« SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore | トップページ | B787のバッテリの発煙原因は依然不明 »

2013年2月19日 (火)

ロシアに落下した隕石を最初に検知した"infrasound station"とは?

 以下の記事によれば、ロシアに落下した隕石を最初に観測したのは米アラスカ州の観測所だったそうです。

  ロシア隕石落下:最初の大気圏突入観測は米アラスカ州
  毎日新聞 2013年02月18日 10時53分(最終更新 02月18日 12時35分)
  http://mainichi.jp/select/news/20130218k0000e040132000c.html

  下のアニメーションを見ると、隕石は東から西に移動しているようなので、アラスカで最初に観測されたのでしょうか?

  Russian Meteor Crash - Trail and Trajectory Animated | Space.com
  http://www.space.com/19834-russian-meteor-crash-trail-and-trajectory-animated.html

*

 どんな観測所なのか一寸興味があるので、素人の好奇心で簡単に調べてみました。
 NASAのサイトにもう少し詳しい説明がありました。

  Russia Meteor Not Linked to Asteroid Flyby 02.15.13
  http://www.nasa.gov/mission_pages/asteroids/news/asteroid20130215.html

 これによれば、最初にアラスカで記録され、その後に別の5か所の"infrasound station" からのデータを統合して、サイズや質量が推定されたようです。
 "infrasound station" の実態がよく分かりませんが、名称から判断すると超低周波音を測定する施設のようです。

  weblio
  http://ejje.weblio.jp/content/infrasound

  Infrasound - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/Infrasound

 なぜそのような施設が存在するのかと思って調べてみると、以下のような記事がありました。

  [New post] CTBTO Infrasound Stations Detect Russian Meteorite Blast
  By Newsroom America Feeds at 15 Feb 12:55
  http://www.newsroomamerica.com/story/347325/new_post_ctbto_infrasound_stations_detect_russian_meteorite_blast.html

  Russian Meteor Blast 'Heard' Around the Worldby Becky Oskin, OurAmazingPlanet Staff WriterDate: 17   February 2013 Time: 09:25 AM ET
  http://www.livescience.com/27201-russian-meteor-infrasound.html

 どうもCTBTO(Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization:包括的核実験禁止条約機関)に関係があるようです。

  CTBTO Preparatory Commission
  http://www.ctbto.org/

  Comprehensive Nuclear-Test-Ban Treaty Organization - Wikipedia ...
  http://en.wikipedia.org/wiki/Comprehensive_Nuclear-Test-Ban_Treaty_Organization
  以下、上記URLから抜粋引用。
  "60 infra-sound stations using microbarographs (acoustic pressure sensors) to detect very low-frequency sound waves."

 やっと背景が判ってきましたが、"infrasound station"の実態がよく分かりません。
 更に調べてみると、"infrasound station"の機能を説明したアニメーションと資料がありました。

  The Infrasound Network and how it works .
  http://www.youtube.com/watch?v=GVWOA5pZG6o&list=PLF85FBD7DB54DD0B1&index=3

*

  Infrasound - ctbto
  http://www.ctbto.org/fileadmin/user_upload/pdf/ISS_Publication/Infrasound_11-16.pdf

 これらの資料を見てやっと全体のイメージが湧きました。
 このような施設が世界中に数十か所もあるとは知りませんでした。

 大気圏突入の段階での検出では「緊急隕石情報」には間に合わないかもしれませんが、将来的にはかなり前に予測できるようになるのでしょうか?
 衝突すると予測されても・・・・という気がしないでもありませんが。

 こんな記事もありましたが・・・・

  GIZMODE
  Paintball Pellets Could Deflect an Asteroid from Destroying Earth
  http://gizmodo.com/5955415/paintball-pellets-could-deflect-an-asteroid-from-destroying-earth

*

 隕石を白く塗って表面反射率を高くし、太陽光の圧力でコースを変えるというアイデアのようです。

【2013.02.20追記】
 フィルタ処理と時間軸変換で可聴周波数信号に変換された隕石落下時の超低周波音のオーディオファイルが、YouTubeにアップロードされていました。

  CTBTO Newsroom
  Russian Fireball Largest Ever Detected by CTBTO’s Infrasound Sensors
  Posted by: ctbtonewsroom | February 18, 2013
  http://newsroom.ctbto.org/2013/02/18/russian-fireball-largest-ever-detected-by-ctbtos-infrasound-sensors/

  Russian Fireball Largest Ever Detected by CTBTO's Infrasound Sensors .

*

|

« SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore | トップページ | B787のバッテリの発煙原因は依然不明 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/56801220

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアに落下した隕石を最初に検知した"infrasound station"とは?:

« SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore | トップページ | B787のバッテリの発煙原因は依然不明 »