« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

GPS追跡

  一寸旧聞になりますが、GPSに興味があるので、以下の記事が一寸気になりました。

朝日新聞デジタル 2012年1月24日11時44分
令状なく車にGPS取り付け「違法」 米連邦最高裁判決
http://www.asahi.com/international/update/0124/TKY201201240146.html

 キャプションと記事の内容から判断する限りでは、全く令状なしでGPSを取り付けたような印象を受けますが、関連すると思われる下記の資料を見てみるとそうではないようです。

SUPREME COURT OF THE UNITED STATES
Syllabus
UNITED STATES v. JONES
CERTIORARI TO THE UNITED STATES COURT OF APPEALS FOR THE DISTRICT OF COLUMBIA CIRCUIT
No. 10-1259. Argued November 8, 2011-Decided January 23, 2012
http://www.supremecourt.gov/opinions/11pdf/10-1259.pdf

*****上記URLのPDFから抜粋引用*****
The Government obtained a search warrant permitting it to install a Global-Positioning-System (GPS) tracking device on a vehicle registered to respondent Jones’s wife. The warrant authorized installation in the District of Columbia and within 10 days, but agents installed the device on the 11th day and in Maryland. The Government then tracked the vehicle’s movements for 28 days. It subsequentlysecured an indictment of Jones and others on drug trafficking conspiracy charges. The District Court suppressed the GPS data obtained while the vehicle was parked at Jones’s residence, but held the remaining data admissible because Jones had no reasonable expectation of privacy when the vehicle was on public streets. Jones was convicted. The D. C. Circuit reversed, concluding that admission of the evidence obtained by warrantless use of the GPS device violated the Fourth Amendment.
*****引用終了*****

  これを読むと期間と場所が令状の範囲外だったということのようです。
  有効でない令状は存在しないのと同じと思われるなので、結果的には「令状なく車にGPS取り付け」たということになるのでしょうね。
 どのようなGPSが使用されたのかと思って斜めに読んでみると以下のような記述がありました。

*****引用開始*****
On the 11th day, and not in the District of Columbia but in Maryland,1 agents installed a GPS tracking device on the undercarriage of the Jeep while it was parked in a public parking lot. Over the next 28 days, the Government used the device to track the vehicle’s movements, and once had to replace the device’s battery when thevehicle was parked in a different public lot in Maryland. By means of signals from multiple satellites, the device established the vehicle’s location within 50 to 100 feet, and communicated that location by cellular phone to a Government computer. It relayed more than 2,000 pages of data over the 4-week period.
*****引用終了*****

 詳細はよく判りませんが、位置情報が携帯電話回線を介して政府のコンピュータに送られるようです。
  GPSはJeep Grand Cherokeeのundercarriageに取り付けられたようなので、かなり厳しい受信環境と思われますが、地面からの反射が結構あるのかもしれません。
 なお、電池は途中で1回交換したようです。

 デジタル版の新聞記事(無料閲覧可能部分)の方には書いてありませんでしたが、紙版のほうには、日本での状況について以下のように書いてありました。

「日本では昨年11月に個人情報保護のガイドラインが改正され、裁判官の令状を得たうえで、位置情報の取得を本人に通知すれば、GPSによる追跡が行えるようになった。」

  この記事だけみると、GPSを取り付けただけで問題なのか、回線を介して通信することが問題なのか良く分かりません。
 記事に書いてあった個人情報保護に関するガイドラインについて調べてみました。

  電気通信事業における個人情報保護に関するガイドラインの改正内容
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000123923.pdf
  ガイドラインの解説の改正内容
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000123924.pdf

  電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン(平成23年11月2日版)
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000134579.pdf
  電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン 解説((平成23年11月2日版)
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000134578.pdf

 これを見ると、ガイドラインの第26条に第3項が付加されたようです。

-------------------------------------------------------
「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」

(取得の制限)
第4条 電気通信事業者は、電気通信サービスを提供するため必要な場合に限り、個人
情報を取得するものとする。
2 電気通信事業者は、次の各号に掲げる個人情報を取得しないものとする。ただし、
自己又は第三者の権利を保護するために必要な場合その他社会的に相当と認められ
る場合はこの限りでない。
一 思想、信条及び宗教に関する事項
二 人種、門地、身体・精神障害、犯罪歴、病歴その他の社会的差別の原因となるお
それのある事項

(位置情報)
第26条 電気通信事業者は、利用者の同意がある場合、裁判官の発付した令状に従う
場合その他の違法性阻却事由がある場合を除いては、位置情報(移動体端末を所持す
る者の位置を示す情報であって、発信者情報でないものをいう。以下同じ。)を他人
に提供しないものとする。
2 電気通信事業者が、位置情報を加入者又はその指示する者に通知するサービスを提
供し、又は第三者に提供させる場合には、利用者の権利が不当に侵害されることを防
止するため必要な措置を講ずるものとする。
3 電気通信事業者は、第4条の規定にかかわらず、捜査機関からの要請により位置情
報の取得を求められた場合において、当該位置情報が取得されていることを利用者が
知ることができるときであって、裁判官の発付した令状に従うときに限り、当該位置
情報を取得するものとする。
-------------------------------------------------------

 条文だけ見ると第26条第3項により何が変わったのかよく判りませんが、他の資料を読んでみると、従来も「基地局情報による位置情報」は取得可能であったが、今後は精度が高い「GPSによる位置情報」が取得できるようになったということのようです。
 この条文からそれを読み取るのは小生のような素人には難しい・・・・。

 日本の場合には、「位置情報が取得されていることを利用者が知ることができる」状態での追跡となるようですが、追跡というよりも抑圧ということになるのでしょうか?

 上記記事は携帯電話回線を経由した(電気通信事業に関連した)場合の位置情報取得に関するものですが、通信を行わないデーダロガー型のGPSの場合はどうなるのでしょうか?
 某興信所のFAQには、家族監視は合法だけれども第三者監視は違法のようなことが書いてありますが、詳細は未確認です。

【参考外部リンク】
CNET Japan 米最高裁、令状なしのGPS追跡は違憲と判断 2012/01/24 12:58
http://japan.cnet.com/news/society/35013385/

電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン及び解説の改正案に対する意見書
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/110826.pdf

携帯GPSでの容疑者位置把握の件について、総務省に聞いてみました
http://angels-pathway.clanteam.com/qa_Soumu_GPS_111113.html

違法収集証拠排除法則
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%95%E6%B3%95%E5%8F%8E%E9%9B%86%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E6%8E%92%E9%99%A4%E6%B3%95%E5%89%87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

テラヘルツカメラ

 朝日新聞デジタルを見ていたら以下のような記事がありました。

朝日新聞デジタル  2012年1月29日0時37分
赤外線「透視」で拳銃も丸見え ニューヨーク市警が計画
http://www.asahi.com/international/update/0128/TKY201201280388.html

  記事によると、布などは透過するが金属によって遮られるテラヘルツ波を使うようですが詳細がよくわかりません。
 以前、成田国際空港でボディスキャナーの実証実験が行われたことがありますが、対象機種の中にスルービジョンシステムズ社(英国)パッシブ型テラ波 T8000がありました。
 原理はこれに似ているのでしょうか?

成田国際空港におけるボディスキャナー実証実験の進め方について
平成22年6月18日
http://www.mlit.go.jp/common/000116721.pdf

 ThruVision Systems
 http://www.thruvision.com/index.html
 T8000
 http://www.thruvision.com/Products/T8000_Sub_Pages/T8000_Product_Page.htm
 TS5
 http://www.thruvision.com/Products/TS5_Sub_Pages/TS5_Product_Page.htm

 TechnologyOverview
 http://www.thruvision.com/Technology/TechnologyOverview.htm
 (これによれば、パッシブ型で30mまで検出できるようです)

  上記朝日新聞デジタルの記事ではアクティブ型かパッシブ型かよく判らなかったので調べてみたら以下のような記事がありました。

The Verge
NYPD testing terahertz wave-based remote gun detection system
http://www.theverge.com/2012/1/19/2718236/nypd-terahertz-wave-remote-gun-detection-tests

 これによるとパッシブ型のような気がしますが正確なところはわかりません。

【関連外部リンク】
応用物理第75巻第2号(2006)
テラヘルツ波技術の現状と展望
http://www.ile.osaka-u.ac.jp/research/THP/pdf/oyobuturi300.pdf

新技術探索会議第 3 分科会報告書
テラヘルツ技術 テラヘルツテクノロジー動向調査報告書
http://www4.fed.or.jp/Searchreport/6thirdcom.pdf

テラヘルツ・カラースキャナー
http://femto.me.tokushima-u.ac.jp/research/thz/3-2/index.html

「未来の光」テラヘルツ波を体感 理研仙台 一般公開
http://shinbun.fan-miyagi.jp/article/article_20090804.php

火災現場におけるテラヘルツカメラの有効性を示す実証実験に成功
http://www.nec.co.jp/press/ja/1103/0802.html
実証実験の概要
http://www.nec.co.jp/press/ja/1103/images/0802-01-01.pdf

光と電波の技術を融合したテラヘルツ波ビーム走査
http://www.riken.jp/lab-www/THz-img/annual_source.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

AU無料交換機種変遷

 周波数再編に伴うAUの無料交換機種が少しずつ変更になっています。

[2011.02] PT002, PT001
[2011.05] PT002, K006
[2011.06] PT002, K006, K010
[2011.08] PT002, K006, K010
[2011.10] PT002, K006
[2011.11] K009, CA007
[2011.12] K009, T008

 A5505SAはK010に無料交換したのですが、, W33SAをどうしようかと迷っています。
 どのタイミングで交換するのかが悩みどころです。
 希望としては、WiFi、CDMA/GSM付きなのですが、待ってもだめでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

今日の宇宙天気情報

  SFチックなネーミングですが、NICT(独立行政法人 情報通信研究機構 National Institute of Information and Communications Technology)の宇宙天気情報センター(SWC)が提供しているサービスです。

 昨日のオーロラ騒ぎは空振りに終わりましたが、このサイトを見ているとオーロラの発生状況がある程度わかるのかもしれません。
 現時点で、"HOMEの"航空機関係"では"Quiet"/"Quiet"となっていますが、"航空機関係ケア情報 "では"deficit or updating"/"Quiet"となっており、航路上のオーロラ情報の見方がよくわかりません。

 無線通信ケア情報でスポラディックE層(Eスポ)情報も提供されているので夏場のVHF DXQSOに利用できそうです。

宇宙天気情報センター
http://swc.nict.go.jp/contents/index.php

航空機関係ケア情報
http://swc.nict.go.jp/aircraft/index.php

無線通信ケア情報
http://swc.nict.go.jp/radio/

日報 (今日の宇宙天気情報)
http://swc.nict.go.jp/datacenter/daily_latestnews.php

宇宙天気ニュース
http://swnews.jp/

宇宙天気ニュース (過去分)
http://swnews.jp/2012/swnews_1201250100.html
(昨日のノルウェーでのオーロラの動画あり)

【参考外部リンク】
朝日新聞デジタル
2012年1月25日19時1分.印刷
北海道でオーロラ見える? 太陽で大規模爆発、磁気乱れ
http://www.asahi.com/science/update/0124/OSK201201240155.html

ロイター
2012年 01月 25日 12:48 JST
ノルウェー北部でオーロラ鮮やかに出現、「磁気嵐」の影響か
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE81K0HK20120125

レスポンス
オーロラ、日本に現れず。2012年1月25日(水) 10時23分
http://response.jp/article/2012/01/25/168903.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

月面で使用されたコダックの立体接写カメラ

 一寸旧聞になりますが、コダック破綻の記事を読んでいたら、アポロ11号で使用されたカメラの話が書いてありました。

米コダック、米連邦破産法第11条の適用を申請
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201201190048.html

Photography pioneer Kodak files for bankruptcy
http://www.reuters.com/article/2012/01/19/us-kodak-idUSTRE80I08G20120119
*****以下上記URLから抜粋引用*****
The company on its website said a Kodak camera was used on the Apollo 11 mission in 1969. A Kodak camera was used by the astronauts to film the lunar soil from only inches away, according to NASA.
*****引用終了*****

 月面でハッセルブラッド(Hasselblad)が使用されたのは知っていましたが、コダックのカメラも使用されていたのは初めて知りました。

Apollo-11 Hasselblad Cameras
http://www.hq.nasa.gov/alsj/a11/a11-hass.html

 上記記事によれば、コダックのカメラは接写用だったようですが詳細が良く判りません。
 コダックのサイトを調べてみたら以下のような記事がありました。

Broadening the Impact of Pictures
http://www.kodak.com/global/en/corp/historyOfKodak/impacting.jhtml
*****以下上記URLから抜粋引用*****
Kodak technology also went along on Apollo 11, with the first astronauts to walk on the moon. A special stereoscopic color camera built by Kodak enabled astronauts to photograph extreme close-ups of rocks, dust, and minute features of the Moon's surface. The camera, about the size and shape of a large shoebox, was easily operated using a trigger on an extendable handle. This enabled an astronaut to operate it despite the limited mobility, dexterity and visibility caused by their pressure suit and heavy gloves. Photos of the lunar soil taken by Neil Armstrong enabled scientists to see soil particles smaller than two one-thousandths of an inch.
*****引用終了*****

 この記事によれば接写用の立体カメラだったようです。
大きさと形は大体"large shoebox"ということですが、イメージが湧きません。
 さらに調べてみたら、コダックサイト内のブログにそれらしい写真がありました。

One of these days...
http://1000words.kodak.com/thousandwords/post/?id=2401573

 LM(lunar module )が写っている写真の右下にあるのがカメラのようです。
 http://rm.awarenessnetworks.com/6661019159416927713.jpg

 記事によれば、"The final product was just a pinch bigger than a cigar box with a long handle."とあるので、かなり小型になったみたいです。
 フィルムだけ抜き取られてカメラ本体は月面に残されたとのこと。

【余談】
 昔、コダックというネーミングはシャッター音から連想されたという話を聞いたことがあり、ネット上でもそのように書いてあることがありますが、公式サイトを見る限りではシャッター音との関連は書いてないようです。

George Eastman
http://www.kodak.com/ek/US/en/Our_Company/History_of_Kodak/George_Eastman.htm
*****以下上記URLから抜粋引用*****
The word "Kodak" was first registered as a trademark in 1888. There has been some fanciful speculation, from time to time, on how the name was originated. But the plain truth is that Eastman invented it out of thin air.
He explained: "I devised the name myself. The letter 'K' had been a favorite with me -- it seems a strong, incisive sort of letter. It became a question of trying out a great number of combinations of letters that made words starting and ending with 'K.' The word 'Kodak' is the result." Kodak's distinctive yellow trade dress, which Eastman selected, is widely known throughout the world and is one of the company's more valued assets.
*****引用終了*****

”fanciful speculation”という表現は、シャッター音云々に対する揶揄?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

羽田と成田は雪のようです

Rjtt_rjaa

RJTT :  light showers snow    1℃
RJAA:  showers snow     0℃

updated 12/01/23 23:32

by AeroWeather

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

RD-XD91の換装用ジャンクDVDドライブを2台入手しました

 今までHDD/DVRレコーダとして、DVDドライブを交換しながらRD-XD91をだましだまし使ってきましたが、半年位前に6回目の故障が発生しました。
 換装できるDVDドライブが入手できれば自分で交換するのですが、新品の互換ドライブは現在は発売されていないし、何軒もジャンク屋を回ってジャンクの山の中から互換ドライブを探すのにも疲れました。
 ・・・ということで現在は新たに購入したRD-Z300を使用しています。
 RD-XD91のHDDに残っているコンテンツ(タイトルという呼び方はどうもなじめません)を、ネットワーク経由でRD-Z300に転送してDVDに焼くという作業を時々やっれいますが、結構面倒です。

 先日、PC DEPOTに特売のDVDディスクを買いに行ったときに、ついでに店内をうろうろしていると、ジャンクのDVDドライブが7~8台置いてありました。
 色々なメーカーのものがありましたが、モデル名を見るとその中の2台がGSA-で始まっています。
 以前、DVDドライブを換装したときも、そのようなモデル名だったような気がするのですが、正確には覚えていません。
 1台が800円だったので、2台買って2台外れても勉強用になるかもしれないし、もし1台でも使用可能であればラッキーということで2台とも買ってきました。

 購入したのは、GSA-H40NとGSA-4082Bでした。
【GSA-H40N(左)とGSA-4082B(右)】
Gsah40n_gsa4082b
Gsah40ny800 Gsa4082by800

 以前、換装に使用したDVDドライブを調べてみるとGSA-H42N とGSA-4040B でした。
 モデル名が微妙に異なりますが、もしかしたら使えるかもしれないということで、早速試してみました。

 最初にGSA-4040Bをチェックしました。
 とりあえず電気的な接続だけをした仮置き状態でRD-XD91の電源を入れて見ました。
【GSA-4040B動作チェック】
Gsa4040b

 幸いなことに、エラーが出ることなく正常にDVDドライブが認識されました。
 テスト用の映像信号が記録された「DVDレンズクリーナー」を入れてみると、正常に映像が再生されました。念のためレンズのクリーニング処理も行いました。
【lens cleaner】
Lens_cleaner Lens_cleaner2

 次に、安売りで買ってきた輸入物のDVD-Rで初期化、記録、再生をしてみましたが、とりあえず問題ないようです。

 次に、2台目のGSA-H40Nをチェックしました。
 こちらもGSA-4040Bと同様に初期化、記録、再生ができました。
 
 最終的には、このGSA-H40Nを取り付けて修理終了です。
 安く入手したジャンクのDVDドライブが2台とも動作したのでラッキーでした。
 GSA-4040Bの方は補修部品として保管しておきますが、RD-XD91はかなり長い期間にわたって使用しているので、他の部品(HDDなど)の方が先に故障するかもしれません。

 なお、GSA-H40NとGSA-4082Bは、ドライブにディスクを入れたまま電源を切ると「ER7051」エラーとなり、それ以降の一切の操作を受け付けなくなります。
 この場合には、ディスクを手動でエジェクトした後に電源を入れればエラーは解消しますが一寸面倒です。

 なお、以下は、RD-XD91(2006.01購入) のDVDドライブ交換(修理)履歴です。
(1)2007.07 SW-9574-E (F/W=MA30) メーカー修理 ¥30030
   → 当然問題なし。
(2)2009.08  SW-9576-C (DVR-AM16CV) 新品・換装 ¥9970
   → 問題なし。ただし、ディスク装着方法変更あり。
(3)2010.09  GSA-4040B  ジャンク・換装 ¥1980
   → 部分的に使用可能だったが、不用意にバージョンアップしたためER7051が発生して使用不能に。
(4)2010.10  GSA-H42N  ジャンク・換装 ¥980
  → 購入時不動作だったが、光ヘッド清掃によりDVD-Rに焼くことは可能になった。但し、ディスクを入れたまま電源を切るとエラー発生。
(5)2011.05 2回目の修理で購入して3回目の修理で取り外したSW-9576-Cの光ヘッドを清掃して復活。¥0(再利用のため)
(6)2011.08  故障再発・修理断念    → RD-Z300を購入。
(7)2012.01 (今回) ジャンクのGSA-H40NとGSA-4082Bを偶然入手。両方ともDVD-Rで初期化、記録、再生を確認。但し、ディスクを入れたまま電源を切るとER7051発生。GSA-H40NをRD-XD91に取り付けて、GSA-4082Bは補修部品として保管。¥800×2

【参考外部リンク】
DVD換装 - RD-Wiki (東芝REGZAブルーレイ&VARDIAまとめサイト)
http://rdwiki.rd-style.info/wiki.php?DVD%B4%B9%C1%F5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

IdeaPad A1のファームウエアを_014_2525_にアップデートしました

 他の人のブログを見ていたらIdeaPad A1のファームウエアが最近アップデートされたという話が書いてあったので、とりあえずアップデートしてみました。
 IdeaPad A1の場合は、「設定」→「タブレット情報」→「システムアップデート」という簡単な手順で操作が終わるので楽です。
  中華PadのTeclast T760の場合は結構面倒です。

 当方のタブレットの場合には、今までのアップデート処理でビルド番号は以下のように変化しています。
    A107W0_A234_001_009_2375_ROW

                       ↓

    A107W0_A234_001_010_2375_ROW
A107w0_a234_001_010_2375_row

                       ↓            

    A107W0_A234_001_014_2525_ROW (今回)
A107w0_a234_001_014_2525_row 

 何が改善されたのかはよくわかりませんが、下記の記事によれば、ビデオとGPSに修正があったようです。
 巷の噂ではGPSの衛星捕捉特性が改善されたとか・・・。
 気のせいか一寸よくなったような気がしますが、たまたまかもしれません。
Ideapad_a1_gps

Lenovo Community > Idea Systems > IdeaPad Slate Tablets > Re: A1 - 2525_ROW firmware
http://forums.lenovo.com/t5/IdeaPad-Slate-Tablets/A1-2525-ROW-firmware/m-p/656945

 この記事には以下のように書いてありました。
 (以下、上記URLから抜粋引用)

*****引用開始*****
A1 - 2525_ROW firmware.Options
01-18-2012 06:25 PM

lenovo has released a new firmware.
It is A107W0_A234_001_014_2525_ROW.zip.
It seems that this firmware is based on 2493_SC.
fixed for the video and GPS.
US version has not yet been released.

This firmware has been added Japanese fonts.
But the Japanese are not displayed correctly because the font file name is wrong.
lenovo made a mistake.
/system/fonts/MTLmr3m.ttf is wrong.
Should be renamed to DroidSansJapanese.ttf.
*****引用終了*****

 これによると、今回のファームウエアでは日本文字のフォントが追加されているけれども、ファイル名が間違っているということが書いてありました。
 "/system/fonts/" の下にある"MTLmr3m.ttf"を"DroidSansJapanese.ttf"にリネームすれば良いようです。
 この辺の階層のデータは簡単には触れないようになっているようですが、もしかしてと思って試してみました。

【/system/fonts/】
_system_fonts

  確かにひとつだけファイル名が仲間はずれです。

【renameしようとしましたが・・・・】
_system_fonts2

【やっぱり弾かれました】
_system_fonts3

 「根(root)」権限がないとだめなようです。
 lenovoが早く間違いに気がついて修正してくれるといいのですが・・・
 そのうちルート権限取得の勉強をしてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション創刊号を買いました

 特にジャズファンという訳ではありませんが、テレビや新聞で派手に宣伝してるし、創刊号は490円でワンコインでお釣りが来るし、部品を集める模型シリーズと違って一冊だけでも無駄にならないし、マイルス・デイヴィスなら名前くらいは知っているし、ということで、ミーハー(死語?)な小生はとりあえずデアゴスティーニ(DeAGOSTINI)の隔週刊「ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション」創刊号(マイルス・デイヴィス)を買ってきました。
Bluenote1 Bluenote2
 デアゴスティーニの広告は良く見かけますが、買ったのは初めてです。デアゴスティーニが設立者(Giovanni De Agostini)の名前だということを初めて知りました。

 当方の場合はジャズを聴くといっても、たまにBGM代わりに聴く程度であまりハードなものは苦手です。
 買ったLPレコードの枚数は非常に少なくて、FMラジオのジャズ番組の受信がほとんどでした。
 DJの一人の名前が「あおきひらく」さんという記憶があったで、検索してみると70年代にNHK-FMで放送された「ジャズ・フラッシュ」という番組を聞いていたようです。使用していたFMチューナはTRIO FX-102K(キット)だったかもしれません。

 付属のCDには以下の6曲が収録されています。
http://deagostini.jp/bnc/backnumber.php?id=33575&issue=1

1. Autumn Leaves
2. Dear Old Stockholm
3. Yesterdays
4. Tempus Fugit
5. It Never Entered My Mind
6. How Deep Is The Ocean

 何十年振りに聴いたせいか"Autumn Leaves"以外はメロディーをあまり覚えていませんでした。
 なお、1はステレオで2~6はモノラルです。
 
 ブルーノートと言えば、昔福岡の天神にあった「ブルーノート福岡」の招待券が何かの福引きで当たったことがあるのですが、その時は余り興味がなくて、他の人にあげました。今考えると一寸勿体なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

IdeaPad A1に外付けGPS(m-241)を接続する方法

 IdeaPad A1を外付けGPSで使用することについては、以前ブログに書いたことがあるのですが、自分のメモ用に写真でまとめてみました。

 IdeaPad A1にはGPSが内蔵されているので、外に持ち出して色々遊ぶことができます。
 日本モデルが同じチップセットを使用しているかどうかは分かりませんが、以下のlenovoの資料によれば、IdeaPad Tablet A1 ではBroadcom のBCM4751が使用されているようです。(Page 3/91参照)

Personal Systems Reference
LenovoR IdeaPad ? Netbooks and Notebooks
December 2011 - Version 411
http://www.lenovo.com/psref/pdf/ipbook.pdf

 BCM4751であれば、日本のQZSSもサポートしている新しいチップなので、単体での性能は良いはずですが、タブレットPCに組み込んだ場合には、かなり衛星の捕捉特性が低下するようです。
 PCはノイズ源なので、ノイズの影響が大きいのかもしれません。なお、初代のPSP(PSP-1000)に外付けGPS(PSP-290)を直接した場合には衛星の捕捉特性が悪かったのですが、延長ケーブルを使用したところ、性能がかなり改善されたことがあります。

Broadcom BCM4751 Datasheet
http://wenku.baidu.com/view/0128a23467ec102de2bd8973

 今まで使ってきたHoluxのm-241に比べるとIdeaPad A1はかなり衛星の捕捉特性が落ちます。
 ということで、IdeaPad A1に外付けGPSとしてm-241を接続してみました。
 航空機内でも使用したかったので最初はUSB接続を考えたのですが、情報が無かったのでBluetooth経由となりました。

接続手順は以下の通りです。
・前準備
(1) IdeaPad A1にBluetooth GPS (Googoo Android)をインストールする。
https://market.android.com/details?id=googoo.android.btgps&hl=ja
 似たような名前のアプリがいくつかありますが、今回はこれを使用しました。(名前が変更された?)
(2)m-241のBluetooth機能をオンにする。

 以下、IdeaPad A1での操作手順です。
 手抜きで写真のみです。赤枠はタップ項目、黄枠は単なる表示項目です。

(1)設定.
1

(2)無線とネットワーク
2

(3)Bluetooth設定1
3bluetooth1

(4)Bluetooth設定2.
4bluetooth2

(5)Bluetoothのペア設定リクエスト1
5bluetooth1

(6)Bluetoothのペア設定リクエスト2
6bluetooth2

(7)Bluetoothのペア設定完了
7bluetooth

(8)m-241(Bluetooth mode)
8m241bluetooth_mode

(9)Bluetooth GPS
9bluetoothgps

(10)Bluetooth GPS(main1)
10bluetoothgpsmain1

(11)Bluetooth GPS(main2).
11bluetoothgpsmain2

(12)Bluetooth GPS(status)
12bluetoothgpsstatus

(13)Bluetooth GPS(NMEA logs)
13bluetoothgpsnmea_logs

(14)Bluetooth GPS(map).
14bluetoothgpsmap

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

”磁気共鳴”給電って何?

 CESのニュースを見ていたら、以下のような記事がありました。

Impress AV Watch
CESで注目の新技術。東芝の“磁気共鳴給電”とは
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/avt/20120112_503938.html

 最近、無線給電関係で”磁気共鳴”という用語を良く聞きますが、意味がよく判りません。
  "特定周波数で共鳴する磁気回路"とはどういう意味でしょうか?
 磁気回路というとリラクタンス位しか思いつきません。

 下記の文献には、空芯コイルのインダクタンスと浮遊容量(寄生容量)から構成された“磁気共振器”、“共鳴コイル”が説明されていますが、部品として見たときに単なるLC共振回路とどう違うのかまだ良く理解できません。

 磁界共振方式の定義ではkが0.1以下未満のものとなっているようです。(サポートは1まで)

 当方のような素人がちょこちょこと調べただけでは、“磁気”と“共鳴”の組み合わせがよく理解できません。
 “共振を使う磁気結合“とは意味が違う?
 同じ”磁気共鳴”でも診断で使用されるMRIの場合には磁気モーメントの話が出てくるので、変化する磁界により磁気モーメントが回転(共鳴)するというイメージがなんとなく沸いてきます。
 こちら(MRI)の方は昔から使われているので、互いに異なる違う(と思われる)メカニズムに対して同じ用語を使うのは混乱を招くのではないのかという気がしないでもありません。

信学技報 
WPT2011-19 ワイヤレス電力伝送技術に関する最新の標準化動向
http://www2.nict.go.jp/w/w122/satcom/wpttg/paper/WPT2011-19.pdf
WPT2011-21. 共振を使う磁気結合ワイヤレス給電技術の効率について
http://www2.nict.go.jp/w/w122/satcom/wpttg/paper/WPT2011-21.pdf

 なお、上記CESの記事の中で「300MHz程度の周波数帯で規格化が検討されている」と書いてありましたが、300MHzで出力10Wということになると、アンテナなし(ダミーロード状態?)でも結構飛んで行くような気がしますが実際はどうでしょうか?

【参考外部リンク】
Wireless Power Transfer Technology April 2011
http://www.y-adagio.com/public/committees/iec_tc100_ags/meetings/29/100ags435.pdf

磁気共鳴
http://kotobank.jp/word/%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

GPSで記録した国際線飛行ルートいろいろ(ルートラボ編)

  INTERNT Watchを見ていたら以下のような記事がありました。

Impress Internet Watch  2012/1/6 19:11
「ルートラボ」に投稿されたルートの総延長、年間2873万km、毎日地球2周分
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120106_502861.html

 投稿されたGPSデータは1日あたりでは9512kmだそうです。
 当方も、搭乗した航空機のルートをブログに載せるときに時々利用しています。
 下の「ルートラボ」は、シドニーから成田までの機内で、電子機器が使用可能な区間でGarminのeTrex Legendで測位したデータを表示したものです。

http://yj.pn/QFW68s

 記録されたデータを見ると、距離が7967.1kmとなっているので、瞬間最大風速的には「ルートラボ」に投稿された1日分のルートの距離のかなりの部分を占めたことになるのかもしれません。
 「ルートラボ」のページからは、自分で投稿したgpxデータをダウンロードできるので、自分でデータ管理するよりも楽かもしれません。
  以下のgpxデータは、南から北に赤道を通過した時のものです。
 15:45:13Zでは南緯(lat="-0.0242680555555556")ですが、15:45:34Zでは北緯(lat="0.0219505555555556")になっています。
 
<trkpt lat="-0.0770327777777778" lon="146.148376388889"><ele>11641.7</ele><time>2007-03-23T15:44:49Z</time></trkpt>
<trkpt lat="-0.0242680555555556" lon="146.143955555556"><ele>11642.6</ele><time>2007-03-23T15:45:13Z</time></trkpt>
<trkpt lat="0.0219505555555556" lon="146.140007777778"><ele>11643.1</ele><time>2007-03-23T15:45:34Z</time></trkpt>
<trkpt lat="0.0967305555555556" lon="146.133441666667"><ele>11642.6</ele><time>2007-03-23T15:46:08Z</time></trkpt>

 eTrex Legendは旧世代のGPSレシーバなので受信感度があまり高くなく、窓に近づけてやっと測位出来る程度でした。
 「ルートラボ」のサイトに記載されている地図は、2011/1/1-2011/12/31のデータということですが、もしこの期間に投稿していたらオーストラリアまで線が引かれたのでしょうか?

その他の飛行ルート
・成田 → デンパサール http://yj.pn/tc6vQG


・成田 → シンガポール http://yj.pn/44dTgr

・シンガポール → 成田 http://yj.pn/OcxJge

・ホノルル → 成田   http://yj.pn/dweshf

【参考外部リンク】
LatLongLab 2012年1月 6日
ルートラボの投稿ぜんぶ繋いだら日本地図になったよ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/2012/01/infograph.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

東急田園都市線で試運転の車両をみかけました

 ホームに行き先表示が「試運転」となっている電車が停まっていました。
 「試運転」の電車はあまり見たことが無かったのでとりあえず撮ってみました。
 手元にカメラが無かったので、たまたま持っていたrenovo IdeaPad A1 をケースから取り外して内蔵カメラで慌てて撮りました。
 かろうじて「試運転」の文字が読み取れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

「ちぃばす」(田町→六本木)でIdeaPad A1のNavDroydを使ってみました(外付けGPS使用)

  以前、バスの車内でIdeaPad A1でNavDroydを使ったことがあるですが、内蔵のGPSではビル街での使用はかなり困難でした。
 今まで常用していたHolux m-241は胸のポケットに入れておけば、電車やバスの中でも殆どの場合(精度はともかくとして)測位可能だったので、今回は、IdeaPad A1にm-241を
外付けしてみなとコミュニティバス「ちぃばす」(田町ルート)でNavDroydのナビ機能を使ってみました。

 テストの条件は以下の通りです。
・使用タブレットPC:IdeaPad A1 (2G)
 (Wi-Fi オフ、Bluetooth オン)
・使用アプリ:
 NavDroyd(プリインストール)
  Bluetooth GPS (Googoo Android)
・使用GPS
  Holux m-241(Bluetooth オン)
  コートの左胸のポケットにアンテナ面を上向きに装着
・乗車バス
 みなとコミュニティバス「ちぃばす」(田町ルート)
 着座位置は最後部列の右端窓際

出発地:GPSにより測位された現在位置(田町駅バス停)
目的地:NavDroydの地図で指定(六本木ヒルズ付近)

 NavDroydの画面の変化は以下の通りです。
 なお変化の少ない部分(渋滞、信号待ち)は編集でカットしてあります。

 m-241の生のトラックデータによる走行コースは以下の通り。

 NavDroydの画面では、大部分の場所で道路の上を走っているように見えますが、ルートラボの表示を見ると、実際に測位された位置は道路から少し離れている場合が多いです。
 マップマッチングが適用されているかもしれません。
 バスは殆どの区間で計算されたルートにしたがって走行したので、リルートはあまり発生しませんでしたが、リルート計算は数秒でした。

【参考外部リンク】
Bluetooth GPS (Googoo Android)
https://market.android.com/details?id=googoo.android.btgps&hl=ja

みなとコミュニティバス「ちぃばす」
http://www.city.minato.tokyo.jp/kurasi/sumai/tibus/index.html
時刻表(田町ルート・車庫発着便)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kurasi/sumai/tibus/rosenzu/files/8tamachi.pdf
路線図
http://www.city.minato.tokyo.jp/kurasi/sumai/tibus/rosenzu/files/1uramen.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

江島神社に初詣に行ってきました(2012.1.4)

  一寸出遅れましたが、例によって江ノ島に行ってきました。
 2時過ぎに着きましたが、4日目にしては結構混んでいました。
 混んでるといっても大混雑というわけではなくて、参拝は、手水舎と本殿の間の階段のところで(バッチ処理?)4回待ち程度でした。
【参道】14:22
Enoshima_2012

 餌となるものがあるのか、トンビが波打ち際に向かって急降下していました。
 EX-FC100でハイスピード撮影(210fps)してみました。
【餌に向かって急降下する江ノ島のトンビ(スローモーション)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

IdeaPad A1がセーフモードで立ち上がりました

 電源を入れたときの挙動が一寸変だと思っていたら、IdeaPad Tablet A1がセーフモードで立ち上がりました。
 昔、Windowsではよく見かけましたが、Android タブレットPCでは初めて見ました。
Ideapad_a1_safemode_1_3
Ideapad_a1_safemode_2Ideapad_a1_safemode_3  

 ランチャーはデフォルトのものから"Launcher Pro"に変更していたのですが、デフォルト(Lenovo)のものに戻っていました。 
 また、メインメニューのレイアウトもデフォルトのものに戻っていました。
 セーフモードでの挙動を調べれば良かったのですが、状況が悪化すると困るので、すぐに電源を入れ直したところ、元の状態に戻りました。
 Windowsの場合には、電源投入時に所定のタイミングで所定のファンクションキーを押せばセーフモードに入ることができますが、Android タブレットPCの場合には、どうすればセーフモードに入ることができるのか、またセーフモードにどのような意味があるのかよくわかりません。
 いずれにしても、セーフモードに入ったということは、正常な動作ではないということと思われるので、一寸心配ですが対策がわかりません。
 とりあえずはアプリを沢山詰め込んだり、怪しげなアプリをインストールしたり、ということをしないようにするしかないのいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

アマチュア無線昔話(開局時)

 元旦の新聞の読者投稿欄を見ていたら、アマ局暦40年の人の話が載っていました。
 今年が再免許の年だそうです。
 当局も今年が何回目かの再免許の年です。
 開局は昭和39年(1964)だったので、今年で開局から48年になります。
 途中で一時免許が中断しましたが、コールサイン復活の手続きをして再開局したので、どうにか旧コールサインを維持しています。
 身辺整理という訳ではありませんが、昔の開局時の資料があったので電子化してみました。

 昔は、認定制度のような便利なシステムは無かったので、送信機のブロック図や自宅の地図まで書きました。
  見本を見て申請書を書いたのですが、色々不備な箇所があって職権訂正でどうにか免許がおりました。
 4逓倍がダメとか、自励発振即出力がダメとかは知りませんでした。(電波法や施行規則には直接書いてないし・・・)

【無線局免許申請書】
Photo_9
     

【アマチュア局事項書】
Photo_10

【工事設計書】 
Photo_11
【送信機系統図・送信空中線を示す略図】
Photo_12
                                                     【無線局の付近を示す概略の地図】
Photo_13

【免許状】
Photo_8

 無線局免許状が来てやっと電波が出せるようになりました。

【開局当時の使用リグ】
My_rig

 左から受信機(9R-59)、送信機(2B33)、変調機(6BQ5pp)です。
 送信機の上はVFO、変調機の上は電源部です。
 図体がでかい割には出力は10Wです。
 当時は(終段陽極)入力25W、出力10Wで何の疑問も持たなかったのですが、最近ネットのQAで「増幅器なのになぜ入力より出力が小さいの?」という質問を見ました。
 たしかに、普通の人が聞いたら一寸変かもしれません。

【業務日誌】 
1
2

 昔は電波法で備え付けが義務付けられていました。
 開局当時は3.5MHzのAMでローカル局とQSOしていたようです。
 相手局も送信機は自作、受信機はメーカー製という組み合わせが多かったです。

【局名録】
1_2
2_2
3

 最近のQSLの交換システムは良く知りませんが、当時はダイレクト(切手を貼って郵便で出す)とJARL経由が主でした。
 ダイレクトの場合は、相手局の住所を知る必要があるので局名録が必要でした。
 住所のほかに勤務先まで書いてありますが、今では一寸考えられませんね。
 当時の広告を見ると色々面白いです。

 現在でもどうにかコールサインは生きていますが、最近はたまに500円八木アンテナと144/40MHzのトランシーバを持って近所の低い山(丘?)に登るのがやっとです。
 あと何回再免許の手続きができるのか判りませんが、興味だけはありますので可能な限り続けたいと思います。
 135kHzも一寸やりかけましたが、あまりにも飛ばないので途中で挫折しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

良い年でありますように

2012_new_year

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »