« 衛星が人に当たる確率を計算するソフトウエア | トップページ | JR京浜東北線快速車窓風景:浜松町(小便小僧)→東京 »

2011年9月24日 (土)

地球に落下したと思われる米国人工衛星の26個の破片の内訳

 以下の報道によれば、米国人工衛星UARSは、日本時間9月24日12時23分から14時9分)までの間に地球に落下したようです。
 "penetrated the atmosphere"と書いてあるので、単に大気圏に突入しただけではなく、大気圏を貫通して海面あるいは地面に到達したと思われます。

NASA Home    >    Missions    >    UARS
Update #15
Sat, 24 Sep 2011 04:46:42 PM UTC+0900
NASA’s decommissioned Upper Atmosphere Research Satellite fell back to Earth between 11:23 p.m. EDT Friday, Sept. 23 and 1:09 a.m. EDT Sept. 24. The Joint Space Operations Center at Vandenberg Air Force Base in California said the satellite penetrated the atmosphere over the Pacific Ocean. The precise re-entry time and location are not yet known with certainty.
(http://www.nasa.gov/mission_pages/uars/index.html から引用)

文部科学省 MEXT
米国人工衛星に関する情報について
内閣官房情報連絡室から、平成23年9月24日17時10分に以下の通り、米国人工衛星について発表されましたので、お伝えいたします。
-------------------------
平成23年9月24日17:10
情報連絡室
米国人工衛星に関する情報について
 NASAの情報によれば、上層大気調査衛星(UARS)は、米国東部夏時間の9月23日金曜日23時23分から9月24日1時9分(日本時間9月24日12時23分から14時9分)までの間に、地球に落下しました。米国戦略司令部の統合宇宙運用センター(JSpOC)によれば、UARSは太平洋上空において、大気圏に突入したとのことです。なお、正確な再突入時刻と場所はまだ確実にはわかっていません。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=275977152427375&set=a.219087421449682.60679.208566032501821&type=1&ref=nf から引用)

 ニュースでは、破片「26個」が地上に落下ということだったのですが、この26個は何なの?ということで、単なる素人の好奇心で調べて見ました。

CNN.co.jp
破片「26個」が地上に落下か、大気圏突入のNASA衛星
2011.09.22 Thu posted at: 18:42 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/30004056.html

いろいろ調べてみたら、関係がありそうな下記資料がありました。

Re-entry and Risk Assessment for
the NASA Upper Atmosphere
Research Satellite (UARS)
http://www.nasa.gov/pdf/585584main_UARS_Status.pdf

26個の内訳が書いてありました。
(上記URLから抜粋引用)
Assessment1_2

Assessment2_2

ベリリウムとチタンの単価は銀と銅の間のようです。
NASAのサイトには"If you find something you think may be a piece of UARS, do not touch it. Contact a local law enforcement official for assistance. "と書いてあります。
別の意味で希少価値はあると思いますが、米国外に落下した破片の所有権もNASAにあるようです。

レアメタルの存在量と価格
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4735.html

NASA satellite debris may fall anywhere... except on eBay
http://www.collectspace.com/news/news-091211a.html

余談ですが、Update #7(Wed, 21 Sep 2011 22:35:54 GMT)の時点で、条件つきではありますが"The satellite will not be passing over North America during that time period. "と予測(予言?)しているのはある意味すごいです。
日本政府の公式Facebookにも”注1:NASA Update#8では、「衛星は北アメリカを通らないであろう」としていますが、その理由は不明です。”と書いてありました。

【2011.09.25追記】
UARS Final Groundtrack
(http://www.nasa.gov/pdf/591662main_UARS%20Map.pdf から抜粋引用)
Uars_final_groundtrack

|

« 衛星が人に当たる確率を計算するソフトウエア | トップページ | JR京浜東北線快速車窓風景:浜松町(小便小僧)→東京 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/52822922

この記事へのトラックバック一覧です: 地球に落下したと思われる米国人工衛星の26個の破片の内訳:

« 衛星が人に当たる確率を計算するソフトウエア | トップページ | JR京浜東北線快速車窓風景:浜松町(小便小僧)→東京 »