« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

KSLV-1の次の打ち上げは11月9日~24日になるようです

 以下の記事によれば
 ・破損したシールのロシアによる分析結果は、来月2日頃
 ・詳細な打ち上げ予定日は来月5日前後に決定
 とのこと。

나로호 내달 9 ~ 24일 발사 추진
[중앙일보] 입력 2012.10.30 01:34
http://joongang.joinsmsn.com/article/972/9733972.html?ctg=1603&cloc=joongang%7Chome%7Cnewslist1
[Google翻訳]
羅老号、来月9〜24日に打ち上げ推進
[中央日報] 入力2012.10.30 01:34
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://joongang.joinsmsn.com/article/972/9733972.html%3Fctg%3D1603%26cloc%3Djoongang%257Chome%257Cnewslist1&prev=/search%3Fq%3D%2522kslv%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26tbs%3Dqdr:d,lr:lang_1ko%26prmd%3Dimvns&sa=X&ei=jZmPUKz8F8zLmgWT0YGICA&ved=0CDkQ7gEwAA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

携帯電話を電子レンジで”チン”して急速充電するPhilips特許

 最近はワイヤレス充電(磁気共鳴?磁界共鳴?)が流行のようですが、一寸興味があるので関連の資料を調べていたら面白い米国登録特許(US5994871)を見つけました。(権利関係は未確認)

United States Patent  5,994,871
Charging of secondary cells using transmitted microwave energy
Assignee: U.S. Philips Corporation (New York, NY)

1. A method of charging/recharging a secondary cell comprising:
placing the secondary cell in a microwave oven;
generating radiated microwave energy in the microwave oven;
protecting at least the secondary cell from harmful effects of the radiated microwave energy;
receiving and rectifying the radiated microwave energy to form a dc current; and
supplying the dc current to the secondary cell.
[USPTO]
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=5994871.PN.&OS=PN/5994871&RS=PN/5994871
[Google]
http://www.google.com/patents/US5994871?printsec=drawing&hl=ja#v=onepage&q&f=false
(こちらの方が図面が見やすいです)

【US 5,994,871 Fig.1】
Us5994871a_fig_1

10:cellular telephone
12:Faraday cage
14:opening
16:antenna
18:unmodified microwave oven
20:antenna
22:transceiver
24:secondary cell
26:half--wave rectifier
28:high quality diplexer
30:band stop filter
32:band pass filter

 さすがに裸で入れるのではなく、端末をファラデーケージの中に入れています。
 アンテナを一寸だけ外に出して電磁波をピックアップし、整流して直流化し、バッテリを充電する仕組みのようです。
 明細書の説明によれば、700Wの電子レンジの場合には、充電効率を100%と仮定すると6V1Ahのバッテリが30秒で充電できることになっています。
 磁界ではなく電界を利用しているところが一寸面白いかもしれません。昔、テスラタワーというのが有ったそうですが・・・
  band stop filter 30が不良品だったら(故障したら)悲惨なことになりそうです。

  実際にマグネトロンを使用した無線電力伝送研究も行なわれているようですが、動作原理から考えると既製品の電磁レンジ用のマグネトロンの出力を絞るのは難しいように思われます。かなりクリティカルな条件で動作しているようなので、単に陽極電圧を下げて出力を絞るというようにはいかないかもしれません。出力制御装置が故障して天井からフルパワーのマイクロ波が降って来ないように願っています。

【参考外部リンク】
  ITmedia
  2009年11月29日 00時00分 更新
  ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか
  http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0911/29/news002.html

  Wardenclyffe Tower(a.k.a. Tesla Tower)
  http://en.wikipedia.org/wiki/Wardenclyffe_Tower

  マイクロ波による無線電力伝送研究
  http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/57913/1/cue17_03.pdf

  マイクロ波給電システムの開発と応用
  http://www.kec.jp/committee/johoshi/pdf/jyohoshi_220-4.pdf

  電子レンジの心臓部であるマグネトロンの分解
  http://abcdefg.jpn.org/elebunkai/magnetron/cc.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

U-ZONE F5豪華版(5インチ)サイズの100円保護ケース

 F5豪華版(Deluxe)を買った時に一緒に保護ケース(約1000円)を買ったのですが、スリーブ(ポーチ)タイプなので、使い勝手が今ひとつです。
 特にRMapsでGPSのトラックデータを記録する場合には、かなりの時間はケースに入れたままで、ときどきGPSの受信状態を確認するためにGPS TESTの画面を見るという使い方が多いのですが、そのたびに端末をケースから全部引き出さなければならないので一寸面倒です。
 保護ケースに入れたまま受信状態を確認できるような「安い」カバーはないのかと思っていたら、100円ショップにほぼ希望に沿った製品があったので買ってきました。
 買ったのはキャンドゥの「 No.45866 ソフトポーチモバイル用 大」(15×8.5×2.5cm)です。
【ソフトポーチモバイル用 大】
Soft_pouch_1

 ジッパーがケースの半周にわたって付いているので、ジッパーを開くとタブレットをケースから出すことなく画面の下半分を見ることができます。
【下半分を開いた状態】
Soft_pouch_2

 GPS TESTの衛星番号と受信レベルを示すバーグラフは画面の下方に表示されるので、下半分が見えれば十分です。
 また、ある程度クッション性があるので、端末を裸で持ち歩くよりも少しは安心です。
 なお、端末をケースから完全に取り出したときに、ケースがどこかに行ってしまわないように、イヤホンコードを途中で切ってジッパーの取っ手に接着剤で固定してプラグをイヤホンジャックに挿し込んで使っています。
【ケース紛失防止用ケーブル?】
Soft_pouch_3

 あまり格好はよくありませんが、もしかしたらアンテナ(カウンターポイズ?)としての効果も少しはあるかもしれません。
 なお、個体差かも知れませんが、手元にあるF5豪華版のイヤホンジャックは、イヤホンプラグを差し込んでも音声出力がイヤホンに切り替わらずにスピーカから音が出たままです。手元にあるイヤホンを3~4個試してみましたが結果は同じでした。イヤホンジャック部分のケースの面が斜めになっているのが原因?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

[HNL7] AT&TのGoPhoneのプリペイドSIMをUZONE F5豪華版に挿してみました

 現在使用している携帯電話CA007はグローバルスポート(CDMA)なので、一応ハワイでも使用できます。
 しかしながら、同行者が使用しているK010はかなり早い時期にサンクスチェンジで無料機種変更したモデルなので海外使用には対応していません。
 旅行先で別行動することはあまりありませんが、広いショッピングモール等で別々に買い物をする場合などには、電話があると便利です。
 最近はかなり安く使えるのでレンタルという選択肢もありますが、国内・現地のいずれの場合でも受け取りや返却が結構面倒です。特に時間の制約がある場合にはあまり精神的によくありません。また、現地で借りた場合には出国手続き前に返却してしまうので、搭乗待ちで結構長い時間待機しているときの暇つぶし(帰るコール等?)ができません。

 ネットで調べてみるとプリペイド携帯が安く買えそうなので、今回は記念品(お土産)を兼ねてプリペイド携帯を買うことにしました。
 端末の選択に際しては以下のサイトを参考にさせてもらいました。両サイト共に非常に詳しく説明されています。

  アメリカより (携帯・モバイル・流通業ITブログ)
  夏休みアメリカ旅行、ポケットWiFiとプリペイド携帯/SIMの選択肢 (2012年夏編)
  http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=9938

  をぢの日記
  【iPhone】 アメリカのGophoneプリペイドSIMを使う方法 【まとめ】
  http://peer2.net/sjdojo/?p=3279&page=2

 色々検討した結果、端末/SIMカードの入手/再利用の容易性やサービスの安定性(会社が潰れたら困る)の観点から「AT&Tプリペイド携帯GoPhoneパッケージを買う」というのがよさそうなのでこれにしました。

  GoPhoneR - Prepaid Cell Phones
  http://www.att.com/shop/wireless/gophone.html#fbid=rHNA2289q9o

 次に、実際にどこで購入するかということになりますが、ネット上の情報ではRadioShackが親切ということだったのでここにしました。

    RadioShack
    http://www.radioshack.com/home/index.jsp

 今回行ったホノルルでは、買い物で行く予定だったAla Moana Centerの1Fにあるということで丁度都合がよかったです。
 当初の予定ではプリペイド携帯だけを買う予定だったのですが、上記サイトの記事を読んでいるとプリペイドSIMをSIMフリーの端末に挿して使用する話が出てきます。
 最近買ったアンドロイドPCのUZONE F5豪華版(Deluxe)にはSIMスロットが二つ付いているので、これにAT&TのSIMカードを挿してみたらどうなるだろうという好奇心が湧いてきました。

  ということで、アラモアナセンターでの買い物のついでにラジオシャックに行くことにしたのですが、場所が一寸判りにくかったです。
 案内地図で見ると1Fの海側でワイキキ側にあるようなのでなかなか見つかりません。
 建物の中から店舗に入れると思っていたのですが、入口は建物の外にあって南東側駐車場に面していました。

    Ala Moana Center
    http://www.alamoanacenter.com/

  アラモアナセンター
  http://www.alamoanacenter.jp/

  ストリートレベル1F
  http://www.alamoanacenter.jp/images/maps/1_StreetLevel.jpg

【ラジオシャックの場所】
Radioshack_map

  ラジオシャック(無線小屋/無線室)は、Tandy's Radio Shackのころから名前は知っていたのですが、実際に行ったのは初めてです。PCがマイコンと呼ばれていた時代にI/O誌やASCII誌に広告されていたTRS-80が欲しかったのですが、当時当然高嶺の花(高根の花、高値の花?)でした。

 店舗自体は、名前が示すように趣味で無線をやっているような人向けのこじんまりとしたお店で、携帯電話の他にエレキット的な商品、短波ラジオ、Police Scanner等が置いてありました。

 プリペイド携帯はいくつか置いてありましたが、低価格というのが最優先条件なので、安いのを探すとAT&T GoPhoneの端末としてSamsung SGH-A157 が$22.99でありました。
  RadioShackのサイトでは$19.99となっていますが、差額の理由はよく判りませんでした。

  AT&T  A157 No-Contract Phone for GoPhoneR
  http://www.radioshack.com/product/index.jsp?productId=13026247

 契約プランについてはよく判らないので、以下の条件を店員さんに伝えて後は全部任せることにしました。
 (1)初期投資費用は最小限に抑えたい。
 (2)音声通話ができればよい。
 (3)アクティベーション等の処理もやってほしい。
 (4)持参したUZONE F5豪華版にSIMカードを挿して使えるようにしてほしい。

 (4)は可能などうか判りませんでしたが、OKということだったので作業をお願いしました。
 なお、トップアップの最低額は$10ということだったので、これにしました。

 アクティベーションの作業のときに必要になるかもしれないと思って、以下の情報を事前にプリントしていたので、それを店員さんに渡しました。なお、F5豪華版の使用言語は英語に変更しておきました。
  ・宿泊ホテル名、住所、電話番号
  ・自分の氏名
  ・F5豪華版のIMEI(SIMスロットが二つあったので2個)
 実際にどの情報が必要だったのかはよく分かりませんが、この他にメールアドレスを聞かれました。なお、パスポートなどの身分証明書は不要でした。

 作業自体は10分程度で終わりましたが、作業しながら店員さんが「この端末はSamsungに似てますね」とか「どこで買いましたか?」とかの話をしました。
 作業の途中で3人組のお客さんが入ってきたのですが、店員さんが妙に丁寧な応対をするので、有名人かなにかと思って聞いてみると私服ポリスということでした。頑丈そうな体で一寸いかつい感じでしたが、普通にアロハを着ているので、見ただけでは判りませんでした。暗い道では出会いたくないような・・・・
 通常のパトロールなのか、それとも、Police Scanner等の一寸怪しげなものも置いてあるので重点的に見回っているのかは判りません。

  Phones & Radio Communications >   Scanners
  http://www.radioshack.com/family/index.jsp?categoryId=2032072

  RadioShack PRO-197 Police Scanner
  http://www.scannermaster.com/RadioShack_PRO_197_Police_Scanner_p/22-501341.htm

 最終的な支払合計は税込で$34.54になりました。
 約2800円なので、現地で実用品としても使える米国土産(自分用)としては安いかもしれません。
 なお、店員さんが日本人(多分)だったので、上記会話はすべて日本語で済みました。
【レシート】
Radioshack_receipt

 ホテルに戻ってF5豪華版の電源を入れてみるとSIMカードが認識されません。店では作業が終わったということだったのでその場では確認しませんでした。
 ネット情報では、GoPhoneの端末でアクティベーションの作業を行なうと、SIMカードが端末と紐付けされて他の端末では使用できなくなるという話があったので、念のためにSIMカードをF5豪華版取り出してSamsung SGH-A157の方に挿してみました。

【F5豪華版から取り出したSIMカード(SKU72287)】
Sim1

Sim2


 カードは既に切り離されていますが、撮影用に枠と一緒に並べました。

【SIMカードを挿したSamsung A157】
Samsungsgha157_1

Samsungsgha157_2

Samsungsgha157_2b

Samsungsgha157_3

Samsungsgha157_6

【ローミング中のCA007】
Ca007_roaming

 A157ではSIMカードが正常に認識され、持参していたローミング中のCA007との間で通話も普通にできました。
 目の前にある携帯と国際電話で通話するのは勿体ないですが、一応発呼と着呼ができることを確認しておかないと、いざというときに困るので止むをえません。

 島内での同行者との連絡が本来の使用目的なので、これで目的は達した訳ですが、F5豪華版の方でどうにかならないかと思って、再度SIMカードを挿してみると不思議なことにSIMカードが認識されて画面にat&tの文字が表示されました。
【New SIM detedted】
F5deluxe_att

F5deluxe_new_sim_detected

 原因はよく分かりませんが、接触不良だったのしょうか? まさかカードの挿し間違いということはないと思いますが、メカ的な誤挿入防止機構はついていないようなので、間違う可能性もあります。(ここにCA007で挿し間違えた人が約1人います・・)
 雰囲気としては使えそうな感じですが、F5豪華版は一寸幅広なので音声通話用としては余り使い勝手が良くないかもしれません。韓ドラでは結構見かけますが・・・・

(注:写真は事後に撮影したものを含んでいます(再現写真?)。携帯の時刻が話の流れと矛盾しているのはそのためです。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

[KSLV-1 D-DAY] 本日の打ち上げは延期になったようです

 予備日は31日までですが、それまでに間に合うでしょうか?
 天気予報では10/28-10/31は割と天気は良いみたいです。
 http://weather.chol.com/forecast/land/LOC043.php

나로호, 발사 연기 "연결부위서 헬륨가스 누출"…최소 3일 이상 연기
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/10/26/2012102601121.html?news_Head1
【Google翻訳】
羅老号、打ち上げ延期 "接続偽書ヘリウムガス漏れ" ...最低3日以上延期
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/10/26/2012102601121.html&prev=/search%3Fq%3D%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8,%2B%25EB%25B0%259C%25EC%2582%25AC%2B%25EC%2597%25B0%25EA%25B8%25B0%2B%2522%25EC%2597%25B0%25EA%25B2%25B0%25EB%25B6%2580%25EC%259C%2584%25EC%2584%259C%2B%25ED%2597%25AC%25EB%25A5%25A8%25EA%25B0%2580%25EC%258A%25A4%2B%25EB%2588%2584%25EC%25B6%259C%2522%25E2%2580%25A6%25EC%25B5%259C%25EC%2586%258C%2B3%25EC%259D%25BC%2B%25EC%259D%25B4%25EC%2583%2581%2B%25EC%2597%25B0%25EA%25B8%25B0%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP487JP487%26prmd%3Dimvns&sa=X&ei=45SKUPCxGeTnmAWioICgCg&ved=0CCwQ7gEwAQ

【KBS WORLD NEWSの画面を撮影】
Kslv1_a

Kslv1_b

Kslv1_c

Kslv1_d

下のアニメのようには簡単にはいかないみたいですね。

KARItelevision
NARO Spacecenter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

[KSLV-1 D-1] 羅老宇宙センター付近の26日の天気予報等

KSLV-1関係のニュースをいくつかピックアップしてみました。

1.8㎞ 굽이길 시속2㎞로 ‘조심 조심’… 조립동서 발사대 장착 9시간 ‘대장정’
나로호 3차발사 D-1… 발사준비 순조
2012-10-25 8면
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20121025008008

【Google翻訳】
1.8㎞曲がり道時速2㎞に "恐る恐る" ...組み立て東西発射台装着9時間 "大長征"
羅老号の3回目の打ち上げD-1 ...発射準備は順調
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php%3Fid%3D20121025008008&prev=/search%3Fq%3D1.8%25E3%258E%259E%2B%25EA%25B5%25BD%25EC%259D%25B4%25EA%25B8%25B8%2B%25EC%258B%259C%25EC%2586%258D2%25E3%258E%259E%25EB%25A1%259C%2B%25E2%2580%2598%25EC%25A1%25B0%25EC%258B%25AC%2B%25EC%25A1%25B0%25EC%258B%25AC%25E2%2580%2599%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP422JP422%26prmd%3Dimvns&sa=X&ei=l3CIUKbrEIPWmAWcgIGIDA&ved=0CCUQ7gEwAA

  写真を見ると機体(胴体)には“나로-3”と書いてありますが、KSLV-Ⅰであって ナロ3号機ということになるのでしょうか?
 下のArirang TVの画面では“NARO-1”となっています。

Arirang TV
Naro-1 Transported to Launch Pad
http://www.arirang.co.kr/Player/News_Vod.asp?code=News&nSeq=139126

天気予報では全羅南道高興郡の26日の天気はあまり良くないようですが、打ち上げはどうでしょうか?
http://weather.chol.com/forecast/land/LOC043.php

全羅南道高興郡
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%88%88%E9%83%A1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原でWindows 8発売の前夜祭をやっていました

 買い物で秋葉原に立ち寄ったら人だかりがしています。
 何ごとかと思ったらWindows 8発売の前夜祭のようでした。

Windows8_1

 当方のPCはWindows 3.0, 3.1, 95, ME, 98, 2000, XPで止まっています。
 個人的にはXP程度が丁度良いです。

Windows8_2

Windows8_3

Windows8_4

Windows8_5

Windows8_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

[KSLV-1 D-2] 羅老号、発射台に移動

 韓国ニュースサイトを見ていたら打ち上げの様子が図解してありました。
 http://img.yonhapnews.co.kr/etc/graphic/YH/2012/10/24/GYH2012102400030004400_P2.jpg
 
 図が小さくて(且つハングルは読めないので)よく判りませんが、なんとなく雰囲気は判るような気がします。

나로호, 발사대로 이동 시작…오후 발사대에 기립(종합)
2012/10/24 09:15 송고
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2012/10/24/0303000000AKR20121024020251017.HTML?template=5565

【Google翻訳】
羅老号、発射台に移動開始...午後発射台に起立(総合)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2012/10/24/0303000000AKR20121024020251017.HTML%3Ftemplate%3D5565&prev=/search%3Fq%3D%25EC%259D%25B4%25EC%258A%2588%2B%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8%2B3%25EC%25B0%25A8%2B%25EB%25B0%259C%25EC%2582%25AC%2B%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8,%2B%25EB%25B0%259C%25EC%2582%25AC%25EB%258C%2580%25EB%25A1%259C%2B%25EC%259D%25B4%25EB%258F%2599%2B%25EC%258B%259C%25EC%259E%2591%25E2%2580%25A6%25EC%2598%25A4%25ED%259B%2584%2B%25EB%25B0%259C%25EC%2582%25AC%25EB%258C%2580%25EC%2597%2590%2B%25EA%25B8%25B0%25EB%25A6%25BD(%25EC%25A2%2585%25ED%2595%25A9)%26hl%3Dja%26rls%3Dcom.microsoft:ja:IE-Address%26rlz%3D1I7GGHP_jaJP422%26prmd%3Dimvnsu&sa=X&ei=4KuHUKCVOIrUmAXG74GYDg&ved=0CC8Q7gEwAQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

[KSLV-1 D-3] STSAT-2Cとの初交信は27日午前2時57分〜の予定とのこと

 以下の記事によれば、KSLV-1(ナロ号)が予定通り26日午後3時30分に打ち上げられた場合には、衛星(STSAT-2C)と地上局との初交信は27日の午前3時以降になるようです。
 テレメトリはSバンド?
  トランスポンダはCバンド?

聯合ニュース
나로호에 실릴 나로과학위성 교신 준비 “OK”
2012-10-23 
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20121023800084
【Google翻訳】
羅老号に掲載される羅老科学衛星の交信の準備 "OK"
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php%3Fid%3D20121023800084&prev=/search%3Fq%3D%2522kslv%2B1%2522%26hl%3Dja%26lr%3Dlang_ko%26tbs%3Dqdr:d,lr:lang_1ko%26prmd%3Dimvnsu&sa=X&ei=SVuGUNKaM8ihmQWHu4GYDQ&ved=0CFcQ7gEwBQ

【参考外部リンク】
 STSAT-2C
 http://143.248.9.139/research/research_5_1.htm

 STSAT-2C Test Satellite System Design for the KSLV-I Launch Vehicle
 http://www.ieice.org/ken/paper/20101028p0BT/eng/

 Telemetry System Structure of KSLV-1 Upper Stage
 http://www.jisikworld.com/data/detail/paper/519/PA518007.html

  KSLV-I Onboard Telemetry and Tracking System: Development and Features
  http://www.iafastro.net/iac/archive/browse/IAC-09/D2/2/3845/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

[KSLV-1 D-4] 26日打ち上げの予定に変更はないようです

  THE KOREAN TIMES
  10-22-2012 11:06    
  Korea likely to launch space rocket as scheduled: minister
  http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/2012/10/117_122813.html

 羅老号1.2回目の打ち上げ失敗の原因についての割と詳しい説明がありました。
 機械翻訳なので正確さは不明ですが、大筋は判ります。、

【Google翻訳】
  HelloDD
  打ち上げ成功99.99%に挑戦する羅老号...これが気になる
  入力:2012-10-21
  http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.hellodd.com/Kr/DD_News/Article_View.asp%3FMark%3D39556%26Midx%3D15&prev=/search%3Fq%3D%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8%2B%2522d%2B4%2522%26hl%3Dja%26lr%3D%26tbs%3Dqdr:d%26prmd%3Dimvnsu&sa=X&ei=VwWFUM-bBqXzmAXR5ICwCA&ved=0CEUQ7gEwAg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

小田急ファミリー鉄道展2012に行ってきました

 去年は11時ごろ会場前まで行って人の多さに圧倒されて帰ってきました。
 一度くらいは会場を見てみようと今年は3時一寸前にいきました。
2012_1

2012_2

 さすがに並ばずに入場できましたが、時間が遅いのでプログラムが終了しているものもありました。
 とりあえず「小田急F-Train Ⅱ」関係の動画と写真を撮ってきました(EX-V7。
2012_3

2012_4

2012_5

2012_6

海老名駅のホームから
2012_7

2012_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

「小田急ファミリー鉄道展2012」は10/20,10/21

Photo
 

小田急ファミリー鉄道展2012
 http://www.odakyu.jp/familytrain/
 http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7493_2555054_.pdf

  去年初めて行った(行こうとした)のですが、入場待ちの行列の長さに驚いて退却しました。
 今年はどうしようか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南台のバルーンアートを見てきました

 ローカルねたですが・・・。

  バルーンアート「度が過ぎる」撤去へ
  (2012年10月19日  読売新聞)
  http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20121019-OYT8T00051.htm

 このバルーンアートは「藤沢市民まつり湘南台ファンタジア」のイベントのひとつのようです。
 20日に撤去されるというので、とりあえずブログのねた用に見てきました。

Balloon_art_1

Balloon_art_2

Balloon_art_3

Balloon_art_4

 カーニバルの衣装なので個人的にはそれほど「教育上よくない」ようにも思えませんが、感受性や価値観は百人百様なので公共の場所での展示が問題ということでしょうかね。
 アートについては判りませんが、イベント用のポップな宣伝媒体としては面白いと思いました。

【参考外部リンク】
北川純のアートなお仕事]『風船サンバ』その1
『風船サンバ』その1
http://blog.goo.ne.jp/eroj/e/0ae0ebc419ad873697f675d6960f09d4

湘南台ファンタジア
パレード
http://www.shonandai-fantasia.net/?p=4

仲見世バルバロス
http://www.gres-barbaros.com/index.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KSLV-Ⅰ(羅老号)打ち上げに関連する海上保安庁水路通報

 来週(10月26日)に打ち上げ予定の KSLV-1(ナロ号)の打ち上げに関連する情報が10月12日付けの水路通報に掲示されていました。
 

海上保安庁
水路通報 第41 号
平成24年10月12日
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/TUHO/tuho/html/tuho/pdf/2012/suiro_jp/2012-41.pdf
(第11頁目)

以下抜粋引用
***************************************************
★24年5656項(T)   朝鮮半島南岸及び Philippine Islands 東方  ロケット打上げ実施
韓国航空宇宙研究所ナロ宇宙センター(Naro Space Center, KARI)(34-25-55N 127-32-11E)において、
 KSLV-Ⅰロケットの打上げが、下記のとおり実施される。
落 下 物 KSLV-Ⅰロケットの先端フェアリング及び第1段
 避航要請日時   平成24年10月26日0330UTC~1010UTC
           (予備10月27日~10月31日の毎日0330UTC~1010UTC)
***************************************************

【関連外部リンク】
韓国ロケット 打ち上げ当日は航空・船舶の運航制限
聯合ニュース 10月14日(日)16時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121014-00000006-yonh-kr

HelloDD
나로호 발사 26일 '하늘·바닷길' 임시폐쇄
http://www.hellodd.com/Kr/DD_News/Article_View.asp?Mark=39489&Midx=1
[Google翻訳]
羅老号の打ち上げ26日 "天・海の道"一時閉鎖
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&u=http://www.hellodd.com/Kr/DD_News/Article_View.asp%3FMark%3D39489%26Midx%3D1&prev=/search%3Fq%3D%25EB%2582%2598%25EB%25A1%259C%25ED%2598%25B8%2B%25EB%25B0%259C%25EC%2582%25AC%2B26%25EC%259D%25BC%2B%2527%25ED%2595%2598%25EB%258A%2598%25C2%25B7%25EB%25B0%2594%25EB%258B%25B7%25EA%25B8%25B8%2527%2B%25EC%259E%2584%25EC%258B%259C%25ED%258F%2590%25EC%2587%2584%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP422JP422%26prmd%3Dimvnsu&sa=X&ei=Wjx_UKzcBqjbmAXS7YGIBQ&ved=0CC8Q7gEwAQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

[HNL6]ホノルルで米国本土の標準電波WWVB(60kHz)の受信に挑戦しましたが・・・・

 現在使用している電波腕時計CASIO PROTREK 3069*JA (PRW-1300ARJ)は、JJY(40kHz/60kHz), WWVB(60kHz), MSF(60kHz), DCF77(77.5kHz)に対応しています。

  3069*JA 操作説明書
  http://ftp.casio.co.jp/pub/manual/ww/qw3069.pdf

 ホームタイムはTYOに設定しているので、通常は当然JJYしか受信しません。
 今回、ハワイに行くことになったので、もしかしたら米国本土の標準電波WWVB(60kHz)を受信することができるのではないかと、淡い期待を持って実験してみました。
 成功の可能性がゼロと思われる実験をしても実りが少ないので、ネットで情報を調べてみたら以下のような記事がありました。

 ‘Atomic’ clocks are not as effective in Hawaii
  http://archives.starbulletin.com/2005/08/21/news/kokualine.html

 この記事によれば、so-called "atomic clocks" might not work in Hawaiiとなっています。
 下記のサイトによればmightの確率は50%程度のようなので、受信が完全に不可能というわけではないようです。
 なお、ここで云う‘Atomic’ clocksは所謂電波時計のことです。

  助動詞 auxiliary verb:推量の助動詞
  http://www.alc.co.jp/eng/grammar/kaisetsu/grammar23.html

 しかしながら、記事の内容を見る限りでは、受信できるかもしれないというニュアンスはあまり感じられません。
 WWVBのサービスエリアを調べてみると、時間帯によってはかなり太平洋の方向にも広がっています。

  NIST Radio Station WWVB
  http://www.nist.gov/pml/div688/grp40/wwvb.cfm

  WWVB Coverage Area
  http://www.nist.gov/pml/div688/grp40/vb-coverage.cfm

  さらに調べてみると、以下の資料にハワイでも受信できそうなことが書いてありました。

  WWVB Radio Controlled Clocks:
  Recommended Practices for Manufacturers and Consumers (2009 Edition)
  http://tf.nist.gov/general/pdf/2422.pdf

 上記URLから抜粋引用
  **************************************
  The station continuously broadcasts a 70 kW signal at a
  frequency of 60 kHz that covers the Continental United States (CONUS),
  and also reaches Alaska and Hawaii during the nighttime hours.
  **************************************

 また、3069*JAの操作説明書には、「HKG、HNL、ANCの各都市は、受信機能対応都市としています。条件が良ければ受信する場合もあります。」と書いてありました。

 なお、NISTのサイトにに電波時計の製造業者のリスト(CASIOも含まれていました)が記載されているのですが、これをみると長波のみのものよりもGPS併用あるいはGPS単独のものの方が多いようです。

  Manufacturers of Time and Frequency Receivers
  http://www.nist.gov/pml/div688/grp40/receiverlist.cfm

 ColoradoのFort Collinsからの 70KW(ERP)の60kHzの信号の電波伝播特性がどのようなものかはよく判りませんが、実験にそんなに手間がかかる訳でもないのでCASIO 3069*JAで試してみました。

 準備として日本で最後にJJYによる時刻較正が行なわれたデータを確認しました。
【現在(撮影時刻):9月25日11時25分JST】
3069ja_1

【最終較正時刻:9月25日10時12分JST】(手動受信で強制較正)
3069ja_2

 ホノルル到着後、取りあえず時計表示を現地時刻にするために、ホームタイムをHNLに設定し、ワールドタイムをTYOに設定しました。

【ワールドタイム:TYO】
3069jatyo

 なお、3069*JAでは、HKG,HNLの各都市の自動受信の設定は、工場出荷時にはOFFになっているので、手動で自動受信ONにする必要があります。

 昼間はWWVBを受信できる可能性は少ないように思われたので、電波伝播の状況がよく、また、都市雑音が減少すると思われる深夜(3AM-4PM頃)に受信してみました。
 腕時計はホテルの8Fのラナイの椅子の上に置きました。ラナイはダイヤモンドヘッドが正面に見えているので南東の方に向いており、米国本土とは逆の方です。受信場所としてはあまり条件がよくありません。

 最初に、強制受信(手動受信)の状態に設定して数分間様子をみましたが、受信状態レベル表示はゼロのままでした。3時間程度放置しましたが、残念ながら受信できませんでした。二日間試してみましたがやはり駄目でした。

【9月28日6時36分(ハワイ時間)】
3069ja_hnlhome_2

【最終較正時刻は9月25日10時12分】
3069ja_last_calib

 9月28日(ハワイ時間)の時点で最終較正時刻は9月25日10時12分となっておりJJYによる較正時刻から変化がありません。信号マークが消えているので過去24時間以内に標準電波は受信されていないということになります。

 日本のJJYでも窓際の時計でも受信できないことがあるので、数千キロ離れた信号を受信するのは難しいかもしれません。
 後で気がついたのですが、WWVBのサービスエリアの時間変化を見ると、0200UTC-1000UTCの時間帯で面積が広くなっていますが、ハワイ時間(UTC/GMT-10)では1600-0000となるので、時刻の選択が適切でなかったのかもしれません。

  これも後で調べて判ったのですが、以下の資料によれば、ハワイでのWWVBの電界強度の変化は非常に大きいようなので、受信できるかどうかは運次第ということでしょうか?
 短波(WWVH)の場合には約20000Km離れた場所からの受信報告もあるようですが・・・

  NIST Special Publication 432, 2002 Edition
  NIST Time and Frequency Services Michael A. Lombardi
  http://tf.nist.gov/general/pdf/1383.pdf

   Chapter 2
   Synchronizing the Nation’s Clocks:
   NIST Radio Station WWVB
   WWVB Coverage Area
   TABLE 2.4 - ESTIMATED SEASONAL SIGNAL STRENGTH OF WWVB, μV/M (p.22)

   Chapter 3
   Time Signals You Can Hear:
   NIST Radio Stations WWV and WWVH
   Page 28:"WWVH has received reports from as far away as South Africa, a distance of 19,300 km(12,000 miles) from Hawaii."(p.29)

 また、短波ラジオでチェックしてみると、かなりのノイズと強力な中波AM放送の混信があったので、電波環境的にはかなり厳しかったのかもしれません。

【参考外部リンク】
(WWVBではなくてJJYですが・・・)

JJY受信電波時計がハワイで動作!?
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~iye/papers/wabun/iyew172.pdf
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~iye/papers/article/200412%20JJY%20172.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

[HNL5]Blue Water Shrimp & Fish Marketに行ってきました

  ハワイ旅行の話の続きです。

 地球の歩き方に小さな記事で安くておいしいと書いてあったので、前回(2008年)ホノルルに行った時に初めてブルーウォーター シュリンプ&シーフードに行きました。
 駐車場の中とは思わなかったので場所を探すのに一寸手間がかかりました。
 評判がよかったガーリックシュリンプを食べましたが、確かにおいしかったです。
【移転前のBlue Water Shrimp & Seafood】
Google_mapsblue_water_shrimp_seafoo
(Google Maps)
Blue_water_shrimp_seafood_1_3
Blue_water_shrimp_seafood_2

 今回も、同じ店に行こうと思って、念のためネットで調べてみると、場所がインターナショナル・マーケット・プレイスの奥にあるフードコートに移動したようです。
 環境があまりよくないという評価もあったようですが、泊まっていたプリンセス・カイウラニの隣というで、様子見を兼ねて行ってみました。
 余りひどかったら止めようと思ったのですが、南国のフードコートは大体こんな感じのような気がします(安いところにしか行ってませんが・・・)。
 以前のキッチンは廃バスを改造したものでしたが、今度の店は普通の店になっていました。
 なお、看板は"Blue Water Shrimp & Seafood"ではなくて、"Blue Water Shrimp & Fish Market"になっていました。
【移転後のBlue Water Shrimp & Fish Market】
Blue_water_shrimp_fish_market_1
Blue_water_shrimp_fish_market_2

【無料ガイドの宣伝ページ】(下の切欠は$2のクーポン券を切り取った跡です)
Blue_water_shrimp_fish_market_ad2 Blue_water_shrimp_fish_market_ad1 

 今回はロブスターとガーリックシュリンプを注文しました。
 後の番号の人が何人も先に呼ばれるので、注文が通ってないのかと一寸心配になりましたが、結構時間が経ってからやっと呼ばれました。ロブスターの調理に時間がかかったのかもしれません。
 ロブスターは宴会などでたまに食べることはありますが、出来立てのロブスターはおいしかったです。

 個人的には、以前の駐車場の中の方が、不思議な違和感があって面白かったです。
 横浜でも食べることができるようになったようですが、やっぱり外で食べるのがぴったりのような気がします。

【参考外部リンク】
ブルーウォーター シュリンプ&シーフード
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g60982-d1198341-Reviews-Blue_Water_Shrimp_and_Seafood_Co-Honolulu_Oahu_Hawaii.html

Blue Water Shrimp & Seafood - Waikiki - Honolulu, HI
http://www.yelp.com/biz/blue-water-shrimp-and-seafood-honolulu

Blue Water Shrimp & Fish Market
http://www.yelp.com/biz/blue-water-shrimp-and-fish-market-honolulu

ブルーウォーター・シュリンプ (横浜ワールドポーターズ内)
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14047018/dtlrvwlst/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

2012年国際航空宇宙展でのブルーインパルスの飛行展示は10/13,10/14

  面白そうですが見に行くには一寸遠い・・・・

2012年国際航空宇宙展
http://www.japanaerospace.jp/

セントレア会場イベントプログラム
http://www.japanaerospace.jp/news/modules/hot_news/index.php?a=data&id=68&m=download&tmp=1

FROM 12/10/13 03:30  TO 12/10/14 04:20
D)0330/0420
E)AEROBATICS:
1.FLT AREA   : WI A RADIUS OF 5NM OF RJGG ARP/345130N1364819E
2.USING ACFT : T-4 X 6 (BLUE IMPULSE)
F)300FT AGL G)6000FT AMSL

セントレア会場案内図
http://www.japanaerospace.jp/news/modules/hot_news/index.php?a=data&id=66&m=download&tmp=1

