« Webカメラで超接写してみました | トップページ | 小惑星”2005 YU55”のレーダームービー »

2011年11月 7日 (月)

11月9日に大きな(?)小惑星が月軌道の内側を通過

 下記の記事によれば、小惑星「2005YU55」が日本時間の9日午前8時28分ごろに地球から32万4600キロの地点を通過するそうです。
  
asahi.com
2011年11月7日15時7分
イトカワ級の小惑星、地球に接近 NASA「衝突ない」
http://www.asahi.com/science/update/1107/TKY201111070080.html

(2011年11月4日19時36分  読売新聞)
直径400mの小惑星が接近、衝突の恐れなし
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111104-OYT1T01084.htm

 下記URLのアニメーションがわかりやすいです。
Animation of the trajectory for asteroid 2005 YU55 - November 8-9, 2011.
Image credit: NASA/JPL-Caltech
http://www.nasa.gov/images/content/541440main_2005_YU55_approach.gif

 

 トンデモ系の話もちらほら聞こえてきますね。
  これ(↓)がトンデモ系の根拠のひとつ?
Family/Personal Preparedness
http://www.nasa.gov/centers/hq/emergency/personalPreparedness/index.html

 なお、以下の記事によれば、 10mサイズの小惑星は、毎日のように月の軌道の内側を通過し、10年に一度は大気圏に突入しているということです。
 衝突を心配するのが、杞憂なのか杞憂でないのかよくわかりません。
 多分、交通事故に会う確率の方が何桁も高いのでしょうね。

Jet Propulsion Laboratory
Asteroid Watch
Two Asteroids to Pass by Earth Wednesday
September 07, 2010
http://www.jpl.nasa.gov/asteroidwatch/newsfeatures.cfm?release=2010-289b
"A 10-meter-sized near-Earth asteroid from the undiscovered population of about 50 million would be expected to pass almost daily within a lunar distance, and one might strike Earth's atmosphere about every 10 years on average."(上記URLから抜粋引用)

【参考外部リンク】
Near-Earth Object program
http://neo.jpl.nasa.gov/

NASA in Final Preparations for Nov. 8 Asteroid Flyby
http://www.jpl.nasa.gov/news/news.cfm?release=2011-332

Radar Clicks Asteroid's Pic
http://www.nasa.gov/images/content/449598main_asteroid20100429-full.jpg

【2011.11.08追記】
「2005YU55」の3Dアニメーションがありました。

Asteroid 2005 YU55 Orbit Viewable in 3D Animation via Spacemap
http://www.star-map.fr/2011/11/03/asteroid-2005yu55-fly-by/

Associated Press.
Nov 7, 10:39 AM EST
Large asteroid zipping close to Earth on Tuesday
http://hosted.ap.org/dynamic/stories/U/US_SCI_ASTEROID_FLYBY?SITE=AP&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT&CTIME=2011-11-07-10-39-52
「Both the Earth and moon are safe - "this time," said Jay Melosh, professor of Earth and atmospheric sciences at Purdue University.
If 2005 YU55 were to plow into the home planet, it would blast out a crater four miles across and 1,700 feet deep, according to Melosh's calculations. Think a magnitude-7 earthquake and 70-foot-high tsunami waves.」
(上記URLから抜粋引用)

Earth Impact Effects Program
Robert Marcus, H. Jay Melosh, and Gareth Collins
http://impact.ese.ic.ac.uk/ImpactEffects/
(パラメータを入力するとクレータの直径等を計算してくれます)

|

« Webカメラで超接写してみました | トップページ | 小惑星”2005 YU55”のレーダームービー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/53189750

この記事へのトラックバック一覧です: 11月9日に大きな(?)小惑星が月軌道の内側を通過:

« Webカメラで超接写してみました | トップページ | 小惑星”2005 YU55”のレーダームービー »