEDと保護抵抗の直列回路を接続しています。
 端子開放電圧約DC11V(脈流をデジタルテスタで測ったので余り当てにはできません)、出力短絡電流約5Aです。
 死んだバッテリを充電するときには、殆ど短絡状態となるので数Aオーダーの大電流が流れます。
 充電用のわに口クリッブが接続されたリード線が細いので、リード線の発熱で過電流が検出できます。

 最初に充電するときは、充電前の電圧を測定し、その後、端子を瞬間的に接触させる程度にして充電し、バッテリの端子電圧が上昇しているかどうか確認します。僅かでも上昇していれば、復活の可能性はありますが、何度充電しても定格の半分程度にしかならない場合もあります。
 2~3回充電しても全く電圧が0の場合には完全に死んでいる可能性が高いです。
 充電の際は、バッテリを指で触って暖かくなったと感じたら直ぐに充電を停止します。長くても1秒程度にします。最初の充電開始直後は、何十秒も充電し続けるのは危険です。
 指で触っているときに破裂する可能性もありますので、触るのは底面よりも側面の方が危険性が少ないかもしれません。

★注意★ この方法は、バッテリの発火や破裂だけでなく、操作者の火傷や怪我のおそれがある非常に危険な反則技なので、もし実行する場合には十分な安全対策をして下さい。(自己責任ということで・・・)
・万一、バッテリが破裂しても。眼が損傷を受けないように、眼鏡を着用するか、バッテリと眼の間に透明版を配置する。
・可燃物をバッテリの近くに置かない。万一発火した場合、水は使えない(AC1000Vで感電の危険性あり)ので厚手の布などを用意しておく。
・バッテリが破裂した場合、内容物はバッテリの長手方向(軸方向)噴出するので、軸の延長上に顔を出さない。(昔、マンガン電池を無理に充電したときに、過充電で陰極側の底が破裂して電解物質が噴出したことがあります。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

元祖「ロコモーション」

テレビから聞いたことがあるようなメロディが流れてくると思ったらSoft BankのCMでした。
経費がだいぶ掛かっていそう・・・。

「ロコモーション」といえばやっぱりリトル・エバですが、ヒットをリアルタイムで知っているのが恐ろしい・・・。

Little Eva Performing The Locomotion on Shindig (early 1960's)
http://www.youtube.com/watch?v=C5OoQadZTPk

Grand Funk Railroad - The Locomotion
http://www.youtube.com/watch?v=sSQOeQakExU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »