« アンテナ設置位置によるADS-B受信範囲の違い | トップページ | エアコンのダクト孔からUSBケーブルと同軸ケーブルを引き込みました »

2013年10月23日 (水)

SDR Touchがv.1.7になっていました

  久しぶりにSDR Touchのfacebookを覗いてみたら、SDR Touch v1.7がリリースされていました。

SDR Touch
10月20日.
SDR Touch v.1.7 was just released!
https://www.facebook.com/SdrTouch
https://www.facebook.com/SdrTouch?ref=stream&hc_location=timeline

 主なところでは、FMステレオ機能と録音機能が追加されたようです。

 今までは、SDR Touch用に主にHyundai T7(rooted)を使ってきました。
 理由は、充電用の専用端子があるので、USB端子にSDR用のチューナドングルを接続したまま連続使用が可能であるためです。
 しかしながら、最近内蔵スピーカが故障したり、マイクロUSB端子が時々接触不良になったりということで、外部スピーカを接続し、USBコネクタに外力を加えて無理やり使用してきましたが、USB端子が完全に駄目になりました。
 幸いなことに専用の充電端子があるので、普通のタブレットとしては使用できますが、SDR用には使えません。
 マイクロUSB端子は強度的に問題があるのでは・・・・・
 その点中華PadはミニUSBが多いので、接触不良に関しては一寸有利かもしれません。

 手元にはSDR用に使える5インチのタブレットとしてSiGO V200.sがあったので、これにSDR Touch v.1.7を入れることにしました。

【SDR Touch v1.7】
Sdr_touch_v17__1

 画面上ではステレオ関係の表示はありませんが、確かにステレオになっていました。
 また、"Record"のボタンが増えていました。

【録音中】
Sdr_touch_v17__2

【録音データ格納場所】
Sdr_touch_v17__3

Sdr_touch_v17__4

 SiGO V200.sの場合には、wavファイルでInternal Memoryに格納されるようです。

|

« アンテナ設置位置によるADS-B受信範囲の違い | トップページ | エアコンのダクト孔からUSBケーブルと同軸ケーブルを引き込みました »

SDR」カテゴリの記事

SiGO V200.s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/58442019

この記事へのトラックバック一覧です: SDR Touchがv.1.7になっていました:

« アンテナ設置位置によるADS-B受信範囲の違い | トップページ | エアコンのダクト孔からUSBケーブルと同軸ケーブルを引き込みました »