« TV TOKYO WBS で紹介されていた空飛ぶ球体はプリズナーNo.6の監視バルーンみたい | トップページ | 中古の低周波発振器(LAG-120A)を買いました »

2011年6月11日 (土)

同じ場所の二つの電波時計が夫々福島局と九州局を受信?

 受信感度を比較するために、西向きの窓の近くに二つの電波時計を並べてリセットをかけてみました。

 下の写真は、リセット後約1分経過した時点のものですが、受信マークの右側の「E」が点滅しています。
Photo
 写真左は、セイコークロック(SEIKO) PYXIS NR525W、右は同じくNQ501Sです。両方とも40kHz/60kHz対応です。

 リセットから約5分経過した時点で、右側のNQ501Sの時刻較正が完了しました。受信マークは右側の「E」(福島局:おおたかどや山標準電波送信所 40kHz)となっています。
Photo_2
 この時点では、左側のNR525Wの受信マークはまだ点滅中です。

 リセットから約6分経過した時点で、左側のNR525Wの時刻較正が完了しました。受信マークは左側の「W」(九州局:はがね山標準電波送信所 60kHz)となっています。
Photo_3
 同じメーカーの同じシリーズの製品なので、それほど感度や指向性に差があるとは思えないのですが、不思議です。

 常識的には、2台とも福島局を受信してもいいような気がするので、左側のNR525Wが故障している可能性を考えて、NR525Wを再度リセットしたら、今度は「E」になりました。
 なお、福島局が停波中は、NR525Wの受信マークが「W」になっても不思議には思わなかったのですが、両波とも送信中の状態で条件が悪いと思われる九州局が受信される理由がよくわかりません。(もしかしたら単なる表示エラーかもしれませんが・・・)

 電界強度は時刻によって変化するので、念のため東京での電界強度予測値を見てみましたが、福島局の方が圧倒的に強いので逆転現象はあまり考えられないように思われます。

以下、http://jjy.nict.go.jp/fs/Data1106/otakado14.txt から引用
*****引用開始*****
2011 年 06 月
東京都  東京  電界強度予測値
送信所:おおたかどや山標準電波送信所

受信点緯度(Degree):  35.68    受信点経度(Degree): 139.68 
おおたかどや山標準電波送信所との地表距離(km):  215

時刻(JST)       電界強度(mV/m)     電界強度(dBμV/m)
  0:00          6.063      75.7
  1:00          6.003      75.6
  2:00          5.875      75.4
  3:00          3.888      71.8
  4:00          5.760      75.2
  5:00          4.826      73.7
  6:00          3.418      70.7
  7:00          4.578      73.2
  8:00          4.762      73.6
  9:00          4.232      72.5
10:00          4.147      72.4
11:00          4.170      72.4
12:00          4.173      72.4
13:00          4.152      72.4
14:00          4.182      72.4
15:00          4.638      73.3
16:00          4.810      73.6
17:00          3.223      70.2
18:00          5.449      74.7
19:00          4.554      73.2
20:00          2.864      69.1
21:00          5.841      75.3
22:00          5.979      75.5
23:00          6.060      75.6
*****引用終了*****

以下、http://jjy.nict.go.jp/fs/Data1106/hagane14.txt から引用
*****引用開始*****
2011 年 06 月
東京都  東京  電界強度予測値
送信所:はがね山標準電波送信所

受信点緯度(Degree):  35.68    受信点経度(Degree): 139.68 
はがね山標準電波送信所との地表距離(km):  902

時刻(JST)       電界強度(mV/m)     電界強度(dBμV/m)
  0:00          0.815      58.2
  1:00          0.815      58.2
  2:00          0.800      58.1
  3:00          0.757      57.6
  4:00          0.961      59.7
  5:00          1.655      64.4
  6:00          0.549      54.8
  7:00          0.912      59.2
  8:00          1.228      61.8
  9:00          1.190      61.5
10:00          0.974      59.8
11:00          0.825      58.3
12:00          0.765      57.7
13:00          0.777      57.8
14:00          0.865      58.7
15:00          1.039      60.3
16:00          1.223      61.7
17:00          1.177      61.4
18:00          0.663      56.4
19:00          0.989      59.9
20:00          1.603      64.1
21:00          0.746      57.5
22:00          0.773      57.8
23:00          0.810      58.2
*****引用終了*****

|

« TV TOKYO WBS で紹介されていた空飛ぶ球体はプリズナーNo.6の監視バルーンみたい | トップページ | 中古の低周波発振器(LAG-120A)を買いました »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/51915436

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ場所の二つの電波時計が夫々福島局と九州局を受信?:

« TV TOKYO WBS で紹介されていた空飛ぶ球体はプリズナーNo.6の監視バルーンみたい | トップページ | 中古の低周波発振器(LAG-120A)を買いました »