« ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」の使用周波数は145kHz近傍? | トップページ | 今日の雪をハイスピード撮影してみました »

2011年2月10日 (木)

ステディカム・スムージーに触ってきました

 ステディカム・スムージー(Steadicam Smoothee)が銀一(GIN-ICHI)の店頭で展示されているという記事を見かけたので、仕事の帰りに月島まで行ってきました。

 銀一のホームページにある地図(http://www.ginichi.com/studioshop/shop/)を一応頭に入れていったのですが、超方向音痴なのでやっぱり迷ってしましました。
  普通の店舗を想像していたのですが、道路に直接面しているのではなく、倉庫区画の一部が店舗になっており、床の高さがトラックの荷台の高さとなっています。
 倉庫への入り口が、一般の会社の駐車場の入り口のような感じだったので、一寸分かり難くて、最初に通ったときには気がつきませんでした。
 場所は旭倉庫の敷地内で、下の写真の赤丸をつけた部分です。
Ginichi_map_e

  いかにもプロ御用達といった感じのお店で、ステディカム・スムージーは接客カウンタの上に置いてありました。撮影はご遠慮下さいといことでしたが、自由に触ることができました。
 展示してあったのは、iPhone 4が取り付けられていない本体だけですが、持った感じはかなり軽いです。以前発表されたiPhone 3G用のスムージー資料では less than 25 ounces(約700g) となっていましたが、自作のステディカムもどき(630g)よりも軽いような感じがしました。
 本物のステディカムを触ったのは始めてだったのですが、さすがにジンバルの動きは滑らかです。自作の雲台のボールヘッドを流用したジンバルとは大違いです。
 自作する場合のネックは、3軸の位置調整機構とジンバルでしょうね。位置調整機構の方は、スライド板と止めねじという原始的な構造でも、時間をかければかなりバランスが取れるようになりますが、スムースなジンバルはなかなか難しいです。

【参考外部リンク】
ステディカム・スムージー量産先行品の店頭展示を開始しました!
http://www.ginichi.com/studioshop/product/info-product/548-2011-02-08-04-27-44

紹介動画
INTRODUCING…The Steadicam Smoothee? ? the latest in Tiffen innovations
http://www.tiffen.com/steadicam_smoothee.html

Impress Watch
デジカメWatch
銀一の「ステディカム」体験イベントレポート
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110207_425440.html

|

« ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」の使用周波数は145kHz近傍? | トップページ | 今日の雪をハイスピード撮影してみました »

カメラ」カテゴリの記事

ステディカムもどき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/50833272

この記事へのトラックバック一覧です: ステディカム・スムージーに触ってきました:

« ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」の使用周波数は145kHz近傍? | トップページ | 今日の雪をハイスピード撮影してみました »