【2012年国際航空宇宙展】 遊覧飛行
http://www.centrair.jp/event/ev-title/1189249_3676.html
■飛行時間 :約5 分 (離着陸のための地上走行含まず)
■料金 :19,800 円(税込)

  1分4000円、1秒66.66666・・・・円?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

[HNL4]オープントップバスからみたワイキキビーチ付近の景色等

 今回のハワイ旅行はknt(近畿日本ツーリスト)のホリデーツアーを利用したのですが、無料のオプションで「ブルー・ハワイ・オーシャン・ライナー」があったのでこれに参加しました。

  ブルー・ハワイ・オーシャン・ライナー
  http://shop.knt.co.jp/holiday/contents/include/lailaihawaii/liner/index.html

 2階建のオープントップバスからの景色は、いつも見慣れた風景とはかなり違います。
 風が強くて帽子が吹き飛ばされそうになったり、道路脇の樹木の枝葉の先端が座席部分まで飛び込んでくることがあって一寸注意が必要ですが、なかなか楽しいです。

【ワイキキビーチ】

【カラカウア通り】

バスとは関係ありませんがワイキキビーチ絡みということで・・・
Wikiki_sunset

【クヒオビーチ・フラショー】
Kuhio_beach_hula_show

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

10月26日に3回目の打ち上げ予定のKSLV-1(羅老号)の飛行シーケンス、落下予想エリア等

韓国のロケットKSLV-1(ナロ号)は10月26日に打ち上げ(3回目)の予定のようですが、下記の資料に"KSLV - I Flight Sequence","Estimated area of falling"等について書いてありました。

Rocket(KSLV-I) launching and relevant flight avoidance
http://www.casa.go.kr/data.asp?file=AIP%20SUP%2015_12.pdf

以下上記URLから抜粋引用
*********************************************
Launching Schedule
Estimated date: 26 OCT 2012
Reserved period: 27 OCT 2012 - 31 OCT 2012
Estimated Launching time:0630 - 1000 UTC

【KSLV-I Flight Sequence】
Kslv1_flight_sequence

【Estimated area of falling】
Kslv1_falling_area

*********************************************

  以下の資料は、2回目の打ち上げ(2010年6月10日)の時の海上保安庁の水路通報です。
  真ん中より少し上に「22年840項(T)朝鮮半島南岸及び Philippine Islands 東方 ロケット打上げ実施」の項があります。

  水路通報第20 号平成22年5月21日(797項~840項)
  http://www1.kaiho.mlit.go.jp/TUHO/tuho/html/tuho/pdf/2010/suiro_jp/2010-20.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

500円八木アンテナとFRG-965でFITSAT-1(NIWAKA)を受信

JAMSATで紹介されていた500円八木アンテナと低感度で有名なFRG-965の組み合わせで、どうにかFITSAT-1(NIWAKA)が受信できました。
Fitsat1niwaka
*

休日で普通に起きている時間に天頂付近を通過するパスがあまりなくて、なかなか受信できませんでした。
2012.10.08 19:28(AOS)-19:30(LOS)のパスは、比較的仰角が高かったのでどうにかHI DE NIWAKAを受信できました。
念のため、同一周波数のビーコンを使用しているPRISMの軌道もCALSATで確認しました。
一応非同調プリアンプ(WA-965)も使用しましたが、アンテナ方位固定、手動ドップラーシフト追従は結構厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

[HNL3]シェラトン・プリンセス・カイウラニに泊りました

 ハワイ旅行の話の続きです。
 10年位前にハワイまで行ける程度のマイレージが貯まったことがあって、どこに泊ろうかということになりました。
 STARWOOD PREFERRED GUESTであればかなり安くなるということでシェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル(以下PK)を使ったことがあります。
 そのときの印象では、それほど大きくなく落ちついた感じで、観光や買い物にも便利でした。

 前回の印象が割りとよかったので、今回はツアーではPKが宿泊先になっているkntのツアーを選びました。
【Sheraton Princess Kaiulani】
Google_mapssheraton_princess_kaiula
(Google Maps)
Spk_entrance

 15時頃からチェックインということで20分位前に行ったのですが、かなり長い列が出来ていました。
 しばらくするとホテルのスタッフ(?)の女性が、ツアー客をフロントとは別の場所に集めて部屋の鍵を配り始めました。
 'OLI'OLIカード(JTB)を持っている人は名前を告げるだけで鍵を受け取っていましたが、我々の持っているLai-Laiカード(knt) では駄目でパスポートの提示を求められました。
 部屋は旧館8階ということで海はほとんど見えませんが、正面にダイヤモンドヘッドが小さく見えます。以下の写真はEX-V7で目一杯デジタルズームしたものです。
【Partial partial ocean view?】
Oceanview1
Oceanview2
Oceanview3

【Diamond Head】
Diamondhead1
Diamondhead2
Diamondhead3

  部屋は一寸狭めですがそれほど苦にはなりません。しかし、設備がかなり古くなっているような印象を受けました。
 冷蔵庫と金庫が入っているキャビネットの蝶番(ヒンジ)は外れかかってガタがあるし、エアコンはかなり旧式のようでした。エアコンの温度調整がうまくいかないので吹き出し口のカバーを外してみると、温度調節の摘みが昔のスライダックのような感じで軸の周囲に手書きでOFF,HIGH,LOWと書いてありました。
 その他は、浴室の給湯設備がかなり旧式で、シャワーはお湯の吐出量の調整が困難(不可能?)でした。止水状態から摘みを左に回すと最初に水が出て、更にかなり回すとお湯が混じってきて、左に回し切ると熱いお湯が出る状態になります。バスタブの栓も一寸調子が悪かったです。
 あとは米国系のホテルなので当たり前なのかもしれませんが、スリッパがなかったり、テレビに日本語の番組がほとんど無かったのが一寸気になりました。
 個人旅行であれば、チェックインするときにある程度部屋の交渉ができますが、ツアーでは余り文句も言えないです。
 それ以外のホテルの接客やプールサイドのピカケテラスのディナーショーなどはなかなかよかったです。ビュッフェでは蟹が食べ放題です。コーヒーがどこかよく判りませんでしたが、別の場所?
【Pikake Terrace Hula Show】

 最近では、どこのホテルでもインターネット環境が整ってきていますが、PKの場合は各部屋で無線LANが使用可能でした。
 Wi-Fiをスキャンすると"SheratonPrincessKaiulani"のSSIDが見えます。
【Wi-Fi Analyzer】
Spk_wifi_1

 ここにアクセスするとホテルのログインページが表示されるので、名前と部屋番号を入力すればOKです。
【HOTEL INTERNET ACCESS】
Spk_wifi_2

 費用が$14となっていますが、ツアーの場合には料金に含まれているようで、チェックアウト時に請求されませんでした。

【参考外部リンク】
Sheraton Princess Kaiulani
http://www.princess-kaiulani.com/
シェラトン・プリンセス・カイウラニ
http://jp.princess-kaiulani.com/

Pikake Terrace
http://www.princess-kaiulani.com/dining/pikake/
Buffet Menu
http://www.princess-kaiulani.com/pdf/buffet10_4.pdf

インターネット環境について
http://jp.princess-kaiulani.com/fs_internet.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDSDRで見たJARL全市全郡コンテスト(430MHz)

昨日(10/7)の夕方に、FITSAT-1を受信するつもりでアンテナ調整用にFRG-965で430MHzを受信していたら、なにかにぎやかです。
普通は全帯域(10MHz)で2~3局しか聞こえないことが多いのですが、HDSDRで表示してみると昨日は1MHz帯域の中に10局位オンエアーしていました。
何事かと思って調べてみたらJARLの全市全郡コンテストでした。
Jarl_all_city_contest_hdsdr

HDSDRで見ると1回の交信時間が短いのがよく判ります。

なお、受信環境は以下のとおりです。
アンテナ:JAMSAT紹介の500円八木アンテナ(2Fの南向きベランダ)
受信機(SDR):LT-DT306(FC0013+RTL2832U)+HDSDR
PC:IBM ThinkPad X40

肝心のFITSAT-1はFRG-965でノイズすれすれでCWが聞こえたような気がしますが、内容の確認には至りませんでした。

【参考外部リンク】
コンテスト (アマチュア無線)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88_(%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E7%84%A1%E7%B7%9A)#JARL.E3.81.8C.E4.B8.BB.E5.82.AC.E3.81.99.E3.82.8B.E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.9B.BD.E5.86.85.E5.AF.BE.E8.B1.A1.E3.81.AE.E3.82.B3.E3.83.B3.E3.83.86.E3.82.B9.E3.83.88

JAMSAT:500円八木アンテンナ
http://www.jamsat.or.jp/features/cheapyagi/index.html

HDSDR
http://www.hdsdr.de/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

[HNL2]デルタ航空B747-400の電子機器(GPS/PC)利用環境

  今回のハワイ旅行ではデルタ航空を利用することになりました。
 飛行機に乗るときには、GPSを使ってログを取ったり、PCで時間潰しをすることが多いのですが、電子機器の取り扱いは航空会社によって異なるのでデルタ航空のサイトで確認してみました。
 
    携帯電子機器に関するデルタ航空機内情報    http://ja.delta.com/traveling_checkin/inflight_services/connectivity/personal_electronic_devices/index.jsp

 上記URLから抜粋引用
**********(引用開始)**********
ご使用いただけない機器
安全のため、次の機器は機内での使用が禁止されています:
・トランシーバー、アマチュア無線、CB 無線、49 MHz 送信機など、送受信兼用の伝送器
・特定の周波数で無線周波数エネルギーを放出するように設計された機器
・ケーブルで接続するコンピューターまたはゲーム用の周辺機器
・AM/FM ラジオ
・携帯用テレビ
・リモコンで動くおもちゃ
・Bluetooth 対応機器
・携帯用空気清浄機
・無煙たばこ/葉巻/パイプ器具
--------------------------------------------------------------------------------
状況によりご使用いただける機器
以下の機器は、航空機がゲートで駐機しておりドアが開いているとき、または着陸後ゲートへ向けて走行しているときのみご使用いただけます。
・携帯電話
・受信用または送受信用のポケットベル

以下の機器は、航空機がゲートで停止しておりドアが開いているとき、または離陸して巡航高度に到達した時点から着陸態勢に入る前までの間であればご使用いただけます。
・パーソナルコンピューター
・コンピューター周辺機器
・CDプレーヤー
・デジタルカセットテーププレーヤー/レコーダー
・ビデオレコーダー/再生システム
・計算機

以下の機器は、航空機がゲートで停止しておりドアが開いているとき、離陸して巡航高度に到達した時点から着陸態勢に入る前までの間、または着陸後ゲートへ向けて走行しているときにご使用いただけます。
・個人用デジタルアシスタント
・パソコンゲーム
・GPSシステム(全地球位置把握システム)
これらの機器がご使用いただける安全な状況になった時点で、客室乗務員がお知らせいたします。
**********(引用終了)**********

 なお、GPSの使用が常時禁止されている航空会社(アメリカン航空、ユナイテッド航空等)もあります。
【アメリカン航空】
■ 機内で使用できない機器
・アメリカン航空が設置している以外の携帯電話
・ラジオ(AM、FM、VHF)、テレビ受信機(電池式またはコード式)、テレビカメラ
・機内に設置されている以外の電子ゲーム機またはリモコン付玩具
・コンピュータのコードレスマウス
・携帯GPS(全地球測位システム)
  http://www.americanairlines.jp/intl/jp/travelInformation/carryOn.jsp

【ユナイテッド航空】

機内で常時使用できない電子機器類:

  • battery-operated personal air-purifying devices
  • テレビ
  • ラジオ受信機、送信機(AM/FM/SW、CB、スキャナーを含む)
  • 無線操縦玩具などの無線通信機能を持つ玩具など

  https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/baggage/devices.aspx

 デルタ航空の場合には離着陸時以外であれば使用可能のようですが、PCとPDA/GPSでは微妙に取り扱いが異なっています。

                         携帯電話   PC  PDA/GPS
・航空機がゲートで停止しており     OK    OK   OK
 ドアが開いているとき
・離陸して巡航高度に到達した時点  NG   OK  OK
 から着陸態勢に入る前まで
・着陸後ゲートへ向けて走行して     OK   NG  OK
 いるとき

 技術が進歩した現時点では、PCとPDA(死語?)の違いがよく判りませんが、iPadやタブレットはPCに含まれるのでしょうか?
 とりあえず巡航中はPCとGPSが許されていることが判りました。

 今回はGPSのテスト用にLenovo IdedPad A1とUzone F5豪華版を持って来たのですが、残念ながら往復とも窓際ではなかったので、受信実験はできませんでした。

 ここからやっと本題のPC利用環境の話になります。

【Wi-Fi関係】
 デルタ航空のサイトを見ると無線LANが利用できそうなことが書いてあったので、楽しみにしていたのですが、残念ながら太平洋上はサービスエリア外でした。説明をよく見たら、現時点では米国本土およびアラスカ圏内がサービスエリアのようです。
 以前、太平洋上に居るはずの知人からメールが来て驚いたことがあったので、どの航空会社でも同じかと思っていましたが違うようです。
 
  機内 Wi-Fi アクセス
  http://ja.delta.com/traveling_checkin/inflight_services/products/wi-fi.jsp
  How Gogo works
  http://www.gogoair.com/gogo/cms/work.do

  以下の記事によれば、来年には太平洋上でも利用可能になるようです。Gogoと聞くとKill Billを連想してしまいます・・・

  Intelsat to Provide Satellite Connectivity Capacity for Gogo’s International In-flight Wi-Fi Service
  http://pr.gogoair.com/press-room/2012/09/intelsat-provide-satellite-connectivity-capacity-gogo-s-international-flight-wi-f

 念のため、Wi-Fiをスキャンしてみると入感はゼロでしたが、時たまPocketWiFiの信号が見えました。PocketWiFiは携帯電話に準ずるのではないかと・・・・・

【電源関係】
 利用した機材はB747-400でしたが、新シート導入タイプの機材では全席にUSBポートがついていました。
 機内誌によると、古いB747-400(個人ビデオ無し)ではUSBポート無しですが新しいB747-400(74S)(個人ビデオ有り)では全席にUSBポートがついているようです。なお、USBポートの場所は液晶画面のすぐ下です。
Delta_b747400_pc_power_supply

  ボーイング 747-400  https://ja.delta.com/planning_reservations/plan_flight/aircraft_types_layout/747_400/index.jsp
  ボーイング 747-400(74S)  https://ja.delta.com/planning_reservations/plan_flight/aircraft_types_layout/Boeing747/index.jsp

 充電用にUSBケーブルは持って来たのですが機内で充電できることを知らなかったので、預ける荷物の方に入れており、残念ながら利用できませんでした。帰りの便は前が壁で引き出し式ビデオにはUSBポートが見当たりませんでした。どこかに隠れているのかもしれませんが・・・
 
 以上、長々と書きましたが半分は自分のメモ用です。次の機会に少しは役に立つかもしれません。

【2013.05.19追記】
 誤記を訂正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

[HNL1]搭乗ゲート通過時のランダム保安チェック(SSSS)に当りました

 たまには命の洗濯が必要ということで、久し振りにハワイに行くことにしました。
 ハイシーズンではないためか、空港は比較的空いており出国手続きも割りに短時間で終わりました。
 今回利用するのはデルタ航空の638便です。
 http://ja.flightaware.com/live/flight/DAL638

Delta_gate_15

 搭乗開始のアナウンスがあったので、いつものように搭乗ゲートを通過しようとすると”ピー”というアラーム音が鳴りました。
 すると係員が手招きして、列から出て靴を脱いで椅子に座るように言いました。
 ランダムチェックの話は聞いたことがありますが、体験したのは初めてです。
 検査の内容は、少し大判のリトマス試験紙かPostItのような紙片(紙ではないかもしれません)を衣服の表面や靴の内側に沿って移動させて何かを検査しているようでした。
 1回の移動(走査?)ごとに新しい紙片を使っていました。
 検査自体は5分くらいでしたが、目の前を他の搭乗客が通過するので、靴を脱いで椅子に座っているのは一寸恥ずかしいです。
 自分が検査を受けている間は他の人は引っかからなかったので、数十人に一人程度のランダムランプリングなのでしょうか?

 帰国してから調べてみると、SSSS(Secondary Security Screening Selection)と呼ばれるシステムのようです。

  Secondary Security Screening Selection
  http://en.wikipedia.org/wiki/Secondary_Security_Screening_Selection

 上記サイトによれば、対象になるのは特定の条件を満たした人、リストに記載されている人(14000人)、無作為に選ばれた人のいずれかのようです。
 検査の対象となった人のボーディング・パスには"SSSS"または"*S*"の文字が印刷されているということだったので、手元の搭乗券をよく見ると、確かに”SSSS”と印刷されていました。

Boarding_pass_with_sssssecondary_se

  どんな検査をしているのかと思って調べて見るとどうも主に爆発物の検知のようです。
 上記サイトに"puffer explosive detectors"という用語が出てきたので、リンク先を見てみると、爆発物の色々な検出方法が説明されています。
  当方が受けた検査は、爆発物から漏れ出て衣服や身体に付着した微量成分を検出するもののようですが、詳細はわかりません。ガスクロマトのようなもの?

 趣味で射撃をやっている人の場合は、未燃焼の無煙火薬が付着して反応が出たりするのでしょうか?

 下記の記事によれば、最近では爆発物の有無を1~2秒で探知可能な搭乗券読取装置が試作されているようなので、将来はランダムサンプリングで特別待遇を受けるようなことは無くなるのかもしれません。

  日立トップ>日立について>ニュースリリース
  爆発物探知装置を内蔵した搭乗券読取装置を試作
  http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/10/1003a.html

  10月1日から国際線の保安検査場で無作為身体検査が始まったようですが、運が良い(?)と2回ランダム検査を受けることになるのでしょうか?

  次回からはSSSSの文字の有無を確認して心の準備をしなくては・・・・

【参考外部リンク】
無作為身体検査スタート 国際線乗り入れの30空港
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201210010141.html

Explosive detection
http://en.wikipedia.org/wiki/Explosive_detection

Toward a Test Strip for Detecting TNT and Other Explosives in Water
http://www.sciencedaily.com/releases/2012/03/120328154429.htm

Advanced Explosives Detector Sniffs out Previously Undetectable Amounts of TNT
http://www.sciencedaily.com/releases/2012/08/120808121906.htm

New Method For Detecting Explosives
http://www.sciencedaily.com/releases/2009/03/090313150117.htm

Out-Sniffing Bomb-Sniffing Dogs
http://www.sciencedaily.com/releases/2010/11/101110113201.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

TechEdSat, F-1, FITSAT-1, WE-WISHのビーコン周波数

10月4日(UT)にISSから放出された超小型衛星について、以下のサイトにかなり詳しく書いてあります。
幾つかの衛星については既に受信報告が来ているようです。
アフリカで受信されたFITSAT-1(NIWAKA)のCWの動画がありますが、結構信号が強いみたいです。

ISS Amateur Radio CubeSat Deployed
Posted on 04/10/2012 by M5AKA
http://www.uk.amsat.org/?p=10119

上記URLから抜粋引用
***************引用開始*******************
Four of the CubeSats carry Amateur Radio payloads, they are TechEdSat, F-1, FITSAT-1, and WE-WISH. As of 19:50 UT signals had been reported from WE-WISH and FITSAT-1 as well as a weak signal report for TechEdSat.

ISS CubeSat Frequency Information

+ FITSat 1 (Fukuoka Institute of Technology)
CW Beacon 437.250 MHz,
FM Data   437.445 MHz,
High-speed 115.2 kbps data 5840.00 MHz.

+ TechEdSat (NASA Ames Research Center and San Jose State University)
Telemetry downlink on 437.465 MHz.

+ F-1 (FPT University)
437.485 MHz FM downlink:
145.980 MHz FM downlink:

+ WE-WISH (Meisei Electric Co., Ltd.)
Downlink on 437.505 MHz, CW and AX.25 1200 bps AFSK
***************引用終了*******************

当方も500円八木アンテナとFRG-965を引っ張り出して来て受信に挑戦してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

ソニー、ワンセグ音声受信対応の薄型ポケットラジオ

 大手もワンセグTV音声用ラジオを出してきたみたいです。

(2012年 10月 4日)
ソニー、ワンセグ音声受信対応の薄型ポケットラジオ
天面10キーで簡単選局。15時間動作/実売18,000円
XDR-63TV
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20121004_564058.html
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201210/12-1004/
電源は単4電池2本で、バッテリ持続時間はワンセグ受信で15時間/13時間(イヤフォン/スピーカー)、
FMが35時間/25時間(同)、AMが39時間/28時間(同)。
外形寸法は101×55×15mm(縦×横×厚さ)、電池を含む重量は91g。

 その他のワンセグTV音声用ラジオ
(手抜きで適当にコピペ))

TMY、ワンセグ音声を聴けるポータブルラジオ
-7,980円。AM/FMラジオ対応
ORD-01
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120914_559854.html
http://www.tmy2000.com/Product_av_around/ORD-01.html
外形寸法88×63×21mm(縦×横×厚さ)、重量約89g
リチウムイオン充電池を内蔵 
連続使用時間はワンセグ音声が3時間、AM/FMラジオが4時間


アステム、29,000円のワンセグ音声聴取可能なラジオ
-視覚障害者向け。緊急地震速報の受信対応
TRKO-01B
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120830_556347.html
http://www.eyefriends.jp/archives/1137
ACアダプタに加え、単3電池4本でも動作可能。
突起を含まない外形寸法は170×45×135mm(幅×奥行き×高さ)、
電池を含まない重量は約480gで、電池を含む重量は約580g。

ワンセグテレビ音声聞けるラジオ 9月末に発売
http://www.asahi.com/business/intro/TKY201209060694.html
http://www.yazawa.co.jp/product/?id=1343351121-276455
RD3WH
本体寸法(mm) 約W68x H97x D25 (mm)
本体重量(g) 99.5
電源:単4形乾電池×4個
想定価格は税込み7980円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »