« SDR Touch(WFM 88-108MHz)@Honolulu | トップページ | Hura Show @ Wikiki, Honolulu »

2013年5月11日 (土)

SDR Touch(US_TV_CH40 626.31MHz)@Honolulu

  ホノルルでSDR TouchによるTV放送の受信実験をしてみました。
  日本の地デジ(ISDB-T)では多数の副搬送波(最大で5000波以上)のOFDMを使用しているので、SDR Touchでスペクトラムを見ると、断崖絶壁的な特徴のある信号を見ることができます。
 米国のATSCでは、どちらかというとアナログ変調に近い単一搬送波周波数の8VSBを使用しているので、どんなスペクトラムになっているのか一寸興味はありました。
 取りあえず、ホノルルのTV放送局をFCCのサイトで調べてみました。

  TV Query Broadcast Station Search
  http://www.fcc.gov/encyclopedia/tv-query-broadcast-station-search

   Search Parameters   
  City:  HONOLULU 
   State:  HI 
   Service:  DT 
   Lower Channel:   2 
   Upper Channel:   69

  色々の種類の放送局があるようですが、DT(Digial Television)のサービスでは15局ヒットしました。

   http://transition.fcc.gov/fcc-bin/tvq?state=HI&call=&arn=&city=Honolulu&chan=&cha2=69&serv=DT&type=0&facid=&list=1&dist=&dlat2=&mlat2=&slat2=&dlon2=&mlon2=&slon2=&size=9

 FCCのリストでは物理チャンネルはわかりますが、実際の搬送波の周波数が判りません。
 ということで、下記のサイトで周波数を確認しました。

   North American broadcast television frequencies
  http://en.wikipedia.org/wiki/North_American_broadcast_television_frequencies

  これで大体の状況が分かりましたが、大手TVネットワークとの関係が判りません。
 更に調べて見ると、下記のサイトにホノルルの放送局についての情報が書いてありました。

  Media in Honolulu

  https://en.wikipedia.org/wiki/Media_in_Honolulu

 ABC, CBS, NBC等が有名ですが、今回はABC系列のKITVを受信することにしました。
 上記サイトには、PSIP Virtual channel 4、ATSC Physical Channel 40と書いてあります。
 デジタル放送では、(意図的に?)物理チャンネルが見えにくくなっているので、一寸混乱しやすいです。
 物理チャンネルが40ということは、周波数は626.31MHzということになります。

 前置きが長いですが、これでやっと受信準備ができました。
 受信環境は以下の通りです。

  場所:オハナ・ワイキキ・ウェスト 6F 室内窓際
  アンテナ:ケースに取り付けたテレスコピック・アンテナ)
  ワンセグチューナ:REDSPYCE LT-DT306(FC0013+RTL2832U) ISDB-T対応
  Android端末:UZONE Q7 (V4.1.1)
  SDRアプリ:SDR Touch v.1.4 (PRO KEY)
  ドライバ:RTL2832U driver

 受信結果は以下の通りですが、一寸予想と異なっています。
【SDR Touch(US_TV_CH40 626.31MHz)】
Sdr_touch62631mhz_us_tv_ch40
*

  ネット上の資料によれば、ATSC(8VSB)のスペクトラムは、搬送波(パイロット)の部分を除いて1チャンネル分の帯域全体にほぼ同じレベルで広がっています。

  What exactly is ATSC?
  VSB modulator
  http://www.hdtvprimer.com/issues/what_is_atsc.html

 この資料のスペアナグラフを見ると全体的な印象はOFDMに似ています。
 ところが、実際にSDR Touchで表示した信号は、かなりパターンが異なります。
 どちらかと言えばNTSCに近い?
 もしかして、何らかの理由でアナログ放送が残っているかとも思いましたが、下記の資料によれば、ハワイは本土(米国)に先行してデジタル化されたようなので、この可能性はないようです。
 
  米国ハワイ州アナログ放送終了調査について - 総務省
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000010933.pdf

 ワンセグチューナとSDRアプリの組合わせは、あくまでも簡易スペアナもどきですの、何らかの原因でこのような表示になっているのかもしれません。
 搬送周波数の問題かと思って、周波数が低いKHON(物理チャンネル8.周波数180.31MHzを受信してみましたが同じようなスペクトルパターンでした。
 OFDMの場合はそれらしいスペクトラムが表示されたので、一寸不思議です。

|

« SDR Touch(WFM 88-108MHz)@Honolulu | トップページ | Hura Show @ Wikiki, Honolulu »

SDR」カテゴリの記事

UZONE Q7」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外旅行」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/57360038

この記事へのトラックバック一覧です: SDR Touch(US_TV_CH40 626.31MHz)@Honolulu:

« SDR Touch(WFM 88-108MHz)@Honolulu | トップページ | Hura Show @ Wikiki, Honolulu »