« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

各種電池サイズ変換スペーサ

 ネットニュースに、「単3が単1になる電池アダプター」の記事が掲載されていました。

単3電池が単1に変身
2011年3月24日(木)17時43分配信 共同通信 
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/kyodo-2011032401000777/1.htm

 ジャンク箱を探してみたら、構造は一寸違いますが似たようなものが出てきました。
Battery_spacer

 左側の2個は、三洋電機の「カドニカ電池スペーサNCS-2」です。何十年も前に買ったような気がします。"LICENSED BY MABUCHI MOTOR"と書いてありました。
 中央の2個と右側の2個は、以前100円ショップで買った単3→単2変換スペーサと単3→単1変換スペーサです。
 通常は使用する機会はあまりありませんが、今回のような非常時や必要なサイズの電池の手持ちがないときは便利です。
 ただし、ニカド(Ni-Cd)電池を4本直列で使用する場合には、単純計算で1.2V×4で4.8Vにしかならないので、懐中電灯に使用した場合にはアルカリ乾電池よりも一寸暗くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

60MHz帯のアナログ防災無線が受信できるかもしれないポケットラジオ

 地震後に計画停電が実施されるようになりましたが、計画の変更がかなりあります。
 市の防災無線の拡声器から計画停電の変更のお知らせが放送されているのですが、非常に聴きにくくて細かいところがよくわかりません。
 
 近所(といっても数百メートル離れていますが・・)にある 拡声子局のアンテナを見てみると3エレの垂直八木で、エレメントの長さから判断すると60MHz帯であるように思われます。

 市町村防災行政無線はデジタル化が進んでいますが、地域によっては60MHz帯のアナログ波を使用しているようです。
  下記の総務省の資料は、平成20年のものですが、デジタル系に移行していない地域がかなりあるようです(P19(20/28)参照)。

 総務省北陸総合通信局
 都道府県・ 市町村デジタル移動通信システム
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/img/resarch/260mhz/data-4-1.pdf

 この資料(P7(8/28)参照)によれば、アナログ防災行政無線システムの中の市町村防災行政無線(同報系)の周波数帯は60MHz帯となっています。
 総務省の電波利用ホームページ(http://www.tele.soumu.go.jp/)で技術基準適合証明等を受けた機器の検索をしてみると、一寸古いですが以下のような装置がありました。
名称  電波の型式、 周波数及び空中線電力 技術基準適合証明をした年月日
屋外拡声装置 F2D,F3E 6*.**MHz 0.1W     H16.7.16

 電波法施行規則 第四条の二 (電波の型式の表示)
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000014.html
によれば以下のようになっています。

   F:主搬送波の変調の型式 → 周波数変調
   2:主搬送波を変調する信号の性質 → 変調のための副搬送波を使用するもの  
   D:伝送情報の型式 → データ伝送、遠隔測定又は遠隔指令

   F:主搬送波の変調の型式 → 周波数変調
   3:主搬送波を変調する信号の性質 → アナログ信号である単一チヤネルのもの   
   E:伝送情報の型式 → 電話(音響の放送を含む。) 

 これを見る限りでは、音声部分はアナログFMなので、普通のFM復調回路で復調できそうです。

 かなり前に購入したラジオですが、「LIFLEX AM/FM液晶ポケットラジオ KMG08-4987」の仕様では受信周波数範囲が以下のようになっていした。
  AM  : 525~1630 kHz
   FM1 : 63.5~89.0 MHz
   FM2 : 89.0~109.0 MHz

  受信周波数はデジタル表示されますが、PLL周波数シンセサイザではなく、周波数カウンタで局部発振信号をカウントし、中間周波数分をオフセットして表示しているようです。
 実際に動作させてみるとFM1の下限周波数は61.6MHzになりました。
【KMG08-4987】
Kmg084987

 受信周波数の範囲だけから判断すると、60MHz帯のアナログ防災無線が受信できてもいいように思われますが、実際には以下のようないろいろな問題点があります。
 ・強電界用に設計されているので感度が悪い。
 ・イメージ信号特性、相互変調特性が悪い。
 ・周波数の安定度が悪い(AFCの影響?)
 ・同調が非常にクリティカルで、ダイアルをmm単位で移動させても数100kHz変化する。
 ・周波数弁別回路がワイドFM用に設計されているので、周波数偏移が放送用より小さい通信用のナローFMでは復調出力のレベルが小さくなる。

  60MHz~70MHを受信してみると、通常の放送波は存在しない筈なのにFM放送や、VHFのハイバンドのテレビの音声が聞こえます。
  その他にも、コンピュータからの不要輻射と思われる信号や、スプリアスのような訳の判らない信号やノイズが沢山受信されます。

 実際に防災行政無線が受信できるかどうかは試してみるしかありません。
 先日、計画停電の変更のお知らせが屋外拡声装置から聞こえてきたので、当該地区の防災行政無線の周波数近傍を受信したのですが、正体不明の信号やノイズなどで肝心の信号は聞こえませんでした。
 ギャギャギャというF2Dの制御音が聞こえたような気がしますが、多分空耳でしょう。アマチュア無線(特にCWやSSB)を長くやっていると、聞きたい信号(珍局のコールサインなど)がノイズの中から勝手に浮き上がってきて、本人にだけ聞こえるという不思議な現象(幻聴?)が起きるようなので・・・・・。
 拡声子局の3素子の八木アンテナでは受信できても、室内のロッドアンテナで受信するのは無理なのかもしれません。
 自治体によっては専用の戸別受信装置が用意されているところもあるようですが、当該地区ではそのような制度は無いようです。
 残念ながら現時点では受信は確認できていませんが、アンテナの自作も考慮に入れてもう少し調べてみたいと思います。

我が家にあるその他の60MHz帯が受信可能な受信機
【KMG08-4970】
Kmg084970

【IC-R5】                   【IC-R3ss】
Icr5 Icr3

【FRG-965】
Frg965_2

【参考外部リンク】
財団法人 高度映像情報センターHP
防災行政無線システム
市町村防災行政無線のデジタル化動向
同報系(固定系)
http://www.avcc.or.jp/f-gyousei/f-07/images/img02-1.gif

YAHOO知恵袋トップ> エンターテインメントと趣味 > おもちゃ、ホビー> アマチュア無線
防災無線 受信方法
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1435334859

電波法
(秘密の保護)
第五十九条  何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第四条第一項 又は第百六十四条第二項 の通信であるものを除く。第百九条並びに第百九条の二第二項及び第三項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO131.html#1000000000000000000000000000000000000000000000005900000000000000000000000000000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

福岡ボートのライブカメラでブルーインパルスが一瞬見えました

 3月12日の飛行展示は中止になりましたが、前日の事前飛行を福岡競艇場のライブカメラ(BOATRACE福岡お天気カメラ )でほんの僅かだけ東京から見ることができました。
 博多湾上空から大博通り方面へ進み、博多駅上空を通過するということだったので、福岡市内のライブカメラをいろいろ調べて飛行コースが視野に入りそうなものを選びました。
 事前飛行の実施は12時45分~12時52分という予定だったので、「画面ライター」を使用し、タイマーをセットして12時40分から13時00分まで最短の3秒インターバルでPC画面をキャプチャしました。
 あとでチェックしてみたところ、約400駒の画像の中の2駒だけブルーインパルスのデルタ・ローパスが小さく写っていました。
Photo Photo_2 Photo_3 Event_map


Live TV : Ustream

【参考外部リンク】
perabou BOATRACE福岡お天気カメラ
http://www.ustream.tv/channel/fukuoka-kyotei-com

九州新幹線全線開通記念イベント メインイベント
http://www.kyushu-shinkansen.jp/mainevent/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

米海軍厚木基地日米親善桜まつり2011は中止のようです

 NAF Atsugi のHPに以下のような記事がありました。
 公式発表は追って行われるようです。

 

CNIC | Naval Air Facility Atsugi  http://www.cnic.navy.mil/Atsugi/index.htm

 What's New? から抜粋引用
 110321@0830 - This is an advance notice to those who need to know first - Kamiseya & Atsugi Cherry Blossom Festivals will be canceled this year. Official cancellation notice will be disseminated shortly.

【2011.03.26追記】
What's New? の欄には関連記事が表示されなくなりましたが、Facebookには以下のお知らせが掲載されています。

在日米海軍厚木航空施設 渉外部 HNRO
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=138289116240185&id=127792970623133
*****引用開始*****
在日米海軍厚木航空施設 渉外部 HNRO
「日米親善桜まつり2011」中止のお知らせ
今年の上瀬谷支援施設及び厚木基地での桜まつりは中止となりました。
ご了承ください。
"Cherry Blossom Festival 2011" Cancellation Notice
Both NSF Kamiseya and NAF Atsugi Cherry Blossom Festival 2011 are cancelled this year.
*****引用終了*****

NAFA Cherry Blossom Festival 2011 厚木基地桜まつり
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=198851250137049&id=192555607433280
*****引用開始*****
「日米親善桜まつり」中止のお知らせ(再アナウンス)
今年4月9日に予定しておりました当施設の桜まつりは、地震に伴う復興支援のため中止となりました。なにとぞご了承ください。
NAF Atsugi Cherry Blossom Festival Cancellation Notice (reannouncement)
Due to Operation Tomoachi NAF Atsugi cancels annual Cherry Blossom Festival.
*****引用終了*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

携帯電話検出警報装置もどきを作ってみました

カンニング防止の手段として携帯電話抑止装置も選択肢の一つのようですが、かなり設置条件が厳しいようです。
ジャミングをかける(制御信号をブロックする)よりは、生きている携帯電話を検出したほうが、法律的な問題も少ないし、費用も安いように思われます。
  ・・・と思っていたら、既にそのような製品がありました。
 入力が非同調(超広帯域?)の自作用回路図もありました。
 

携帯電話感受装置
http://hiplat.mobi/kanjyu.shtml (リンク切れ)
http://hiplat.mobi/contents/kanjyu_catalog.pdf (リンク切れ)

Cell phone & RF detection systems
http://www.eeontheweb.com/cell_phone_detectors.htm
Schools, Colleges, Camps and other Instructional Facilities
http://www.eeontheweb.com/schools_&_colleges.htm
"Texting to cheat on exams and photographing of test papers to others sent by cell phone email programs is a major issue now."という記述があります。

2G & 3G Cell Phone Detector / 2G & 3G Mobile Phone Detector
http://www.allproducts.com/ee/suresafe/Product-20102815461.html (リンク切れ)

Cellular Phone Detector
http://www.netline.co.il/page/cellular_phone_detector.aspx (リンク切れ)

Cell phone detector circuit diagram
http://www.electroniq.net/radio-frequency/cell-phone-detector-circuit-diagram.html

 手元にあるジャンクをかき集めて携帯電話検出警報装置もどきを作ってみました。
・ハードウエアは、「おしゃべり感太くん」(任意メッセージが録音再生可能な携帯電話着信検出装置)
・日本語音声合成ソフト「棒読みちゃん」
・メッセージのネタ元は、「宇宙家族ロビンソン」(Lost in Space)のロボット「フライデー」
・発呼先は、今は亡きDIALS
・PDC用なので現行機種に対しては感度は非常に悪い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

「エルフォイド」の究極はドッペルゲンガー型ハプティック・ロボット?

 通信手段は、 手紙 → 電信→ 電話 → テレビ電話 と発達してきたので、「エルフォイド」もその延長上にあるのかもしれませんが、個人的には何か進化の方向が少し違うのではないかという気がしないでもありません。

 「エルフォイド」の場合は、性別や年齢がはっきりしない中性的な表情が特徴だそうですが、そのうち特注でリアルドール的なものも出てくるのでしょうか?
 今後、動くモデルが開発されるということですが、人の形をしたものには霊が宿りやすいといわれているので、枕元においたヒト型電話が夜中に間違い電話で突然動き出したら一寸怖いです。

読売新聞(2011年3月4日01時44分)
未来の携帯のヒト型ロボット…素材も人肌に近い
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110304-OYT1T00085.htm?from=navlp

asahi.com(2011年3月4日11時48分)
TV電話超える?ヒト型の動く携帯電話開発へ 阪大など
http://www.asahi.com/business/update/0303/TKY201103030396.html

GIZMODE
ついにあのヒト型ケータイ端末研究の全貌が明らかに! アンドロイドメディア「エルフォイド」の発表会に行ってきた
http://www.gizmodo.jp/2011/03/post_8629.html

ATRプレスリリース
携帯型遠隔操作アンドロイド「エルフォイド」発表会
~革新的通信メディアの提案~
http://www.atr.jp/html/topics/press_110303_j.html

テレノイド・遠隔介護サービス1

【参考外部リンク】
Impress Robot Watch
2006/07/21 02:50
研究者自身のコピーロボット「ジェミノイド」公開
http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/21/93.html

WIRED VISION
インターネット上で触覚を共有できる『ハプティック技術』
2003年7月 4日
http://wiredvision.jp/archives/200307/2003070401.html

ドッペルゲンガー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

news.com.au
Elfoid may be the creepiest mobile ever
AP March 04, 2011 8:11AM
http://www.news.com.au/technology/smartphones/elfoid-may-be-the-creepiest-mobile-ever/story-fn6vihic-1226015725834

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年3月 1日 (火)

携帯電話抑止装置の無線局免許情報を調べてみました

 カンニングという行為は、試験という制度が始まったと同時に発生したと思われますが、電子的な通信手段の急激な発達により、益々手段が多様化しているようです。
 一寸古いですが以下のような記事がありました。

 47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
 携帯電話でカンニング 学校は妨害電波で対抗
 2004/06/19 00:04   【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/200406/CN2004061901000283.html

「防衛産業と協力し」というところが一寸凄いです。
 レーダー → ECM → ECCM → EC・・・CM という技術発達の経過と同様に、両者のいたちごっこが続くのかもしれません。

 総合通信局(今でも電監と呼ぶ人がいるようですが・・)のサイトに、携帯電話等の通話抑止装置についての説明があります。
 
 総務省東海総合通信局
 携帯電話等の通話抑止装置の使用について
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/tuuwayokusi/index.html

 「カンニング」のWikiには、「携帯電話が使えないようにジャミングを発信するという対策を取る場合もある(但しこれは不法無線局開設でもあり、実施者が電波法違反に問われる両刃の剣である)」と書いてありますが、かなり以前から合法的な通話抑止装置も使用されています。

 日経BP社ITpro
 2007/01/12
 あえて“圏外”を作る「NHKホールの携帯電話抑止装置」
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070109/258281/

 携帯電話抑止装置の例
 http://www.macros.co.jp/merchandise/telepause/specification.html
 http://www.lintec21.com/cutcall/index.html
  http://www.sanseiyusoki.com/topics/SilentMasterGuide.PDF

 携帯電話抑止装置には、予備免許や落成検査があり、操作には第3級陸上特殊無線技士以上の資格が必要なようです。
 どのような免許になっているのか、総務省の電波利用ホームページで調べてみました。

 総務省電波利用ホームページ
 無線局情報検索  > 無線局免許情報検索
http://www.tele.soumu.go.jp/menkyo/SearchServlet?pageID=0

無線設備の設置場所又は移動範囲
東京都渋谷区
電波の型式、周波数及び空中線電力
F3N     814MHz     10mW
F3N     863.75MHz  10mW
F3N     880MHz   10mW
F3N    1857.4MHz  10mW
F3N    1872.4MHz   10mW
F3N    1917.95MHz  10mW
F3N   2122MHz     10mW
F3N    2140MHz     10mW
F3N    2160MHz     10mW

 F:主搬送波の変調形式  角度変調 (周波数)
 3:主搬送波を変調する信号の性質 アナログ信号の単一チャンネル
 N:伝送情報 無情報

 上記無線局免許情報は一例ですが、周波数がちょうど携帯電話帯域ですね。
 10mWのF3N送信機で約100mのサービスエリア(ブランケットエリア?)が提供できるようです。

 
【参考外部リンク】
 総務省電波利用ホームページ
 HOME>  ご案内/資料集>  資料集> 
 微弱無線局の規定
 http://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/rule/index.htm
 著しく微弱な電波を発射する無線局の電界強度の測定方法を定める件(昭和63年郵政省告示第127号)
 http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/material/dwn/kouzi2.pdf
 (携帯電話の帯域では35μV/m@3m以下であれば免許不要のようですが、スペアナとホーンアンテナが必要なようなので、無銭家は測定が難しそうです)

 トランジスタ技術 2007年11月号
 微弱無線と小電力無線の 基礎知識(部分)
 http://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2007/11/p106-107.pdf

 サーキットデザイン
 たくさん使われている微弱無線機器
 http://www.circuitdesign.jp/jp/technical/technical_pdf/bijaku.pdf.PDF

【2020.03.05追記】

TBS RADIO & COMMUNICATIONS
2011年03月01日(火)
京大カンニングで「だったら携帯電波を止めちゃえば?」問題
http://www.tbsradio.jp/stand-by/2011/03/post_3258.html

ASAHI.COM
入試の携帯対策、大学は…「机上へ」「バッグまとめる」
2011年3月2日7時38分
http://www.asahi.com/national/update/0301/TKY201103010671.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »