« ADS-B(1090MHz)用スリーブアンテナ・テスト@レインボーブリッジ | トップページ | USB電圧・電流測定器 CHARGER Doctor を買いました »

2013年11月29日 (金)

映画「ゼロ・グラビティ」が面白そうです

 電車内で映画「ゼロ・グラビティ」の中吊り広告で見かけました。
 どんな映画かと思って予告編を見てみようと思いましたが、オフィシャルサイトのほうは、日本語、英語共にブラウザがサポートされていないと弾かれてしまいました。IE8ではだめ?
  仕方がないので、「ぴあ映画生活」のほうで見ました。

  S・ブロック&G・クルーニー出演『ゼロ・グラビティ』予告編が3パターン一挙公開!
  http://cinema.pia.co.jp/news/163076/53544/

 こちらはYouTube版です。

 映像は一寸CGチックのような気がしますが、なかなか面白そうです。
 慣性の法則とか遠心力が一寸気になりますが・・・・

 船外活動(EVA:Extravehicular Activity)中にスペースデブリがスペースシャトルに衝突したために、宇宙を漂流することになった宇宙飛行士の話のようです。
 スペースデブリは色々な理由で増えているようなので、現実的な問題かもしれません。

  How the Space Debris Problem Is Spinning Out of Control
  http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=how-space-debris-spinning-out-of-control
  http://www.scientificamerican.com/media/multimedia/0212-spacejunk/img/chart-historical-debris-growth.jpg

  EVA中の事故というと映画「2001年宇宙の旅」を一寸思い出します。
 面白そうなのは予告編だけだった(「2012」?)ということにならないことを願っています。
 興行成績が非常に良いようなので、この点は大丈夫かもしれません。

 「ゼロ・グラビティ」に関連した別の映像があったので、これも見てみました。

  'Gravity' Featurette: The Human Experience
  http://www.hollywoodreporter.com/video/gravity-featurette-human-experience-655079

 この記事で紹介されている動画には、予告編以外のシーンも含まれています。
 最近はなるべく予備知識無しで映画を見るようにしていますが、見れるとなるとどうしても見てしまいます。

 この映画に関連したネタですが、Gigazineで以下のような記事を見かけました。

  Gigazine
  「ゼロ・グラビティ」のスピンオフムービー「Aningaaq」がネットで全編視聴可能に
  http://gigazine.net/news/20131121-zero-gravity-spin-off-aningaaq/

  [ソース]
  'Gravity' Spinoff: Watch the Other Side of Sandra Bullock's Distress Call (Exclusive Video)
  http://www.hollywoodreporter.com/news/gravity-spinoff-watch-side-sandra-657919
   (予告編以上の情報を知りたくない人は見ない/読まない方がいいかも・・・)

 遭難した宇宙飛行士とグリーンランドのイヌイットの漁師との交信という設定のようです。
  交信時の宇宙飛行士の高度は判りませんが、映像中のヒントから判断すると100km程度になるのでしょうか?
 100km程度ならば、「Aningaaq」の場合であれば、無指向性アンテナでも交信は不可能ではないかもしれません。

 素人無銭家の好奇心でEVA時の通信システムについて調べてみました。
  現在のシステムに対応しているかどうか判りませんが、関係ありそうなNASAのページがありました。

  Ultrahigh Frequency System (Updated: 04/07/2002)
  http://spaceflight.nasa.gov/shuttle/reference/shutref/orbiter/comm/orbcomm/uhf.html

 UHFシステムの周波数が書いてありました。下記の4波(通常時は3波)が使用されるようです。
  296.8 MHz(primary), 259.7 MHz(secondary), 279.0 MHz(EMU), 243.0 MHz(guard/emergency)
 周波数だけからみると、UHF(300-3000MHz)ではなくて、VHF(30-300MHz)のような気もしますが・・・
 EVA時の使用周波数について書いてあるのですが、文字だけだと判りにくので、模式図にしてみました。

              ┌────────────┐
               │  Astronaut(mode A)           │
                └────────────┘
       259.7MHz│↑         259.7MHz│↑
                    ↓│296.8MHz         ││       
     ┌─────────┐    ││
     │    Orbiter              │     ││
      └─────────┘     ││
                    ↑│296.8MHz         ││
       279.0MHz│↓                      ↓│279.0MHz
              ┌────────────┐
               │  Astronaut(mode B)           │
                └────────────┘

  この周波数の利用状況から考えると、原理的には259.7MHzと279.0MHzをワッチすればEVA中の交信を受信することができるのかもしれません。(必要な電界強度があれば)
 NASAの記事では、電波形式が書いてありませんが、243.0 MHzが含まれていることを考えると、A3Eだと思われるので、UHF受信可能なエアバンドレシーバであれば原理的には受信できるのかもしれません。
 
 更に調べてみるとNASAのサイトに以下のよう記事がありました。

  Receiving Astronaut Air-To-Ground Voice Communications
  http://www.nasa.gov/centers/kennedy/pdf/167386main_AirtoGround06.pdf
  "When the orbiter is above the horizon, air-to-ground voice on the UHF band can be heard either on 259.7 MHz or 296.8 MHz. Also, when the astronauts are performing an extravehicular activity (EVA), or spacewalk, the space-to-space communications are on 279.0 MHz."

  この説明を見ると、EVA中の信号が受信出来そうな雰囲気ですが、実際に受信したというレポートは未だ見たことがありません。(単に知らないだけかもしれませんが・・・)

 
 以下は、スピンオフムービー「Aningaaq」のシーンを見ての素朴な疑問です。
 ソリに載せてある(置いてある)業務用(?)のトランシーバで通信しているようですが、信号自体が受信できるかどうかは別にして、周波数と電波型式は対応しているのでしょうか?
 交信の中にMaydayという単語が出てくるので、宇宙飛行士側は243.0MHzのA3Eという可能性もあると思われますが、この周波数と電波型式に対応している市販の製品はあるのでしょうか?
 調べてみたら対応しそうな製品がありました。

  UHF AM TRANSCEIVER/225-400 MHz
  EDMO #: VTR-100
  http://www.edmo.com/index.php?module=products&func=display&prod_id=33155&disp=spec&cat_id=
  Frequency Band: 225 to 399.975 MHz
  Operating Modes: A3E AM

 周波数と電波形式は対応しています。
 価格はログインしないと判らないようです。
 普通に買えるかどうかはわかりませんが・・・

 業務(連絡)用のトランシーバとしては、VHFかUHFのFMトランシーバが使用されることが多いので、UHFのAMトランシーバを使用するとは考えにくいです。
 アンテナも普通の低利得(無指向性)のホイップのようなので、電波型式を無視しても受信は難しいかもしれません。
 しかも相手は高速で移動しているので・・・・

 細かいことを気にすると映画が楽しめなくなるので、映画と割り切って見に行くつもりです。

 余談:
 今日(11/29)の朝日新聞の夕刊に映画評が載っていたのですが、登場人物の生死を示唆するような書き方は反則では・・・
 もしかしたら予想外の展開になるのかもしれませんが・・・

【参考外部リンク】
[映画関係]
 映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト
 http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/upgrade.php

 GRAVITY - Now playing
 http://gravitymovie.warnerbros.com/upgrade.php

 ゼロ・グラビティ (映画) - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/ゼロ・グラビティ_(映画)

[スペースデブリ関係]
 スペースデブリ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AA

 Space debris - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Space_debris

 Orbital Debris Frequently Asked Questions
 http://orbitaldebris.jsc.nasa.gov/faqs.html

[通信関係]
 Aircraft emergency frequency - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Aircraft_emergency_frequency

 DISTRESS SIGNALS AND EMERGENCY FREQUENCIES
 http://www.jumpjet.info/Emergency-Preparedness/Neighborly-Response/Outside/Alerts/Distress_Calls.pdf

 Airband
 http://en.wikipedia.org/wiki/Airband
 "Military aircraft also use a dedicated UHF-AM band from 225.0-399.95 MHz for air-to-air and air-to-ground, including air traffic control communication. This band has a designated emergency and guard channel of 243.0 MHz"

 メーデー (遭難信号) - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/メーデー_(遭難信号)

|

« ADS-B(1090MHz)用スリーブアンテナ・テスト@レインボーブリッジ | トップページ | USB電圧・電流測定器 CHARGER Doctor を買いました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

無線」カテゴリの記事

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/58666487

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゼロ・グラビティ」が面白そうです:

« ADS-B(1090MHz)用スリーブアンテナ・テスト@レインボーブリッジ | トップページ | USB電圧・電流測定器 CHARGER Doctor を買いました »