« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

山手線外回り始発女性運転士乗務風景

内回り車内から撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

MM21の一斉点灯は寒かったです

 初めてみなとみらい地区の全館点灯を見に行ったのですが、人の多さと寒さで、暗くなる前に早々に退却しました。防寒装備は必須ですね。(寒いのは超苦手です)
 最近のカメラは明るくなったとはいっても、暗くなると手持ち撮影は難しいです。
Mm21_cameraman10_2 Mm21_cameraman20_2
 皆さん、立派な三脚を使っておられましたが、木製の大型三脚を尖った方を前にして水平に肩に担いで歩いて来た人とすれ違ったときは一寸怖かったです。

【2010.12.26追記】H.264→swf変換でFlash画像を追加してみましたが、風切音がうるさいので削除しました。(音の止めかたが判りません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

アラン・ケイ氏のサインが入った東芝のDynaBook

  ネットニュースのPC Watchを見ていたら以下のような記事がありました。

PC Watch
東芝、ノートPC発売25周年記念展示を東芝科学館で開催
~T1100以来、25年の名機を網羅
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101220_415928.html

企画展開催概要
http://kagakukan.toshiba.co.jp/information/k50/pdf/pc25th.pdf

記事の中に一寸面白い写真がありました。

アラン・ケイ氏のサインが入ったDynaBook J-3100SS 001
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/415/928/html/791.jpg.html

 東芝のノートPCがダイナブックと名付けられたときには、天をも畏れぬ大胆なネーミングではないのかと思いました。
 アラン・ケイ氏はどのように感じているのかと思っていましたが、この写真を見ると"Congratulations"と書いてあります。
 現時点では、iPadが本来のDynaBookに近いのかもしれません。

 むかし、初期のダイナブックを使ったことがありますが、割に短時間でバッテリが使用不能(充電不能)になった記憶があります。

Minsky   ミンスキー氏のサイン入りのDynaBookの写真もありました。
 名前をどこかで聞いたことがあると思っていたら、手元にあった”宇宙のオデッセイ2001”(早川書房、昭和47年発行)の中に名前が出ていました。

【参考外部リンク】
A Personal Computer for Children of All Ages
Alan C. Kay
Xerox Palo Alto Research Center
[html] http://www.mprove.de/diplom/gui/kay72.html
[PDF] http://www.mprove.de/diplom/gui/Kay72a.pdf
   The DynaBook [page 6]

あらゆる年齢の「子供たち」のためのパーソナルコンピューター
http://swikis.ddo.jp/abee/73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

技術系の文章をオンライン翻訳(英→日)してみました

 かなり旧聞になりますが、ネットニュースにアップルの3D表示システムの特許に関する記事があったので一寸読んでみたのですが、以下の文章の意味がよく理解できません。

「各ピクセルが凹凸を持ち、光を反射する素材の表面に投影される」

「ピクセルが凹凸を持ち、」の部分がイメージできません。
 ピクセル(画素)が凹凸を持つということが分かりません。
 英文記事(news.cnet.com)からの翻訳記事だったので、元記事を見てみると、以下のようになっていました。

原文
"each pixel would be projected onto a reflective, textured surface"

 これを読んでやっと分かりました。
 ピクセルが凹凸を持っているのではなくて、光を反射する素材の表面が凹凸を持っています。
 読点「、」の打ち方が誤解を招きやすいように思われます。
 日本語の原則(例外の方が多いですが・・)に従って以下の文のように主語の後に読点を打てば、誤解される可能性はかなり減るように思われます。

「各ピクセルが、凹凸を持ち光を反射する素材の表面に投影される」

 オンライン翻訳ではどうなるのか、幾つか試してみました。
 いろいろバリエーションがありました。
 texturedの訳が難しいです。

OCN
http://www.ocn.ne.jp/translation/
個々のピクセルは、反射性で、織られた表面に投影されます

Yahoo
http://honyaku.yahoo.co.jp/
各々のピクセルは、反射する、きめのある表面に映されます

FreeTranslation.com
http://www.freetranslation.com/
各ピクセルが反射する織りの表面に映されます

Google
http://translate.google.co.jp/#en|ja|
各ピクセルは、反射、テクスチャ表面上に投影される

Livedoor
http://translate.livedoor.com/
ピクセルはそれぞれ反射し織込んで作られた表面に投影されるでしょう。

Excite
http://www.excite.co.jp/world/
各画素は反射的で、織られた表面に映し出されるでしょう。

Bing
http://www.microsofttranslator.com/Default.aspx
各ピクセルは、反射、テクスチャ サーフェイスに投影と思います

訳してネット
http://www.yakushite.net/cgi-bin/WebObjects/YakushiteNet.woa/wa/main
各々の画素は考え込んた、質感のある表面の上に投影されるでしょう

vil-net
http://vil-net.dyndns.org/hon/
それぞれのpixelは思慮深い、texturedの表面の上へ計画されたです

Cross Translation
http://sukimania.ddo.jp/trans/trans.php
powered by Yahoo! 翻訳    powered by Excite 翻訳   powered by Livedoor 翻訳   
powered by infoseek 翻訳(関西弁)   powered by vil-net    powered by Google   
powered by So-net翻訳   powered by Bring(Bing?) Translator   powered by FreeTranslation.com   
(注:Cross Translationでは、幾つかのサイトは、事前の設定が必要なため翻訳が出力されないようですが、各サイトで直接入力すると翻訳できました。)

 あと一寸いくつか気がついた点がありました。
 原文では"reflective, textured surface"となっていますが、訳では順序が逆になっています。

 ものの本によれば、英語の場合の形容詞の順序にはある程度の法則があるようですが、個人的には、上位概念を先にした方が読みやすいように思われます。
 この原文の場合には、"reflective surface"には"textured surface"の他に、幾つかの種類(表現)、たとえば "rough surface", "matted surface", "mirror (mirrored) surface"などがあり、ここでは、"textured surface"に特徴があると思われるので、reflectiveが先でtextured が後であるというのは、自然な順序であるように思われます。

  ところが、同じトピックを扱った別の英文の記事(theregister.co.uk)を見ると以下のようになっています。
 "In other words, each projected pixel would be beamed onto a textured, reflective screen in such a way as to reflect into the eyes of each viewer at angles that separate the image into left and right views, thus producing a 3D effect."
  この文では、"textured, reflective screen"となっており、訳文と同じ順序です。
 形容詞の順序に関する当方の推測は外れかもしれません。

 これらの記事は米国特許(US7,843,449)に関するものですが、特許の場合には用語の意味(定義)が非常に重要になります。
 "reflective"の方は、それほど問題はないと思われます。ただし、反射率が1%でも"reflective"かというような議論の余地はあるかもしれませんが・・・・
 一方"textured"の方は定義が明確でないので、議論になる可能性がありそうです。
 単純に考えると、織ったもの、あるいは、織ったような模様を有するものを意味するように思われますが、侵害品と思われるスクリーンが"textured"であるか否かを判断するのかなり難しいように思われます。

 念のため、これらの記事で挙げている米国特許(US7,843,449)を調べて読んでみました。
 特許明細書を"texture", "textured"で全文検索してみましたが、不思議なことに一か所もヒットしません。
 スクリーンに関する記載を探してみると以下のような記載がありました。

Abstract
A three-dimensional display system provides a projection screen having a predetermined angularly-responsive reflective surface function. Three-dimensional images are respectively modulated in coordination with the predetermined angularly-responsive reflective surface function to define a programmable mirror with a programmable deflection angle.

 どうやら、上記英文記事の"reflective, textured surface"は、特許明細書の"predetermined angularly-responsive reflective surface"に対応するようです。
 この表現だけだとあまりイメージがわきませんが、特許明細書(US7,843,449)の実施例の説明を見ると、以下のように書いてあります。

"In one embodiment, the pixel surface is treated with a reflective material, such as polished silver or aluminum."

  どうも金属の表面を研磨して粗面にしたもののようです。
 特許図面では以下のようになっています。
【US7,843,449 Fig.3】
Us7_843_449_fig_3

 これで"textured surface"の意味がやっと分かりました。

【参考外部リンク】
news.cnet.com
Apple patents glasses-less 3D projection
http://news.cnet.com/8301-31021_3-20024309-260.html

theregister.co.uk
Apple patents glasses-less 3D projection
http://news.cnet.com/8301-31021_3-20024309-260.html

COMPUTERWORLD
Apple wins patent on 3D projector that needs no glasses
http://www.computerworld.com/s/article/9198879/Apple_wins_patent_on_3D_projector_that_needs_no_glasses
(この記事では"special reflective screen with a rippled texture"となっています)

United States Patent  7,843,449   Three-dimensional display system
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2&Sect2=HITOFF&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch-bool.html&r=1&f=G&l=50&co1=AND&d=PTXT&s1=7,843,449.PN.&OS=PN/7,843,449&RS=PN/7,843,449

法律文章のルール・読点
http://www.babeltmc.com/content/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E6%96%87%E7%AB%A0%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E8%AA%AD%E7%82%B9

英日誤訳研究: 第17回:名詞句か副詞句か
http://blog.sunflare.info/sugita_m/rkive/000132.html

英語形容詞の配列順序(1)
http://opac.kanto-gakuin.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.utf-8/NI10000390/Body/link/09eigohayashi.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

著作権法改正のパブコメ募集中(2010.12.14~2011.01.07)だそうです

 一般家庭にも関係ありそうですが、難しくてよくわかりません。
 「支分権」といわれても???です。

IMPRESS INTERNET Watch
著作権法改正でマジコンやDVD暗号回避など規制へ、文化庁が意見募集
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101214_414153.html

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会「技術的保護手段に関する中間まとめ」に関する意見募集の実施について
http://www.bunka.go.jp/oshirase_kaigi/2010/chosaku_hosei_101214.html

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会「技術的保護手段に関する中間まとめ概要」
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000070638

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会「技術的保護手段に関する中間まとめ」
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000070637

 個人的には、自分で購入した高価なDVDのバックアップくらいは許してほしいです。
 下の写真のDVDは、自分がエキストラで出たので定価の6000円で購入したものですが、ドライブからDVDが取り出せなくなった時に無理に引っ張り出して傷をつけたり、装着方法が異なるトレイに無視にディスクを挿入して傷をつけたりする可能性があるので、保険として1枚だけコピーして保管しておきたいです。
Dvd1 Dvd2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

AirAsiaの飛行機型USBファン

  LCC(格安航空会社)のAirAsiaXの第1便でマレーシアに行った知人が、お土産に買ってきてくれました。
Airasia0
 箱にはUSB AIRPLANE CLIP FAN と書いてあります。

Airasia1
  機体の塗装がないのが一寸寂しいですが、任意キャリア対応ということでしょうか。

Airasia2
  USBケーブルを接続すると、機体が後退する位の勢いでプロペラがブーンと唸りを立てて回転します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

MotionX GPS(オフライン)のWiFi測位精度

 iPod touchに"MotionX GPS Lite"を入れてオフラインで測位しているのですが、いつのまにかトラックが自動的に記録されるようになっていました。
 なお、ここでのオフラインとは、WiFiの電波は受信するけれとも、受信位置特定のためにSKYHOOKのサーバとの通信は行わないことを意味するものとします。
 バージョンアップによるものなのか、自分で知らないうちに設定を変えたのかよくわかりませんが、"MotionX GPS Lite"のアプリを立ち上げた状態にしてポケットの中に入れておくと、測位可能な状態になると勝手にトラックが記録されます。
 同じ路線を何回か往復した結果、どのエリアで測位可能なのか、また、測位精度がどの程度なのかが大体判ってきました。
 下のFlash画像は、"MotionX GPS Lite"の地図を少しづつ移動させながら、記録トラックを順次キャプチャして複数のpngファイルを生成し、これらのpngファイルをjpgファイルに変換し、さらにswfファイルに変換したこのです。なお、画面キャプチャの際はGoogle Mapを表示させるためにオンライン(インターネット接続状態)としています。
【トラック履歴】

 田園都市線の長津田・二子玉川間で調べて見ましたが、宮前平、宮崎台、二子玉川を除いて一応測位は可能でした。
  なお、同じ場所でも測位できたり、できなかったりすることがありましたが、測位できた場合には、かなりの精度が出ているようでした。
 たとえば、たまプラーザの場合には、複数のトラックがほぼ同じウェイポイントを通過しており、しかもウェイポイントがほぼ線路上になっています。
 線路上にWiFiアクセスポイントがあるとは思われないのですが、複数のアクセスポイントからの電界強度の計算によってここまで精度が出るのであれば一寸驚きです。

【参考外部リンク】
MotionX GPS Lite
http://itunes.apple.com/jp/app/motionx-gps-lite/id293935935?mt=8

MotionX-GPS FAQ
http://www.motionx.com/faq/motionx-gps/

User Manual Revision 13.1 November 2010
http://gps.motionx.com/downloads/MotionX-GPS-Manual.pdf

SKYHOOK
http://www.skyhookwireless.com/
HOW IT WORKS
http://www.skyhookwireless.com/howitworks/loader_howitworks.swf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

最悪のタイミングで外付けHDDが壊れました

 故障するのに最良のタイミングがあるにかと突っ込まれそうですが、状況は以下のとおりです。
(1)PC不調
(2)PCのリカバリのためPCデータを外付けHDD(HD-120U2)に移動
(3)PCのリカバリ処理
(4)外付けHDD故障(PCにデータを戻す前)

 故障するのがもう少し前であれば、別の外付けHDDにPCのデータをバックアップすることが出来たし、逆に故障するのがもう少し後であれば、外付けHDDのデータをPCに戻すことが出来たという意味で最悪のタイミングかもしれません。
 まさにマーフィーの法則(Murphy's law)「不都合を生じる可能性があるものは、いずれ必ず不都合を生じる」("Anything that can go wrong, will go wrong")です。
 
 故障の症状としては、完全にクラッシュしたのではなく、一部分のファイルは読み出すことができますが、使用頻度の高かった多数の動画ファイルが全滅です。
 動画ファイルを入れていたフォルダ自体は残っていましたが、フォルダの中身は、更新日が2106/08/23という訳が判らない大容量のひとつのデータになっていました。
【壊れたファイル】
Broken_data

 巷の話によれば、HDDの寿命は約5年ということなので、もっと早く対策するべきだったのでしょうね。
 HD-120U2の発売日は2003年末のようなので、約7年は経過していると思われます。
 ファイルの読み出しに以前よりも時間が掛かるようになっていたので、これを故障の兆候と認識すべきでした。 

 いくつか無料のデータ検査・復元ソフトを試して見ましたが、大部分のものが処理の開始さえもできませんでした。
 資料を色々調べてみると、磁性の極性変化による物理的エラーまで修復可能な「HDD Regenerator」いうソフトの記事がありました。
 説明によると、1セクタ分を修復してくれるデモ版があるようです。
 壊れたセクタ数が少なければ、無料で復元できる可能性があるので、取り合えず不良セクタ数を調べてみました。
 検査にはフリーソフトのHDD-SCANを使用しました。
 検査結果は以下のとおりです。
【検査開始直後】
Hddscan1

 残り時間が約500時間となっています。なお、検査セクタは2億セクタ以上あります。

【検査開始19時間後】
Hddscan2

 進行率はやっと1%ですが、殆どのセクタが赤いBADの判定になっています。
 この分では検査が終わるのに20日以上かかることになるので、途中でやめました。
 1万円以下のソフトで本当に修復可能なら購入も検討したいのですが、現時点では修復の可能性の有無も判らないので、先に進めません。
 プロに依頼すると数十万円~百万円以上という話なので、これは論外です。
 結局、いまのところは、生き残ったファイルを調べながら、新たに購入した別の外付けHDDに移すという作業をやっていますが、なかなか大変です。

【参考外部リンク】
HD-120U2
http://buffalo.jp/products/new/2003/065_1.html

HDD の寿命はどれくらいか
http://direct.pc-physics.com/hddlifetime.html

2007年03月28日 04時21分15秒
ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~前編~
http://gigazine.net/news/20070328_hdd_repair_01/

2007年03月28日 04時24分00秒
ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~後編~
http://gigazine.net/news/20070328_hdd_repair_02/

2006年08月11日 11時46分02秒
使用不能になったハードディスクを復活させる「HDD Regenerator」
http://gigazine.net/news/20060811_hdd_regenerator/

HDD-SCANとは
http://www.hdd-data.jp/software/hdd-scan/harddisk-technologies.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

小田急線新松田駅から見た富士山

 年賀状に富士山の写真を使うことを考えているのですが、先日バスツアーで御殿場に行ったときは、富士山に雲が掛かっていてNGでした。
 今日は天気がよかったので、羽田空港のライブカメラ(http://122.249.127.89/haneda/sanai/index_sanai_live.html)を覗いてみると、富士山が見えています。
 富士山に近づけば少しはもう少しはっきりした写真が取れるのではないかと考えて、お手軽で撮影できそうな撮影場所を探して見ました。
 あまり遠くなくてて、なるべく電車の駅に近いところを調べてみると、小田急線の酒匂川付近で富士山が見えるようなので、とりあえず近くまで行ってみました。
 小田急新松田駅の駅舎の2階から割りとよく見えていたので、とりあえず写してきました。
Mtfuji_longs
Mtfuji

【酒匂川鉄橋通過中】
Mtfuji_rivers

 裾野の部分が見えないのと鮮鋭さが足りないのが一寸残念です。手抜きしてはだめということのようです。
 また別の案を考える必要があるかもしれません。
 
 隣の開成駅のホームから、今まで見たことがない小田原行きの赤い各停電車が見えたので、ついでに撮ってきました。(今まで鶴巻温泉より西に行ったことはありません)
Red_blue_odakyus
Red_odakyu_0s
Red_odakyu

【2010.12.12改訂】写真追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

「DVDコピー、家庭内も禁止へ」だそうです

  asahi.comに以下のような記事がありました

asahi.com 2010年12月4日
デジタル機器記事DVDコピー、家庭内も禁止へ 暗号で保護のソフト対象
http://www.asahi.com/digital/av/TKY201012030697.html

 ということは、今まではOKだったということでしょうか?
 著作権法に関係する条文があったような気がしたので確認してみました。

著作権法
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%92%98%8d%ec%8c%a0%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S45HO048&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(省略)
二十  技術的保護手段 電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法(次号において「電磁的方法」という。)により、第十七条第一項に規定する著作者人格権若しくは著作権又は第八十九条第一項に規定する実演家人格権若しくは同条第六項に規定する著作隣接権(以下この号において「著作権等」という。)を侵害する行為の防止又は抑止(著作権等を侵害する行為の結果に著しい障害を生じさせることによる当該行為の抑止をいう。第三十条第一項第二号において同じ。)をする手段(著作権等を有する者の意思に基づくことなく用いられているものを除く。)であつて、著作物、実演、レコード、放送又は有線放送(次号において「著作物等」という。)の利用(著作者又は実演家の同意を得ないで行つたとしたならば著作者人格権又は実演家人格権の侵害となるべき行為を含む。)に際しこれに用いられる機器が特定の反応をする信号を著作物、実演、レコード又は放送若しくは有線放送に係る音若しくは影像とともに記録媒体に記録し、又は送信する方式によるものをいう。
(以下省略)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000000200000000001000000020000000000

(私的使用のための複製)
第三十条  著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
一  公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
二  技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
(以下省略)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000003000000000000000000000000000000

 「技術的保護手段の回避」が問題だったようですね。
 たとえば、AGC誤動作誘起パルスを除去するのはNGだけれども、丸々コピーするのはOKだった?
 今後は、本来はアクセスできない部分に正規の権限なしでアクセスするとアウトになるということだと思うのですが、暗号化されたものをビットパターンで丸々コピーするのもNG?
 コピーコントロールとアクセスコントロールの相違が今ひとつ理解できていません。
 また、「複製行為については罰則は設けない。」と書いてありますが、違法コンテンツダウンロードのように損害賠償請求の可能性はあるのでしょうか?

【参考外部リンク】
文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第11回)の開催について
平成22年11月26日
http://www.bunka.go.jp/oshirase_kaigi/2010/chosaku_hosei_101026.html

2010年9月7日
「マジコン」の規制強化目指し著作権法改正へ――文化審
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100907/1027355/

マジコン規制ではすまないアクセスコントロール回避規制
http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/20100227/p1

★なんでDVDコピーは「違法」なの!?
(日経クリック 2003年10月号特集記事より転載)
http://www.google.co.jp/url?q=http://xtc.bz/article/click2003-10dvd.html&sa=U&ei=Kj_6TL69FMr3rQfJmYS5CA&ved=0CA0QFjAA&sig2=CZR64DfjKPdfPpkEB4G5BQ&usg=AFQjCNG7jffQvP_ZMsTqelO5tPyi8cl9Og

政府広報オンライン
平成21年8月掲載         
著作権侵害のインターネット配信に注意! 音楽や映像の「著作権」を守りましょう
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200908/2.html
(違反者への罰則はないが、権利者は権利行使が可能に)

【2010.12.06追記】
文部科学省のサイトにコピーコントロールとアクセスコントロールについての説明資料がありました。

文化審議会 著作権分科会 法制問題小委員会(第6回)議事録[資料2]
4. 技術的保護手段の規定の見直し
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/013/05072901/002-4.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

「時之栖冬のイルミネーション2010-2011」に行ってきました

 御殿場の時之栖(ときのすみか)のイルミネーションがきれいだと言う話をきいたので見てきました。
 今回は、箱根と時之栖がセットになったバスツアーを利用しましたが、この歳になると自分で車を運転するより楽チンです。
【箱根の風景】
Hakone  

【光のトンネル】
Tunnel
/

 長さ370m、LED約300万球(国内第2位)だそうです。発光源が比較的目の近くに位置しているので光のトンネルに圧倒される感じがします。
 なお、添乗員さんの話では、1位はハウステンボスの約700万球ということでした。
  平日にしては結構な人出でした。

【参考外部リンク】
時之栖冬のイルミネーション2010-2011「ILLUMINATION 2010-2011 WINTER」
http://www.tokinosumika.jp/illumination/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »