« 「ミステリーゾーン」DVDコレクション創刊号を買いました | トップページ | Hyundai T7のスピーカが沈黙したので外部スピーカを接続しました »

2013年9月21日 (土)

R820T+SDR Touchで1200MHz帯を受信してみました

 現在、TV28Tv2DVB-T(RTL2832U+R820T)を繋いだHyudai T7 (Rooted)にSDR Touchを入れて、色々な周波数を受信しています。

 TV28Tv2DVB-TはAmazonで購入しましたが、説明によると「周波数範囲25-1700MHz」となっています。
 また、下記のサイトによればR820Tの周波数範囲は24-1766 MHzとなっています。

  OsmoSDR
  http://sdr.osmocom.org/trac/wiki/rtl-sdr

  (上記URLから引用)
   チューナ     周波数範囲 
   E4000      52-1100MH.1250-2200MHz
   R820T      24-1766MHz 
   FC0013     22-1100MHz
   FC0012     22-948.6MHz 
   FC2580    146-308MHz,438-924MHz
   
 これらの情報から判断すると、1200MHz帯のアマチュアバンド(1260-1300MHz)も受信できても良いような気がします。

  アマチュアバンド使用区別早見表 - 総務省
  http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ru/ama/dl/kubun.pdf

 受信実験をしてみようと思いましたが、手元には使えそうな信号源がありません。
 簡単に1200MHz帯の信号を発生させる方法はないかと探していたら、430MHzの信号をダイオードで歪ませて3次高調波を抽出するという記事を見かけました。
 昔HFの送信機を自作したときには、3.5MHzで送信しても7MHzやそれ以上の周波数でもかなりの強度で受信できていました。
 今回は送信機を作るわけではないので、手元にあった144/430MHzトランシーバC501自体の高調波を利用することにしました。
 アンテナを付けて送信するのは気が引けるので、自作のダミーロードもどきを接続しました。シールド構造ではないので、漏れ放題ですが・・・。
 3次高調波がオフバンドにならない周波数範囲を計算すると420.00-433.00MHzとなります。
 431.00MHzで送信すれば1293.00MHzで受信できるはずです。
 実際にやって見ました。
【C501_R820T_Hyunda T7_SDR Touch】
C501431mhz_r820t_sdr_touch1293mhz

Sdr_touch1293mhz

 431.00MHzで送信すると1292.996MHzで信号が受信できました。
  4kHz下側ですが、送信周波数のほぼ3倍の周波数です。
 3次高調波を受信しているように思えますが、イメージ、混変調、スプリアスなどで、一見1200MHz帯で受信しているように見えている可能性もあります。
 念のために、送信周波数を変化させてみたところ受信周波数は以下のようになりました。

  送信周波数  3次高調波  受信周波数
  431.00MHz   1293.00MHz   1292.996MHz
    431.01MHz   1293.03MHz   1293.024MHz
    431.02MHz   1293.06MHz   1293.054MHz

  送信側の10kHzの変化が受信側では約30kHzの変化となっているので、3次高調波に間違いないように思われます。

 ということで、周波数的には1200MHz帯の信号を受信できることが判りましたが、どの程度の感度があるのか判りません。
 近所に1200MHzで運用している局があるようにも思えないので、1200MHzのビーコン局の情報を探してみました。
 しかしながら、下記の資料(最終更新:2012.11.15)を見てみるとJA1には1200MHzのビーコン局がありません。

  ビーコン局
  http://www.jarl.or.jp/Japanese/1_Tanoshimo/1-6_beacon/

 仕方がないので、受信できる可能性が高そうな1294-1295MHzを連続ワッチしてみることにしました。
 SDR Touchでは、1MHz帯域をスペアナ的(パノラミックアダプタ的?)に表示できるので、このような場合は便利です。
 しばらく受信していたら、1295MHz付近で信号が受信できました。
【1295MHz】
Sdr_touch1295mhz

  不定期的に断続しているので、スプリアスや電子機器からのノイズの可能性は低いように思われます。
 内容はよく判りませんが音声による交信のようです。
 片方の局しか受信できませんでしたが、10分以上受信できました。
  モービル局にしてはフェーディングが少ないので、固定局なのかもしれません。
 この信号が本当に1200MHz帯の信号なのか、或いは、430MHzの3次高調波なのか、或いは、全く別の周波数の信号の飛び込みなのかはよくわかりません。
 2波同時受信しようとしましたが、外部アンテナが一つしかないので確認できませんでした。
 C501のホイップで430MHz帯を受信した範囲では1/3の周波数の信号は受信できませんでした。
 もしかしたら、本当に1200MHz帯の交信を受信していたのかもしれませんが、確証はありません。

 最後に念のために、ワンセグ(ISDB-T)用のUSBチューナのDS-DT305BK(FC0012)と LT-DT306SV(FC0013)で同じように実験してみました。
【DS-DT305BK(FC0012)と LT-DT306SV(FC0013)】
Dsdt305bkfc0012_ltdt306svfc0013

 結果は、両方とも430MHz帯は受信できましたが、1200MHz帯の3次高調波は受信できませんでした。
 OsmoSDRのサイト書いてあったデータの通りでした。

|

« 「ミステリーゾーン」DVDコレクション創刊号を買いました | トップページ | Hyundai T7のスピーカが沈黙したので外部スピーカを接続しました »

HYUNDAI T7」カテゴリの記事

SDR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/58237258

この記事へのトラックバック一覧です: R820T+SDR Touchで1200MHz帯を受信してみました:

« 「ミステリーゾーン」DVDコレクション創刊号を買いました | トップページ | Hyundai T7のスピーカが沈黙したので外部スピーカを接続しました »