« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

「磁界共鳴」充電はMRIと同じ仕組み???

朝日新聞2012年(平成24年)9月29日土曜日 朝刊別刷りb4面から抜粋引用。

Asahi_mri

「新たに」「使われている」?
「新たに」「共鳴する」?
「新たに」「送電する」?

WiTricity Corp.のサイトには、似ているのは名前だけと書いてあるようですが・・・

以下、http://www.witricity.com/pages/more.htmlから抜粋引用。
**********引用開始**********
WiTricity’s technology is different than…
Magnetic Resonance Imaging(MRI)

MRI machines use “magnetic resonance imaging” to produce diagnostic images of soft tissue.
Many people assume that WiTricity’s “Resonant Magnetic Coupling” must be similar to magnetic resonance imaging (MRI) technology, however, the technologies are similar in name only.  MRI is, as its name suggests, a technology for using magnetism as a basis for diagnostic imaging of soft tissue in the human body. It utilizes a strong DC magnet to orient the magnetic fields of atoms within tissues, and radio frequency fields to manipulate those atoms in a selective way, so that tissues and structures can be imaged clearly. The “resonance” referred to in “MRI” refers to the resonance of atomic structures. MRI is not considered to be a method for wireless power transfer. 
**********引用終了**********

磁気共鳴
http://kotobank.jp/word/%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

CASIO 3069*JA ホームタイム設定(自分用メモ)

CASIO 3069*JA ホームタイム設定

(1)セット状態にする
 →Eボタン(ADJUST)を約2秒間押す
(2)ホームタイム都市設定
 →A(ALTI)またはC(COMP)ボタンを押す
(3)サマータイム設定/切り替え
 →Dボタン(MODE)を押す→A(ALTI)ボタンでトグル
(4)セット箇所設定
 →Dボタン(MODE)を押す
 12/24H→秒→時→分→年→月→日→パワーセービング→ホームタイム都市設定(ループ)
 数値設定→A(ALTI)またはC(COMP)ボタンを押す
 パワーセービング→A(ALTI)ボタンでトグル
(5)セット終了
 →Eボタン(ADJUST)を押す

【2013.04.17追記】
HKG,HNL 自動受信設定 工場出荷時OFF

自動受信ON/OFF設定
(1)電波モード(R/C)にする
(2)セット状態にする
 →Eボタン(ADJUST)を約2秒間押す
(3)セットする
  →A(ALTI)ボタンでON/OFFトグル
(4)セット終了
 →Eボタン(ADJUST)を押す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

衛星「にわか(FITSAT-1)」のISSからの放出は9月28日午前0時頃から

JAXAの小型衛星放出ミッションの情報が更新されていました。

最終更新日:2012年09月19日
「きぼう」日本実験棟からの小型衛星放出ミッション
http://iss.jaxa.jp/kibo/about/jssod/

上記URLから抜粋引用
****************************************
小型衛星放出の技術実証とミッションの運用手順の確立を目的とした小型衛星放出技術実証ミッションにて、2012年9月28日午前0時頃(※)から小型衛星の放出を開始する計画です。
****************************************

下記のFITSAT-1 (NIWAKA)のサイトに記載されているべリカードには既に"deployed from ISS on 28th Sep.2012"と書いてありました。

  FITSAT-1 (NIWAKA)
  http://www.fit.ac.jp/~tanaka/fitsat.shtml

軌道はISSとほぼ同じ。
ビーコン送信は展開30分後から。
ビーコン周波数は東大のPRISMと同じなのでCWで確認が必要とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

U15GT2が石版化したのでU・ZONE F5豪華版(Deluxe)を買いました

  最初に買った5インチGPS付きタブレットU15GT2(1.04)はOSが不安定でしたが、後で買ったF5PRO,U15GT2(1.05)よりもGPSの感度がよかったので結構使っていました。
 落としてガラスにひびが入りましたが、動作には影響がないように見えました。
 これと関係があるかどうか判りませんが、先日USBケーブルで充電していたら、電源スイッチを押してもOFFできなくなりました。
 リセットボタンやスイッチの組み合わせを試しましたが回復しませんでした。約6ヶ月の寿命でした。

 F5PROとU15GT2(1.05)は残っていますが、車内や機内では使えそうにもありません。
 U15GT2(1.04)を9月末の旅行で使うつもりだったので、急遽後継を探しました。

 5インチのGPS付きタブレットの選択肢はありませんが、U・ZONE F5豪華版が良さそうです。ネット上のレビューを見る限りではGPSの感度も悪くなさそうです。

 仕様書を見ると、使いそうにもありませんがSIMカードスロットもあるようです。
  豪華版とはいっても中華パッドなので、仕様書のが正しいという保証はありませんが・・・

 以下、Aliexpress(http://ja.aliexpress.com/item/Uzone-F5-Deluxe-WCDMA-3G-Phone-call-tablet-with-sim-card-slot-Android-tablet-gps-5/581382792.html)から抜粋引用
**********************************************************
Build in (3G+GPS+Bluetooth+GSM Phone Call+)
Uzone F5 Deluxe Phone call tablet with sim card slot Android tablet gps
Brand name
  Uzone
Model
  Uzone F5 Deluxe
CPU
  MTK 6573, 650 MHz + 350 MHz
OS
  Android 2.3 (can upgraded to android 4.0)
RAM
   512MB DDR III
Flash Memory
  512MB
TF card slot
  Support extend 128MB-16GB
Display
  5.0 inch IPS 5-point capacitive touch screen, 800x480 pixels , 1600W pixel
Camera
  Dual camera, front 1.3MP, back 5MP
WIFI
  Support 802.11b/g wireless network
OTG function
  Support
G-Sensor
  Support
Video player
  Support 1080P, 1920x1080 pixel
GPS
  Support, build in high version navigation chip
FM function
  Support FM transmitter function
Network
  2G: GSM:850/900/1800/1900 MHz
  3G: WCDMA 850/2100 MHz
Bluetooth
  Bluetooth 2.1
3D Games
  Support
Android Market
  Support
Office software
  Support Word, Excel, PPT, PDF
Extend Port
  Mini USB OTG*1, DC jack*1, 3.5mm earphone jack *1, TF card slot *1
Audio
  3.5mm earphone jack
  High-quality stereo loud speaker
  Built-in microphone
Media File format
  Audio: MP3, WMA, OGG, APE, FLAC, WAV, AAC etc.
  Video: AVI, FLV, MP4, VOB, WMV, 3GP, MKV etc. Please note that some video formats may require additional downloaded software from the Android Market.
  Photo: JPG, GIF, BMP, PNG.
Other Applications
  File Manager, OfficeSuite, Google Search, Task Manager, Browser, Gallery, Android Webkit, Clock, Calculator, Calendar, iReader, Gmail etc.
Language
  Czech, Danish, German, English, Spanish, French, Netherlands, Italian , Korean, Japanese, Norwegian, Polish, Portuguese, Russian, Swedish, Turkish, Greek
Battery
  2200mAh
Standby time
  About 6 hours
Product Size
  141.5*79*11mm
Product weight
  200g
Color
  Black
What’s in the box
  1*Uzone F5 Deluxe Tablet PC
  1*User Manual
  1*USB cable
  1*Earphone
  1*Power Charger
**********************************************************

 なかなか面白そうなので、ついクラッとなって買ってしまいました。
「転ばぬ先の杖」ならぬ「落とさぬ先の保護ケース」ということでケース(スリーブ)も一緒に買いました。
【U・ZONE F5豪華版】
01f5_deluxe_box

02f5_deluxe_case

02af5_deluxe_version

 GPSを使用することが最大の目的だったので、とりあえず手持ちの他のGPSと比べて見ました。
【GPS比較】
  2bf5_deluxe_f5c_pro_u15gt2105_gps

 上からF5豪華版、F5PRO、U15GT2(1.05)です。
 特性的には F5豪華版 > F5PRO > U15GT2 という印象です。
 ただし、In Viewの数とIn Useの数は刻々変化しており、順序が逆転することもあります。

【Battery Graph】
2cf5_deluxe_battery_graph

  上からF5豪華版、F5PRO、U15GT2(1.05)です
  バッテリの持ちは、F5豪華版 > U15GT2 > F5PRO という感じです。
 F5豪華版の場合、GPS ON, Wi-Fi OFF, 表示輝度最低の条件で6~7時間使えそうです。
 5インチタブレットPCのGPSとしては結構良さそうですが、実際に外に持ち出して使ってみないと、確かなところは判りません。

 GPSアプリとして手元にNavDroydがあるので、これをmicroSDに入れてF5豪華版に装着しようとしたのですが、結構面倒です。
 U15GT2やF5PROはケースの外側にスロットが露出しているので、そのまま挿入するだけでOKです。
 ところが、F5豪華版の場合は裏蓋を取り外し、更にバッテリを取り外さないとmicroSDを装着することができません。

 裏蓋には小さな切り欠きがありますが、深爪していると爪を引っ掛けるのが一寸面倒です。
 以前、吸盤を使ってタブレットPCを分解する記事を見たことがあったので、100円ショップで売っているタブレットPC用のスタンドを利用して裏蓋とバッテリを取り外してみました。
【裏蓋とバッテリの取り外し】
03f5_deluxe_rear

04f5_deluxe_rear_lid

05vacuum_stand

06f5_deluxe_rear_lid_open

06af5_deluxe_rear_lid_revoved

07f5_deluxe_battery_removed

08f5_deluxe_battery_removed2

09f5_deluxe_battery_rear

10f5_deluxe_battery_rear_closeup

 裏蓋の表面は粗面なので吸盤は一瞬しか吸着しませんが、裏蓋を取り外すには十分です。裏蓋と同様にバッテリも取り外すことができます。慣れると裏蓋とバッテリを10秒で取り外せます。

【動画】

【SIM/microSD slot】
バッテリ接点(左)、2層SIMスロット(中央)、microSDスロット(右)

11f5_deluxe_slot1

12bf5_deluxe_sim_memory_slot

13f5_deluxe_slot3_nicrosd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

KSLV-1(羅老号)の3度目の打ち上げは10月末のようです

 以下の記事によると、韓国の衛星打ち上げ用ロケットKSLV-1(NARO)の3度目の(最後の)打ち上げは10月末の予定になっているようです。

20120909 2251

"나로호 세번째 도전" 준비현장 가보니

http://www.ikoreatimes.com/detail.php?number=9665&thread=22r05

Google翻訳】

"羅老号第三の挑戦"準備現場行ってみると

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.ikoreatimes.com/detail.php%3Fnumber%3D9665%26thread%3D22r05&prev=/search%3Fq%3D%25EF%25BD%258B%25EF%25BD%2593%25EF%25BD%258C%25EF%25BD%2596%2B%25EF%25BC%2591%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26tbs%3Dqdr:d,lr:lang_1ko%26prmd%3Dimvns&sa=X&ei=pnBOUL3JOe-hmQXX94GYBQ&ved=0CEMQ7gEwAQ

[2012.09.12追加]

chosun.com  2012.09.11 14:01

나로호, 다음달 26~31 발사 

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/09/11/2012091101358.html?news_Head1

Google翻訳】

羅老号、来月2631日に打ち上げ

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/09/11/2012091101358.html%3Fnews_Head1&prev=/search%3Fq%3D%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8,%2B%25EB%258B%25A4%25EC%259D%258C%25EB%258B%25AC%2B26~31%25EC%259D%25BC%2B%25EB%25B0%259C%25EC%2582%25AC%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP422JP422%26prmd%3Dimvnsu&sa=X&ei=gsdPUN_iD8iciAeBg4HQCg&ved=0CDUQ7gEwAw

聯合ニュース 2012/09/11 15:31 KST

韓国の人工衛星搭載ロケット 来月26日にも打ち上げ

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/09/11/0200000000AJP20120911003100882.HTML

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

9月10日予定の小型衛星放出技術実証ミッションは計画見直しのようです

 以下の5機の衛星がISSから放出されることになっています。

    RAIKO
  FITSAT-1
  WE WISH
  F-1
  TechEdSat

  このなかでFITSAT-1とWE WISHはアマチュア無線の周波数でビーコン/テレメトリを送信するようなので一寸興味があります。
 予定では、衛星放出は2012年9月10日になっていたので、そろそろアンテナと受信機の準備をしようと思っていたら、予定が変更になったようです。

最終更新日:2012年09月03日
「きぼう」日本実験棟からの小型衛星放出ミッション
http://iss.jaxa.jp/kibo/about/jssod/

上記URLから抜粋引用
*************************************************
小型衛星放出の技術実証とミッションの運用手順の確立を目的とした小型衛星放出技術実証ミッションは、当初、2012年9月10日午後10時頃から開始される予定でしたが、ISS運用における船外活動の追加により、計画が見直しとなりました。新たな実施日程については現在調整中です。
*************************************************

 新たな実施日程が決まったら、また考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

ワンセグ音声受信用ラジオ

 ワンセグの音声だけを受信できるラジオの需要はあるようですが、対応する製品は今まで見たことがありませんでした。
 過去には、「画面を消して、音声だけを楽しめる消画機能」を有するワンセグTV/ラジオとしては以下のモデルがありましたが、現在は生産完了のようです。

  XDV-G200  生産完了
  http://www.sony.jp/oneseg-radio/products/XDV-G200/
  XDV-D500 生産完了
  http://www.sony.jp/oneseg-radio/products/XDV-D500/
  XDV-S700 生産完了
  http://www.sony.jp/oneseg-radio/products/XDV-S700/

 現時点で入手可能と思われる「画面オフ設定」可能なポータブルワンセグテレビとして以下のようなモデルがありました。

  SV-ME550
  http://dl-ctlg.panasonic.jp/manual/sv/sv_me550.pdf
  (p.15 画面オフ設定)

 新聞を見ていたら、「ポケットワンセグラジオ」が発売されるという記事がありました。

  朝日新聞デジタル2012年9月7日10時48分
  ワンセグテレビ音声聞けるラジオ 9月末に発売
  http://www.asahi.com/shopping/news/TKY201209070141.html 

  朝日新聞デジタル)2012年9月3日9時9分.
  ついに登場!地デジTVが聞けるラジオ 新発売 
    http://www.asahi.com/business/pressrelease/PRT201209030009.html

    ポケットワンセグラジオ
    http://yougu.nittento.or.jp/product1232_99.html
    2012年9月末、販売開始予定)

[仕様]   
大きさ:(幅)68×(厚さ)25×(高さ)97mm
重さ:99.5g
付属品:カナルタイプステレオイヤホン
使用電池:単4電池×4本
連続使用時間
AM/FM:約20~24時間
ワンセグTV:約6~7時間
受信周波数
AM:531kHz~1629kHz
FM:76MHz~90MHz
ワンセグTV:473MHz~767MHz(1~12ch)
スピーカー:φ35mm 丸型
メーカー:YAZAWA

[取扱説明書] 
音声(一般CD)

 記事によれば、「対応するICチップがなく、大手は発売してこなかった」とのですが、この説明がよく理解できません。
 「対応するICチップ」とは何でしょうか? OFDM復調とオーディオデコーダ(のみ)が一体になったようなLSIでしょうか?
 下の記事にあるようなワンセグTV用のLSIの場合であれば、AVデコーダの音声出力だけを利用すれば簡単に実現できるような気がしますが、そうは行かない理由が何かあるのでしょうか?

  業界初※、ワンセグ受信用のチューナと復調機能を統合したLSIを開発
  http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn080326-1/jn080326-1.html

 また、「対応するICチップがない」ことと、「大手は発売しない」ことの因果関係がよく理解できません。
 もし、対応するICチップがあれば、(利益は度外視して)大手も発売していたであろうということでしょうか?
 「大手は発売してこなかった」ということは、逆読みすれば「中小メーカーは販売してきた」ということになりますが、ネットで一寸調べた範囲では見つけることができませんでした。
  中小メーカはディスクリート部品を使用して高コストで少量生産? ?

 自宅(据え置き)で使用するのであれば、アナログTVに接続して使用するための安いデジタルチューナを買って、音声出力端子に安いアンプ付きスピーカを接続するという手があるかもしれません。

【追記】
こんなのもありました。

TMY、ワンセグ音声を聴けるポータブルラジオ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120914_559854.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

裁判になったら広辞苑!?

  裁判で言葉の定義が問題になったら、「広辞苑にはこう書いてある」といえば方(or片)が付くという話を聞いたことがありますが、下記のアップル vs サムスン 東京地裁判決を斜めに見ていたら広辞苑が出てきました。

アップル vs サムスン 東京地裁判決
事件番号:平成23(ワ)27941 事件名:損害賠償請求事件 裁判年月日:平成24年08月31日 裁判所名:東京地方裁判所  権利種別:特許権 訴訟類型:民事訴訟
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120905110711.pdf

 争点は他にもあるようですが、請求項の中の「一致」という言葉の意義を説明するために広辞苑が引用されているようです。

【特許請求の範囲】
【請求項11】
 メディアプレーヤーのメディアコンテンツをホストコンピュータとシンクロする方法であって、
 前記メディアプレーヤーが前記ホストコンピュータに接続されたことを検出し、
 前記メディアプレーヤーはプレーヤーメディア情報を記憶しており、前記ホストコンピュータはホストメディア情報を記憶しており、前記プレーヤーメディア情報と前記ホストメディア情報とは、前記メディアプレーヤーにより再生可能なコンテンツの一つであるメディアアイテム毎に、メディアアイテムの属性として少なくともタイトル名、アーチスト名および品質上の特徴を備えており、該品質上の特徴には、ビットレート、サンプルレート、イコライゼーション設定、ボリューム設定、および総時間のうちの少なくとも1つが含まれており、前記プレーヤーメディア情報と前記ホストメディア情報とを比較して両者の一致・不一致を判定し、両者が不一致の場合に、両者が一致するように、前記メディアコンテンツのシンクロを行なう
方法。

 
 以下、上記判決から引用(第45ページ)
***********************************************
広辞苑(新村出編,株式会社岩波書店2008年1月11日発行,第6版第1刷)によれば,「一致」とは,「①二つ以上のものが,くいちがいなく一つになること。合一。」のこと
***********************************************

 素人的には「一致」は「一致」であって、説明の必要もない自明な言葉のように思えますが、裁判になるとそう簡単には行かないようです。

  なんで広辞苑が絶対的に正しくて他の辞書ではだめなのかという気がしないでもありませんが・・

[公報入手手順]
特許・実用新案公報DB
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101
文献種別:B
文献番号:4204977
表示形式:PDF表示
表示種別:全頁
「文献番号照会」クリック
「特許4204977 」クリック
「文献単位PDF表示」クリック
認証用番号入力 

【参考外部リンク】
アップル vs. サムスン特許訴訟の東京地裁判決(2012年8月31日)に関する解説 by 弁理士・松倉秀実
( 2012-09-06 06:00:00 )
http://www.app-coming.jp/ja/articles/detail/265

oldmarine 2012.09.04 22:14
特許紛争:韓国ではサムスン優位に、本番はこれから 
http://blog.daum.net/ksleemarine/16713915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

LT-DT306(FC0013+RTL2832U)+HDSDRでアナログTVの音声搬送波を受信してみました

 HDSDRは受信信号を音声として聞くことができるだけでなく、スペクトルを目で見ることができるのでなかなか面白いです。
 
 テレビ放送波のスペクトルも見ることができますが、デジタルTVのOFDM変調では、番組内容の変化が放送波ではほとんど判らないのであまり面白くありません。
 下の写真はnottvの上端周波数付近を受信したものです。
【nottv】
Nottv_spectrum

 スペクトルの上端がシャープにカットされているというOFDM特有のパターンを確認することはできますが、時間の変化に対する信号の変化があまりないにので、視覚的に一寸さびしいです。

 アナログTVであれば、番組の内容の変化と放送波のスペクトルの変化が対応しているので、こちらの方が判りやすいであろうということで、アナログTVの信号を受信してみることにしました。
 幸なことに加入しているケーブルTVではでデジタル放送をアナログ放送(NTSC)に変換して昔と同じ物理チャンネルで再送信しているので、この中の信号(NHK Eテレ CH3)を利用しました。
 最初は、映像搬送波信号(103.25MHz)を受信したのですが、思ったほどにはスペクトルの変化がありませんでした。
【103.25MHz】
Analog_tv_video_carrier

  こんなVSBのパターンを期待していたのですが、2MHz程度の表示帯域では無理ですね。

  次に音声搬送波信号(107.75MHz)を受信してみました。

【107.75MHz】

 音声レベルに応じて側帯波が広がっているのが判ります。
 なお、聞こえている音は携帯電話のW33SAのアナログTVチューナから出力されているものです。
 スペクトルの位置と周波数の目盛りが少しずれてますが、どちらが正しいのかはよく判りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

iBUFFALO IdeaPad Tablet A1専用レザーケースを買いました

 IdeaPad A1用の保護カバーとして、今までは四隅をゴムベルトで固定する安い汎用のケースを使っていたのですが、

【ケースが少し大きい】
Oldcase1
Oldcase2

【ゴムベルトでボタンが隠れる】
Oldcase3

ということで、あまり使い易くありませんでした。

 今度旅行することになりdeaPad A1を持って行く予定なので、この機会に専用のケースを買うことにしました。
 専用のケース(非純正)としてはいくつかあるようですが、一寸お値段は高いですがAmazon.co.jp が販売・発送なのでアマゾンポイントが使えるということと、評価が割りと良さそうということで以下の製品を買うことにしました。

iBUFFALO IdeaPad Tablet A1専用 【しっかり守る高級感あふれる上質レザーケース】 レザーケース 液晶保護フィルム付 ブラウン BSTPLA1LBR

<

【BSTPLA1LBR】
Newcase1
Newcase2_2
Newcase3_2

 専用なので使い勝手がよいのは当然ですが、しばらく使ってみて一寸気になる部分がありました。
 当方は、車内や機内でIdeaPad A1のGPSを使うことが多いのですが、バッグのサイドポケットに出し入れするときに、ベルトの部分が引っかかって取り出しにくいときがあります。また、ケースを広げて画面を見ているときにベルトの先端が視野に入って一寸目障りです。
 ベルトを切り取ってしまえば問題は解決しますが、ベルトが無いとタブレットを立てて使用することができません。
 そこで折衷案として、ベルトの根元部分を少しだけ残して先端を切り落としました。
【ベルトをカット】
Beltcut1
Beltcut2
Beltcut3
 
 格好は悪くなりましたが、当方の使用形態には丁度適するようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »