« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

段々良くなるAUの機種変条件?

 またまたAUから「重要なお知らせ」がきました。
 今までに来たものを比べてみると、周波数再編成に伴う機種変更の条件が、毎回少しずつ異なります。
 「法華の太鼓」ではありませんが、段々良くなってきているのでしょうかね?

【PT002,K005,K008特別価格(2011.01)】
Au201101

【PT001,PT002無料交換(2011.02)】
Au201102

【PT002,K006無料交換(2011.05)】
Au201105

【PT002,K006,K010無料交換(2011.06)】
Au201106

【PT002,K006,K010無料交換、キャッシュバック、スマホ特別割引(2011.08)】
Au201108

 A5505SAはK010に機種変更したのですが、, W33SAをどうしようかと迷っています。
 スマホは大飯食らい(使い方によりますが・・)のようなので、通話の確実性を重視して普通の携帯を機種変対象として考えています。
 ぎりぎりまで待てば、さらに条件がよくなるのかもしれませんが、早めに機種変すれば基本使用料がかなり安くなりそう(AUからの催促の電話も煩わしいし・・)なので、悩むところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

米国衛星UARSのre-entry(帰突入)に関するNASAの最終状況報告

NASAの予言通り北米は通過しなかったみたいです。

Final Update: NASA's UARS Re-enters Earth's Atmosphere
http://www.nasa.gov/mission_pages/uars/index.html

軌道は分割しないでほしい・・・・

ということで
Orbit2

(上記URLから抜粋引用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

JR京浜東北線快速車窓風景:浜松町(小便小僧)→東京

浜松町停車開扉時に小便小僧が見えたので動画で撮ったついでに車窓風景も写してみました。
いつもはこの2倍以上の電車を見かけるのですが、今日は一寸不漁でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

地球に落下したと思われる米国人工衛星の26個の破片の内訳

 以下の報道によれば、米国人工衛星UARSは、日本時間9月24日12時23分から14時9分)までの間に地球に落下したようです。
 "penetrated the atmosphere"と書いてあるので、単に大気圏に突入しただけではなく、大気圏を貫通して海面あるいは地面に到達したと思われます。

NASA Home    >    Missions    >    UARS
Update #15
Sat, 24 Sep 2011 04:46:42 PM UTC+0900
NASA’s decommissioned Upper Atmosphere Research Satellite fell back to Earth between 11:23 p.m. EDT Friday, Sept. 23 and 1:09 a.m. EDT Sept. 24. The Joint Space Operations Center at Vandenberg Air Force Base in California said the satellite penetrated the atmosphere over the Pacific Ocean. The precise re-entry time and location are not yet known with certainty.
(http://www.nasa.gov/mission_pages/uars/index.html から引用)

文部科学省 MEXT
米国人工衛星に関する情報について
内閣官房情報連絡室から、平成23年9月24日17時10分に以下の通り、米国人工衛星について発表されましたので、お伝えいたします。
-------------------------
平成23年9月24日17:10
情報連絡室
米国人工衛星に関する情報について
 NASAの情報によれば、上層大気調査衛星(UARS)は、米国東部夏時間の9月23日金曜日23時23分から9月24日1時9分(日本時間9月24日12時23分から14時9分)までの間に、地球に落下しました。米国戦略司令部の統合宇宙運用センター(JSpOC)によれば、UARSは太平洋上空において、大気圏に突入したとのことです。なお、正確な再突入時刻と場所はまだ確実にはわかっていません。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=275977152427375&set=a.219087421449682.60679.208566032501821&type=1&ref=nf から引用)

 ニュースでは、破片「26個」が地上に落下ということだったのですが、この26個は何なの?ということで、単なる素人の好奇心で調べて見ました。

CNN.co.jp
破片「26個」が地上に落下か、大気圏突入のNASA衛星
2011.09.22 Thu posted at: 18:42 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/30004056.html

いろいろ調べてみたら、関係がありそうな下記資料がありました。

Re-entry and Risk Assessment for
the NASA Upper Atmosphere
Research Satellite (UARS)
http://www.nasa.gov/pdf/585584main_UARS_Status.pdf

26個の内訳が書いてありました。
(上記URLから抜粋引用)
Assessment1_2

Assessment2_2

ベリリウムとチタンの単価は銀と銅の間のようです。
NASAのサイトには"If you find something you think may be a piece of UARS, do not touch it. Contact a local law enforcement official for assistance. "と書いてあります。
別の意味で希少価値はあると思いますが、米国外に落下した破片の所有権もNASAにあるようです。

レアメタルの存在量と価格
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4735.html

NASA satellite debris may fall anywhere... except on eBay
http://www.collectspace.com/news/news-091211a.html

余談ですが、Update #7(Wed, 21 Sep 2011 22:35:54 GMT)の時点で、条件つきではありますが"The satellite will not be passing over North America during that time period. "と予測(予言?)しているのはある意味すごいです。
日本政府の公式Facebookにも”注1:NASA Update#8では、「衛星は北アメリカを通らないであろう」としていますが、その理由は不明です。”と書いてありました。

【2011.09.25追記】
UARS Final Groundtrack
(http://www.nasa.gov/pdf/591662main_UARS%20Map.pdf から抜粋引用)
Uars_final_groundtrack

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

衛星が人に当たる確率を計算するソフトウエア

衛星(UARS: Upper Atmosphere Research Satellite) は、日本時間24日午前に地表に落下する見通しだそうです。

asahi.com
2011年9月23日0時19分
米衛星落下、官邸が連絡室 24日午前に落下場所判明
http://www.asahi.com/politics/update/0922/TKY201109220743.html

人工衛星、23日落下へ 532キロ、燃え尽きぬ見込み(9/21)
http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY201109210681.html?ref=reca
衛星の破片、落ちるかも 人に当たる確率3200分の1(9/10)
http://www.asahi.com/science/update/0910/TKY201109100155.html?ref=reca

NASA Home    >    Missions    >    UARS
UARS Updates
http://www.nasa.gov/mission_pages/uars/index.html
(上記URLから抜粋引用)
”Update #8
Thu, 22 Sep 2011 08:44:51 PM UTC+0900
As of 7 a.m. EDT Sept. 22, 2011, the orbit of UARS was 115 mi by 120 mi (185 km by 195 km). Re-entry is expected sometime during the afternoon of Sept. 23, Eastern Daylight Time. The satellite will not be passing over North America during that time period. It is still too early to predict the time and location of re-entry with any more certainty, but predictions will become more refined in the next 24 to 36 hours.”

文部科学省
トップ > 科学技術・学術 > 分野別の研究開発 > 衛星の落下に関する情報
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/satellite/index.htm
公式facebook
http://www.facebook.com/mextjapan
NASA Update#8に基づく米国衛星UARSの再突入予測期間の地上軌跡
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=219087424783015&set=a.219087421449682.60679.208566032501821&type=1&permPage=1#!/photo.php?fbid=275447612480329&set=a.219087421449682.60679.208566032501821&type=1&permPage=1

(上記URLから抜粋引用)
Orbit
”注1:NASA Update#8では、「衛星は北アメリカを通らないであろう」としていますが、その理由は不明です。”

  ・・・???・・・

NASA UARS Satellite Reentry

 ところで、今回の衛星の場合、誰かに当たる確率は3200分の1だということですが、この確率がどのようなことを意味しているのかよくわかりません。
 サイコロや宝くじの場合には、発生する可能性がある事象の数と、実際に発生する事象の数がはっきりしているので、わかり易いですが、今度の場合にはどのように計算しているのかよくわかりません。
 NASAのサイトを調べてみたら、今回の計算に使用されたかどうかはわかりませんが、関係ありそうな下記の資料がありました。

Debris Assessment Software (Version 2.0.1)
http://orbitaldebris.jsc.nasa.gov/mitigate/das.html

Debris Assessment Software
User's Guide
http://www.orbitaldebris.jsc.nasa.gov/library/DAS2_0/DAS2.0_UsersGuide.pdf
[p35(44/110)-p40(49/110]

(上記URLから抜粋引用)
3.9 Requirement 4.7-1: Casualty Risk from Uncontrolled Reentry
"The casualty risk is the product of the total expected debris casualty area and the statistical population density based on the orbital inclination
and the year of return."
"Risk of Human Casualty The computed results are displayed in 1:nnn format.
Any risk larger than 1:10,000 will result in noncompliance."

Risk1_2 Risk2_3

 衛星のいろいろなパラメータを入力すると"Risk of Human Casualty"を計算してくれるようです。
  詳細はよく判りませんが、予想死傷発生面積と人口密度から計算されるみたいです。
 確率が3200分の1ということは、同様な事象が3200回発生したら誰かに当たるということになるのでしょうか?

【2011.09.23 15:50追記】
http://www.nasa.gov/mission_pages/uars/index.html
から抜粋引用。

Update #9
Fri, 23 Sep 2011 11:01:35 AM UTC+0900
As of 9:30 p.m. EDT Sept. 22, 2011, the orbit of UARS was 110 mi by 115 mi (175 km by 185 km). Re-entry is possible sometime during the afternoon or early evening of Sept. 23, Eastern Daylight Time. The satellite will not be passing over North America during that time period. It is still too early to predict the time and location of re-entry with any more certainty, but predictions will become more refined in the next 24 hours.

【2011.09.23 23:50追記】
Update #10
Fri, 23 Sep 2011 11:45:08 PM UTC+0900
As of 10:30 a.m. EDT on Sept. 23, 2011, the orbit of UARS was 100 miles by 105 miles (160 km by 170 km). Re-entry is expected late Friday, Sept. 23, or early Saturday, Sept. 24, Eastern Daylight Time. Solar activity is no longer the major factor in the satellite’s rate of descent. The satellite’s orientation or configuration apparently has changed, and that is now slowing its descent. There is a low probability any debris that survives re-entry will land in the United States, but the possibility cannot be discounted because of this changing rate of descent. It is still too early to predict the time and location of re-entry with any certainty, but predictions will become more refined in the next 12 to 18 hours.

【2011.09.24  03:50追記】
文部科学省 MEXT

【衛星落下情報】
内閣官房情報連絡室から、平成23年9月24日3時00分に下の通り、米国人工衛星について発表されましたので、お伝えいたします。

--------------------
平成23年9月24日03:00
... 情報連絡室

米国人工衛星に関する情報について

NASAの情報によれば、上層大気調査衛星(UARS)は、米国東部夏時間の9月23日の遅く又は9月24日の早く(late Friday,Sept.23, or early Saturday, Sept.24)に大気圏に再突入すると予測されています。これは日本時間では9月24日の午前遅い時間から午後の早い時間にあたります。UARSの予測される軌跡図試算は別紙の通りです。
日本上空において大気圏に再突入する可能性は完全には否定できませんが、UARSは、本日午前3時半前後に北陸、中部、東海地方の上空を、また、午前5時前後に沖縄県先島諸島周辺の上空を、それぞれ北西から南東に向けて通過する見込みです。
今後、再突入の6時間前、2時間前に予測情報が更新されることとなっており、その都度情報提供をいたしますので、政府からの情報に注意してください。
310331_275710959120661_208566032501
asahi.com
2011年9月24日2時49分
24日昼から夕方に落下の可能性 人工衛星の分析続く
http://www.asahi.com/science/update/0924/TKY201109230585.html
【2011.09.24  08:05追記】
NASA Update#10に基づく米国衛星UARSの再突入予測期間の地上軌跡
9月24日7時から9月24日19時(日本時間)の米国衛星UARSの地上軌跡
297232_275706495787774_208566032501
【2011.09.24  09:20追記】
Update #11
Sat, 24 Sep 2011 08:30:46 AM UTC+0900

As of 7 p.m. EDT on Sept. 23, 2011, the orbit of UARS was 90 miles by 95 miles (145 km by 150 km). Re-entry is expected between 11 p.m. Friday, Sept. 23, and 3 a.m., Sept. 24, Eastern Daylight Time (3 a.m. to 7 a.m. GMT). During that time period, the satellite will be passing over Canada, Africa and Australia, as well as vast areas of the Pacific, Atlantic and Indian oceans. The risk to public safety is very remote.
かなり時間と場所が絞られてきました。 日本はセーフ?
【2011.09.24  10:15追記】
309061_275868242438266_208566032501
【2011.09.24  12:00追記】
Update #12
Sat, 24 Sep 2011 02:50:07 GMT

As of 10:30 p.m. EDT on Sept. 23, 2011, the orbit of UARS was 85 miles by 90 miles (135 km by 140 km). Re-entry is expected between 11:45 p.m. Friday, Sept. 23, and 12:45 a.m., Sept. 24, Eastern Daylight Time (3:45 a.m. to 4:45 a.m. GMT). During that time period, the satellite will be passing over Canada and Africa, as well as vast areas of the Pacific, Atlantic and Indian oceans. The risk to public safety is very remote.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

CoNA CVW-5 Friendship Dayに行きましたが・・・

 最初はIC運転免許証しか持って行かなかったので、ゲートのアナウンスを聞いてパスポートを取りに戻って出直したら、Fight Lineエリアは時間切れになってしまいました。
、今年、免許証をICタイプに更新していたのをすっかり忘れていました。

 最初のアナウンスですは、
「 入場に際して16歳以上の方は
- 運転免許証(ICチップ付き免許証可)→変更になる可能性があります。
- 有効期限内のパスポート
-写真付き住基ネットカード
......上記いづれかの身分証の提示が必要です。学生証は不可です。
**IDについては変更の可能性があります。情報は随時更新いたしますのでご確認下さい**」

となっていましたが、あとで、

「入門に際しては、写真つき身分証が必要です。18歳以上の方は本籍記載の運転免許証、有効期限内のパスポート、写真つき住基ネットカード、外国人登録証をご提示下さい。」

に変更されたようです。

  確認が不足していました。
  前回OKだったから今回もOKだろうという思い込みで失敗しました。。

 ゲートで引っかっている人が結構いました。「自分の都合で本籍表示を消したのではない」と文句(?)を言っている人もいました。

 結局こんな写真になりました。
【鳥居の前の看板】
Poster

【Flight Lineのゲートから見えた風景】
Cvw_5
Us2_p3c

P-51ではないほうのMustang
Mustang

【Police Dog】(撮影許可貰いました)
Police_dog

【Aero Weather】 2011.09.10 &2011.09.11
Aero_weather_20110910 Aero_weather_20110911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

映画"2001年宇宙の旅"のNewspadはiPad(D504889)のprior artになるのか?

 Tablet PCの知的財産権絡みでAppleとSamsungが世界各地で熾烈な戦い(泥仕合?)を繰り広げているようです。
 ドイツの特許訴訟では「アップルが資料写真をねつ造」という報道もあるようです。

Yonhap News
アップルの特許権訴訟、独で起こすのには理由がある
2011/09/06 09:09 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/09/06/0200000000AJP20110906000400882.HTML

時事ドットコム
日本でもサムスン提訴=スマホなどで特許侵害と主張-アップル
(2011/09/07-18:21)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011090700795

 旧聞になりますが、Samsung側がiPadの意匠権(design patent)に対するprior artとして映画「2001: A Space Odyssey」を証拠として挙げていることが一寸話題になりました。

 当方はiPadもGalaxyも持っていませんが、興味があったので一寸調べてみました。
 中華PADならMoonse MS-E7001(APad)とTeclast TL-T760(tPad)を持っていますが・・・
【E7001 & T760】
Mse7001_and_tlt760

 素人が口を出すなと言われそうですが、好奇心だけは旺盛なので、外野から無責任にヤジを飛ばしてつぶやきを囁いてみました。

(以下関連記事)
Samsung cites Stanley Kubrick's '2001: A Space Odyssey' movie as prior art against iPad design patent
Aug 23, 2011
http://fosspatents.blogspot.com/2011/08/samsung-cites-stanley-kubricks-2001.html

映画『2001年宇宙の旅』まで持ち出してきたサムスン -対アップル特許訴訟で
2011.08.24
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201108240917.html

中央日報 latest news三星の反論「iPadが独創的?43年前の映画に登場」
2011年08月25日11時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 
http://japanese.joins.com/article/146/143146.html

애플과 삼성의 특허분쟁...삼성측은 'iPad야말로 표절이다' 반박
2011/08/24 14:40
http://boribab.tistory.com/3429
(Google翻訳)
アップルとサムスンの特許紛争...サムスン側は”iPadこそ盗作だ”と反論
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://boribab.tistory.com/3429&ei=KIJgTsfCAefEmAXK052GDg&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=1&ved=0CDYQ7gEwAA&prev=/search%3Fq%3Dsamsung%2Bipad%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP422JP422%26biw%3D953%26bih%3D563%26tbs%3Dlr:lang_1ko,qdr:m%26prmd%3Divnsr

애플 아이패드 디자인은 삼성 디지털액자 카피다?
2011-08-24
http://blog.donga.com/sjdhksk/archives/3591
(Google翻訳)
アップルのアイパッドのデザインは、サムスンデジタルフォトフレームカピダ?
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://blog.donga.com/sjdhksk/archives/3591&ei=KIJgTsfCAefEmAXK052GDg&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=4&ved=0CE4Q7gEwAw&prev=/search%3Fq%3Dsamsung%2Bipad%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP422JP422%26biw%3D953%26bih%3D563%26tbs%3Dlr:lang_1ko,qdr:m%26prmd%3Divnsr

 サムソン側が提出した資料を探してみました。
 以下の資料がそれっぽいです。

////////////////////////////
UNITED STATES DISTRICT COURT
NORTHERN DISTRICT OF CALIFORNIA, SAN JOSE DIVISION
APPLE INC., a California corporation,
Plaintiff,

vs.

SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD., a
Korean business entity; SAMSUNG
ELECTRONICS AMERICA, INC., a
New York corporation; SAMSUNG
TELECOMMUNICATIONS
AMERICA, LLC, a Delaware limited liability
company,
Defendants.

CASE NO. 11-cv-01846-LHK
DECLARATION OF SARA JENKINS IN
SUPPORT OF SAMSUNG’S OPPOSITION
TO APPLE’S MOTION FOR A
PRELIMINARY INJUNCTION

Date: October 13, 2011
Time: 1:30 pm
Place: Courtroom 8, 4th Floor
Judge: Hon. Lucy H. K
////////////////////////////
http://docs.dpaq.de/46-samsung2001text.pdf

*****上記DECLARATIONから抜粋引用*****
5. Attached hereto as Exhibit D is a true and correct copy of a still image taken from
Stanley Kubrick’s 1968 film “2001: A Space Odyssey.” In a clip from that film lasting about one minute, two astronauts are eating and at the same time using personal tablet computers. The clip
can be downloaded online at http://www.youtube.com/watch?v=JQ8pQVDyaLo. As with the
design claimed by the D’889 Patent, the tablet disclosed in the clip has an overall rectangular
shape with a dominant display screen, narrow borders, a predominately flat front surface, a flat
back surface (which is evident because the tablets are lying flat on the table’s surface), and a thin form factor.
*****引用終了*****

法律用語は難しいです。
 英和特許用語辞典
 http://www.patro.co.jp/glossaries/dic_e-j_a.html
を参照しました。

plaintiff 原告
defendant 被告
declaration 陳述(書)、宣言(書)
opposition 異議
motion 申立
preliminary injunction 仮差止命令、暫定的差止命令
exhibit 証拠物件、展示する

 対象となっている意匠(Design Patent)は、”United States Patent  D504,889 ”のようです。
 D504,889の書誌事項をUSPTOで調べてみました。

*****USPTOから抜粋引用*****
nited States Patent  D504,889
Andre ,   et al.  May 10, 2005 
--------------------------------------------------------------------------------
Electronic device
--------------------------------------------------------------------------------
Claims
------------------------------------------------------------------------------
We claim the ornamental design for an electronic device, substantially as shown and described.
--------------------------------------------------------------------------------
Inventors:  Andre; Bartley K. (Menlo Park, CA), Coster; Daniel J. (San Francisco, CA), De Iuliis; Daniele (San Francisco, CA), Howarth; Richard P. (San Francisco, CA), Ive; Jonathan P. (San Francisco, CA), Jobs; Steve (Palo Alto, CA), Nishibori; Shin (San Francisco, CA), Kerr; Duncan Robert (San Francisco, CA), Rohrbach; Matthew Dean (San Francisco, CA), Satzger; Douglas B. (Menlo Park, CA), Seid; Calvin Q. (Palo Alto, CA), Stringer; Christopher J. (Portola Valley, CA), Whang; Eugene Anthony (San Francisco, CA), Zorkendorfer; Rico (San Francisco, CA) 
Assignee: Apple Computer, Inc. (Cupertino, CA)
Appl. No.:  D/201,636
Filed:  March 17, 2004
*****引用終了*****
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=D504,889.PN.&OS=PN/D504,889&RS=PN/D504,889
http://patimg2.uspto.gov/.piw?Docid=D0504889&homeurl=http%3A%2F%2Fpatft.uspto.gov%2Fnetacgi%2Fnph-Parser%3FSect1%3DPTO1%2526Sect2%3DHITOFF%2526d%3DPALL%2526p%3D1%2526u%3D%25252Fnetahtml%25252FPTO%25252Fsrchnum.htm%2526r%3D1%2526f%3DG%2526l%3D50%2526s1%3DD504,889.PN.%2526OS%3DPN%2FD504,889%2526RS%3DPN%2FD504,889&PageNum=&Rtype=&SectionNum=&idkey=NONE&Input=View+first+page

Usd504889_frontpage

  発明者(創作者)が沢山いますね。デザインブレストに参加すると、或いは、一言発言すると創作者に入れてもらえる? Jobs; Steveの名前も見えます。

  動画で見る限りでは似ているようにも見えますが詳細は分かりません。
  映画『2001年宇宙の旅』は大昔に見た記憶がありますが、細かいところは覚えていません。
【前売り券】
2001_ticket
「スタンリー・カブリック」、「¥250」が時代を感じさせます。

 手元に昔McGraw-Hillで買った小説(映画対応版)“2001: A Space Odyssey.”(SIGNET-451-E6625)があったので調べてみると、"Newspad"(ニュースパッド)の写真と説明がありました。
 サムソン側はこれを"personal tablet computer"であるとしているようです。
【2001: A Space Odyssey】
2001_a_space_odyssey

【Newspad】
Newspad

 説明には以下のように書いてあります。
 “Mission Commander Bowman, aboard the spaceship Discovery, eats an automatically-produced meal while watching the program on the Newspad, a kind of flat portable TV device that can display any type of visual or printed material.”

 この説明を見る限りでは、"personal tablet computer"というよりも、ニュースやテレビの視聴に特化したビューワーのように思えます。
 ただし、意匠の場合には基本的に技術的な機能を考慮せずに外観のみから判断する必要があるようです。

 外観上の差異としては、Newspadの下方に表示部とは別に設けられた10個のボタン(押圧スイッチ?)があります。
 このボタンが「1」~「10」のボタンなのか、あるいは、「0」~「9」のいわゆるテンキーなのかよくわかりません。
【拡大写真】
Newspad_closeup

 目を皿のようにして(心眼を開いて?)写真をよく見ると、左から「1」、「2」、・・・「9」、「0」と並んでいるようにも見えますが自信はありません。

 下記のサイトに小説の"Newspad"の説明の部分が引用されていました。

Arthur C. Clarke's 2001 Newspad finally arrives, nine years late
by Steven Sande Jan 28th 2010
http://www.tuaw.com/2010/01/28/arthur-c-clarkes-2001-newspad-finally-arrives-nine-years-late/

 この説明によれば選択は"two-digit reference"で行われるようです。手元の小説『宇宙のオデッセイ2001』(早川書房 昭和47年6月30日6版発行)の訳では「数字二つの参照番号」となっています。「2桁の参照番号」の方がすっきりするかもしれません。
【宇宙のオデッセイ2001】
2001

 この10個のボタンが所謂テンキーであるとすると、小説での記述と整合がとれます。
 ただし、小説でのNewspadの説明は、ディスカバリー号での食事のシーンより何年か前の月面のTMA-1(Tycho Magnetic Anomaly-One)の調査の際に宇宙ステーション1号に立ち寄ったときの話なので、ディスカバリー号のNewspadとは差異があるかもしれません。

 この10個のボタンについては、先述した中央日報の記事でも述べられています。
 この記事には「黒のこの機器は全体が画面になっていて、キーボードがなく、1から0までの数字ボタン10個が下段に配置されている。」と書いてありました。

 もうひとつ気がついたのは、Newspadの下端の隅がテーブルからはみ出ている部分をよく見ると、手前に湾曲しているように見えます。もしそうだとすると"a flat back surface"とは少し違うかもしれません。

 外観的には上記2点が相違しているように見えますが、意匠の登録要件である新規性(Novelty)と非自明性(Nonobviousness)の判断には非常に高度な知識を必要とするようなので、素人にはよくわかりません。

  Newspad(Exhibit D)は山のように(?)提出された証拠の中のひとつに過ぎないので、大勢には影響がないかもしれません。

【参考外部リンク】
Newspad   
A notebook-sized computer and display screen for reading news stories or other text matter.
http://www.technovelgy.com/ct/content.asp?Bnum=529

2001's Newspad = 2010's iPad?
By Keith Cowing on January 28, 2010 9:32 PM
http://nasawatch.com/archives/2010/01/2001s-newspad-2.html
(パロディ合成写真?)

x7 Labs
A Brief History of Pads, Part 1: Distant dreams
http://x7.fi/2010/05/14/a-brief-history-of-pads-part-1-distant-dreams/

諸外国における意匠の登録要件と効力範囲
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/pdf/isyou03/08.pdf
(現在のプラクティスに対応しているかどうかは判りません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »