« 九州国立博物館の「阿修羅展」に行ってきました | トップページ | IKEA港北行きシャトルバス乗り場@新横浜駅 »

2009年9月19日 (土)

「阿修羅展」の仏像には魂が入っている?

 先日、「阿修羅展」に行ってきたのですが、殆ど予備知識なしで単に見てきたという状態だったので、後から「阿修羅展」の関連情報を調べていたら、以下のような記事がありました。

asahi.comから引用

阿修羅展、搬送本格化へ 奈良・興福寺で魂抜く法要 (2009310)

http://www.asahi.com/kansai/event/news/OSK200903100090.html

この記事は東京国立博物館のときのものですが、九州国立博物館のときも同様の法要が行われたものと思われます。

ところが、次の記事を見ると、「閉館後、興福寺の僧侶により、阿修羅像など出展された仏像の魂を抜く法要が執り行われた。」と書いてあります。

asahi.comから引用

94万6172人が見た 阿修羅展閉幕 東京国立博物館 (200967210)

http://www.asahi.com/national/update/0607/TKY200906070187.html

興福寺で魂を抜いたはずなのに、なぜ東京国立博物館で再度魂を抜く必要があるのか判りませんでした。ネット上の情報を見ても美術品として展示されている仏像には魂がないという説明になっています。

もしかしたら、観客の中に拝む人がいてその思いが魂として仏像に宿ることがあるのかなとも想像しました。

しかし、情報を更に調べて見ると以下のような記事がありました。

「虚空山彼岸寺」から引用

*****引用開始(抜粋)*****

【特集:阿修羅展】 いよいよ始まった「阿修羅展」、その魅力に迫る

 興福寺では、輸送開始前に仏像運搬前に魂を抜く撥遣法要(はっけんほうよう)、展覧会開催前には仏像に魂を込める開眼供養(かいげんくよう)を修めました。

*****引用終了*****

http://www.higan.net/blog/feature/2009/04/ashura_1.html

この説明によれば輸送開始前に魂を抜いて、展覧会開催前に魂を入れることになるので、上記asahi.comの記事と整合が取れます。

今までに調べた他のネットの情報は、殆どが展覧会展示中の仏像は魂がないという説明だったので、「阿修羅展」が特別なのか、あるいは、他の情報が間違っているのかよく判りません。

上記の情報から判断すると、魂自体が存在するか否かの議論は別にして、少なくとも形式的には東京国立博物館で開催された「阿修羅展」では仏像には魂が宿っていたと判断するのが妥当であるように思われます。

展示会の仏像を拝む人はいないと書いてあるサイトがありましたが、展示会の仏像を拝んでいる人を目撃したことは何度もありますし、お賽銭があげられているのを見たこともあります。大きな展示会では係員から注意されるのでしょうが、小規模な展示会などでは、仏像の前の手すりや一寸した段のところに硬貨がおいてあることがあります。

 もし、展示会の仏像にも魂があるであれば、単に「見る」ではなく「拝む」ということになるのでしょうが、凡人の悲しさで区別がつきません。

 魂が物理的属性(21g?、超高内部インピーダンスの電位?、・・・)を持っているであればストレンゲージやバルボル(死語?)/トラボル/ブリッジで存在が確認できるのでしょうが、いままで正式な(信頼できる)報告は見たことがありません。

 仏像の魂を入れたり抜いたりする儀式を行う僧侶が、全員霊的能力(一種の超能力?)を持っているとは考えにくいので、あくまでも儀式であると理解しています。

 ネット上で魂を海水を例えて説明しているものがありましたが、技術系の人の場合には、エーテル(Ether:化合物の方ではなくて、イーサネット(Ethernet)の語源になった宇宙(真空)を満たしている考えられた想像上の存在の方)の方がぴったりくるかもしれません。なお、ネットで調べると「エーテル体」などという、よく訳が判らないものがでてきますが、ここでは考えないことにします。

 個人的には、「八百万の神」的、「アミニズム」的、「目に写る全てのことはメッセージ」的な考え方がなんとなく落ち着きます。

【参考外部リンク】

WIRED NEWS

霊魂の存在に関する学術的研究() 20051014

http://wiredvision.jp/archives/200510/2005101402.html

霊魂の存在に関する学術的研究() 20051017

http://wiredvision.jp/archives/200510/2005101707.html

魂の重さは何グラム?科学を揺るがした7つの実験

http://www.shinchosha.co.jp/book/217251/

snopes.com:

Weight of the Soul

http://www.snopes.com/religion/soulweight.asp

|

« 九州国立博物館の「阿修羅展」に行ってきました | トップページ | IKEA港北行きシャトルバス乗り場@新横浜駅 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/46247902

この記事へのトラックバック一覧です: 「阿修羅展」の仏像には魂が入っている?:

» 仏像 奈良 不動明王 [仏像の世界]
原寸大日本の仏像(奈良編)商品価格:2,100円レビュー平均:5.0 一度は拝したい奈良の仏像商品価格:924円レビュー平均:4.5 奈良の仏像商品価格:800円レビュー平均:5.0 「阿修羅展」の仏像には魂が入っている?: Ks Memo-Random 阿修羅展、搬送本格化へ 奈良・興福寺で魂抜く法要 (2009年3月10日). http://www.asahi.com/kansai/event/news/OSK200903100090.html. この記事は東京国立博物館のとき... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 03時09分

« 九州国立博物館の「阿修羅展」に行ってきました | トップページ | IKEA港北行きシャトルバス乗り場@新横浜駅 »