« 羽田と成田は雪のようです | トップページ | 今日の宇宙天気情報 »

2012年1月25日 (水)

月面で使用されたコダックの立体接写カメラ

 一寸旧聞になりますが、コダック破綻の記事を読んでいたら、アポロ11号で使用されたカメラの話が書いてありました。

米コダック、米連邦破産法第11条の適用を申請
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201201190048.html

Photography pioneer Kodak files for bankruptcy
http://www.reuters.com/article/2012/01/19/us-kodak-idUSTRE80I08G20120119
*****以下上記URLから抜粋引用*****
The company on its website said a Kodak camera was used on the Apollo 11 mission in 1969. A Kodak camera was used by the astronauts to film the lunar soil from only inches away, according to NASA.
*****引用終了*****

 月面でハッセルブラッド(Hasselblad)が使用されたのは知っていましたが、コダックのカメラも使用されていたのは初めて知りました。

Apollo-11 Hasselblad Cameras
http://www.hq.nasa.gov/alsj/a11/a11-hass.html

 上記記事によれば、コダックのカメラは接写用だったようですが詳細が良く判りません。
 コダックのサイトを調べてみたら以下のような記事がありました。

Broadening the Impact of Pictures
http://www.kodak.com/global/en/corp/historyOfKodak/impacting.jhtml
*****以下上記URLから抜粋引用*****
Kodak technology also went along on Apollo 11, with the first astronauts to walk on the moon. A special stereoscopic color camera built by Kodak enabled astronauts to photograph extreme close-ups of rocks, dust, and minute features of the Moon's surface. The camera, about the size and shape of a large shoebox, was easily operated using a trigger on an extendable handle. This enabled an astronaut to operate it despite the limited mobility, dexterity and visibility caused by their pressure suit and heavy gloves. Photos of the lunar soil taken by Neil Armstrong enabled scientists to see soil particles smaller than two one-thousandths of an inch.
*****引用終了*****

 この記事によれば接写用の立体カメラだったようです。
大きさと形は大体"large shoebox"ということですが、イメージが湧きません。
 さらに調べてみたら、コダックサイト内のブログにそれらしい写真がありました。

One of these days...
http://1000words.kodak.com/thousandwords/post/?id=2401573

 LM(lunar module )が写っている写真の右下にあるのがカメラのようです。
 http://rm.awarenessnetworks.com/6661019159416927713.jpg

 記事によれば、"The final product was just a pinch bigger than a cigar box with a long handle."とあるので、かなり小型になったみたいです。
 フィルムだけ抜き取られてカメラ本体は月面に残されたとのこと。

【余談】
 昔、コダックというネーミングはシャッター音から連想されたという話を聞いたことがあり、ネット上でもそのように書いてあることがありますが、公式サイトを見る限りではシャッター音との関連は書いてないようです。

George Eastman
http://www.kodak.com/ek/US/en/Our_Company/History_of_Kodak/George_Eastman.htm
*****以下上記URLから抜粋引用*****
The word "Kodak" was first registered as a trademark in 1888. There has been some fanciful speculation, from time to time, on how the name was originated. But the plain truth is that Eastman invented it out of thin air.
He explained: "I devised the name myself. The letter 'K' had been a favorite with me -- it seems a strong, incisive sort of letter. It became a question of trying out a great number of combinations of letters that made words starting and ending with 'K.' The word 'Kodak' is the result." Kodak's distinctive yellow trade dress, which Eastman selected, is widely known throughout the world and is one of the company's more valued assets.
*****引用終了*****

”fanciful speculation”という表現は、シャッター音云々に対する揶揄?

|

« 羽田と成田は雪のようです | トップページ | 今日の宇宙天気情報 »

カメラ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/53818280

この記事へのトラックバック一覧です: 月面で使用されたコダックの立体接写カメラ:

« 羽田と成田は雪のようです | トップページ | 今日の宇宙天気情報 »