« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月27日 (水)

UZONE F5豪華版でSIM 2枚挿し(Dual SIM ATT/SingTel)

 主にGPS端末として使用しているU・ZONE F5豪華版(Deluxe)にはSIMカードスロットが二つあります。
 手元には海外で入手した事業者が異なるSIMカードが2枚あります。
 ということで、話に聞いていたSIM 2枚挿しをやってみました。
Uzone_f5_deluxe_dual_sim_1
Uzone_f5_deluxe_dual_sim_2
Uzone_f5_deluxe_dual_sim_3
Uzone_f5_deluxe_dual_sim_4

 一応両方とも認識されているみたいです。
 これで米国(AT&T)とシンガポール(SingTel)は、現地ではローミングせずに国内料金で通話できる???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

1836年2月25日はコルトのレボルバー特許が登録された日だそうです

 一日遅れ(六日の菖蒲、十日の菊)のネタになりますが・・・

 ブログのネタを探してエレキ関係のサイトを覗いていたら、電気とは余り関係がないような下記の記事が載っていました。

  EDN (Electrical Design News)
  http://www.edn.com/
  EDN Network
  Samuel Colt receives patent for his revolver, February 25, 1836
  Jessica MacNeil - February 25, 2013
  http://www.edn.com/electronics-blogs/edn-moments/4407683/Samuel-Colt-receives-patent-for-his-revolver--February-25--1836

 177年目の記念日(?)ということでしょうか?
 記事の中に Samuel Colt was granted US patent 9430X for a "revolving gun" on February 25, 1836.と書いてあったので、USPTOで調べてみました。

  USPTO
  US patent 9430X
  http://patimg1.uspto.gov/.piw?docid=X0009430&SectionNum=1&IDKey=8753E5851451&HomeUrl=http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect2=PTO1%2526Sect2=HITOFF%2526p=1%2526u=/netahtml/PTO/search-bool.html%2526r=1%2526f=G%2526l=50%2526d=PALL%2526S1=X009430.PN.%2526OS=PN/X9430%2526RS=PN/X9430

 こんなに古い明細書でも閲覧できるのが凄いです。
 一寸見にくいので、Googleで見てみました。

  IMPROVEMENT IN FIRE-ARMS SAMUEL COLT
  http://www.google.com/patents/USX9430?printsec=description&hl=ja#v=onepage&q&f=false

 日本では一寸考えられませんが、歴史が違うし、民間用の銃が2億7000万丁もあるのでエレクトロニクス関係のサイトにこのような記事が載っても違和感がないのでしょうかね。

余談:
 最近は個人認証機能を有する銃もあるようなので、エレキが無関係とは言えないかもしれません。

  TriggerSmart Childproof RFID Smart Gun
  http://www.youtube.com/watch?v=EcIpmAaFjGE

 RFIDが銃に適用されるとは想像もしませんでした。

 射撃の講習会では跳弾になるので水面は撃つなと教えられましたが・・・(動画の最後)

【参考外部リンク】
 Embassy of the United States
 武器を携帯する権利
 http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-govt-rightsof5.html

 Number of guns per capita by country
 http://en.wikipedia.org/wiki/Number_of_guns_per_capita_by_country

 The largest civilian firearms arsenals for 178 countries
 http://www.smallarmssurvey.org/fileadmin/docs/A-Yearbook/2007/en/Small-Arms-Survey-2007-Chapter-02-annexe-4-EN.pdf

 Smart Gun
 http://en.wikipedia.org/wiki/Smart_Gun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

iPod classic 似(?)の多機能カード型歩数計

Km228336_gcard  歩くのが体に良いのは判っていますが、数値的なデータがないとあまりやる気がおきません。
 適当な万歩計がないかとホームセンターで探していたら、どこかで見かけたようなデザインのもの(LIFELEX 多機能カード型歩数計 G.card KM22-8343)がありました。

 大丈夫なの? という気がしないでもありませんが、「物品」が異なるし、「混同を来すおそれ」もないのでOKと判断したのでしょうか? 

 昔は、東南アジアの怪しげなお店でGAME BOY型デジタル時計"TIME BOY"とか、Walkman WM-2型ライターを見かけましたが・・・Time_boy_and_wm2_type_lighter

【参考外部リンク】
 iPod classic
 http://www.apple.com/jp/ipodclassic/specs.html

 GAME BOY
 http://www.nintendo.co.jp/n02/dmg/hardware/gb/index.html

 WM-2 https://msc.sony.jp/mail_share/mysony/feature/20090702_1/images/wmlist_big/nen02.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

中華パッド(T760)にSDR Touchを入れて見ましたが・・・

  Android端末で利用可能なSDR アプリがあるという情報を見かけたので、早速手元にあったTECLAST T760(V4.03)に入れてみました。
【T760(V4.03)】
Sdr_touch_t760_id
Sdr_toch_t760_android_403

 インストールしたのは、下記のサイトで紹介されている"SDR Touch"というアプリです。
 説明によると、周波数が50 MHz-2.2 GHz、電波形式がWFM, AM, NFM, USB, LSB, DSB, CWU, CLWとなっています。CLWって何でしょうか? CWL(continuous wave lower)?

 デコーダチップはRealtek RTL2832Uでいいような感じですが、手元のUSBドングルが使用できるかどうかは判りません。

 とりあえず、下記サイトからダウンロードしてみました。
 
  [APP][2.2+] SDR Touch - Live radio on your Android device
  http://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=36930621

 ApkinstallerでAPKファイルを指定すると、普通にインストールでき、アイコンも表示されました。
【インストール状態】
Sdr_touch_download

【アイコン】
Sdr_touch_icon

 アプリを起動させるとそれらしい画面(DEMO MODE)になりますが、周波数のスケールを左右に移動できるけで、実際の受信動作はしません。
【Demo Mode】
Sdr_touch_t760_usb_dongle
Sdr_touch_t760_screen

 Helpボタンを押してみましたところ、ドライバが必要なのでGoogle Playにリダイレクトするというような表示が出ます。
【Terms and Conditions】
Sdr_touch_terms_and_conditions

 OKのボタンを押しましたが先に進みません。

 次に、Set MHzを押してみるとPro Keyを購入する必要なあるような表示が出ます。
 Get Keyを押してみると、「残念ながらお探しのアプリは存在しないか削除されています」というメッセージが表示されます。
【Sorry】
Sdr_touch_sorry

  ネット上の情報によれば、プログラムの利用形態に問題があるようなことが書いてありました。

 もしこのアプリがまともに動作するのであれば、是非使ってみたいです。
 最近、海外でSDRの受信実験をするためにThinkPad X40を持って行きましたが、重たかったです。
 周波数範囲が非常に広いし、多種類の電波形式に対応しているので、Android端末1台で、アマチュア無線やエアバンドのモニタが出来そうです。
 なお、Terms and Conditionsにも書いてありますが、特定周波数の受信が可能な受信機の輸入が違法行為となる国(マレーシア等)がありますので、海外で使用する場合には要注意かもしれません。

【2013.02.28追記】
 USBドングルは認識されたようですが「rootが必要!」と怒られてしまいました。
 古いモデルをバージョンアップした中華パッドのV4.03ではダメか?
Permission_denied
Root_required

 Nexus 7 での動作報告があるようなので一寸食指が動きます。
追記:Nexus 7はOTG機能追加のためにroot化が必要という情報も見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

PAL放送をNTSCテレビで受信するとどうなるか?

 多分、最後のシンガポールネタです。
 昔から確認してみたかった超マイナーな実験をしてみました。

  カラーテレビ放送を初めて見た頃(東京オリンピックの頃?)、どんなシステムになっているのか興味があって一寸調べたことがあります。
 ものの本(当時はインターネット等という便利なものはありませんでした)によれば、世界にはNTSC, PAL, SECAMの3方式があって、方式が異なると受信できないという説明でした。
 当時は、方式が異なれば受信できないのは当然と思っていましたが、その後にもう少し調べてみると、各方式に共通の部分もあるので、方式が違っても何か映るのではないかと単純な疑問を持っていました。

 先日シンガポールに行く機会があったので、まだアナログのPAL方式で放送している局もあるということで、昔から確認してみたかった「PAL放送をNTSCテレビで受信するとどうなるか?」という実験をしてみました。

 下記サイトによれば、"Japan NTSC M "、"Singapore PAL B/G"となっています。

  WORLD TELEVISION SIGNAL GUIDE
  http://countrycode.org/tv-standards

 下記サイトの説明によれば、両方式とも、映像信号は振幅変調で且つ負変調となっています。走査周波数はかなり異なっているので、同期は期待できませんが、同期外れの黒い同期信号くらいは見えてもいいような気がします。

  Broadcast television systems - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/Broadcast_television_systems

  Appendix E Frequency Allocation Tables - Cisco
  http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/cmts/ubr7200/ubr7225vxr/installation/guide/ub7225fqcy.pdf

 ということで、酔狂ではありますがシンガポールで実験してみました。

 いまどき、アナログのポータブルテレビは手元にないので、受信機として液晶モニタ付きのICOMのIC-R3を使用しました。
  IC-R3は、広帯域(0.5MHz~2.45GHz)で各種の変調モード(AM, FM, WFM, C3F)に対応しており、受信周波数を直接指定できるので、いろいろと便利です。
 アンテナは付属のホイップを使用しました。
  場所は、マリナベイサンズ(Marina Bay Sans)の28Fの東側ベランダです。

  [IC-R3]  http://www.usascan.com/files/icr3.html
   [C3F]  http://www.wdic.org/w/WDIC/C3F

 シンガポールのテレビ放送の周波数は、下記のサイトを参考にしました。

  Singapore Channel Assignments (Windows)
  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/ee663636(v=vs.85).aspx

 見えそうな周波数範囲を手動でスキャンしました。
 結果は以下の通りです。
【PAL放送をNTSCテレビで受信】

 220MHz付近でテレビ放送らしき信号が受信できました。
 何が映っているのかは判りませんが、同期信号らしき黒い帯が見えているし、この帯が流れているので、同期外れのPAL信号の輝度信号成分が見えていると考えて良いように思われます。
 ほぼ予想通りの結果になりました。
  なお、NTSCとPALの音声の変調方式は両方ともFMですが、インターキャリアの周波数が異なっているので、映像搬送周波数に同調させると音声は出力されません。
 我ながら物好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

B787のバッテリの発煙原因は依然不明

 以下の記事の見出しだけ見ると誤配線が発煙に関係するような印象を受けますが、本文では無関係と書いてあります。

  MSN産経ニュース
  配線ミスのまま運航 同型機2機でも? 運輸安全委
  2013.2.20 21:46
  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130220/dst13022021490012-n1.htm

  ブルームバーグ
  運輸安全委員長:B787機体の配線についても調査へ-不具合問題で
  更新日時: 2013/02/20 17:31 JST
  http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MII7DD6TTDWZ01.html

 昔は、原因不明とされた電気回路の短絡や発火の原因が、詳細解析の結果、ホイスカ(ウィスカー,whisker)やマイグレーション(migration)であったことがありますが、今ではチェックリストに載っている位なので、こんな単純な原因ではないのでしょうね。

Fta

    下記資料から抜粋引用
  リチウム蓄電池の技術基準に係る検討について
  http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g70618d07j.pdf

【参考外部リンク】
  Investigative Update of Battery Fire Japan Airlines B-787 - Jan 7, 2013
    http://www.ntsb.gov/investigations/2013/boeing_787/JAL_B-787_2-7-13.pdf

  BBC NEWS
  28 January 2013 Last updated at 15:36 GMT
  Dreamliner: No fault found with Boeing 787 battery
  http://www.bbc.co.uk/news/business-21230940
 
  週刊ダイヤモンド
  2013年1月30日
  http://diamond.jp/articles/-/31123

  Business Journal
  2013.02.22
  http://biz-journal.jp/2013/02/post_1550.html

  リチウム蓄電池の技術基準に係る検討について
  http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g70618d07j.pdf

  NASA Tin Whisker (and Other Metal Whisker) Homepage
  http://nepp.nasa.gov/whisker/index.html
  Basic Information Regarding Tin Whiskers
  http://nepp.nasa.gov/whisker/background/index.htm

  ウィスカー
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC

  マイグレーションの原因
  http://www.soldering-tec.com/%E8%A6%81%E5%9B%A0%E8%A7%A3%E6%9E%90/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

ロシアに落下した隕石を最初に検知した"infrasound station"とは?

 以下の記事によれば、ロシアに落下した隕石を最初に観測したのは米アラスカ州の観測所だったそうです。

  ロシア隕石落下:最初の大気圏突入観測は米アラスカ州
  毎日新聞 2013年02月18日 10時53分(最終更新 02月18日 12時35分)
  http://mainichi.jp/select/news/20130218k0000e040132000c.html

  下のアニメーションを見ると、隕石は東から西に移動しているようなので、アラスカで最初に観測されたのでしょうか?

  Russian Meteor Crash - Trail and Trajectory Animated | Space.com
  http://www.space.com/19834-russian-meteor-crash-trail-and-trajectory-animated.html

*

 どんな観測所なのか一寸興味があるので、素人の好奇心で簡単に調べてみました。
 NASAのサイトにもう少し詳しい説明がありました。

  Russia Meteor Not Linked to Asteroid Flyby 02.15.13
  http://www.nasa.gov/mission_pages/asteroids/news/asteroid20130215.html

 これによれば、最初にアラスカで記録され、その後に別の5か所の"infrasound station" からのデータを統合して、サイズや質量が推定されたようです。
 "infrasound station" の実態がよく分かりませんが、名称から判断すると超低周波音を測定する施設のようです。

  weblio
  http://ejje.weblio.jp/content/infrasound

  Infrasound - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/Infrasound

 なぜそのような施設が存在するのかと思って調べてみると、以下のような記事がありました。

  [New post] CTBTO Infrasound Stations Detect Russian Meteorite Blast
  By Newsroom America Feeds at 15 Feb 12:55
  http://www.newsroomamerica.com/story/347325/new_post_ctbto_infrasound_stations_detect_russian_meteorite_blast.html

  Russian Meteor Blast 'Heard' Around the Worldby Becky Oskin, OurAmazingPlanet Staff WriterDate: 17   February 2013 Time: 09:25 AM ET
  http://www.livescience.com/27201-russian-meteor-infrasound.html

 どうもCTBTO(Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization:包括的核実験禁止条約機関)に関係があるようです。

  CTBTO Preparatory Commission
  http://www.ctbto.org/

  Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization - Wikipedia ...
  http://en.wikipedia.org/wiki/Comprehensive_Nuclear-Test-Ban_Treaty_Organization
  以下、上記URLから抜粋引用。
  "60 infra-sound stations using microbarographs (acoustic pressure sensors) to detect very low-frequency sound waves."

 やっと背景が判ってきましたが、"infrasound station"の実態がよく分かりません。
 更に調べてみると、"infrasound station"の機能を説明したアニメーションと資料がありました。

  The Infrasound Network and how it works .
  http://www.youtube.com/watch?v=GVWOA5pZG6o&list=PLF85FBD7DB54DD0B1&index=3

*

  Infrasound - ctbto
  http://www.ctbto.org/fileadmin/user_upload/pdf/ISS_Publication/Infrasound_11-16.pdf

 これらの資料を見てやっと全体のイメージが湧きました。
 このような施設が世界中に数十か所もあるとは知りませんでした。

 大気圏突入の段階での検出では「緊急隕石情報」には間に合わないかもしれませんが、将来的にはかなり前に予測できるようになるのでしょうか?
 衝突すると予測されても・・・・という気がしないでもありませんが。

 こんな記事もありましたが・・・・

  GIZMODE
  Paintball Pellets Could Deflect an Asteroid from Destroying Earth
  http://gizmodo.com/5955415/paintball-pellets-could-deflect-an-asteroid-from-destroying-earth

*

 隕石を白く塗って表面反射率を高くし、太陽光の圧力でコースを変えるというアイデアのようです。

【2013.02.20追記】
 フィルタ処理と時間軸変換で可聴周波数信号に変換された隕石落下時の超低周波音のオーディオファイルが、YouTubeにアップロードされていました。

  CTBTO Newsroom
  Russian Fireball Largest Ever Detected by CTBTO’s Infrasound Sensors
  Posted by: ctbtonewsroom | February 18, 2013
  http://newsroom.ctbto.org/2013/02/18/russian-fireball-largest-ever-detected-by-ctbtos-infrasound-sensors/

  Russian Fireball Largest Ever Detected by CTBTO's Infrasound Sensors .

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore

  先月、シンガポールに行く機会があったので、SDR(ソフトウエア・ラジオ)の受信テストをしてみました。
  まず、シンガポールで受信できそうなFM放送の周波数を調べてみました。
 下記のサイトによれば、88-108MHzあたりのようです。

  Radio Stations in Singapore on FM, shortwave and DAB
  http://www.asiawaves.net/singapore-radio.htm#singapore-radio-fm

 チャンネル・セパレーションは100kHzのようなので、SDR#の選局ステップを100kHzに設定し、PCのアップダウンキーで手動スキャンしました。

【受信環境】
場所:マリナベイサンズ(Marina Bay Sands) 28F 東側ベランダ
PC:IBM ThinkPad X40
SDRアプリ:SDR#(SDRSharp)
USBチューナ:ZOX DS-DT305BK(FC0012+RTL2832U)
ANT:チューナ付属の21cm長ロッドアンテナ
Sdrsharp_setting
Sdrsharp_pc_dongle

 下の動画はSDRSharpの表示画面です。なお、画面上のタイムスタンプはJSTです。
【SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore】

 
 最所は、108MHzから周波数が低い方に受信状態を確認しながらスキャンし、信号がありそうな場所で一旦スキャンを停止し、放送の内容を確認しました。
 確認するといっても言葉が判らないので、音楽か、アナウンスか、トークか、コーラン(?)か程度しか区別できません。
 色々な言語が使用されているようです。上記サイトには、"The main languages in Singapore are English, Chinese, Malay and Tamil."と書いてありました。
 下端周波数の88MHzに到達したら、今度は周波数の高い方へ108MHzまで連続的にスキャンしました。
 なお、下限周波数を88MHzにしたのは、受信状態をYouTubeに投稿するつもりだったので、通信(放送ではない狭義の通信)を受信する可能性がある隣国のマレーシアを考慮したためです。

 ホテルの28階のベランダで受信したのですが、車の騒音がかなりひどくて聴きにくかったです。ホテルの建物の側面が湾曲しているので、車の騒音が上の階に導かれたのかもしれません。
 上記サイトには60局程度のFM局がリストされていましたが、12-13局しか聞こえませんした。
 DT305と21cmのアンテナではこんなものでしょうか。もっと静かな場所で丁寧に受信したらもっと多くの局が受信できたかもしれません。

 日本でFM放送が受信できるのだからシンガポールでも受信できて当然かもしれませんが、SDRのいい点は受信範囲が非常に広いので、どんな周波数割り当てにも対応できるということにあると思います。

 ただし、国によってはこの受信可能な周波数範囲が非常に広いということが、問題になる場合があるので注意が必要です。
 例えば、シンガポールの隣国のマレーシアでは、68-87Mhzおよび108-174Mhzの無線通信を受信することが可能な受信機の輸入が禁止されています。
  日本用のFMラジオ(76-90MHz受信可能)はアウトです。当然、広帯域受信機やSDRもだめですね。
 日本のFMラジオをわざわざマレーシアまで持って行くことはないと思いますが、タブレットPCやMP3プレーヤにFM放送受信機能を備えているものがあるので要注意かもしれません。

【参考外部リンク】
  Royal Malaysian Customs Department
  http://www.customs.gov.my/index.php/en/m-pelancong/243-larangan-importeksport
  PROHIBITION/RESTRICTION OF IMPORTS
  The following goods are absolutely prohibited from importation:(注:抜粋)
  ・Broadcast receivers capable of receiving radio communication within the ranges (68 - 87) MHz and (108 -  174) MHz

  JETRO
  http://www.jetro.go.jp/world/asia/my/trade_02/
  貿易管理制度
  輸入品目規制
  (1)完全に輸入が禁止される品目(15品目)(輸入令の表1) (注:抜粋)
   6.気象放送を受信するよう設計されたものを除く、68-87Mhzおよび108-174Mhzの無線通信を受信することが可能な受信機(通信当局が使用する場合を除く)

  ヤマトグローバルロジスティックジャパン株式会社
  http://www.y-logi.com/ygl/prohibit/common_pdf/08MY.pdf
  マレーシアへ輸出する際の 注意事項
  輸入禁制品
  対象品目(注:抜粋)
  ・68-87MHz、108-174MHz周波数内のテレビジョン放送用受像機

  世界のFM放送用周波数
  http://konsu.sakura.ne.jp/whats/fmfrequency.html

  総務省電波利用ホームページ
  HOME> 電波監理の概要> 周波数割当て・公開> 周波数の公開> 我が国の電波の使用状況
  使用状況の詳細(平成24年4月現在)
  30MHz~335.4MHz
  http://www.tele.soumu.go.jp/resource/search/myuse/use/30m.pdf
  FM放送 76-90MHz

  United_States_Frequency_Allocations_Chart
  http://www.towercommservices.com/images/United_States_Frequency_Allocations_Chart.jpg
  FM放送 88-108MHz

  Spectrum Survey in Singapore: Occupancy Measurements and Analyses
  http://www.pwtc.eee.ntu.edu.sg/News/Documents/Spectrum%20survey%20in%20Singapore_%20Occupancy%20measurements%20and%20analyses.pdf
  http://ieeexplore.ieee.org/xpl/login.jsp?tp=&arnumber=4562457&url=http%3A%2F%2Fieeexplore.ieee.org%2Fxpls%2Fabs_all.jsp%3Farnumber%3D4562457
  [Fig. 5: 80 MHz to 174 MHz.]を見ると、88-108MHzはビッチリ詰まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

二つのCMで採用の"Big Spender"の歌詞の意味

 最近、テレビから昔懐かしい"Big Spender"のメロディが時々流れてきます。
 HONDAステップワゴンのCMと友梨ビューティクリニックのCMで使われているようです。
 
 HONDAステップワゴン TVCM
 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

   たかの友梨BEAUTY CLINIC
   Takano Yuriニュース
   http://www.takanoyuri.com/news/2013cm/report.html

 同じ曲が同じ時期に二つのCMで採用されるのは珍しいような気がします。

 Wiki(http://en.wikipedia.org/wiki/Big_Spender)によれば、1967年のヒット曲です。FEN(現AFN)でヒット時にリアルタイムで聞いていましたが、パンチの効いた女性ボーカルという印象でした。
  Big Spenderは浪費家という意味だと思いますが、当時は歌詞の意味について深く考えることはありませんでした。
 
 まずタイトルを「翻訳比較くん with まとめて辞書検索」(http://goolif.com/trans/)に放り込んでみました。

原文:big spender
Yahoo!:大きい浪費家
Google:金遣いの荒い人
Bing:ビッグスペンダー
Excite:大金の浪費家
FreshEye:大金の浪費家
BabelFish:
Infoseek!:大きい浪費家
Freetran:大きい浪費家
Reverso:取得ミス&nbsp;[<A class=reload onclick="$('#reverso').html('Reloading...');reversoTrans('big spender', true, true)" href="javascript:void(0)">Reload</A>]
Lec:気前よく金を使う人
So-net!:大きい浪費家
Babylon:大きな出費

 曲の雰囲気からは「気前よく金を使う人」がイメージに近いのかもしれません。

  ついでに、『英辞郎 on the WEB』(http://www.alc.co.jp/)でも調べてみました。

  big spender
  http://eow.alc.co.jp/search?q=big+spender&ref=sa
  気前よく金を使う人、浪費家{ろうひか}、金遣いの荒い人、気前のいい人、大盤振る舞いをする人

 最初にこのCMを見た時には、「浪費」→「消費拡大」→「景気浮揚」のための「風が吹けば桶屋が儲かる」的な深慮遠謀のステルス/サブリミナルCMかと深読みしそうになりました。

 今までは曲のタイトルしか知りませんでしたが、誰のことを"Big Spender"と呼んでいるの一寸気になって歌詞を調べてみました。

    Big Spender / Shirley Bassey の歌詞 - プチリリ
    http://petitlyrics.com/kashi/868796/

 使われている単語自体はそれほど難しくないのですが、状況がイメージできません。
  最初の"joint"からよく判りません。ジョイントというと継ぎ手くらいしか思いつきません。
 「英辞郎」で調べてみると、スラングで以下の意味がありました。

  joint
  http://eow.alc.co.jp/search?q=joint&ref=sa
  9.〈俗〉いかがわしい場所{ばしょ}、安酒場

 取りあえず場所のイメージは湧きましたが、依然全体の状況がよく判りません。
 歌詞の意味を説明したサイトがないかと思って探してみると以下のような説明がありました。

  Shirley Bassey - Big Spender
  http://www.songmeanings.net/songs/view/3530822107858543809/
  "Such an obvious meaning, great song. Kinda like the old school golddigger's anthem."

 "obvious"と書いてありますが。当方にとっては自明でも明白でもありません。
 "golddigger"という単語が出てくるので、これを「英辞郎」で調べてみると余り良い意味ではないようです。

  golddigger
  http://eow.alc.co.jp/search?q=golddigger&ref=sa
  3.〈話〉金品{きんぴん}を目当てに異性{いせい}を誘惑{ゆうわく}する人

 更に調べてみるともう少し詳しい説明がありました。

  Peggy Lee - Hey Big Spender
  http://www.songmeanings.net/songs/view/3530822107858683396/

 この説明を読むとかなりイメージが湧いてきます。
 "it's kind of like a song about prostitution"とまで言われています。
 世界で最も歴史がある職業についての歌のようなもの・・・ということでしょうか。
 ここまで調べてかなりイメージが湧いてきましたが、あまり上品ではない歌という感じがします。

 以下の歌詞の一部を超訳(不実な美女?)を目指して訳してみました。

  So let me get right to the point
  I don't pop my cork for every man I see

  まず最初に「翻訳比較くん」で機械翻訳をしてみました。なお、機械翻訳の都合上、文末にピリオドを付加しました。

原文:So let me get right to the point. I don't pop my cork for every man I see.
Yahoo!:それで、適切に正しくならせてください。私は、会う人ごとに、私のコルクを急に置きません。
Google:だから私はポイントの権利を得ることができます。私が参照してくださいすべての人のために私のコルクをポップしないでください。
Bing:私はポイントに右になるよ。私を参照してくださいすべての人の私はコルクをポップしないでください。
Excite:したがって、私をポイントにちょうど到着させます。私が会うすべての人のためのコルクをポップするとは限りません。
FreshEye:ソーは、私をポイントにちょうど到着させます。私が会うすべての人のためのコルクをポップするとは限りません。
BabelFish:
Infoseek!:それで、単刀直入に言わせてください。私は、会う人ごとに、私のコルクを急に置きません。
Freetran:それで私にちょうど核心をつかせてください。 私は、私が会う全ての男性のためのコルク栓を抜くわけではありません。
Reverso:それで私にポイントをついて正しくさせてください。 私は私が見るすべての男のために私のコルク栓をポンと破裂させません。
Lec:それで、単刀直入に言わせてください。 私は見るすべての男性のために興奮しません。
So-net!:それで、単刀直入に言わせてください。私は、会う人ごとに、私のコルクを急に置きません。
Babylon:このように右のポイントを得ることを許可しなさい。 私は私のコークIを参照してくださいすべての男のポップアップしていない。

 かなり意味不明ですが、それぞれの翻訳の意味が通じる部分を繋ぎ合せてみると、どうにか理解できます。
 「英辞郎」で確認してみました。

  get right to the point
  単刀直入{たんとう ちょくにゅう}に言う、直接要点{ちょくせつ ようてん}に触れる
  http://eow.alc.co.jp/search?q=get+right+to+the+point&ref=sa

  pop one's cork
  興奮する、熱狂する、夢中になる、カッとなる
  http://eow.alc.co.jp/search?q=pop+one%27s+cork&ref=sa

 教科書風(貞淑な醜女風?)に訳すと、「それでは単刀直入に言うと、私は、私が会う全ての男性に夢中になるわけではありません。」となるのかもしれません。
 超訳風(不実な美女風?)に訳すと、案①「そうね。はっきり言うと貴方は私の好みのタイプだわ。」、案②「男なら誰で良いという訳じゃないのよ。」、案③「貴方に夢中なの。」となるのでしょうか?

 これは直前の行の”Say, wouldn't you like to know what's going on in my mind?”「ねえ。私がどう思っているのか知りたくない?」という思わせぶりな台詞を受けての補足説明ということになると思います。

  "Big Spender"の訳が難しいです。
 「浪費家」、「金遣いの荒い人」は、客候補の相手に対して呼びかける言葉ではありえないし、普通の会話で使用される言葉とも思われないので却下です。
 「気前よく金を使う人」、「気前のいい人」、「大盤振る舞いをする人」は、意味的には近いように思われますが、なんかもの欲しげな表現ですし、これも普通の会話で使用される言葉ではないような気がします。
 「羽振りがいい人」は、かなり雰囲気が近いような気がしますが、目の前の本人に対して言うのは一寸違和感があります。
 一寸ニュアンスが違うかもしれませんが、「景気の良さそうな人」としてみました。東南アジアの繁華街を歩いているときに時々耳にする日本語の「シャチョーサン」に一寸雰囲気が似ているかもしれません。

 歌詞を超圧縮して超意訳すると、「ねえ、そこの景気の良さそうな人。 一寸遊んでいかない? 楽しませてあげるわよ。」ということになるのでしょうか? かなり品位に欠けますが、歌詞自体がそうなっているので悪しからず。

 下の動画を見ると、上の解釈もそれ程間違っていないかも・・・・

Dame Shirley Bassey - Big Spender (Live at Glastonbury) .

Big Spender

  画面の中に出てくる男性が"Big Spender"?

SWEET CHARITY

Sweet Charity - Trailer 投稿者 enricogay

*
Sweet Charity (1969) - IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0065054/

見る映画が偏っているせいかShirley MacLaine は薄幸(そう)な女性の役が多いような気が・・・・(この映画は見ていません)

【参考外部リンク】
What does a dance hostess do?
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090517132045AAMJXDN

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か(新潮文庫) 米原 万里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

ロシア・ウラル地方で隕石爆発

 現時点で900名以上の負傷者が報告されているようです。
 単なる偶然の一致なのか2012 DA14と何か関係があるのか不明ですが、一寸心配です。多分の杞憂でしょうが・・・

  Meteorite hits Russian Urals: Fireball explosion wreaks havoc, over 900 injured (PHOTOS, VIDEO)
  Published: 15 February, 2013, 08:36 Edited: 15 February, 2013, 17:47
  http://rt.com/news/meteorite-crash-urals-chelyabinsk-283/

  朝日新聞デジタル
  2013年2月15日22時37分
  ロシア・ウラル地方で隕石爆発 衝撃波で950人けが
  http://www.asahi.com/international/update/0215/TKY201302150180.html

  CNN
  February 15, 2013 -- Updated 1319 GMT (2119 HKT)
  Russian meteor causes blast; hundreds injured
  http://edition.cnn.com/2013/02/15/world/europe/russia-meteor-shower/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

16日の明け方に小惑星が静止衛星軌道の内側を通過

 日本時間16日午前4時24分ごろ、小惑星が地球に超接近(インドネシアのスマトラ沖上空約2万7700キロ)するそうです。

  小惑星:16日、地球に最接近
  毎日新聞 2013年02月09日 21時10分(最終更新 02月09日 21時57分)
  http://mainichi.jp/select/news/20130210k0000m040062000c.html

【Record-Setting Asteroid Flyby】

 下の衛星の分布状態の図を見ると、地球にも衛星にも衝突しないのは「ラッキー」と言えるもしれません。
【A Beehive of Satellites】
312941main_beehive1_h1_full

 ソース:Image of the Day Gallery
 http://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_1283.html

 神様(絶対存在?)のさじ加減で僅かでも軌道が違えば、2013年が歴史(将来存在したとしたら)に残る年になったかもしれません。

【参考外部リンク】
小惑星ニュース - BSGC Web News -
No.159: アポロ型特異小惑星2012 DA14の接近; published 2013 Feb. 7
http://www.spaceguard.or.jp/ja/mpnews/0159.html

JPL Small-Body Database Browser 
(2012 DA14)
http://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=2012 DA14;orb=1

2012 DA14
Earth Impact Risk Summary
http://neo.jpl.nasa.gov/risk/2012da14.html

NEO Earth Close Approaches
UPCOMING CLOSE APPROACHES TO EARTH
http://neo.jpl.nasa.gov/ca/

Asteroid 2012 DA14 to Safely Pass Earth
02.04.13
http://www.jpl.nasa.gov/video/index.php?id=1186

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

UZONE F5豪華版にGPS Essentialsを入れてフライトナビゲータもどき

 国際線を利用する場合、所要時間が結構長いので、あと何時間程度で到着するのか気になります。
 最近の飛行機では、パーソナルモニタに目的地までの距離/所要時間や現在位置を示す地図を表示できることが多いですが、たまにそのような機能がない場合もあります。
 今回利用したB787は新鋭機なので、当然そのような機能はあると思いましたが、自前のGPS付き5インチ中華パッド(UZONE F5豪華版)で同様なことができると面白いのではないかと思って、使えそうなAndroidアプリを探してみました。

  今までGPS信号の受信確認用のアプリとしてGPS TestとGPS Essentialsを使っていたのですが、GPS Testの方が単純で見やすいので、こっちのほうをメインにしていました。
 GPS Essentialsの方はあまり使っていなかったのですが、メニューを見ると結構色々なことが出来そうです。
 取りあえず以下の項目が表示できれば希望条件は満足します。
 ・地図上での自機位置表示
 ・目的地までの距離
 ・到着予定時刻(ETA:estimated time of arrival)
  ・到着までの所要時間(TTG:time to go)
 ・高度
 ・速度
 ・緯度/経度

 表示可能な項目は非常に沢山あるようで、上記の項目もあります。
 一寸設定手順が判りにくいですが、ダッシュボードで表示項目を設定し、目的空港の座標を設定すると、GPS信号で測位できている場合には、上記の表示項目の値がリアルタイムで変化します。
 本当は、B787で試したかったのですが、調光窓の透明電極(ITO?)の電磁波遮蔽特性のためか、GPSによる測位が出来ませんでした。
 仕方がないので、ホテル(マリアベイサンズ)からチャンギ国際空港に向かうシャトルバスの中で使ってみました。なお、空港の座標は事前に入力していました。

【Uzone F5 Deluxe + GPS Essentials】

 各表示項目の値がリアルタイムで変化しているのが判ると思います。

【参考外部リンク】
GPS Essentials
更新日:2012/11/02
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mictale.gpsessentials&hl=ja

GPS Essentials について
2011年12月20日
http://blog.goo.ne.jp/android556/e/4aad7ab4e6843556b513618c467c94db

JAL
航空実用事典
http://www.jal.com/ja/jiten/dict/p316.html

HONEYWELL ABBREVIATION & ACRONYM DICTIONARY
http://www.ultraligero.net/Cursos/fraseologia_comunicaciones/abreviaturas.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

SingTelのプリペイドSIMをUZONE F5豪華版に挿してみました

  以前、AT&TのGoPhoneのプリペイドSIMをUZONE F5豪華版に挿してみたことがありますが、そのときはSIMは認識されまました。
 今回、シンガポールに行く機会があったので、シンガポールのプリペイドSIMを挿したらどうなるか、試してみました。

 とりあえずシンガポールのプリペイドSIMがどのような状況になっているのか、文末に記載したサイトを参考にさせて貰いました。
 色々な選択肢があるようですが、なるべく入手が簡単で手続きが面倒でないという観点から、一応SingTelをターゲットにしました。
 事前の情報では、空港で簡単に購入できるようですが、今回は個人旅行とはいっても同行者がいるし、到着後のスケジュールが一寸タイトになっているということもあって、結局空港では買いませんでした。
 宿泊したマリナベイサンズでもSingTelのSIMが購入できるという情報もあったのですが、探し方が足りなかったのかM1ショップはありましたがSingTelショップは見つけることができませんでした。
 SIMを購入するためだけに一人で徘徊する訳にはいかないので、なかなか自由な時間が確保できません。

 同行者がオーチャードの高島屋で1時間程度ショピングすることになったので、待ち時間を利用してSIMが売っていそうな場所を探すことにしました。
 オーチャード付近の予備知識はゼロなので、感と嗅覚が頼りです。
 オーチャード通りを西の方向に歩いていくと右側にタイ大使館があり、その先にニコンやパナソニックの商品を扱っている店がありました。この店を一寸覗いてみましたが、SIMを扱っているような様子はありません。
 一般的に繁華街では、大通りに面した店は比較的大きくて綺麗ですが、路地のような通りを奥に進むと段々怪しくなることがありますが、ここでもこの店の横に奥に続く通路があります。夜には行きたくない雰囲気ですが、明るいうちは大丈夫だろうと思って先に進むと携帯電話屋らしき店があります。3m×3m程度の小さな店で、携帯電話がはいったガラスのケースに「SingTelのSIMあります」というビラが貼ってあります。
 SIMは購入できそうですが、店の感じが一寸怪しげです。ショーケースの上で誰かがランチボックスを広げて食事中です。しかも店の外に置いた椅子に座って食べています。 店のスタッフ? 馴染みの客? 近所の知人?
 もう少し普通の店はないのかと思って先に進んでみると、当然のことかもしれませんが、怪しさが更に増加します。
 突き当たりには、入口で2名がお茶を挽いているようなお店がありました。

 結局、ほかの携帯電話屋はなかったので、Uターンして最初に見た携帯電話屋で買うことにしました。
 音声通話とデータ通信ができるSingTelのSIMが欲しいことを伝えると、音声プランとデータプランの色々な組み合わせと価格を説明してくれているようなのですが、よくわかりません。もともと電話料金のシステムは判りにくいし、しかも英語なので・・・・
 当方は、本気で携帯電話機能を使用するつもりはなくて、シンガポールのSIMをF5豪華版に挿したらどうなるかを確認したかっただけなので、音声・データ両用で一番安いのは幾らかと聞いてみるとS$38ということでした。
 詳細はよく判りませんでしたが、S$38なら最悪動作しなくても、シンガポール土産くらいにはなるだろうし、クレジットカードではなくて現金払いならスキミング等の危険は少ないだろうということでこれにしました。
 S$50紙幣を渡してS$12お釣りがありましたが、レシートはありません。渡し忘れたという感じでもないし、日本のジャンク屋でも希にレシートがない店もあるので、深く追求しないことにしました。
 手続きのために端末とパスポートが必要ということで、店員に預けましたが一寸不安でした。
 店員は「こんな端末見たことない。どこで買った?」と聞くので秋葉原で買ったSamsung Galaxy NoteのFakeだと言うと笑ってました。
 更に店員は「SingTelのSIMがこの端末で動作するかどうか判らない。Nokiaの携帯がS$100程度であるからこっちを買ったらどうだ。」とショーケースの中のスマートホン風の携帯を指さしますが、No Thanksということで、手続き(Activation?)を進めて貰いました。
 手続きが終わったということで、SIMが入った状態のF5豪華版とパスポートとを返してもらったので、早速電源を入れてみました。
 最初に表示されるロック画面にSingTelのアイコンが表示されたので、一応SIMは認識されているようです。
【電源投入直後の表示画面】(ホテルに戻って撮影)
Sngtel_f5deluxe_icon

【SIM management】
Sngtel_f5deluxe_sim_management

 どうやら最悪の状態は避けられたようです。
 通信の確認をしてもらおうと思って、店から端末に電話をかけてくれるように頼んだのですが、話が通じなかったのか、あるいは、無視されたのかは判りませんが、「電話番号はここに書いてある」と、SIMが入っていたと思われる小さなパッケージが渡されました。
 「日本の国番号は?」と聞くので81と答えると、「日本にかける時には電話番号の頭に01981を付ければいい」と言ってパッケージにメモ書きしました。

  ホテルに戻って、端末からSIMを取り出してじっくり見てみました。
【F5豪華版から取り出し中のSingTelプリペイドSIM】
Singtel_sim_in_f5deluxe

 今までの経験では、SIMを購入するときには、SIMはクレジットカードサイズのプラスチック板と一体的に成型されており、SIMを外枠の部分から切り離して使用していましたが、今度の場合は、手元には切り離されたSIM本体の部分しか残っていません。
 また、パッケージは普通のクレジットサイズの半分位しかありません。
【パッケージとSIM】
Singtel_sim_2

User_guide_1
User_guide_2

【SingTelプリペイドSIMクローズアップ】
Singtel_sim_closeup_2

 SIMの外側の枠体がないので全体の絵柄は判りませんが、SIMに絵柄のマスコットの足のようなものが残っていたので、これを手がかりにして探してみると、以下のサイトにそれらしいSIMの写真がありました。

  シンガポールSIM商品詳細singapore SIM detail
  http://www.simtel.jp/detail22.html
  SingTel シンガポールSIM
  4,200円[税込]

 店員の料金プランの説明がよく理解できなかったし、レシートもなかったので、自分がどんなSIMを購入したのかよく判りませんが、上記サイトで説明されているSIMに近いようです。
 写真のSIMの額面はS$12となっていますが、このほかにも色々種類があるのでしょうか?
 ネットで、“お勧めじゃない”SIMとしてS$50の通話もできる「hi! 3G Prepaid SIM Card」が紹介されていましたが、これのファミリーでしょうか?

 購入したSIMはS$38(約2800円)だったのですが、レシートもSIMの外枠もないので、安かったのか、高かったのか、適正だったのかよく判りませんが、F5豪華版で認識されたのでよしとしましょう。

【参考外部リンク】
シンガポールの携帯事情(基本編)
改訂:2012.05.06 (Ver 1.4a) 初版:2006.01.25
http://raffles23.ikidane.com/sin_mb1.htm

シンガポールでデータ定額のプリペイドSIMを使う その1
2012-09-09
http://d.hatena.ne.jp/bibrock/20120909/1347195428

シンガポールでデータ定額のプリペイドSIMを使う その2
2012-09-10
http://d.hatena.ne.jp/bibrock/20120910/1347276208

シンガポールで SingTel と StarHub プリペイド SIMカードを買ってみた
2012年2月21日
http://www.gcd.org/blog/2012/02/912/

シンガポールで“お勧めじゃない”SIMを買っちゃった (1/2)
2011年02月09日 11時00分 更新
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1102/09/news011.html

海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「シンガポール」編 (1/2)
2011年07月20日 09時00分 更新
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1107/20/news016.html

シンガポールで購入したプリペイドSIMカードでポケットWiFiが使い放題
2011/8/28(日) 午前 7:55
http://blogs.yahoo.co.jp/moments_bhd/62105819.html

シンガポールでプリペイドのモバイルデータ通信を活用する(前編)
2010/08/09
http://news.mynavi.jp/articles/2010/08/09/singapore/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

JAL B787のGPS/PC利用環境

 先日のシンガポール旅行は、幸か不幸か往復(NRT-SIN-HND)ともB787でした。

【JL719 B787 NRT-SIN 】
Jl719_b787_nrtsin

【JL036 B787 SIN-HND】
Jl036_b787_sinhnd

 出発直前になって色々なトラブルの報道が相次いだので、運行がどうなるのか一寸心配でしたが、通常通りの運行でした。

  羽田/成田-シンガポール線へのボーイング787機材の投入について
  2013年1月11日
  http://www.jal.co.jp/info/inter/120925.html

 帰国は大雪の次の日でしたが、特に着陸に支障はなかったようです。
 しかし、リムジンバスが運休ということで電車を4本乗り継いで帰りました。
 疲れました。羽田から宅急便で送った荷物も配達に丁度24時間かかりました。
 なお、B787は次の日から運行が一時中止となってしまいました。

  読売新聞
  全日空と日航、787型機の運航取りやめ
  2013年1月16日(水)11時37分配信 
  http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20130116-00547/1.htm

 B787は新鋭機ということで色々遊べそうです。
 以下の記事はANAのB787に関するものですが、いくつか興味を引くものがあります。

    週刊アスキー
    2012年03月17日18時00
    ANAの最新機『ボーイング787』はスマホ使いのための航空機だ
    http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/080/80433/

 上記記事によれば、ANA B787には以下の機能があるようです。
  ・シートにUSBポート装備。
 ・USBポートで充電可能。
 ・USBポートでUSBメモリ内のファイル(bmp、gif、jpeg、jpg、mp3、pdf、png。動画は非対応)再生可能。
 ・シートにiPod(iPhone,iPad)用Mini-DINコネクタ(?)装備。

   写真のコネクタにGriffinの文字が見えたので調べてみたところ以下のような製品がありましたがこれでしょうか?(単なる想像です)
  Mini-DINには非常に多くのバリエーションがあるようです。

   Griffin eXport In-Flight Video Cable for iPod and iPhone
   http://store.apple.com/us/product/TX890VC/A/griffin-export-in-flight-video-cable-for-ipod-and-iphone

   DIN Connectors
   http://www.stockcable.com/MiniDinConnectors.html

 また、以下の記事によれば機内で無線LANが使えるかもしれません。
 
  Searchina
  【経済ニュース】 2011/09/30(金) 17:35
  夢の次世代機ボーイング787 wi―fi装備で仕事も可能に
  http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=business_0930_196.shtml

 実際に機内で電子機器を使用する前に、念のために使用条件を確認するためにJALのサイトを覗いてみました。

  国際線>空港・チェックイン>お手荷物について
  電子機器類の使用に関するご注意
  http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/

以下、上記URLから抜粋引用
***********************************************
航空機運航の安全に支障を及ぼす恐れのあるものとして、国土交通省が告示で定めた電子機器は以下のとおりです。
使用が制限される電子機器は、飛行機のドアが閉まり、客室乗務員からの案内がありましたら電源をお切りください。
違反した場合は、50万円以下の罰金が科せられることがあります(航空法施行規則第164条の15)。
また、おあずけになる手荷物のなかに電子機器を入れる場合には、あらかじめ電源をお切りください。

2012年7月1日改正

ドア開放中のみ使用できる機器
以下のうち、作動時に電波を発信する状態にあるもの
携帯電話、PHS、トランシーバー、無線操縦玩具、ワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホン、ワイヤレスマイク、電池内蔵ICタグ、パーソナルコンピュータ、携帯情報端末、電子ゲーム機、ワイヤレスのPC周辺機器、無線通信機能付歩数計、無線通信機能付心拍測定計、無線通信機能付腕時計、無線式キー

ドア開放中、飛行中(*)に使用できる機器
上記機器のうち作動時に電波を発信しない状態にあるもの、テレビ、ラジオ、ポケットベル、GPS受信機、ビデオカメラ、ビデオプレーヤー、DVDプレーヤー、デジタルカメラ、デジタルオーディオ機器、有線かつ電池式ヘッドホン、有線かつ電池式イヤホン、ワードプロセッサー、電子手帳、電子辞書、プリンター、充電器、愛玩用おもちゃ“電子ペット”(音声または接触に感応してスピーカーおよびモーターが作動するものに限る。)

(*) 離陸後のシートベルトサイン消灯後または、電子機器使用制限解除のアナウンスから、着陸前の電子機器使用禁止のアナウンスまで

※パーソナルコンピューター・携帯情報端末・電子ゲーム機は、機内無線LANサービスを提供している航空機のシステムに接続する場合、飛行中でもご利用いただけます。
***********************************************

  これによれば、作動時に電波を発信しない状態にある「パーソナルコンピュータ」、「携帯情報端末」と「GPS受信機」は、OKのようです。
 使用が制限される電子機器は、航空会社によって異なる場合があるので、事前に確認した方がいいかもしれません。たとえば、アメリカン航空、ユナイテッド航空では、サイトの説明ではGPSの使用が常時禁止されています。
  

  以下、実際の利用状況
(1)電源関係
 モニタの横にUSBポートが設置されており、小型の電子機器の充電が可能です。
 今回は、GPSの実験用にUZONE F5豪華版を持ってきたのですが、前日に終夜充電したにも拘わらず、かなり放電した状態だったので、この中華パッドを充電しました。
 USBポートで充電できるという事前情報があったので、なんでも充電できるようにヤマタノオロチ型USBケーブルを持って行きましたが、実際に使用していると結構怪しいです。

【USBポートからF5豪華版を充電中】
B787_charging_uzone_f5_deluxe_via_u

 画面の下方に写っているのがF5豪華版です。画面は"Battery Graph"によるバッテリの充電状態です。
 グラフの右半分が機内での充電状況です。
 右肩上がりの部分はタブレットが完全電源OFFの状態、平らになってういる部分は電源ONでアプリを起動している状態です。

(2)Audio/Video関係
 ANAのB787の紹介記事では、USBメモリ内のMP3を再生可能ということだったので、話のネタ用にMP3ファイルを入れたJAL USBメモリ(JAL メモリージェット)をJALのUSBポートに挿して、ANAのイヤホンで音楽を聴くというシナリオを考えていたのですが、残念ながら実現しませんでした。

【JAL USBメモリとANAイヤホン】
Jal_usb_memory_and_ana_earphone

 理由は二つありますです。
 ①JAL 787-8の場合には、USBポートは充電専用であって、AV信号やデータの伝送は行なわれないようです。
  USBポートが充電専用というのは勿体ないので、将来は他の機能もユーザに開放されるとうれしいです。
 ②イヤホンジャックが、2穴タイプなので一般的なステレオミニプラグイヤホンが使用できません。昔の空気伝送管方式のイヤホンの伝統を受け継いでいる?あるいは意図せぬ備品の紛失を考慮している?
 一般的なイヤホンを使用するためには、2口プラグ→ステレオミニプラグ変換のコネクタが必要になりそうです。
【変換プラグ】(ジャンクで入手)
Two_plug_one_jack_conversion_connec

 AV関係の他の機能としては、ビデオ信号入力用のRCAピンジャックが設けられています。対応方式はNTSCのみで、音声出力は自前の端末を使用します。
【RCAピンジャック】
B787_rca_jack_nd_usb_port_2
B787

 ANAの場合は一寸特殊なコネクタを必要とするので、実質的にApple製品専用になると思われますが、JALの方は汎用性がありそうです。
 とは言っても、実際問題としてNTSCのコンポジット信号を出力可能な携帯端末はあまり見かけないし、RCAジャック対応ケーブルを持ち歩くことはあまりないように思われます。しかし、ポータブルDVDプレーヤ等の場合はコンポジット出力対応のことが多いので、お気に入りの映画のDVDを機内のモニタで見るのには便利かもしれません。
 
(3)Wi-Fi関係
  JALでは便によってはSKY Wi-Fiサービスが利用可能であるようなので、一寸期待していたのですが、下記のサイトや機内誌の説明によれば、残念ながらシンガポール便には未だ導入されていなようです。全便で利用できるようになると嬉しいのですが(低コストで)・・。

  JAL SKY Wi-Fiサービス
  http://www.jal.co.jp/inflight/inter/sky_wifi/

  JAL プレスリリース
  2012年06月25日
  国際線機内インターネット接続サービス 「JAL SKY Wi-Fi」開始
  http://press.jal.co.jp/ja/release/201206/002170.html

【機内誌広告】
Jal_sky_wifis

(4)GPS関係
 巡航中のGPS使用が認められている航空会社を利用する場合には、GPSで座標データを取得して地図上に表示すると実際の航路が分かってなかなか面白いです。
 下記の記事は、以前SQ011(NRT-SIN)の飛行経路 をGarmin eTrex Legendで記録して地図上に表示したときのものです。

  2009年12月23日 (水)
  「ルートラボ」で国際線の飛行経路を表示してみました
  http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2009/12/post-92e0.html

 JALでは巡航中はGPSが使用できるようなので、GPS内蔵の中華パッドUZONE F5豪華版を持ち込みました。
 なお、今まで機内でF5豪華版を使用したことがなかったので、過去に機内で何回か測位したことがあるHolux M241c(Bluetoothなし)を比較用に一緒に持って行きました。
 行きは中央側の座席でしたが、帰りは窓際だったので電子機器使用制限解除のアナウンス後にさっそく試してみました。
 最初にF5豪華版を窓に近づけて10分位様子を見ましたが信号バーが一本も表示されず全く入感がありません。電源を入れ直すと測位可能になることがあるので、2~3回試してみましたがやっぱり受信できません。
 F5豪華版のGPSの感度の問題かと思ってM241cでも同様に試してみましたが、やっぱり入感がありません。
 今までの経験では、あまり感度が良くないと思われる旧世代Garmin eTrex Legendでも窓の近くに10分程度置いていれば大体測位できたので、何か別の原因があるのかもしれません。
 今までの機材では受信できてB787では受信できないということになると、B787特有の構造が関係ありそうです。
 一番関係しそうなのは窓の構造ですが、B787で採用されたPPG/GENTEX共同開発の調光窓(スマートウィンドウ、 dimmable aircraft windows)が怪しそうです。
B787_dimmable_aircraft_windows

  GENTEX
  Aircraft Windows
  http://www.gentex.com/aerospace/aircraft-windows

 上記サイトの説明によれば、特徴は"Electrochromic Panel"にあるようです。
 以下上記URLから抜粋引用
*********************************
Electrochromic technology uses electricity to change the color and light transmission of a transparent medium containing materials that are capable of generating color. This medium is typically sandwiched between two thin transparent layers that have transparent conductive coatings on the side that comes into contact with the medium. In this case, it is an electronic gel medium sandwiched between two thin panels.
*********************************

  上の説明の中の"transparent conductive coatings"が一寸気になります。conductiveということは導電性ということになりますが、電気を通すということは、逆に電波を通さないという可能性もあります。
 上の記事では"transparent conductive coatings"の実態がよく判らないので、USPTOでGENTEX社の特許を調べてみました。
 以下の特許が関係ありそうですが、適当に調べたので全くの見当違いかもしれません。

以下、http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=7990603.PN.&OS=PN/7990603&RS=PN/7990603 から抜粋引用
*********************************
United States Patent  7,990,603
Ash ,   et al.  August 2, 2011 
--------------------------------------------------------------------------------
Variable transmission window system
Assignee: Gentex Corporation (Zeeland, MI)

What is claimed is:
1. A variable transmittance window comprising:
an electrochromic device coupled to control circuitry for varying the transmittance of the electrochromic device, said electrochromic device comprising:
first and second substrates arranged in a parallel, spaced-apart relation to form a chamber between inner surfaces of said substrates; a transparent electrode coating provided on each of said inner surfaces of said substrates;
first and second layers of silver epoxy respectively deposited on inner surfaces of said first and second transparent electrode coatings of said substrates at a perimeter of said substrates; and
an electrochromic medium disposed between said transparent electrode coatings.

"In the present embodiment, transparent highly electrically conductive layers 36 and 38 comprise indium-tin oxide (ITO) preferably at a thickness of at least two full waves. "
*********************************

  透明電極としてはLCD等でお馴染みのITOが使用されている可能性があります。
 ITOの電磁波シールド効果はどの位あるのかと思って調べてみると、電磁波遮蔽部材として使用されているようです。
 以下の資料によれば、目標として「電磁波遮蔽性能として90%カット(電界成分)」と書いてあります。

  KONICA TECHNICAL REPORT VOL14.(2001)
  透明導電膜の反射防止膜への応用
  http://www.konicaminolta.jp/about/research/technology_report/2001/pdf/14.pdf

 B787の窓でITOが使用されているのか、また、ITOが使用されていると仮定して電磁波遮蔽性能がどの程度のものか、周波数依存性はどうなっているか等分かりませんが、直感的にはGPS信号を受信するのはかなり困難なようです。

 次にB787に乗ったときには、GPSは諦めて映画を楽しむことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

シンガポールでCA007にインドネシアのローミングマークが表示されました

 サンクスチェンジで無料機種変更した(変更させられた?)現用のAUの携帯CA007は、一応グローバルパスポート対応ですが、CDMA方式にしか対応していないので、GSM方式を採用しているシンガポールでは基本的には使用できません。
 (変更申し込みした三日後にCDMA/GSM両方式対応のモデルが無料対象機種に追加されました・・・(;_;))

  AU Global Passport シンガポール・ローミング(対応ネットワーク)
 http://www.au.kddi.com/service/kokusai/global_passport/area_ryokin/asia/index.html?anchor=h2_title&country=as07#h2_title

 CA007はシンガポールでは使用できないことは分かっていましたが、防水カメラとして使用できるので、サブのカメラとして、また時計の代わりとしてポケットに入れていました。
 念のためマリア・ベイ・サンズ・ホテルの部屋で電源を入れて見ましたが、当然のことながら圏外でした。
 ところが、57Fのレストランで食事をしているときに、CA007を見てみるとメールの着信表示が点滅しています。
 圏外の筈なのにと思って画面を見ているとアンテナマークと"IDN Rm P"という文字が表示されています。
【CA007インドネシア・ローミング@シンガポール】
Ca007cdma_indonesia_roaming_marina_

 どうも隣国のインドネシアのCDMAサービスの電波を拾っているようです。

  AU Global Passport インドネシア・ローミング(対応ネットワーク)  http://www.au.kddi.com/service/kokusai/global_passport/area_ryokin/asia/index.html?anchor=h2_title&country=as03#h2_title
  AU Global Passport インドネシア・ローミング(CDMAサービスエリア:GLOBAL Roaming CDMA_IDN<PTM/インドネシア>)  http://www.au.kddi.com/service/kokusai/global_passport/area_ryokin/asia/indonesia.html
  (この地図だとシンガポール付近の様子がよくわかりませんが・・・)

  以下の地図はGSMのサービスエリアですが、これを見るとシンガポールの近くまで広がっています。
  AU Global Passport インドネシア・ローミング(GSMサービスエリア:axis<PTN/インドネシア>)
  http://covmaps.europa.uk.com/apps/nipro_jpkd.php?cc=id&net1=nt&net2=n3

  ホテルの屋上(57F)ということであれば、電波の送受信環境はかなり良いと思われるので、隣国の電波を拾ってもそれ程不思議ではないかもしれません。
 この場合、シンガポールに居てインドネシアの電話会社のサービスを受けることが可能になるように思われますが、利用できるから利用すれば良いとは簡単にはいかない場合もあるようです。
 本来のサービスエリア外からローミングサービスを受けることは、越境ローミングになる訳ですが、以下の記事にあるように、利用者が気がつかないうちに国内通話から越境ローミングによる国際通話に切り替わって高額の通話料を請求されることもあるようです。

  ITmedia Mobile
  2008年04月07日 17時35分 更新
  ドコモとソフトバンク、対馬で国際ローミング対応機を利用する場合に注意を喚起
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0804/07/news068.html

 上記記事の場合は、高額な通話料金の発生を防止するのはユーザ個人の責任ということになります。
 今回のケースは、使用者(自分)にとっては、外国・外国間の越境ローミングなので、ローミング料金の話はあまり関係ありません。
 国によってローミング料金が大幅に違うと関係するかもしれませんが・・・

  なお、国によっては電話会社側での対策を検討している場合もあるようです。

  Time-AZ.com
  2012年07月24日
  イスラエルは、国境に沿ったローミングをブロック!
  http://time-az.com/main/detail/35727
  ソース: cellular-news(http://www.cellular-news.com/story/55532.php?s=h)

 上記記事は機械翻訳のためか、日本語がよく分かりませんが、以下のことを言っているようです。
・消費者が国境付近でローミング料金が課されることが無いように、イスラエルのネットワーク内において良好な品質の通話が可能であるかぎり、隣国のネットワークのサービスエリア内であっても、事業者はイスラエルのネットワーク内での通話を実施する義務を負うものとする。
  原文の"sound quality"は「音質」ではなくて「無傷品質」の方でしょうね。
 昔の携帯では接続先の基地局の場所は判っても端末自体の位置は判りませんでしたが、最近の携帯はGPSを搭載しているので、こんな「親切なサービス」も可能になるのでしょうか?
  ローミングによる免許エリアの拡大が議論されている国もあるようです。

  REUTERS
  インド携帯各社の3Gローミング協定、合法性問う裁判で上訴勧告
  2012年 07月 3日 17:19 JST
  http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE86205A20120703

 越境ローミングの法的な問題は、事業者側(免許エリア外へのサービス提供?)だけのような気もしますが、システムが想定していないような形態で使用者が携帯電話を使用すると、予期せぬ出来ごとが発生する可能性がゼロとは言えないので、インドネシアのローミングマークは見るだけにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

シンガポールで見かけた動的展示物

  あちこち出歩いた訳ではありませんが、一寸面白い動く展示物(kinetic art?)を見かけました。
 特に、Kinetic Rainはバリエーションが幾つかあるようで見飽きません。

【Rain Oculus @ Manina Bay Sands】

  RAIN OCULUS
  httpnedkahn.comportfoliorain-oculus

  オクルス
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9

【Kinetic Rain @ Changi Airport】

  Singapore Changi Airport: Kinetic Rain
  http://www.artcom.de/en/news/article/detail/singapore-changi-airport-kinetic-rain/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

マリナ・ベイ・サンズのインターネット利用環境

 今回のシンガポール旅行では、プールが目的でマリナ・ベイ・サンズ・ホテルに宿泊しました。
 最近のホテルはインターネット環境が整っているところが多いですが、有料/無料、有線/無線と色々条件が違うようです。
 ホテルのサイトには"Complimentary high-speed internet access"と書いてあります。

  MARINA BAY Sands Sigapore
  http://www.marinabaysands.com/

  Singapore Hotel Rooms
  http://www.marinabaysands.com/Singapore-Accommodations/Rooms/

 "Complimentary"の意味がピンとこなかったので、翻訳比較くん (http://goolif.com/trans/)に放り込んでみました。

原文:Complimentary High Speed Inernet Access
Yahoo!:賞賛の高速Inernetアクセス
Google:無料の高速Inernetアクセス
Bing:無料の高速 Inernet アクセス
Excite:挨拶高速Inernetアクセス
FreshEye:挨拶高速Inernetアクセス
BabelFish:
Infoseek!:賞賛の高速Inernetアクセス
Freetran:無料サービスの高速Inernetアクセス
Reverso:称賛の高速の Inernet アクセス
Lec:賞賛高速Inernetアクセス
So-net!:賞賛の高速Inernetアクセス
Babylon:complimentary high speed inernet access

 どうやら無料でインターネットが利用できるようです。
 CMOSの"Complementary"と混同しそうです。最初は、優先LANと無線LANが相補的(意味不明ですが・・)に利用できるのかと思ってしまいました。
  この時点では有線LAN(Ehernet)なのか無線LAN(Wi-Fi)なのか判りませんでしたが、以下のサイトの説明では両方とも利用可能なようです。

  Booking.com
  Marina Bay Sands   
  http://www.booking.com/hotel/sg/marina-bay-sands.en.html

上記URLから抜粋引用
********************************************************
Internet
Free! Wired internet is available in the hotel rooms and is free of charge.
Free! WiFi is available in the hotel rooms and is free of charge.
********************************************************

  実際に使ってみました。なお、部屋はタワー1の28階東側(海側)のプレミアです。
 新しく出来たホテルだけあって、最初からPCの利用を考慮した設計となっています。
 ACアウトレット(2+1)と有線LANのコネクタは、テーブルの奥に設けられた扉を開けばすぐに利用できるようになっており、LANケーブルも各部屋に用意されていました。
 昔は電気ポット用のACアウトレットを流用したり、電話回線にモデムを接続したりで、あまり便利ではありませんでした。
【蛸足配線状態?】
Marina_bay_sands_ac_outlets

 今回は、PCやその他もろもろの携帯端末(+ACアダプタ)を持ってきていたので、持参した三又ブラグを使用してどうにかACの口数が足りました。

【Wi-Fi受信状態】
Marina_bay_sans_wifi_analyzer_2

 持参したモバイルルータと同じ程度の強さでホテルのWi-Fi信号が受信できています。

【アクセスポイント】(帰国後撮影)
Manina_bay_sands_wifi_setting_2

 Wi-Fiの通信速度は測定しませんでしたが、遅いと感じることはありませんでした。
 ネット情報では、有料であるとか、電波が弱いとかいう話もありましたが、実際にWi-Fiを使用した感じでは、十分な電界強度があり、また、課金されることはありませんでした。
【レシート】
Marina_bay_sands_receipt_4

 インターネットの項目は印刷されていますが、利用時間(?)はゼロとなっており、課金されていません。
 なお、ホテルによっては宿泊プランや、ツアー客か個人客かよってインターネット利用条件が違う場合があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »