« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月26日 (日)

990円のワンセグチューナ(LT-DT306)でSDR(Software Defined Radio)

  安いワンセグチューナでSDR(ソフトウエアラジオ)ができるという記事を見て、一寸面白そうだったので試してみました。
 DVB-T COFDMの復調用のチップとしてRealtekのRTL2832Uを使用したUSBドングルチューナが使えるという話です。
 ネットで調べて見るとZOXのDS-DT305やREDSPYCEのLT-DT306が使えそうです。
  LT-DT306の方が少し安いようなので、こっちにしました。
 秋葉原で990円でした。

【LETIEO USBワンセグチューナー fot PC  REDSPYCE LT-DT306SV】
Ltdt306_receipt_2
Ltdt306_package
Ltdt306_usb_dongle
Ltdt306_usb_dongle_w_ant

【分解】
Ltdt306_teared

【RTL2832U】
Ltdt306_rtl2832u

【FC0013】
Ltdt306_fc0013

  ワンセグチューナを使ったSDRの記事は色々あったで、それらを参考にしてやってみましたが、それぞれ環境が違っているので、結構悪戦苦闘してやっと動くようになりました。
 当方は、LT-DT306(tuner:FC0013, DVB-T COFDM demodulator:RTL2832U)+HDSDRの組み合わせを使用しました。

 躓いたのは、HDSDRで"Options"→""Select Input"と進んでも、選択肢として"USRP"が表示されないことでした。
 あちらこちら触っているうちに表示されるようになりましたが、何が原因だったのかよく判りません。VC++のチェックを入れた後で動くようになったのですが、関係があるかどうかはわかりません。

 2回のベランダに設置してあるホイップアンテナにつないでみたとこころ、どうにかACARSやATCが受信できました。
Hdsdr_usrp
Hdsdr_acars
  コネクタが一寸特殊だったので、手元にある中継コネクタや中継ケーブルを総動員しました。接続ロスはかなり大かもしれません。
Cable_connector1
Cable_connector2
 なお、LT-DT306には接続ケーブルは付属していません。  
 FRG-965と聞き比べてみると感度は今ひとつです。なお、遅延は0.1-02秒程度で思ったよりも短かったです。
 使用したPCが古いIBMのThinkPad X40(1.4GHz,1GB)だったためか、途中で一時的にフリーズすることがあります。

 低いほうの周波数は50MHz程度まで使えるということなので、試してみました。
 SSG等という洒落たものは持っていないので、大昔に買ったTRIOのGRID DIP METER DM-6を利用しました。
 目盛りを50MHzに合わせて電源を入れると6CW4は10秒位で発振を開始しました。
 下の動画はHDSDRでDM-6の周波数の変化を見たものです。

 真空管式には限りませんが、自励発振回路の場合には電源投入時の周波数変化がかなりあります。
 周波数の変化を直接目で見る事ができるのはなかなか面白いです。
 一旦周波数が安定した後に周波数が低くなっているのは、6CW4の陽極電圧を下げて出力を下げたためです。また、その後に周波数が高くなっているのは、電圧を上げて出力を上げたためです。最大出力時には、スプリアスかイメージかはわかりませんが、複数本のスペクトルが立っています。

 DM-6では内蔵の低周波発振回路を使用して変調をかけることができるのですが、CRとネオン管による弛張発振(鋸波)なので、サイドバンドがかなり広がりますが、この様子も目で見ることができます。
 また、発振コイルに手を近づけるとボディエフェクトで発振周波数が下がるのを目で確認することができます。

 感度はあまりよくありませんが、1000円程度のデバイスでスペアナもどきとして結構遊べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

瞬間最大風速!?(ココログランキング)

 厚木基地の盆踊りの紹介記事へのアクセスが雷雨の影響で急激に増加したようです。

Cocolog_ranking

 2833アクセスで195位ということになるのでしょうか?
 多分、最初で最後でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

東急が電車マスコットキャラの愛称を募集(8/28-9/28)

  5000系をモチーフにしているそうです。
  一寸キャラクタの濃さが足りないような気がしないこともありませんが・・・・

GIGAZINE
2012年08月22日 11時24分07秒
東急が車両をモチーフにしたマスコットキャラクターの愛称を募集
http://gigazine.net/news/20120822-tokyu-mascot/

東急電鉄ニュースリリース
2012年8月20日
東急線のマスコットキャラクターが誕生!
8月28日(火)から愛称を募集します
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/120820-3.pdf

 先輩が沢山いるので、ネーミングには苦労するかも・・・・

マスコットキャラクター一覧 - Wikipedia
27 運輸業
27.1 鉄道
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E9.89.84.E9.81.93

 電車そのものではありませんが、こんなもあるようです。

「ご当地キャラカタログ」
http://localchara.jp/catalog/search?tag_mode=0&keyword=%E9%9B%BB%E8%BB%8A&method=and&prefecture%5B0%5D=&prefecture%5B1%5D=

  ★過去のネーミングリストを見ると先入観が生じて自由な発想ができなくなるかも知れないので、何も考えずに思いつくままにどんどんアイデアを出すのがいいかもしれません。

 手元にある電車のマスコットはこれ(↓)位です。
Photo
つくばエクスプレス
「スピーフィ」
http://www.mir.co.jp/company/ci.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

JR東日本2012 夏休みフェア『東京総合車両センター 一般公開』は8月25日

 JR京浜東北線大井町駅にポスターが貼ってありました。

Jreast

 昨年初めて行ったのですが、着くのが遅かったため実演は殆ど終了していました。
 辛うじて車体の昇降作業を見ることができましたが、なかなか迫力がありました。

JR東日本2012 夏休みフェア『東京総合車両センター 一般公開』開催
http://www.jreast.co.jp/tabidoki/famitetsu/pdf/20120724_summerfair_tokyosougou.pdf
2012 年8 月25 日(土)10:00~15:00
雨天決行 入場無料(入場は14:30 まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

昨日のアクセス数は2,833でした

【アクセス推移(2012年8月18日)】
2012818

 普段は500程度なので異常に多いです。

【アクセス推移( 2012年5月1日 ~ 2012年8月18日)】
201251_2012818

 アクセスログを見てみると、「厚木基地」and「盆踊り」のキーワードで「厚木基地の盆踊り(2012)は8月18日のようです」のページにアクセスが集中しています。

【検索ワード/フレーズ】
Photo

【ページ別アクセス数】
Photo_2

 昨日(8/18)の午前中は雷バリバリ雨ザーザーでした。
東京電力雨量・雷観測情報(http://thunder.tepco.co.jp/index.html)から抜粋引用
【雨量情報 2012年8月18日10時33分】
20120818_1033_rain

【雷雲落雷合成情報 2012年8月18日10時33分】
20120818_1033_thunder

 在日米海軍厚木航空施設 渉外部のtwitter(http://twitter.com/hnro_atsugi)には、「おはようございます。今日のフェステイバル&盆踊りは予定通り行われます。」と書き込まれていたのですが、あまりにも天気が悪いので、何かの情報を得られないかということでアクセスされた方が多かったようです。午前10時台がアクセス数のピークになっていました。

  当方は行きませんでしたが、盆踊りは無事に開催されたようでなによりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月12日 (日)

EX-FC100の動画再生エラー応急処置

 CASIOのEX-FC100は簡単にハイスピード撮影ができるので便利ですが、以前、以下の故障が発生したことがあります。
 ・電源を入れるたびに日付がリセットされる。
 ・動画が再生できない。
 前回の故障の時は保証期間内だったので、無償で修理できました。

 今回、同様な故障が発生しました。
 静止画は正常に再生できるのですが、動画を再生しようとすると、「このファイルを再生できません」というエラーメッセージが表示されて、動画を再生することができせん。
Photo_2

Photo

 前回の故障の原因は、「ソフトエラー」となっており、修理内容は「ソフト再インストール」となっていました。
 連絡事項に「アダプタータイプのSDカードは使用しないで下さい。動作不良の原因となります。」と書いてありましたが、前回の修理以降は標準のSDカードしか使用していないので、故障の原因は別のようです。

 ネットで修理の費用を調べてみると1万円とか2万5000円とかいう話が出てきます。
 EX-FC100は2万円以下で買ったので、高い費用をかけて修理するのはあまり意味がありません。

 動画ファイルが破損している可能性があるので、PCからUSBケーブル経由でカメラ内のメモリをチェックしてみました。
 サムネイルは見えるし、動画も再生できます。
Pc

Pc_2

 一寸不便ですが、カメラからPCにデータを転送すれば動画ファイルも利用できそうです。

 動画ファイルのチェックが終了したのでUSBケーブルを抜いたところ、不思議なことにカメラのメニューが英語になりました。
 もしかしてカメラ側で動画の再生ができるようになっているのではないかと思って試してみると再生できました。
 編集(部分カット)作業も可能でしたが、2回目に編集しようとしたら「This function is not supported for this file」というエラーメッセージが表示されて、動画を編集することができなくなりました。
Movie_editting_1

Movie_editing_2

This_function_is_not_supported_for_ 

 とりあえずカメラ側で動画が再生できるようになったので「ラッキー」と喜んだのですが、電源をオフにする最初の故障状態に戻ります。
 理由は判りませんがUSBケーブルを抜き差しすると動画再生できたので、再度試して見ましたが今度は変化がありません。
 USBケーブルを抜き差しを何回か繰り返すと時々英語メニューになって動画が再生できます。
 不思議な現象です。
 動作ファイル自体が破損している訳ではないので致命的な故障ではありませんが、動画撮影直後にモニタできないのはかなり不便です。
 最初の故障のときは「ソフト再インストール」で修理できたということは、バージョンアップなどで対応できそうな気もしますが、そう簡単ではないのでしょうね。

  なお、現在のファームウエアはVER 1.00です。
Ver_100
(バージョン表示はMENUボタンを押しながら電源ON)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KSLV-1(ナロ号)の3回目の発射時期は9月中には発表?

韓国の人工衛星搭載のロケットKSLV-1羅老号)は10月に打ち上げられる予定ですが、以下の記事によれば、技術的要素以外のいろいろなパラメータの影響があるようです。

[이슈현장] 나로호 10 3 발사불안한 카운트다운

[세계일보] 2012 08 06() 오후 07:13

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview2.htm?linkid=642&category=so&articleid=2012080619130084247&newssetid=82

Google翻訳】

[イシュー&現場]ナロホ103回目の打ち上げ"不安なカウントダウン"

[世界日報] 20120806日(月)午後07:13 |

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview2.htm%3Flinkid%3D642%26category%3Dso%26articleid%3D2012080619130084247%26newssetid%3D82&prev=/search%3Fq%3D%2522kslv%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26tbs%3Dqdr:w,lr:lang_1ko%26prmd%3Dimvns&sa=X&ei=gKchUKOxOeXYigff5IHQCQ&ved=0CG0Q7gEwAQ

 この記事(翻訳)の中に "9月には、発射可能な時期を発表できることで見る" という文が出てきます。

 内容は理解できますが、日本語的には一寸変です。

 他の翻訳サイト(翻訳エンジン)ではどのようになるか試してみました。

【原文】

9 중에는 발사 가능한 시기를 발표할  있을 걸로 본다

Google翻訳】http://translate.google.co.jp/

"9月中に発射可能な時期を発表できることで見る"

Bing翻訳】http://www.bing.com/translator/

9月中には、起動可能な時期を明らかにすることができるものをに見ると

(???  “ ”は?)

Yahoo翻訳】http://honyaku.yahoo.co.jp/

"9月の中には打ち上げ可能な時期を発表することができることで見る"

【OCN翻訳】http://www.ocn.ne.jp/translation/

9月中には発射可能な時期を発表できるものと見る”

 これらの中ではOCN翻訳(翻訳エンジンは高電社)が比較的自然であるような気がします。

  ただし、新しい技術用語を含んた文はGoogle翻訳の方が適していることが多いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

網戸にセミが・・・

 今朝起きたら網戸に蝉がとまっていました。
Cicadidae_1 Cicadidae_2

 カメラを3cm程度に近づけても動かないので、死んでいるのかと思って手で払い落とそうとしたら、殺気を感じたのかのか逃げていきました。

Cicadidae_a_2
Cicadidae_b_3
Cicadidae_c_2
Cicadidae_d_3
Cicadidae_e_3



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

厚木基地の盆踊り(2012)は8月18日のようです

NAF Atsugi's Bon Odori Festival on Aug. 18, 2012

  • 12:0021:00 (UTC+09)
  • 2030 閉会挨拶/Closing Remarks

    http://www.cnic.navy.mil/Atsugi/About/CommunitySupport/index.htm
    から抜粋引用
    ******************************************************************
    「アメリカン フェスティバル & 盆踊り 2012」開催のお知らせ
    NAF Atsugi American Festival & Bonodori (Free admission)  入場無料
    正門より徒歩のみでの入場となります。 公共の交通機関をご利用下さい。 相模大塚駅よりバス5分「飛行場正門前」下車。 ペットを連れてのご入場や、瓶類、火気類の持ち込みは厳禁です。 入門に際して、16歳以上のは国籍が分かる写真付き公的身分証明書(住基ネットカード、パスポート、本籍が記載された運転免許証、住民票/記載印字票+本籍記載がない免許証)が必要です。 また、16歳未満の場合は保護者の同伴が必要です。 なお、日米両国以外の国籍の方は入場をお断りする場合があります。 入場に際に行われる手荷物検査にご協力願います。
    Enter from the main gate only.  Use public  transportation as no parking is available on base.  Guests ages 16 and above must show either a valid driver's license with permanent address, passport, or ju-ki net card with photo.  Guests holding other than U.S. or Japanese citizenship may be denied entry.  Guests 15 and below must be escorted by guardians.  No pets, bottles or flammable allowed.  Please cooperate fully  with base security as you enter the gate.

    アメリカンフェスティバル エンターテインメント・スケジュール
    2012年8月18日(土)
    開門 正午 雨天8月19日
    ******************************************************************

    日米親善アメリカンフェスティバル&盆踊り2012
    http://www.facebook.com/events/342423585836701/

    在日米海軍厚木航空施設 渉外部
    http://twitter.com/hnro_atsugi

    ***********************************************:

    東京電力雨量情報
    http://thunder.tepco.co.jp/cgi-bin/main.cgi?area=2&zoom=4


    東京アメッシュ
    http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

    XRAIN雨量情報
    http://xmp.jwa.or.jp/xmpradar/xmpradar.html

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2012年8月 7日 (火)

    火星探査機キュリオシティは「ショートサーキット」のジョニー5に一寸似てるかも?

     
     キュリオシティの印象が映画「Short Circuit」のJohnny 5に一寸似ていると思っていたら、既に記事になっていました。

      Curiosity rover lands on Mars
      August 06, 2012
      http://m.smh.com.au/technology/sci-tech/curiosity-rover-lands-on-mars-20120806-23p5n.html?page=6

     「WALL・E/ウォーリー」もジョニー5に似ているといわれましたが、頭部(?)の印象はキュリオシティの方が似ているような気がします。

      Short Circuit
      http://en.wikipedia.org/wiki/Short_Circuit
     
     キュリオシティの着陸時のアニメーションを見るとかなり複雑な動作が必要なようです。
     自分が分離したパラシュートや耐熱シールドに巻き込まれないように、横っ跳びに逃げる動作等は芸が細かいです。

      Mars Science Laboratory  
      http://mars.jpl.nasa.gov/msl/
      HOW DO I LAND?
      http://mars.jpl.nasa.gov/msl/multimedia/interactives/edlcuriosity/index-2.html

    【参考外部リンク】
     CNN.co.jp
     火星探査機キュリオシティが無事着陸 火星から初の映像送信
     2012.08.06 Mon posted at 15:56 JST
     http://www.cnn.co.jp/fringe/35020123.html

     朝日新聞デジタル 2012年8月6日14時48分
     火星探査機が着陸に成功 NASAのキュリオシティ
     http://www.asahi.com/science/update/0806/TKY201208060257.html

     The image of Curiosity on its parachute
     http://www.nasa.gov/images/content/673736main_PIA15978-full_full.jpg
     ソース:http://mars.jpl.nasa.gov/msl/news/whatsnew/index.cfm?FuseAction=ShowNews&NewsID=1290

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2012年8月 5日 (日)

    JJY受信実験用にSound Blaster X-Fi Surround 5.1を買いました

      かなり前になりますが、サウンドカードでJJYが受信できるという以下の記事を見かけて一寸興味を引かれました。

        PCWatch
      【武蔵野電波のプロトタイパーズ
      簡単に作れるソフトウェアラジオでJJYを見てみよう
      (2012年 5月 15日)
      http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/musashino_proto/20120515_532682.html

     この記事では、サウンドカード「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1」を96kHzサンプリングのA/Dコンバータとして使用し、40kHzのJJYを受信するようになっています。
     Amazonで調べてみたら¥5,705となっていました。
      JJY受信実験のためだけにサウンドカードを買うのは一寸勿体ないですが、商品の説明を見ると「Amazon.co.jp が販売、発送」となっています。
     ということはAmazonポイントが使えるということで早速発注しました。
     Amazonポイントが使えるのはCD/DVDや本だけと思っていたので、時効で消滅するのも勿体ないので今までは主に家族用に使っていました。

    【Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro】
    Sound_blaster_1
    Sound_blaster_2

      このサウンドカードの本来の使い方は理解していないのですが、色々な機能があるようです。
     サウンドカードは48kHz以下のデータを取り込むだけなので、受信したデータを表示(出力)するためには、何らかのアプリケーションが必要です。
     この記事では、表示用のアプリとして以下のソフトウエアを使用しています。

