« 衛星軌道投入失敗の原因は残留フェアリングの模様 | トップページ | フェアリングの分離機構 »

2009年8月27日 (木)

打ち上げ直後にKSLV-1(ナロ号)が傾いた理由

  発射の実況中継をArirang TVの小さな画面で見ていたときには、気がつかなかったのですが、あとでYouTubeのHD画像を見ると、打ち上げ直後に機体がかなり揺動しています。
制御不調かと思いましたが、下記の記事(自動翻訳なので不明な点が多々ありますが)によれば、発射台を保護するために意図的に傾斜させたとのことです。結構クリチカルな制御のような気がします。

chosun.com
入力:2009.08.26 02:45
ナロホ発射Q&A
발사직후 기울어져 비행… 경로 이탈 아닌가
打ち上げ直後に傾いて飛行...パスの離脱ではないか
http://74.125.153.132/translate_c?hl=ja&sl=ko&u=http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2009/08/26/2009082600081.html%3FDep0%3Dchosunnews%26Dep1%3Drelated%26Dep2%3Drelated_all&prev=/search%3Fq%3D%25EF%25BC%

|

« 衛星軌道投入失敗の原因は残留フェアリングの模様 | トップページ | フェアリングの分離機構 »

KSLV-1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/46047642

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち上げ直後にKSLV-1(ナロ号)が傾いた理由:

« 衛星軌道投入失敗の原因は残留フェアリングの模様 | トップページ | フェアリングの分離機構 »