« ThinkPad X40用互換バッテリ(4400mAh)を買いました | トップページ | 「AKB48 東京パステルサンド」を買いました »

2012年3月19日 (月)

著作権法改正案で「写り込み」は本当にOK? 「写し込み」は?

 以下の記事の見出しを見るとキャラクター全体が写り込んでもOKのように取れます。

 INTERNET Watch
 2012/3/16 20:40
 著作権法改正案が国会に提出、「写り込み」は合法化、DVDリッピングは違法化
 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120316_519448.html

 記事の中にも、「いわゆる「写り込み」に関する改正としては、写真や映像などに他人の著作物が写り込んでしまった場合でも著作権侵害にならないとする規定を整備。これにより、キャラクターが写り込んでしまった写真をブログで公開するといった行為が、著作権侵害にはあたらないことになる。」と書いてあります。
 
 ところが、下記の記事によれば、「有名キャラクターのぬいぐるみを抱いた子供の写真を無断でブログに掲載すると現行は違法となる恐れがあるが、写り込んだ部分が少なければ問題ないとする」とのことです。

 日本経済新聞 電子版
 2012/3/9 10:45
 キャラクター商品、一部写った画像の使用OK 著作権法改正案を閣議決定
  http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2EAE2E6908DE2EBE2E1E0E2E3E09180E2E2E2E2;at=ALL

 こちらの記事では「キャラクター商品」の「一部」だけが「写った画像の使用OK」のように思われます。

 以下、素人の素朴な疑問です。
  ・写り込んでいるのがキャラクター商品の「一部」ならOKなのか?
 ・「一部」とはどのように判断するにか? 平面投影面積? 注目の程度? インパクトの程度? 
 ・写真の「一部」にキャラクター商品全体が写っているものはNGなのか?
 ・主被写体ではないが、意図的にキャラクター商品全体を含めて写している場合(写し込み)はNGなのか?

 当方もブログに写真を入れることがあり無関係ではないので、興味があります。
 想像で話をしても仕方がないので、改正案を読んでみました。

 文部科学省
 トップ > 政策について > 国会提出法律 > 第180回国会における文部科学省提出法律案 > 著作権法の一部を改正する法律案
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/1318798.htm

 著作権法の一部を改正する法律案(新旧)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/03/16/1318798_4.pdf (p7/15参照)

 どうも以下の新設された第三十条の二 第1項が関係するようです。

(以下抜粋引用)
***********************
(付随対象著作物の利用)
第三十条の二 写真の撮影、録音又は録画(以下この項において「写真の撮影等」という。)の方法によつて著作物を創作するに当たつて、当該著作物(以下この条において「写真等著作物」という。)に係る写真の撮影等の対象とする事物又は音から分離することが困難であるため付随して対象となる事物又は音に係る他の著作物(当該写真等著作物における軽微な構成部分となるものに限る。以下この条において「付随対象著作物」という。)は、当該創作に伴つて複製又は翻案することができる。ただし、当該付随対象著作物の種類及び用途並びに当該複製又は翻案の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。
2 前項の規定により複製又は翻案された付随対象著作物は、同項に規定する写真等著作物の利用に伴つて利用することができる。ただし、当該付随対象著作物の種類及び用途並びに当該利用の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。
*********************** 

 これによれば、認められるのは「写真等著作物における軽微な構成部分となるものに限る」ということのようです。
 上記記事に例示されていた「有名キャラクターのぬいぐるみを抱いた子供の写真」における「有名キャラクターのぬいぐるみ」は「軽微な構成部分」と解釈されるのでしょうか?
 「有名キャラクターのぬいぐるみを抱いた子供の写真」が「著作権者の利益を不当に害する」とは(素人的には)思えないので、OKなのでしょうか?

 広辞苑では「軽微」の意味が以下のようになっています。

 けい‐び【軽微】
 少しばかりであること。程度がわずかであること。「―な損害」
 広辞苑第6版

 一般的に考えると、「有名キャラクターのぬいぐるみを抱いた子供の写真」の場合には、子供が主被写体ですが「有名キャラクターのぬいぐるみ」は必要な(重要な)モチーフの一つとして副被写体になると思われるので、「程度がわずかである」とはいえないような気がしますがよくわかりません。

 どこかに「グッズの全体像が映り込んでしまった場合は違法となってしまう」と書いてありましたが、もしこれが正しいとするとほとんどの「有名キャラクターのぬいぐるみを抱いた子供の写真」はアウトですね。
 もしかすると子供の腕でキャラクターの一部が隠れているからOKとか??

 なお、条文では「写り込み」、「写し込み」という表現はでてきませんが、色々議論されたようです。
  「写し込み」はグレー?

 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第10回)議事録
 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/h22_shiho_10/gijiyoshi.html

 文化審議会著作権分科会 報告書
 平成23年1月
 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/pdf/shingi_hokokusho_2301_ver02.pdf

|

« ThinkPad X40用互換バッテリ(4400mAh)を買いました | トップページ | 「AKB48 東京パステルサンド」を買いました »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/54262209

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権法改正案で「写り込み」は本当にOK? 「写し込み」は?:

« ThinkPad X40用互換バッテリ(4400mAh)を買いました | トップページ | 「AKB48 東京パステルサンド」を買いました »