« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

米海軍厚木航空施設(厚木基地)「日米親善春祭り2013」に行ってきました

 いつもは相鉄線のさがみ野駅から歩くことが多いのですが、たまに相模大塚駅からバスに乗ったりします。
 今回は一寸気分を変えて相鉄線の大和駅から綾瀬車庫行きバス「綾72」に乗ってみました。
 土曜日は1日に2本(13:07,13:47)しかなく、また、10分程度余計に時間がかかりますが、大和駅での乗客が少ないので、発車直前に乗ってもゆっくり座れました。相模大塚駅で満員になって、積み残しがでました。

 大和駅から相模大塚駅までは渋滞なしできましたが、相模大塚駅での乗車に時間がかかったのと渋滞で、飛行場正門に着いたのは14:20頃になりました。
 この時間なら行列が短くなっているであろうと期待していたのですが、いままでで最長の行列でした。
 新聞によれば、例年の2倍の約4万人が入場したとのこと。

 移動ルートを「ルートラボ」で表示してみました。
 大和駅→(バス)→相模大塚駅→(バス)→飛行場正門→(徒歩)→綾北中学校付近
【ルートラボ】

 
 行列の最後尾である綾北中学校付近に着いたのは、14:40頃でした。
【綾北中学校付近】
Photo

【待ち行列】
Photo_2

【通常訓練中のF/A-18】
Fa18

 入場できたのは15:20頃だったので、約40分待ったことになります。

 以下、適当に(いい加減に)撮影。

【御来場の皆様へご注意(未開封ビール持出禁止)】
Photo_3

【SNJ-6】
Snj6_a
Snj6_b
  零戦に改造されて映画で使用されたことがあるようです。

【CNFJ Fire Departmentのマスコットキャラ?】
Cnfj_fire_department

【P-1】
P
P_a
P_b
P_c
  新聞によれば、一般公開は初めてのこと。

【観客サービス】
Pilot_1
Pilot_2

【C-40】
C40

  見物中に丁度着陸しました。Wikiによれば、「高官/人員輸送及び兵站輸送に用いられている」とのことです。
 降りてきた人は平服(休暇仕様?)で普通の空港と同様にARRIVALのドアから建物の中に入っていきました。VIPはいなかったようです。
【ARRIVAL/DEPARTURE】
Arrival_departure

【VIP】
Vip

 今回、厚木基地に来た主目的はSDR TouchによるATIS放送受信の実験だったので、早速タワーの近くで試してみました。
 受信できてあたり前ですが、使用した外部スピーカが100円ショップで買ったものだったので音がかなり悪いです。先日、成田でATISを受信したときは大手メーカの外部スピーカを使用したのですが行方不明になったため急遽調達したものです。
【ATG TWR】
Atg_twr

【SDR TouchによるATIS放送受信】

【記念撮影】
Snapshot
 テーマパークでの記念撮影のノリですが・・・

【M4 Carbine】
M4_carbine

【さがみ野駅に貼ってあったポスター】
Postersagamino_station

 帰りはさがみ野駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

Airbus A330(Korean Air)のGPS/PC利用環境

 今回、大韓航空のAirbus A330-300に乗る機会があったので、GPSとPCの利用環境について調べてみました。

【GPS関係]
今年の1月に乗ったJAL B787は、窓にGPS装置を近づけても測位できませんでした。
調光窓で使用されていると思われる透明電極のITOは、電磁波シールド効果があるので、これが原因かもしれませんが、もしかしたら衛星の位置が悪かったのかもしれません。

 今回のホノルル行きで使用するKE001,KE002では、機材として普通の窓のエアバスA330-300が使用されるようなので、GPSが使用可能かどうか調べてみました。
 国内航空会社の国内線であれば、基本的には巡航中であればGPSが使用できることが多いです。

  JAL
  電子機器類の使用に関するご注意
  http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/

  計器障害を及ぼすおそれのある使用制限電子機器
  http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/12/120823/01.pdf

  航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示(平成19年国土交通省告示第1120号)変更概要
  http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/12/120823/02.pdf

 しかしながら、GPS装置の取り扱いは、国や航空会社によって異なっています。

  The Airlines which OFFICIALLY APPROVE the use of GPS receivers during CRUISE.   Revised August 2010
  http://gpsinformation.net/airgps/airgps.htm

 このリストの信頼性がどの程度のものなのかは判りませんが、 Korean AirはOKリストにもNGリストにも含まれていません。

 大韓航空のサイト見てみました。
 
  ≪大韓航空≫公式サイト - koreanair.com
  http://www.koreanair.com/index_jp_jpn.jsp

 GPSについての直接的な説明はありませんが、ラジオとテレビについての説明がありました。

 以下、下記URLから抜粋引用
  http://m.koreanair.com/FAQ/FAQView.aspx?lang=JPN&vmode=&ct1=&keyword=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%A9%9F%E5%99%A8
***********************************************************************
Q1. 飛行中の機内で利用できる電子機器にはどのようなものがありますか?
[分類:機内サービス>機内娯楽/施設]
地上では普段通りにご利用いただける電子機器の中には、航空機内ではご利用いただけないものも数多くございます。特に航空機の離着陸時には、すべての電子機器がご利用にいただけません。
電子機器作動時に発生する電磁波が、航空機の無線機器と航法装備に周波数の干渉と共振現象を起こし、安全運航に支障が出るためです。
飛行中には以下の電子機器の利用規定をお守りいただけますよう、皆様の理解とご協力をお願いいたします。
1) 航空機が滑走路を移動中、または離着陸の際には、全ての電子機器のご利用が禁止されています。ただし、補聴器、人工臓器、人工心臓拍動機、人工呼吸器などの医療機器はご利用いただけます。
2) 航空機が離陸した後、シートベルト着用サインが消え、機内でお客様が移動可能になった時点から、航空機着陸前のシートベルト着用サインが点灯するまで、CDプレーヤーやMP3プレーヤー、MDプレーヤー、デジタルカセットテーププレーヤー、パーソナルコンピューター、ゲーム機、電卓、ビデオレコーダー及び再生装置などはご利用可能です。
3) 飛行中、どの時間帯であってもご利用いただけない電子機器には、携帯電話や無線電話機、送受信機能がある無線機、ラジコンなどの無線操縦玩具、プリンターなどのコンピューター周辺機器、AM/FMラジオ、携帯用テレビなどがあります。また2)で使用が可能なMP3プレーヤーやゲーム機などで無線機能が搭載されている場合には、無線機能をOFFにして頂く必要があります。ただし、携帯電話やコンピューターは、長時間出発が遅れた場合など、機長の判断でご利用いただける場合があります。
最終更新日 : 2011-07-28
***********************************************************************

 これによれば、「飛行中、どの時間帯であってもご利用いただけない電子機器」の中に「AM/FMラジオ、携帯用テレビ」が含まれています。
 飛行中にラジオ、テレビの使用が禁止されているのは、スーパーヘテロダイン・システム或いはダイレクトコンバージョン(Zero-IF)・システムで使用されている局部発振回路からの不要輻射信号が理由であると思われます。
 GPSも局発回路を備えているので、程度の差はあっても干渉要因ではあります。
 一番危なそうなのは、アッパーヘテロダインのFMラジオですが、現在はEMI特性等が改善されているので、国内航空会社の国内線を利用している限りでは巡航中の使用は問題ないようです。
 GPS受信機の局発周波数は、VHFについては航空機用の通信装置の使用周波数とは大きく異なっているため、問題は少ないように思われますが、機内での取り扱いは航空会社のルールが優先するということなので、残念ながら今回はGPSは使用できませんでした。

【PC関係】
 利用したのは当然エコノミーですが、航空会社のサイトをみるとエコノミーのシートは2種類あるようです。

  フライト別機内設備
   http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/if/ni/jpn_if_ni_main.jsp
  エコノミークラス - 新エコノミー
   http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/if/cs/jpn_if_cs_ec.jsp#1
  エコノミークラスシート
   http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/if/cs/jpn_if_cs_ec.jsp#2

 今回利用するKE001,KE002は、機材はAirbus 330-300 なので、機材データを確認してみると" New Economy Class Seat"になっていました。

  保有機材データ / AIRBUS A330-300
  http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/au/of/jpn_au_of_06.jsp?act=333Q

 「座席電源システム(ISPS) ※ オーディオ/ビデオ・オンデマンド・システム(AVOD)と座席電源システム(ISPS)が装着された機種です。」という説明が書いてあったのたので、どうやらエコノミーでも電源(USBポート)を利用できるようです。

 実際に使ってみました。
【HL7553】
Hl7553_engine

Hl7553_wing_tip

 モニタの横にUSBポートが設けられています。
【充電用USBポート】
Usb

【UZONE F5豪華版を充電中】
Uzone_f5

 どれくらいの電源容量があるのかよく分かりませんが、タブレットで動画を再生した状態のままでも充電が可能でした。

 外部電源が利用できると巡航中にGPS付きのタブレットで残りの距離や到着予定時刻(ETA)をリアルタイムで見ることが出来るので便利なのですが、今回は残念ながらGPSは常時使用禁止ということで使えませんでした。

【参考外部リンク】
航空実用辞典
通信装置 
http://www.jal.com/ja/jiten/dict/p192.html

電磁波干渉と航空機の運航
http://www.jalcrew.jp/jca/public/safety/pub-emi.htm

Investigation of interference sources and mechanisms for Eurocontrol:
http://www.eurocontrol.int/sma/gallery/content/public/studies/Investigation%20of%20interference%20sources%20and%20mechanisms%20-%20Fin.pdf
Page 64 (71/149) - Page 65 (72/149)にFM受信機の局発信号による干渉の説明”7.5.5 Interference due to broadcast FM receivers”があります。

携帯電話と航空法1~航空機内で携帯を使うとどうなる?~
携帯電話をめぐる法律問題 2013年1月18日 更新
http://www.hou-nattoku.com/mobile/022.php

国際線の機内ではどこの国の法律が適用されますか??
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114049071

機内でGPSの信号は受信できますか
http://bbs.arukikata.co.jp/bbs/tree2.php/id/363607/-/parent_contribution_id/363607/

アメリカン航空
http://www.americanairlines.jp/intl/jp/travelInformation/carryOn.jsp
電子機器、医療機器
 一部の機器を機内で使用されますと(地上滞在時、飛行時)、電子パルスにより航法装置や通信装置に支障をきたすおそれがあります。コックピットに電子的破壊が生じることは稀ですが、これらの機器のご使用は常時ご遠慮ください。
機内で使用できない機器
・アメリカン航空が設置している以外の携帯電話
・ラジオ(AM、FM、VHF)、テレビ受信機(電池式またはコード式)、テレビカメラ
・機内に設置されている以外の電子ゲーム機またはリモコン付玩具
・コンピュータのコードレスマウス
・携帯GPS(全地球測位システム)

RADIO NAVIGATION
http://www.langleyflyingschool.com/Pages/CPGS%20Radio%20Navigation.html
 Navigation Equipment Interference
 "A recent crash of a commercial aircraft in Europe was attributed to cell phone use in the aircraft.  Crew members should specifically advise passengers to turn off cell phones during flight.
FM radio and television broadcast receivers produce radiation that can interfere with ILS and VOR receivers, while AM radio receivers and electronic calculators can interfere with ADF receivers.

Mobile phone interference with plane instruments: Myth or reality?
Mohit Arora - September 11, 2012
http://www.edn.com/electronics-blogs/beyond-bits-and-bytes/4395932/Mobile-phone-interference-with-plane-instruments--Myth-or-reality-
 "The hiostory of this ban goes back to the early 1960's, when people carried portable FM radios with them. The tunable local oscillator (LO) of these radios was designed to be tuned to 10.8 MHz above the station you wanted to listen to. Since the FM band covers 87.5 to 108.0 MHz, the LO was tunable from 98.3 to 118.8 MHz."
(昔はFMの中間周波数が違っていたようです。 そういえば、昔家にあったST管のAMラジオ(5球スーパー)のIFTには463kHzkcと書いてありました。)

Does an AM/FM radio really cause interference on airplanes ...
http://forums.anandtech.com/showthread.php?t=1018194
 (55kHzのIF??? トリプルスーパーでは第3中間周波数が50kHz台というのがあったようですが・・ 455kHz?)

Avionics & Portable Electronics: Trouble in the Air?
http://www.bluecoat.org/reports/Helfrick_96_PED.pdf
"One such incident reported interference to a VOR receiver from a portable FM radio. In this
case, the local oscillator of the typical FM radio fell directly in the VHF navigation band and was easily verified as being the source of interference."

Intermediate frequency
http://en.wikipedia.org/wiki/Intermediate_frequency

Super-heterodyne FM Receiver Design and Simulation
http://web.mit.edu/~bdaya/www/Super-heterodyne%20FM%20Receiver%20Design%20and%20Simulation.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

SDR Touchで成田のATIS"放送"を受信してみました

 ワンセグチューナLT-DT306を接続した中華パッドZONE Q7にAndroid端末用のSDRアプリ"SDR Touch"を入れてエアバンドを受信していますが、あまり感度がよくないので、自宅ではATIS放送を受信したことがありません。
 ホノルルに遊びに行くことになったので、タブレットケースにアンテナとUSBチューナドングルを固定したSDR受信セット(?)を持って行きました。
 成田国際空港の第1ターミナルのゲート付近で出発待ちのときに、受信してみましたが、十分な電界強度があるためか、アンテナを縮めた状態で受信できました。なお、小型の外部スピーカを使用し、カメラのマイクロホンに接近させて録音しました。

  以前、羽田空港の展望デッキで同様な実験をしてみましたが、スプリアスやノイズのために受信できませんでした。
 ところが、リムジンバスの乗り場から弁天橋付近ではATISを受信できたので、他の強力な信号にブロックされていたのかもしれません。なお、現用のSDRの入力は非同調なのでブロッキングにかなり弱いです。

【参考外部リンク】
ATIS(Automatic Terminal Information Service
http://ja.wikipedia.org/wiki/ATIS
"航空機に対して空港の気象情報を提供する無線システム。飛行場情報放送業務。"

航空保安業務の概要
http://www.mlit.go.jp/singikai/koutusin/koku/hoan/1/images/sankou1.pdf
(1) 管制業務
(2) 管制通信業務
(ア) 国際対空通信業務
(イ) 飛行場対空通信業務
(ウ) 飛行場情報放送業務(ATIS)
空港に離着陸する航空機に対し、離着陸に必要な情報を対空送信(放送)により提供する業務。

国土交通省 用語解説ページ
http://www.mlit.go.jp/yougo/e-a.html
ATIS Automatic Terminal Information Service:飛行場情報放送業務のことで、気象情報、飛行場の状態、航空保安施設の運用状況等の情報を常時対空送信(放送)により航空機に提供する業務である。

航空気象業務の概要 - 気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/jma-guidebook/chapter4.pdf
ATIS放送 p.88
A T I S : 飛行場情報放送業務(p.89)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

米海軍厚木航空施設(厚木基地)「日米親善春祭り2013」は今週土曜日(4月27日)

  今週土曜日27日午前11時~NAF厚木(通称 厚木基地)にて「春祭り」開催。
  雨天予備日は28日(日曜)。

  米海軍厚木航空施設「日米親善春祭り2013」
  https://www.facebook.com/NAFAtsugiHNRO

2013

2013_2

Photo

 Cnic // Naval Air Facility Atsugi
 http://www.cnic.navy.mil/atsugi/
 U.S. Naval Air Facility (NAF) Atsugi ID Policy
 NAF Atsugi // April 10, 2013
 在日米海軍厚木航空施設へ入門する際、16歳以上の方は下記の有効な公的身分証のご持参をお願い致します。本籍記載のある運転免許証 本籍記載がない運転免許証は別途、記載印字票、もしくは本籍が記載された住民票(発行より3ヶ月以内に限る)を一緒にご提示ください。 A Photo ID is required to enter NAF Atsugi for persons 16 years of age and older. Either of the following picture IDs are acceptable for base entry.

 入門時に必要な身分証について
http://www.cnic.navy.mil/navycni/groups/public/documents/document/cnicp_a300452.pdf

【参考外部リンク】
Fly Team
航空イベント情報 日米親善春まつり2013
http://flyteam.jp/event/detail/1081

Naf Atsugi Weather at a Glance
http://www.wunderground.com/weather-forecast/JP/Naf_Atsugi.html

AirportNavFinder
RJTAATSUGI NAF
http://airportnavfinder.com/airport/RJTA/

相模大塚駅路線バス
http://bus.ekitan.com/bus/noriba/2171_stb.shtml

乗合バス時刻表 相模大塚駅南口
系 統 綾52 綾72
行き先 海老名駅・綾瀬車庫・飛行場正門
http://sotetsu.ekiworld.net/bus/dia/print/jikokup03006000301.html

相模大塚駅南口
綾52 海老名駅
綾72 綾瀬車庫
綾72 飛行場正門

相模大塚駅南口

蓼川自治会館

蓼川一丁目

飛行場正門

バス停:飛行場正門
系統:綾52 綾72
行先:相模大塚駅南口・大和駅
曜日:土曜
http://sotetsu.ekiworld.net/mobile/hp/bus/diagram/index.cgi?disp_history=03040607&line_cd=01&station_cd=5015&busstop_cd=030001&diagram_cd=0092&pole=00&busstop2_cd=030056&pole2=004&yobi_kb=02&hh=08&mm=00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

SDR Touch v.1.4 (Pinch-to-zoom Test)

  SDR Touch の Facebookによれば、Android用のソフトウエアラジオ・アプリ"SDR Touch "がv.1.4にバージョンアップされたようなので、早速試してみました。

 以下、https://www.facebook.com/SdrTouchから抜粋引用。
********************************************
SDR Touch v.1.4 is out in the wild!
Featuring
- Pinch-to-zoom - finally you could precisely tune at those tiny AM or SSB signals :)
- Improved DSP for AM, USB and LSB!
- Minor GUI tweaks
********************************************

Sdr_touch_v14__1

Sdr_touch_v14__2

Sdr_touch_v14__3

 MP3プレーヤのFM送信機能を利用して受信実験をしてみました。
*

  ピンチ操作でズーム範囲を制御できるようになりました。
 ファインチューニングか可能になったのでSSBの復調が楽になりそうです。 
 AMはエアバンドを聞いた感じでは音質が改善されたような気がします。

使用環境:
  音声信号源:Windowsの合成音声(Microsoft Sam)を利用。(スタート→コントロールパネル→音声認識(音声合成))
  RF信号源:MP3プレーヤ SIREN DP250
  アンテナ:ケースに取り付けたテレスコピック・アンテナ(縮めた状態)
  ワンセグチューナ:REDSPYCE LT-DT306(FC0013+RTL2832U) ISDB-T対応
  Android端末:U・ZONE Q7 (V4.1.1)
   SDRアプリ:SDR Touch v.1.4 (PRO KEY)
   ドライバ:RTL2832U driver

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR10(再生商品)を買いました

 レンズが突出しない、比較的高倍率ということで、旅行のときには主にEX-V7を使っていましたが、以前机の上から落としてしまい、レンズエラーが表示されて勝手に電源が落ちる故障が発生しました。
 ファームウエアを"EX-V7_103"に入れ替えたら、電源投入時にレンズエラーが一定時間表示されるものの、普通に撮影や表示ができるようになったので、騙し騙し使用していたのですがついに動かなくなりました。

 EX-V7用のバッテリNP-50は3本(1本はパチモン)持っているのですが、旅行の前に充電特性を確認してみようということで、満充電の状態から動画(LPモード)が何分位撮影できるかテストしてみました。 なお、容量は純正が3.7V950mAh、互換は3.7V650mAhと書いてありました。
 結果は以下の通りでした。
   純正(#1)  1時間19分
   純正(#2)  1時間29分
   互換(JTT) 1時間28分

 この結果を見る限りでは、バッテリはそれ程劣化していないようです。
 ひとまず安心ということで、バッテリを再充電しようとしてクレードルに挿しても、一瞬カメラ側の緑ランプが点灯するだけで充電状態になりません。
 電池を抜いて長時間放置して見ましたが変化はありませんでした。

 手元には、撮影可能なコンデジがもう一台あり、このカメラEX-FC100はハイスピード撮影が可能なのですが、電源を入れる度に日付がリセットされる、動画が再生できないという不都合があるのでかなり使い難いです。最初に同じ症状が発生したときは保証期間内だったので、無償で修理(ファームウエアの再インストール)して貰えましたが、現在は保証切れなので、まともに修理に出したら結構費用が掛かりそうです。

  ということで、新たに安いコンデジを買うことにしました。
 安さ優先でハイスピード撮影可能なものを秋葉原で探していたら、ちょうど目的に合いそうなモデルが道端で売っていました。
 CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR10BKというモデルです。価格が7980円でハイスピード撮影(240fps,480fps)も可能です。
 なぜ安いのか聞いたところ、アウトレット商品(再生商品)なので安いとのこと。
 展示品や開梱品を再生したもののようです。
 初期故障の期間を経過している可能性があるので、ある意味では信頼性が少しは上がっているかも・・・(V7とFC100が故障していることを考えると超希望的観測ですが・・・)
 とりあえず安いし、出発時期が迫っており他モデルとの比較検討をする時間もないしということで、これを買ってきました。
 保証が一寸心配でしたが、ちゃんと保証書がついてきました。
 普通は購入した製品の動作を店頭で確認することはないのですが、店員さんがアウトレット商品だからということで動作確認を勧めるので念のためにお願いしましたが、特に問題はありませんでした。

【EX-ZR10外箱】
Exzr10

【再生商品ラベル】
Exzr10_2

 未だ少ししか触っていませんが印象を少し。
 電源を入れてから2~3秒で撮影可能になるので立ち上がりが早いです。
 全体的に動作が早いような気がします。
 電池の減りが少し早いような気がしますが、フラッシュを多用したからかもしれません。

 発売は2010年11月のようですが、旅行先であまり画質を気にせずにスナップ撮影するのには十分だと思います。
  Amazonのカスタマーレビューを見ると割と良さそうなので一寸安心しました。
 機能は色々あるようなので、あとでゆっくり遊んでみます。

【2013.04.15追記】
 最後の望みで、EX-V7の電池を抜いて1日以上放置していたら復活しました。
ラッキーというべきか too lateというべきか・・・
 現在、ハイスピード撮影用に使用しているEX-FC100は、故障で動画の再生ができないので、今後はEX-ZR10BKを使うつもりです。

【2013.04.16追記】
 糠喜びでした。バッテリの充電が完了したので、撮影と再生ができることを確認して、次のバッテリを充電しようとしたら、同じ故障の症状になりました。明日旅行に出発なので、カメラの内部電池の放電を1日待っている訳にはいきません。
 結局、新しく買ったEX-ZR10を持って行くことになりそうです。

【参考外部リンク】
EX-ZR10
http://casio.jp/dc/products/ex_zr10/

Impress Watch   
【新製品レビュー】カシオHIGH SPEED EXILIM EX-ZR10
2010/12/17 00:00
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20101217_414831.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

これが番組再送信システム「Aereo」の仕組み?

 米国で現在サービスが行なわれている番組再送信(再配信)システム"Aereo"は、以前日本でサービスされていた「まねきTV」に類似しているように思われます。
 「まねきTV」(アンテナ共有)の場合は最高裁で負けてしまいましたが、米国の場合は少し様子が違うようです。

  CNET Japan
  「Aereo」番組再配信の仮差し止めを求めるテレビ局各社の要請、控訴裁判所でも却下 
   2013/04/02 11:56
  http://japan.cnet.com/news/business/35030282/

  AFP BBNews
  米放送界を揺るがす新興ストリーミングTV、アエレオ
  2013年04月09日 16:15 発信地:ワシントンD.C./米国   
  http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2937954/10556732

 Aereoは2012年3月にサービスが開始されたようですが、そのメカニズム(システム)がよく分かりません。

  PRONEWS
  クラウドTVサービス「Aereo」、ついにニューヨークでサービス開始
  2012-03-19 掲載
  http://www.pronews.jp/news/1203191825.html

 Aereoのサイトに説明らしきページがあったので見てみましたが、さっぱり判りません。
 御題目の説明がほとんで、肝心の仕掛けの説明がほとんどありません。

  Aereo
  https://www.aereo.com/

  How it works
  https://aereo.com/how-it-works

  判ったのは、普通の八木アンテナの代わりに多数の超小型のアンテナのアレイを使うこと位です。
 アンテナについて幾つかの疑問が生じます。
 ・動作原理は?
  ・この大きさ(10セント硬貨サイズ)で十分な利得が得られるのか?
 ・どこに設置されるのか?
 ・指向性はどうなっているのか?
 ・偏波面はどうなっているのか?

 当方は古い人間なので、上の疑問は従来の屋根や屋上のVHFのテレビアンテナ(八木アンテナ)を比較の対象として考えていますが、現在の技術レベルでは内蔵アンテナを使用した携帯電話のワンセグTV(UHF)は結構視聴することができます。

 関東地方のデジタルTV(キー局)の最も周波数が低いチャンネルは、フジテレビ(物理Ch21,論理Ch8,中心周波数521MHz,波長約58cm)となっています。

  テレビ周波数チャンネル
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

 ワンセグ用の内蔵アンテナは大きくても数cmと思われるので、波長に比べて十分小さなアンテナで実用になっています。
 このことを考えると、Aereoのアンテナの動作原理は良く判りませんが、十分な電界強度があれば周波数が高い場合には技術的には実現できてもおかしくないような気がします。

 Aereoのサイトによれば、Major Networksとして以下の6個のチャンネルが記載されています。

  Available Channels
  https://aereo.com/channels

   CBS WCBS (2.1) 
   NBC WNBC (4.1) 
   FOX WNYW (5.1) 
   ABC WABC (7.1) 
   The CW WPIX (11.1) 
   PBS WNET (13.1) 

 ニューヨーク州ニューヨーク市のデジタルテレビの放送チャンネルをFCCのTV Query Broadcast Station Searchで調べてみると、低い方は7チャンネル、高い方は44チャンネルとなっています。

  Query Broadcast Station Search
  http://transition.fcc.gov/fcc-bin/tvq?state=NY&call=&arn=&city=new+york&chan=&cha2=69&serv=DT&type=0&facid=&list=1&dist=&dlat2=&mlat2=&slat2=&dlon2=&mlon2=&slon2=&size=9

 周波数との対応を調べてみると、ATSCの搬送波の周波数は、7チャネルが174.31MHz、44チャンネルが650.31MHzとなっています。
 波長では7チャネルが172cm、44チャンネルが46cmとなります。

  North American broadcast television frequencies
  http://en.wikipedia.org/wiki/North_American_broadcast_television_frequencies

 低い方の周波数の場合には、放送波の波長に比べてアンテナのサイズが極端に小さくなりますが、この場合でも問題ないのでしょうか?
 送信アンテナの近くであればゼムピンでも受信出来るので電界強度次第かもしれませんが・・・

 条件がよければ小さいアンテナでも受信できるのかもしれませんが、普通の共通アンテナの出力を分配する場合に比べて技術的に何が優れているのかよくわかりません。
 著作権対策のために、複数のユーザでアンテナを共有していないことを示すためだけ?
 アンテナの実態がよく判らないので少し調べてみると以下のような記事がありました。

  HDTV Magazine
  HDTV Expert - Guess What? You Can Get Away With It!
  Posted by Pete Putman, July 12, 2012 2:58 PM      
  http://www.hdtvmagazine.com/columns/2012/07/hdtv-expert-guess-what-you-can-get-away-with-it.php

 以下、上記URLから抜粋引用
**********************************************************
"From the start, Aereo has claimed that each of the tiny, dime-sized antennas was assigned to a specific subscriber, and all they were providing was a souped-up antenna system - albeit one that converts the received signals from the 8VSB RF modulation format to baseband video, and then encodes it as an MPEG4 stream for delivery to Apple and Roku boxes; all on a individual subscriber basis. One antenna, one subscriber.
(中略)
Readers who understand RF theory can take one look at the Aereo antenna and understand immediately that it is not suited at all for UHF TV reception, let alone high-band channels 7, 11, and 13 (all used in New York City). It’s just electrically too small and has no resonance or gain at the desired frequencies.
**********************************************************

 これによれば、受信契約者毎に小さなアンテナが割り当てられて、各アンテナ毎に「選局→8VSB復調→MPEG4符号化→ストリーム配信」という処理が行なわれるようです。
 また、アンテナが受信に適していないのでは? という疑問が呈されています。

 もう少し詳しい説明はないのかと探してみたら、以下のサイトにAereo社が出願した特許の情報がありました。

  A New Domain
  Larry Press: Aereo Antenna Tech Explainer, Patents and Why You Should Care
  http://anewdomain.net/2012/07/12/aereo-antenna-tech/
  "If the antenna works well, it could take over the indoor antenna market."

  Barry Diller, Aereo: Tiny Antennae and Great Big Lawsuits?
  http://anewdomain.net/2012/02/18/aereo-brings-tv-to-the-internet/

 4件の米国公開特許番号のリストがあったので、もっとも関係がありそうなUS2012/0127363の米国公開特許をUSPTOのPatent Number Search
で調べてみました。

  Publication Number Search
  http://appft1.uspto.gov/netahtml/PTO/srchnum.html

 検索窓に20120127363を放り込むと下記の案件がヒットします。

  PUB. APP. NO. Title
  1 20120127363 Antenna System with Individually Addressable Elements in Dense Array 

 番号をクリックすると内容が表示されます。

以下抜粋引用
***********************************************************
--------------------------------------------------------------------------------
United States Patent Application 20120127363 
Kind Code  A1 
Kanojia; Chaitanya ;   et al.  May 24, 2012 
--------------------------------------------------------------------------------
Antenna System with Individually Addressable Elements in Dense Array
Abstract
A method and system for capturing, storing, and streaming over the air broadcasts based on user requests is disclosed. The system and method utilize subarrays of antenna elements for receiving over the air broadcasts. Processing pipelines are used to demodulate, transcode and index the content transmissions to produce content data that are streamed to users. In this way, the feeds from antennas can be accessed by users over a network connection.
--------------------------------------------------------------------------------
Assignee: AEREO, INC.
Long Island City
NY
Filed:  November 17, 2011
--------------------------------------------------------------------------------
Claims
--------------------------------------------------------------------------------
1. An antenna system comprising:
a two dimensional array of antenna elements for separately receiving over the air broadcasts, the array of antenna elements having a density of at least 10 antenna elements per square meter; and
an encoder system for converting over air broadcasts received by the separate antenna elements into content data to be stored in a data storage system.
..........
***********************************************************

 図面を見るとアンテナの構造が実際のものとは少し違うようですが、全体の雰囲気はかなりAereoのシステムに近いような感じがします。
 特許明細書の記載内容と実際のシステムは完全には対応していないことが多いですが、とりあえず図面の一部をざっと見てみました。

Fig.1(抜粋)

Us20120127363_fig_1
  100:system
  102:antenna array
  102-1...102-n:dual loop antenna(electrically balanced symmetric loop)
  104-1...104-n:radio frequency tuner
  106-1...106-n:demodulator
  108:multiplexer
  110:demultiplexer switch
  112-1...112-n:transcoder
  114-1...114-n:indexer
  116:antenna optimization and control system
  120:streaming server
  126:broadcast file store

Fig.2
Us20120127363_fig_2

  102:antenna array
  102-1...102-n:dual loop antenna
  103:encoder system
  104-1...104-n:radio frequency tuner
  116:antenna optimization and control system
  802, 804:antenna subarray
  806, 808:broadcasting antenna

Fig.3
Us20120127363_fig_3
  102-1...102-n:dual loop antenna 
  151:card cage structure
  152-1...152-n:multiple PCB antenna array

Fig.4
Us20120127363_fig_4
  102-1...102-n:dual loop antenna
  106-1...106-n:demodulator   
  108:multiplexer
  152:PCB antenna array
  154:electronics section
  160:data transport controller
  162:PCB optical interface connector
  810;ground plane
  812-1...812-n:balanced transmission line

Fig.5
Us20120127363_fig_5
  102:antenna array
  152:PCB antenna array
  154:electronics section
  812,813:transmission line
  904,906:tuning varactor diode
  914:balun

Fig.6A
Us20120127363_fig_6a
  152:PCB antenna array
  812,813:transmission line

Fig.6B
Us20120127363_fig_6b
  102:antenna array
  152:PCB antenna array
  904,906:tuning varactor diode

  なんとなくイメージが湧いてきました。
 アンテナは以下の以下の構成を持っているようです。
・ループアンテナ
・平衡型(バランで平衡を不平衡に変換)
・同調型(バラクタでLC共振)

 しかしながら詳細がよく分かりません。
 Fig.5、Fig.6にアンテナの図面があるのですが、図面間の整合が取れていないので、構造がよく分かりません。
 Fig.6Bは、Fig.5のB-B断面図ということになっているのですが、見えるはずのtransmission line 812,813が図示されてないし、tuning varactor diode 904,906の取り付け付け位置も一寸変です。
 diode 904,906の基板側の端子は導電パターン(?)に接続されているように見えますが、この導電パターンらしきものとtransmission line 812,813との関係がよく分かりません。それぞれ電気的に接続されている?
 また、可変容量ダイオード(バラクタ、バリキャップ)で同調周波数を制御するのであれば、可変直流電圧を供給するための信号線が必要なはずですが、見当たりません。transmission line 812,813を利用して給電?
 硬貨サイズのループのインダクタンスは相当に小さいと思われるので、VHFではかなり大きな容量が必要になると思われます。
 一個のバリキャップでVHFとUHFの両方をカバーするのは相当に無理があるような気がしますが、これはバリキャップの特性(可変容量範囲)に依存するのでなんともいえません。

  可変容量ダイオードの特徴と特性 - 電子回路設計入門
  http://www.nteku.com/diode/kahennyouryou-diode.aspx

 また、Fig.5ではantenna array 102のループから内側に向かう突出部が形成されていますが、説明が無いので動作が判りません。 スタブ? インピーダンスマッチング素子? 電界成分ピックアップ用? 共振周波数低下用?

 Fig.5のアンテナと発表されているアンテナの写真を比べると、一見かなり異なっているように見えますが、電気的に見ると似ているかもしれません。
 写真のアンテナでは、「コ」字状のループの両端が基板の導電パターンに接続されているように見えます。また、ループの途中から内側に向かう突出部が形成されており、その先端は開放されているように見えます。
 したがって、可変容量ダイオードの部分を除けば、両者は高周波的には類似構成かもしれません。
 
 また、Fig.3を見るとdual loop antenna 102-1...102-nのループの面が水平になっていますが、図面の上下が実際の上下と一致しているとすると、普通のループアンテナであれば水平面では無指向性になるので、アンテナの向きは考慮しなくて良いということになるのかもしれません。

  RF WORLD
  電界&磁界アンテナによって水平偏波のFM放送波の到来方向を探る!
  http://www.rf-world.jp/bn/RFW14/samples/p122-123.pdf

 なお、アンテナは契約者と1対1に固定されている訳ではなくて、動的に割り当てられるようです。
 指定された放送局の位置データや信号強度に応じて最適なアンテナが選択されるという説明がありました。
 時分割的にアンテナを共有することになりますが、ある瞬間では特定の契約者が占有しているので、法律的にはセーフという理屈のようです。

 以上、アマ無銭家の好奇心でざっと調べてみましたが、十分な電界強度があれば実現可能であるかもしれません。(実際に営業しているし・・・)
 純粋に技術的には放送局毎に設けた共通アンテナの出力を分配したほうが簡単なような気が・・・・

【参考外部リンク】
 The Compass
 Aereo
 http://www.nsirinc.com/compass/tag/aereo/

 IT・メディア
 米テレビ局を震撼させた2件の訴訟(その1)2012年11月13日12:11
 http://agora-web.jp/archives/1500466.html
 米テレビ局を震撼させた2件の訴訟(その2)2012年11月15日17:47
 http://agora-web.jp/archives/1500974.html

 A New Domain
 Aereo: How It Works and How It’s Working So Far
 http://anewdomain.net/2012/04/06/aereo-has-launched-lets-hope-they-are-for-real/
 "I am half joking, but I can’t help imagining that the dime-size antennae might be fakes - hiding a real, large antenna that is really grabbing the broadcast signal. "

 高効率な内蔵アンテナを実現するチューナブル アンテナ技術
 www.toshiba.co.jp/tech/review/2011/04/66_04pdf/a05.pdf

 A Varactor-Tuned Indoor Loop Antenna
 http://www.home.earthlink.net/~christrask/Indoor%20Loop%20Antenna.pdf

 Frequency tunable antenna for Digital Video broadcasting handheld application
 http://hal.archives-ouvertes.fr/docs/00/66/14/62/PDF/Frequency_tunable_antenna_for_Digital_Video_broadcasting_handheld_application.pdf

 微小ループアンテナ
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AE%E5%B0%8F%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

今では「ウナ」は旅行業界用語?

  今朝(2013.04.06)の朝日新聞の別刷B1を見ていたら「業界用語辞典」という囲み記事に「ウナ」の話が書いてありました。
 それによれば、”「ウナ」は旅行業界の窓口が使う「早く」の意。用例は「ウナヨロ」(早く手配回答をほしい)。”とのことです。
 昔「ウナ電」やTELEXを使ったことがある年代の人間にとっては、昭和は古くなりにけりです。

【参考外部リンク】
電報
http://ja.wikipedia.org/wiki/電報

Morse code abbreviations
http://en.wikipedia.org/wiki/Morse_code_abbreviations
(アマチュア無線用なのでURGENTの意味でのURはありません。)

ABBREVIATION OF INTERNATIONAL SHIPPING TERMS AND PHRASES
http://www.beelogistics.com/bee/forum/temp/ABBREVIATION%20OF%20SHIPPING%20TERMS.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

ドア開放中のB777でUZONE F5豪華版のGPSを使ってみました

 昔は駐機中は使用禁止でしたが、現在はドア開放中であればGPSが使用できるということで試してみました。
 高度はありませんが、静止しているので巡航中よりも衛星を捕捉しやすいかもしれません。

Gps_locating_in_parking_b777_hnd_1

Gps_locating_in_parking_b777_hnd_2

Gps_locating_in_parking_b777_hnd_3

 なお、下側の2枚はGPS記録したトラックを表示させて後で撮影したものです。

【参考外部リンク】
JAL
国内線>空港・チェックイン>お手荷物について>
機内での電子機器類の使用に関するご注意
http://www.jal.co.jp/dom/service/bags/electronic.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

他人の携帯電話が耳障りなのは話が見えないからだけ?

 旧聞になりますが、東京メトロのほぼ全線で携帯電話が利用可能になったようです。

  地下鉄で携帯つながると大声で話す迷惑客が再び出てくるのか
  NEWS ポストセブン 3月21日(木)7時6分配信
  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130321-00000013-pseven-life

 この記事の中に2010年にコーネル大学が実施した実験の話が出てきます。
 これによれば、「人間は会話の断片から内容を予測するので、会話の片方だけを聞かされるとイライラし、ストレスを感じるのだ。」とのことです。
 確かにこのような理由で耳障りに感じることはあると思いますが、私の場合は、外国人(自分が理解できない言語で話している)が携帯電話を使っている場合も耳障りに感じることがあります。
 言語が理解できない場合には、内容を予測すること自体が出来ないので、この説明だけでは十分でないような気がします。

 コーネル大学の実験がどのようなものだったのか一寸探してみました。
 論文の紹介記事のようなものがありました。

  Cornell Chronicle
  May 24, 2010
  Overhearing cell phone chats reduces cognitive performance, study finds
  http://www.news.cornell.edu/stories/May10/CellPhoneDistract.html

 この記事には言語の話は出てこないようです。
 対応する論文を探してみました。
 直接対応しているかどうかは判りませんが、関連がありそうな以下の論文がありました。

  Lauren L. Emberson, Gary Lupyan, Michael H. Goldstein, and Michael J. Spivey
  Overheard Cell-Phone Conversations: When Less Speech Is More Distracting
  Psychological Science October 2010 21: 1383-1388, first published on September 3, 2010 doi:10.1177/0956797610382126
  Abstract
  http://pss.sagepub.com/content/21/10/1383.abstract

 Abstractを見た範囲では、ここにも言語の話は出てこないようです。
 なお、full textは有料なのでパス。

 更に関連する資料を探していたら、最近行なわれた実験の資料がありました。

  PLOS ONE
  The Effects of Cell Phone Conversations on the Attention and Memory of Bystanders
  Published: March 13, 2013
  http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0058579

 この資料には言語の話が出てきますが、外国語という観点ではないようです。
 外国語という観点の情報はないかと探していたら、以下のスレッドにそれらしい話が書いてありました。

  Study shows why overhearing cell phone calls bugs us so much
  http://www.democraticunderground.com/discuss/duboard.php?az=view_all&address=389x8399685

  以下、上記URLから抜粋引用
  *******************************
  7. I find halfalogues in foreign languages much easier to tune out.
   You never process the first part of the conversation. It's just noise.
  24. Exactly
   This study would back that up. An unknown foreign language is just noise.
  *******************************

  これによれば、理解できない外国語は単なる雑音と感じる人もいるようです。
 感じ方にはかなり個人差があるのかもしれません。

 以下、外国語の携帯電話の通話でも耳障りに感じる素人の個人的な独断と偏見です。
・使用言語に無関係にマナー違反に対する不快感。
・連続音よりも断続音の方が聴覚に知覚されやすい。

【参考外部リンク】
聴覚の順応現象について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibirin1925/58/11/58_11_741/_pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »