« EX-FC100を修理しました | トップページ | 福岡高速1号線(呉服町→西公園)西鉄バス車窓風景 »

2010年10月 2日 (土)

HDDが触れないほど熱くなるのは普通のこと?

 RD-XD91のDVDドライブが故障(3回目)したため、どうにか自分で修理しようとして悪戦苦闘しています。
 去年故障したときは、運良くPC Depoで箱入新品のDVR-AM16CV(SW-9576-C)を1万円程度で入手できたのですが、現時点では互換品が中々見つかりません。
 Amazanで調べてみるとDVR-AM16CVを扱っているようですが、「新品2点¥ 25,800より 中古品1点¥ 23,800より」(2010.10.02現在)となっており、メーカーに修理に出す場合とあまり変わりません。
 現時点でRD-XD91のメーカー修理が可能かどうかは判りませんが、もしメーカー修理が不可能になった場合は選択肢として残るかもしれません。

 現在は、RD-XD91の蓋を外して色々試しているところですが、たまたまHDDを触って見るとかなり熱いです。ケースの表面を触り続けているのが苦痛になる位の熱さです。
 一般的にHDDは温度が高くなるほど故障率が高くなると言われています。(そうではないというGoogleの報告もあるようですが・・・)
 
日経トレンディネット
Q&A/周辺機器
HDDは高温になっても大丈夫?
2005年07月28日
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/qa/parts/20050727/112945/

Proceedings of the 5th USENIX Conference on File and Storage Technologies (FAST’07), February 2007
Failure Trends in a Large Disk Drive Population
Google Inc.
http://labs.google.com/papers/disk_failures.pdf

 ネット情報によればRD-XD91はDVDドライブだけではなくHDD も故障し易いという話があるので、HDDの方も心配になってきました。
 DVDドライブの方は最悪でも費用を掛ければ修理可能と思われますが、万一HDDの方が故障したら、未だDVDに焼いていない数十時間のコンテンツが利用不可能になります。
 とりあえず現用のHDDを互換品と交換して保管しておけばコンテンツは保護できるかもしれないと考えました。
 ところが、HDD 換装のサイトを見てみるとHDDを一度取り外すと再度接続してもHDDが認識されないようなことが書いております。
 これでは迂闊にHDDを交換することもできません。

 素人目には、HDDの温度が高すぎるように思えますが、仕様的に問題がないのであれば、とりあえずHDDの方は静観してDVDドライブの方に集中できるので、一寸調べて見ました。
 HDDのケースの表面温度を正確に測定できるような洒落た温度計は持っていないので、以前秋葉原で300円位で買った接触式の熱電対型と思われる電子温度計で測定してみました。
【HDDのケースの表面温度は41.8℃】
418degree

 電子温度計精度は不明ですが、今までの使用経験では、20~30℃の範囲ではアルコール温度計との差が0.5℃以内だったので、約42℃と考えてもそれほど間違っていないように思われます。体感的にはアッチッチという感じなので、もう少し高いように思われるのですが・・・
 
 次に、手元にあるRD-XD91のHDDを調べてみました。
 ケースのラベルによれば、SeagateのST3400832SCEというモデルのようです。
【Seagate ST3400832SCE】
Seagate

 Seagateのサイトを覗いてみたら、HDDの信頼性に関する説明がありました。

以下、下記URLのSeagateサイト記事を抜粋引用
http://seagate.custkb.com/seagate/crm/selfservice/search.jsp?DocId=174791&NewLang=en

***** 引用開始 *****
Hard disk drive reliability and MTBF / AFR

Hard drive reliability is closely related to temperature. By operational design, the ambient temperature is 86°F. Temperatures above 122°F or below 41°F, decrease reliability. Directed airflow up to 150 linear feet/min. is recommended for high speed drives.

The product shall achieve an Annualized Failure Rate - AFR - of 0.73% (Mean Time Between Failures - MTBF - of 1.2 Million hrs) when operated in an environment that ensures the HDA case temperatures do not exceed 40°C. Operation at case temperatures outside the specifications in Section 2.9 may increase the product Annualized Failure Rate (decrease MTBF). AFR and MTBF are population statistics that are not relevant to individual units.

AFR and MTBF specifications are based on the following assumptions for business critical storage system environments:
8,760 power-on-hours per year.
250 average motor start/stop cycles per year.
Operations at nominal voltages.
Systems will provide adequate cooling to ensure the case temperatures do not exceed 40°C. Temperatures outside the specifications in Section 2.9 will increase the product AFR and decrease MTBF.
***** 引用終了 *****
注:
86度(華氏) = 30 度(摂氏)
122度(華氏) = 50 度(摂氏)
41度(華氏) = 5 度(摂氏)

 これによれば、ケースの温度40°Cが故障率の一つの判断基準になっているように思われます。40°Cを超したら急激に劣化するということもないと思いますが・・・・
 なお、Seagateでは聞きなれたMTBFに代わってAnnualized Failure Rate - AFRが使用されていますが、聞き慣れないせいか数値を見ても余りぴんときません。
 AFRは初めて聞きましたが、下記の記事(第5ページ)が判りやすかったです。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
インターネット環境におけるハイアベイラビリティの考え方
http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/hpux/developer/document/pdfs/PDFHS03_021_01.pdf

 さて、肝心のSeagateのST3400832SCEの仕様ですが、下記のURLに関連情報がありました。
http://www.seagate.com/staticfiles/support/disc/manuals/ce/DB35%20Series/DB35(.1)%20Series/100362348e.pdf

Product Manual
DB35 Serial ATA
100362348
Rev. E
August 2007
ST3400832SCE
ST3300831SCE
ST3250823SCE
ST3200826SCE

以下、上記Product Manualから抜粋引用

***** 引用開始 *****
2.9.1Ambient temperature
Ambient temperature is defined as the temperature of the environment immediately surrounding the drive. Actual drive case temperature should not exceed 69°C (156°F) within the operating ambient conditions for standard models. Recommended measurement locations are shown in Figure 6.
Above 1,000 feet (305 meters), the maximum temperature is derated linearly to 44°C (112°F) at 10,000 feet (3,048 meters).

Operating: 0° to 60°C (32° to 140°F)
Nonoperating: -40° to 70°C (-40° to 158°F)

2.12Reliability
Nonrecoverable read errors   1 per 1014 bits read, max
Annualized Failure Rate (AFR)   0.34% (nominal power, 25°C ambient temperature)
Contact start-stop cycles   50,000 cycles
(at nominal voltage and temperature, with 60 cycles per hour and a 50% duty cycle)
Service Life   5 Years
Preventive maintenance   None required
***** 引用終了 *****

   これによれば、かなりの高温でも使用可能なようですが、最初の方で引用した日経トレンディネットの記事によれば、25℃でMTBFが60万時間のHDD1が、45℃では半分の30万時間になっているので、高温を避けた方が良いようです。
 しかしながら、上記のGoogleの報告の"Figure 4: Distribution of average temperatures and failures rates."を見ると、35~45℃あたりでAFRは最低になっており、25℃より低くなると急にAFRが上昇しています。
 これを見ると冷やしすぎも良くないように見えます。
 故障の原因は色々考えられますが、下記の資料によれば、温度が上昇すると半導体の故障率が急激に上昇するようなので、とりあえずは、PC用の安い冷却ファンを買ってきてRD-DX91全体を冷やすことにします。

株式会社アピステ
HOME > サポート・技術情報 > 技術情報
半導体の周囲温度と故障率の関係
http://www.apiste.co.jp/support/a-a-04-09.html

 なお、RD-XD91には冷却ファンが内蔵されていますが、1年間で想像する以上に埃が溜まっていました。

|

« EX-FC100を修理しました | トップページ | 福岡高速1号線(呉服町→西公園)西鉄バス車窓風景 »

RD-XD91」カテゴリの記事

オーディオ・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

I'm thrilled you wrote this!!!

Kind regards,
Nestor

投稿: mba insurance | 2010年10月17日 (日) 22時41分

I have to hear just what Augusta says with this!!

投稿: eleph car insurance | 2010年10月21日 (木) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/49628360

この記事へのトラックバック一覧です: HDDが触れないほど熱くなるのは普通のこと?:

« EX-FC100を修理しました | トップページ | 福岡高速1号線(呉服町→西公園)西鉄バス車窓風景 »