« 「華氏451度」等の作者 レイ・ブラッドベリ氏死去 | トップページ | この消臭剤は不味いかも? »

2012年6月10日 (日)

USB DrDAQ Data Logger(簡易オシロ/スペアナ)を買いました

 少し前のことになりますが、電波時計の検波出力の波形を確認するために、大昔に買ったブラウン管式オシロ(TRIO CS-1557)を引っ張り出して電源を入れたら抵抗が火を噴いて故障しました。
 その時点では、原因不明のまま抵抗交換という手抜きの修理をしましたが、その後同じ故障を発生しました。
 同様な故障が発生した方から頂いた情報によると、どうも高圧コンデンサが劣化してリーク電流が多くなったようです。

 高圧コンデンサは高価なので修理をあきらめてほかの手段を考えました。
  最初に昔秋月で買ったpico Technologies ADC-40を使用できないか検討しました。
Adc40_1 Adc40_2

 このADC-40も簡易オシロ/スペアナ機能を持っていたので、何かに使えるのではないかと思って買ったのですが、対応OSが古く(DOS, Windows 3.1, 95等)、またインターフェースがプリンタポートということで、使用法を十分理解する前に、PC側が進歩してしまい結局使いこなせませんでした。最近再度チャレンジしてWindows 2000でデジタル電圧計として使用できるところまでは行ったのですが、そこで挫折しました。
 プローブは割りとよさそうなものが付属していたので後で使えそうです。
Probe

 最近はオシロも安くなってので、適当なものはないかと探していたら、カラーLCD,2CH,100Mspsというオシロ(PDS-5022T)がありました。
 結構評判もよさそうですが、常時使用するものではないので一寸躊躇します。

 先日、秋葉原の秋月で店頭を眺めていたら、ブリスター包装されたUSB DrDAQ Data Loggerというものが置いてありました。
 名前はデータロガーですが、簡単なオシロやスペアナ機能もあるようです。また、マイクロホン、温度センサ、光センサが基板に取付け済みで、ユーザに開放された入出力端子もあります。

以下、http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-04743/ から抜粋引用。
********************************************************
・チャンネル数:14ch(ボード上に割り当て済みのセンサ含む)
・サンプリングレート:100kHz@ストリーミング、1MHz@ブロックモード
・PC接続インターフェース:USB2.0
・搭載センサ:温度センサ、マイクロホン、光センサ
・計測用IO:Ph/Redox/ORPセンサ入力、外部センサ入力(アナログx3)、抵抗値測定入力
・オシロスコープ入力:帯域幅100kHz、8ビット
・シグナルジェネレータ機能:20kHz max、1.5V max
・外部センサ入力:アナログ入力x3、0~2.5V、分解能0.1mV
・デジタル入出力:4ch、PWM出力可
・抵抗測定入力仕様:0~1MΩ
・温度センサ仕様:-10~+70℃
・マイクロホン仕様(音響センサ):55~100dBA
・光センサ仕様:測定レンジ0~100(絶対評価用に校正されたものではありません)
・RGB LED出力:1670万色(8ビットx3)
・付属ソフトウェア:PicoScope、PicoLog
********************************************************

 値段もそれほど高くないし、色々遊べるかも知れないと思って衝動買いしてしまいました。
【USB DrDAQ Data Logger】
01usb_drdaq_package 02usb_drdaq_contents
03usb_drdaq_front 04usb_drdaq_rear
05usb_drdaq_pers1 06usb_drdaq_pers3
07usb_drdaq_pers4 08usb_drdaq_pers5
10usb_drdaq_sound_sensor 11usb_drdaq_light_sensor
12usb_drdaq_temperature_sensor

  後から考えると、同程度の値段でモノクロオシロ(BenchScope)があったので、測定がメインならそっちの方がよかったかもしれません。

 とりあえず所期の目的である電波時計の検波出力を測定してみました。
 使用した電波時計は、検波出力端子を増設したOREGON SCIENTIFIC  RM219 (40kHz専用)です。

http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2009/10/jjy-812d.html
 
 今日は電波の入りがあまりよくなかかったので、電波時計を窓際において受信しました。また、PCを電波時計に近づけるとPCノイズの影響があるので少し離しました。
Setup

【電波時計・PC隣接】
Noise_high

【電波時計・PC離間】
Noise_low

【JJYモールス波形】
Jjy_morse

 右上に「・--- ・--- -・--    ・--- ・--- -・--」が見えます。

|

« 「華氏451度」等の作者 レイ・ブラッドベリ氏死去 | トップページ | この消臭剤は不味いかも? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/54928179

この記事へのトラックバック一覧です: USB DrDAQ Data Logger(簡易オシロ/スペアナ)を買いました:

« 「華氏451度」等の作者 レイ・ブラッドベリ氏死去 | トップページ | この消臭剤は不味いかも? »