      DL4YHF's Amateur Radio Software:
      Audio Spectrum Analyzer ("Spectrum Lab")
      http://www.qsl.net/dl4yhf/spectra1.html

     とりあえず、サウンドカードとソフトウエアは準備できましたが、アンテナがありません。
     上記の記事では、60kHz専用フェライトバーアンテナにコンデンサを追加して40kHzに同調させています。
     手元に使えそうなものはないかと探してみたら、壊れた(壊した?)電波時計(DAILY JUST WAVE  8RZ001DA-1)から取り外したバーアンテナがありました。

    【プレデター仕様自爆タイマー?】
    Broken_clock_1

    【分解】
    Broken_clock_2

     8RZ001DA-1は40kHz専用の電波時計なので、このバーアンテナが流用できそうな気がしますが、共振コンデンサを基板殻取り外すのが面倒だったので、コイル部分だけ利用して外付けのコンデンサで40kHzに同調させることにしました。

      コイルのインダクタンスと抵抗を測定しました。

    【L=5.03mH】
    L503mh

    【R=6.47Ω】
    R647

     L=5.03mHで40kHzに共振する容量を計算してみました。

     f=1/(2*π*(L*C)**0.5) なので
     C=1/((2*π*f)**2*L) となります。

     実際の数値を入れた下記の式をGoogleの検索窓に放り込むと自動的に計算してくれます。
      1/((2*π*40*10**3)**2*5.03*10**(-3)

      1 / (((2 * π * 40 * (10 ** 3)) ** 2) * 5.03 * (10 ** (-3))) = 3.14740257 × 10-9

     求める容量は3147pFとなります。
     ということでとりあえず3000pFのコンデンサを買ってきました。

    【C=2.96nF】
    C296nf

     実測してみると2960pFでした。
     容量が不足していますが、アンテナとSound Blasterを接続するシールド線の浮遊容量が193pFあったので、合計容量は3153pFとなります。なお、Sound Blasterの入力容量は不明なので無視しています。

    【Cs=193.4pF】
    Cs1934pf

     合計容量は目標である3147pFにかなり近いですが、周波数ではどの程度違うのか調べてみました。
      1 / (2 * π * ((5.03 * (10 ** (-3)) * 3153 * (10 ** (-12))) ** 0.5)) = 39 964.4788
      39 964.4788 / 40 = 999.11197

      周波数的にはほとんど誤差がないようです。

     アンテナを窓際において実際に動作させてみました。

    【受信風景】
    Setup

     10分くらい様子を見ましたが残念ながら信号がみえません。
     JJYモニタ用の電波時計でチェックしてみると、検波出力がノイズだらけです。
     今日はJJYの信号が弱いようです。

     本当に40kHzの信号が受信できるかどうかJJYシミュレータで確認してみました。

    【スペクトラム(共振コンデンサ付)】
    Spectrumlab_1

     13.3kHzと3次高調波の40kHzの信号が見えているので、受信機能は正常のようです。
     ノイズの周波数成分を見ると32kHz付近のレベルが高くなっています。
     共振にしては非常にブロードですが、このあたりで共振しているようです。
     しかし、13.3kHzよりも40kHzの方がレベルが低いです。
     念のために3000pFのコンデンサを外してみると、信号の山が高い方に移動します。

    【スペクトラム(共振コンデンサなし)】
    Spectrumlab_2

     こちらの方が40kHzの信号が若干強く受信できているようです。
     40kHzの同調カーブというのはこんなもんなのでしょうか?7MHzや14MHzに比べるとQがかなり低い感じです。
     そのうち別のバーアンテナで再度挑戦してみます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2012年8月 4日 (土)

    日米の(設定)温度差?

     自分の部屋のエアコンが壊れました。
     現在、高温恒温槽(?)状態です。高温といっても30℃ですが、結構つらいです。

    Jnr_thermometer (表示は一寸高めです)

     涼しくなるまで扇風機で我慢するか、冷気扇を買うか、修理するか、買い換えるか検討中です。

     巷では、省エネのために「エアコンの設定温度は28℃を心がける。」ということになっているようです。

      節電.go.jp
      http://setsuden.go.jp/

     この28℃についても色々議論があるようです。

      J-CASTニュースニュース経済
      エアコンの「省エネ」温度 なぜ「28度」なのか
      2011/7/ 1 19:50
      http://www.j-cast.com/2011/07/01100257.html?p=all

      ITmedia
      2011年08月11日 12時00分 UPDATE
      エアコンの設定温度を上げると本当に節電できるのか
      http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1108/11/news012.html

     個人的には28℃は結構暑いような気がします。
     他の国ではどうなっているのか一寸気になります。

     国別の電力消費量では米国が1位のようなので、とりあえず米国を調べてみました。

      電気事業連合会
      主要国の一人あたり電力消費量
      国別の電力消費量割合
      http://www.fepc.or.jp/enterprise/jigyou/shuyoukoku/sw_index_02/index.html

        NSW Government
        One degree of difference
        http://www.savepower.nsw.gov.au/business/power-saving-tips/increase-the-temperature-setpoint-when-cooling.aspx

      22℃から23℃に上げる・・・・

     こんなポスターもありました。
    526987_417943421576976_16534512_n

    (ソース:http://a8.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-ash3/c29.0.403.403/p403x403/526987_417943421576976_16534512_n.jpg
     こちらは25℃になっています。

     温度の感じ方が違うのか、あるいは、我慢強さがちがうのか・・・・・・

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2012年8月 1日 (水)

    CIAがYouTubeに投稿した集音用トンボ型ロボットの動画

     かなり前にニュースになったようですが、本家から動画が投稿されてました。

    YouTube
    Insectothopter: The Bug-Carrying Bug
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=TZ3spmVqnco
    **********************************************************
    ciagov さんが 2012/07/26 に公開
    Watch CIA-developed miniaturized UAV (unmanned aerial vehicle) and listening device "Insectothopter" fly! To learn more about the CIA, visit the CIA Museum at https://www.cia.gov/about-cia/cia-museum/index.html.
    カテゴリ: 教育
    タグ: Insectothopterrobotic dragonflymini listening devise CIA
    **********************************************************

     朝鮮日報  2006.04.09 22:52 03'
     "これがトンボに見えますか"
     http://www.chosun.com/economy/news/200604/200604090394.html
     http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.chosun.com/economy/news/200604/200604090394.html&prev=/search%3Fq%3D%25E2%2580%259C%25EC%259D%25B4%25EA%25B2%258C%2B%25EC%259E%25A0%25EC%259E%2590%25EB%25A6%25AC%25EB%25A1%259C%2B%25EB%25B3%25B4%25EC%259D%25B4%25EB%2582%2598%25EC%259A%2594%25E2%2580%259D%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP487JP487%26prmd%3Dimvns&sa=X&ei=KisZUKmpKuaemQWMwIDYBQ&ved=0CFgQ7gEwAA

    "Bug-Carrying Bug"は駄洒落というのでしょうか?

    英辞郎
    http://eow.alc.co.jp/search?q=Bug&ref=sa から引用
    bug
    【名】
    1.虫、昆虫{こんちゅう}
    2.《釣り》擬似餌{ぎじえ}
    3.害虫{がいちゅう}、微生物{びせいぶつ}、ばい菌
    4.《コ》バグ、〔プログラム中の〕不具合{ふぐあい}、〔ソフトウェアの〕欠陥(点){けっかん(てん)}、故障{こしょう}、不調{ふちょう}
    5.盗聴器{とうちょうき}、隠しマイク、盗聴(用){とうちょう(よう)}マイク

      Engadget
      CIA dragonfly drone almost beat modern UAVs by 40 years, was swatted (video)
      Jul 30th 2012 8:09AM
      http://www.engadget.com/2012/07/30/cia-dragonfly-drone-uavs-40-years/

     この記事によると、CIAのUAV(Unmanned Aerial Vehicle)は、空気エンジンのようなものを使っているようです。
     レーザービームで誘導とデータ転送を行っているようですが詳細は不明です。
     風の影響で制御が難しかったようですが、現在DARPAで開発中のハチ鳥型偵察ロボットは結構安定に飛んでいるようです。

      DARPA Nano Air Vehicle (NAV) program
      DARPAtv
      http://www.youtube.com/watch?v=NuD1WKHsggs

     生物を機械で模倣するのは大変なので、生物の神経や脳を制御してリモコンするという研究も進んでいるようです。
     
      News  //  Computing
      The Army's Remote-Controlled Beetle
      The insect's flight path can be wirelessly controlled via a neural implant.
      Thursday, January 29, 2009
      http://www.technologyreview.com/news/411814/the-armys-remote-controlled-beetle/

     昔、「ターミナル・マン」というSF小説がありましたが、これはターミナル・ビートルでしょうか?
     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »