« 中華周波数カウンタ(VC2000)を買いました | トップページ | 今日のGoogle はシュレーディンガーの猫でした »

2013年8月12日 (月)

中華周波数カウンタ(VC2000)の電源トランスが外れかかっていました

  先日購入した中国製の安価な周波数カウンタ(VC2000)を前後に揺らすとゴトゴトと音がします。
 最初は、可動式のスタンドが移動する音かと思っていましたが、スタンドを手で押さえた状態でも依然音がします。
 VC2000ではなく、姉妹機種(?)のVC3165に対するものですが、eHam.netの評価の中に配送中にトランスが外れてケースの中を飛び回っていたというレポートがあったので、もしやと思ってケースを開けてみました。
【VC2000の内部】
Vc2000_inside_1_2

Vc2000_inside_2_2

Vc2000_transformer_1_3

 トランスの取り付け部の片方が外れて、トランスが傾いています。
 振動でネジが緩んで外れたのであれば、それほど不思議ではありませんが、この場合は取り付け孔が広がってビスの頭が抜け出しています。
 かなりの外力が加わらないと金属製の取り付け部が変形することはないような気がしますが、どのような取り扱いをうけたのでしょうかね?
【外箱】
Vc2000_box_3

 音の原因は判ったので、ワッシャをかましてビスの頭が抜け出さないようにして締めなおしました。
【修理後】
Vc2000_transformer_2_2

 検品シール(?)が張ってあったので、出荷時は問題なかったということですね。
【検品シール(?】
Vc2000_ispection_seal_2

  eHam.netの記事の他にもトランスが傾いていたという記事を見かけたような気がするので、トランスの取り付け構造に一寸問題があるのかもしれません。
 
【参考外部リンク】
    eHam.net
  Reviews Summary for Victor Frequency Counter VC-3165
  http://www.eham.net/reviews/detail/7839

|

« 中華周波数カウンタ(VC2000)を買いました | トップページ | 今日のGoogle はシュレーディンガーの猫でした »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/57971647

この記事へのトラックバック一覧です: 中華周波数カウンタ(VC2000)の電源トランスが外れかかっていました:

« 中華周波数カウンタ(VC2000)を買いました | トップページ | 今日のGoogle はシュレーディンガーの猫でした »