« Boeing787の羽田着陸の様子がUSTREAMで配信されるようです | トップページ | Teclast TL-T760のレビュー記事を集めてみました »

2011年7月 7日 (木)

秋葉原で第2世代中華パッドTL-T760(tPAD)を買いました

 以前、衝動買いしたAPAD(MS-E7001)は結構遊べたのですが、抵抗式タッチパネルはやはり操作性に問題があります。
 指先操作では非常に動作が不安定であり、タッチペン’(スタイラス)の使用が必須という感じでした。

 ネットの宣伝を見ていたら、静電容量方式で5点タッチポイント対応というタブレット端末Teclast  T760がありました。
 仕様は以下のようになっていました。

▼TL-T760メーカーサイト(http://www.teclast.com/zhuanti/t760/
■OS  Android 2.3 
■CPU  RK2918 Cortex-A8 1.2GHz 
■GPU  GC800 
■メモリ  512MB DDR3 1066MHz 
■ストレージ  8GB (システム空き:170MB/ユーザー空き:6.3GB)
microSD/microSDHCカード(最大32GB) 
■液晶  7インチ(1024x600)
対応 
■通信機能  IEEE 802.11 b/g/n, Bluetooth ※1 
■カメラ  フロント : 30万画素 / リア : 200万画素 
■搭載ハード
インターフェース  microUSB(ホスト/デバイス/充電), 加速度センサ
miniHDMI, イヤホンミニジャック, 内蔵スピーカー, マイク 
■言語  日本語, 英語, 中国語 他 
■バッテリー / 電源  3600mAH / microUSBから充電 
■付属品  microUSBケーブル, ホストケーブル, ACアダプタ 
■サイズ / 重量  約200 x 125mm x 13mm / 383.3g 

TECLAST  LT-T760
Tablet specifications:
http://www.tabletpcunion.com/wp-content/uploads/2011/06/T760-android-tablet-specifications1.png

  なかなか面白そうです。中華パッドは一筋縄ではいかない場合もあるようですが、いろいろ遊ぶのには丁度よいかもしれません。
 調べてみると秋葉原のラジオデパートで売っているようだったので、早速行って買ってきました。
 商品を知った翌日には購入しているので、半分衝動買いのようなものです。
 取説が中国語のみだったので、最初は電源を入れた後のロック解除方法が分からなかったのですが、漢字からの連想と試行錯誤で、「光圏」をドラッグすることで解除できました。右下の「M鍵」を押しても解除できます。
Photo
 デフォルトは中国語なので、言語を日本語に切り替えることにより、ようやく使えるようになりました。
 デモ用の動画(mov)を再生して見ましたが滑らかに再生できました。
 しばらくはこのタブレットで遊べそうです。

|

« Boeing787の羽田着陸の様子がUSTREAMで配信されるようです | トップページ | Teclast TL-T760のレビュー記事を集めてみました »

TECLAST(TL-T760)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/52146838

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原で第2世代中華パッドTL-T760(tPAD)を買いました:

« Boeing787の羽田着陸の様子がUSTREAMで配信されるようです | トップページ | Teclast TL-T760のレビュー記事を集めてみました »