« 厚木基地の盆踊り(2011)は8月20日のようです | トップページ | 小説「下町ロケット」を読みました »

2011年8月 7日 (日)

PCがブルースクリーンになったのでHDDをチェックしました

最近、PC(VGN-FS92S Windows XP SP2)の電源が突然落ちることが多くなりました。
最初は2週間に1度程度だったのが、最近は二日に1度くらいの感じです。
ひどいときには1日に2回電源が落ちることがあります。
ほとんどの場合は勝手に再起動しますが、時々フリーズしたままの状態になります。
長い文章の作成中に電源断になるとがっくりきます。

今回は、電源が落ちるのではなく、突然画面が青くなって、英語のメッセージが表示されてフリーズ状態になりました。
【ブルースクリーン】
Bluescreen

 BIOSやドライバをチェックしろと言われても、そう簡単にはいきません。
 なにやらエラーコードが表示されていますが、意味がわかりません。
 強制的に電源を切断すると再起動して以下のようなメッセージが表示されました。
 【深刻なエラーから回復】
Photo

 【エラー報告】
Photo_2

 ネットでブルースクリーンの対処方法を調べてみると、原因のひとつとしてHDDが挙げられていたので、とりあえず”CrystalDiskInfo ”で調べてみました。

【HDD検査結果】
Hdd

 これによると、健康状態は「正常」、温度は「35℃」になっています。
 念のため、Cドライブのエラーチェック(マイコンピュータ→ローカルディスク(C:)→プロパティ→ツール→エラーチェック)をしてみましたが、特にエラーは出ませんでした。
 再度、”CrystalDiskInfo ”で調べてみると温度が「44℃」に上がっていました。

【HDD温度変化】
Hdd_2
Hdd_3

 使用時間は 31370時間=1324日=3.58年 となっていました。
 このPCを購入したのが2005年10月なので、PC自体の使用年数は約6年ということになりますが、半分以上電源を入れていたことになります。
 使用されているHDDは、”HTS424040M9AT00”のようなので、このモデルの寿命を調べて見ました。
 なお、モデル名の意味は以下の通りだそうです。

Travelstar 4K40 Datasheet
http://www.hitachigst.com/tech/techlib.nsf/techdocs/EF0922A0A482599686256E400062B419/$file/4K40_DS.pdf

How to Read the Travelstar Model Number
HTS424040M9AT00 = 40GB/2MB
H = Hitachi
T = Travelstar
S = Standard (vs C for Compact, for example)
42 = 4200 RPM
40 = Full capacity - 40GB
40 = Capacity this model 40 =40GB
(30 =30GB, 20 =20GB)
M = Generation code
9 = 9.5mm z - height
AT = ATA interface
0 = Reserved
0 = Reserved

HTS424040M9AT00 40.0GB
ravelstar 4K40 Specification v1.1
http://www.hitachigst.com/tech/techlib.nsf/techdocs/9CD3A89FE77F699086256E4C006BEE34/$file/4K40Spec.pdf

以下、上記資料から抜粋引用
*******************************************************
Hard Disk Drive Specification
Hitachi Travelstar 4K40
2.5 inch ATA/IDE hard disk drive
Models: HTS424020M9AT00
HTS424030M9AT00
HTS424040M9AT00
.................................................................................
6.1.1 Temperature and humidity
Table 12: Environmental condition
Operating conditions
Temperature 5 to 55oC (See note below)
.................................................................................
6.3.4 Service life and usage condition
Service life of the drive is approximately 5 years or 20,000 power on hours, which comes first, under the following
assumptions:
? Less than 333 power on hours per month.
? Seeking/Writing/Reading operation is less than 20% of power on hours.
*******************************************************

 これによると、Service life(使用可能寿命? 耐用年数 ? これが寿命に対応するのかどうかはよくわかりません)は、所定の条件の下で、約5年または通電2万時間のようです。
 このPCは、使用年数が約6年、使用時間が31370時間なので、どちらをとっても期限切れのようです。
 内蔵HDDの内容が読み取れるうちに外付けHDD(最近購入)に転送した方がいいようです。
 以前、PCのデータを外付けHDDに転送してPCをリストアした直後に外付けHDDがクラッシュして、ほとんどのデータが消失したことがあるので、二の舞とならないようにしたいです。

【参考外部リンク】
パソコン初心者講座 > トラブル対処法 > ブルースクリーン
http://www.pc-master.jp/trouble/blue-s.html

|

« 厚木基地の盆踊り(2011)は8月20日のようです | トップページ | 小説「下町ロケット」を読みました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/52415310

この記事へのトラックバック一覧です: PCがブルースクリーンになったのでHDDをチェックしました:

« 厚木基地の盆踊り(2011)は8月20日のようです | トップページ | 小説「下町ロケット」を読みました »