« 二つのCMで採用の"Big Spender"の歌詞の意味 | トップページ | ロシアに落下した隕石を最初に検知した"infrasound station"とは? »

2013年2月17日 (日)

SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore

  先月、シンガポールに行く機会があったので、SDR(ソフトウエア・ラジオ)の受信テストをしてみました。
  まず、シンガポールで受信できそうなFM放送の周波数を調べてみました。
 下記のサイトによれば、88-108MHzあたりのようです。

  Radio Stations in Singapore on FM, shortwave and DAB
  http://www.asiawaves.net/singapore-radio.htm#singapore-radio-fm

 チャンネル・セパレーションは100kHzのようなので、SDR#の選局ステップを100kHzに設定し、PCのアップダウンキーで手動スキャンしました。

【受信環境】
場所:マリナベイサンズ(Marina Bay Sands) 28F 東側ベランダ
PC:IBM ThinkPad X40
SDRアプリ:SDR#(SDRSharp)
USBチューナ:ZOX DS-DT305BK(FC0012+RTL2832U)
ANT:チューナ付属の21cm長ロッドアンテナ
Sdrsharp_setting
Sdrsharp_pc_dongle

 下の動画はSDRSharpの表示画面です。なお、画面上のタイムスタンプはJSTです。
【SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore】

 
 最所は、108MHzから周波数が低い方に受信状態を確認しながらスキャンし、信号がありそうな場所で一旦スキャンを停止し、放送の内容を確認しました。
 確認するといっても言葉が判らないので、音楽か、アナウンスか、トークか、コーラン(?)か程度しか区別できません。
 色々な言語が使用されているようです。上記サイトには、"The main languages in Singapore are English, Chinese, Malay and Tamil."と書いてありました。
 下端周波数の88MHzに到達したら、今度は周波数の高い方へ108MHzまで連続的にスキャンしました。
 なお、下限周波数を88MHzにしたのは、受信状態をYouTubeに投稿するつもりだったので、通信(放送ではない狭義の通信)を受信する可能性がある隣国のマレーシアを考慮したためです。

 ホテルの28階のベランダで受信したのですが、車の騒音がかなりひどくて聴きにくかったです。ホテルの建物の側面が湾曲しているので、車の騒音が上の階に導かれたのかもしれません。
 上記サイトには60局程度のFM局がリストされていましたが、12-13局しか聞こえませんした。
 DT305と21cmのアンテナではこんなものでしょうか。もっと静かな場所で丁寧に受信したらもっと多くの局が受信できたかもしれません。

 日本でFM放送が受信できるのだからシンガポールでも受信できて当然かもしれませんが、SDRのいい点は受信範囲が非常に広いので、どんな周波数割り当てにも対応できるということにあると思います。

 ただし、国によってはこの受信可能な周波数範囲が非常に広いということが、問題になる場合があるので注意が必要です。
 例えば、シンガポールの隣国のマレーシアでは、68-87Mhzおよび108-174Mhzの無線通信を受信することが可能な受信機の輸入が禁止されています。
  日本用のFMラジオ(76-90MHz受信可能)はアウトです。当然、広帯域受信機やSDRもだめですね。
 日本のFMラジオをわざわざマレーシアまで持って行くことはないと思いますが、タブレットPCやMP3プレーヤにFM放送受信機能を備えているものがあるので要注意かもしれません。

【参考外部リンク】
  Royal Malaysian Customs Department
  http://www.customs.gov.my/index.php/en/m-pelancong/243-larangan-importeksport
  PROHIBITION/RESTRICTION OF IMPORTS
  The following goods are absolutely prohibited from importation:(注:抜粋)
  ・Broadcast receivers capable of receiving radio communication within the ranges (68 - 87) MHz and (108 -  174) MHz

  JETRO
  http://www.jetro.go.jp/world/asia/my/trade_02/
  貿易管理制度
  輸入品目規制
  (1)完全に輸入が禁止される品目(15品目)(輸入令の表1) (注:抜粋)
   6.気象放送を受信するよう設計されたものを除く、68-87Mhzおよび108-174Mhzの無線通信を受信することが可能な受信機(通信当局が使用する場合を除く)

  ヤマトグローバルロジスティックジャパン株式会社
  http://www.y-logi.com/ygl/prohibit/common_pdf/08MY.pdf
  マレーシアへ輸出する際の 注意事項
  輸入禁制品
  対象品目(注:抜粋)
  ・68-87MHz、108-174MHz周波数内のテレビジョン放送用受像機

  世界のFM放送用周波数
  http://konsu.sakura.ne.jp/whats/fmfrequency.html

  総務省電波利用ホームページ
  HOME> 電波監理の概要> 周波数割当て・公開> 周波数の公開> 我が国の電波の使用状況
  使用状況の詳細(平成24年4月現在)
  30MHz~335.4MHz
  http://www.tele.soumu.go.jp/resource/search/myuse/use/30m.pdf
  FM放送 76-90MHz

  United_States_Frequency_Allocations_Chart
  http://www.towercommservices.com/images/United_States_Frequency_Allocations_Chart.jpg
  FM放送 88-108MHz

  Spectrum Survey in Singapore: Occupancy Measurements and Analyses
  http://www.pwtc.eee.ntu.edu.sg/News/Documents/Spectrum%20survey%20in%20Singapore_%20Occupancy%20measurements%20and%20analyses.pdf
  http://ieeexplore.ieee.org/xpl/login.jsp?tp=&arnumber=4562457&url=http%3A%2F%2Fieeexplore.ieee.org%2Fxpls%2Fabs_all.jsp%3Farnumber%3D4562457
  [Fig. 5: 80 MHz to 174 MHz.]を見ると、88-108MHzはビッチリ詰まっています。

|

« 二つのCMで採用の"Big Spender"の歌詞の意味 | トップページ | ロシアに落下した隕石を最初に検知した"infrasound station"とは? »

SDR」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/56782563

この記事へのトラックバック一覧です: SDRSharp(WFM 88-108MHz)@Singapore:

« 二つのCMで採用の"Big Spender"の歌詞の意味 | トップページ | ロシアに落下した隕石を最初に検知した"infrasound station"とは? »