« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

アマゾンの注文前商品発送特許(US8615473B2)

 ネットニュースに一寸面白そうな記事がありました。

  @niftyニュース
  米アマゾンが取得した「注文前に商品を発送する」新特許とは?
  2014年1月31日(金)
  http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/playboy-20140131-24630/1.htm

  TechCrunch Japan
  Amazon、「予測出荷」の特許を取得 ― 注文される前に商品を出荷
  2014年1月20日
  http://jp.techcrunch.com/2014/01/20/20140118amazon-pre-ships/
  (「特許出願」のところに登録された米国特許明細書US8615473B2へのリンクが張ってあります。 )

  [元記事]
  TechCrunch
  Amazon Patents “Anticipatory” Shipping ? To Start Sending Stuff Before You’ve Bought It
  Posted Jan 18, 2014
  http://techcrunch.com/2014/01/18/amazon-pre-ships/

  [ソース]
  Wall Street Journal
  Jan 17, 2014
  Amazon Amazon Wants to Ship Your Package Before You Buy It
  http://blogs.wsj.com/digits/2014/01/17/amazon-wants-to-ship-your-package-before-you-buy-it/

 US8615473B2
 http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?Docid=08615473&homeurl=http%3A%2F%2Fpatft.uspto.gov%2Fnetacgi%2Fnph-Parser%3FSect1%3DPTO2%2526Sect2%3DHITOFF%2526p%3D1%2526u%3D%25252Fnetahtml%25252FPTO%25252Fsearch-bool.html%2526r%3D1%2526f%3DG%2526l%3D50%2526co1%3DAND%2526d%3DPTXT%2526s1%3D%252522anticipatory%252Bpackage%252522%2526OS%3D%252522anticipatory%252Bpackage%252522%2526RS%3D%252522anticipatory%252Bpackage%252522&PageNum=&Rtype=&SectionNum=&idkey=NONE&Input=View+first+page

 What is claimed is:
1. A method, comprising:
performing, by one or more computing devices:
   determining a status of one or more shipped packages currently in transit to respective destination geographical areas,
     wherein said respective destination geographical areas include multiple delivery addresses to which said package is deliverable,
     wherein at least one of the one or more shipped packages comprises one or more items that have been shipped before an order has occurred for the one or more items in the at least one shipped package, and
     wherein the one or more shipped packages were shipped to a respective destination geographical area without completely specifying a delivery address at time of shipment, such that at the time of shipment, each shipped package is deliverable to said respective destination geographical area but is not deliverable to any delivery address;
   for a given one of said one or more shipped packages, analyzing one or more business variables related to said one or more items included in said given shipped package;
   dependent upon analyzing both said one or more business variables and said determined status, determining a disposition of said given shipped package.

  "items that have been shipped before an order has occurred"がミソ(キモ?)でしょうね。
 ムダを排除した「かんばん方式」とは別(逆?)の考え方?
  必要とされるタイミングまで外(道路上)で待つのは一寸似ているかも・・・

 アマゾンは時々利用しますが、将来は運が良ければ(希望商品を積んだトラックが近くにいれば)クリックしてから数分後に配達されるということになるかも・・・・・

  あるいはクリックした瞬間に空から降ってくるとか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

キャセイパシフィック航空B747のGPS/PC利用環境

  多分最後の香港ネタです。

 今回の香港旅行は行きは日本航空でしたが、帰りはキャセイパシフィック航空(CX542/B747-400)でした。
 JALは基本的には巡航中であればGPSもPCも使用できましたが、キャセイでは扱いが違うようです。

  キャセイパシフィック航空
  電子機器のご利用について
  携帯用電子機器(PED)
  http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/inflight/using-electronic-devices/portable-electronic-devices.html

 この説明によれば、PCやタブレットは使えそうですが、ラジオ、テレビは常時使用禁止となっています。
 ラジオ、テレビは意図的に電波を送信するものではありませんが、局発信号や中間周波信号が問題になるのかもしれません。
 GPSレシーバが常時使用禁止の航空会社は結構あるようです。

  Airlines which OFFICIALLY DO NOT APPROVE the use of GPS receivers at ANY time during flight.
  http://gpsinformation.net/airgps/airgps.htm

 このNGリストには含まれていませんが、大韓航空も常時使用禁止でした。
 また、Cathay Pacific はNGリストではなくOKリストの方に含まれているので、使用の際には個別に直接確認するのが間違いないかもしれません。

  残念ながら今回はGPSレシーバは使用できないようです。
 その代わりと言う訳ではありませんが、エコノミーでもAC110Vが利用可能となっています。

  機内のPC電源
  http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/inflight/using-electronic-devices/laptop-power.html

 以下、上記URLから抜粋引用。
*********************************************
110ボルトAC PC電源:機内でもラップトップPCをフルスピードでお使いになりたい方は、機内ラップトップ電源をお使いください。このサービスは長距離路線便のすべてのクラスのお客様にご利用いただけます。電圧110ボルトAC、最大出力100ワットです。
*********************************************

 アウトレットは、テーブルを倒すと前のシートの背面に露出します。
 形状は一寸特殊ですが、日本用のプラグをそのまま挿すことができます。
 折角なので、中華PadのHyundai T7をACアダプタを使って充電しながら、メモリに入れたビデオ等を見て時間を潰しました。
 なお、機内放映の映画はほとんど日本語の字幕がないので、一寸つらいです。

【キャセイパシフィック航空B747の110ボルトAC PC電源】
Cathay_pacific_b747400_ac110v_outle

Cathay_pacific_b747400_ac110v_out_2

CX542@HND
Cx542hnd

p.s.
一応普通の観光もしたので写真を少し。
もやと手振れでぼけてますが・・・
Hong_kong_nightview1_2

Hong_kong_nightview2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

SDR Touchで香港VOLMET(VHF)を受信しました

 旅行先で地元空港のATISを聞いていると気象現況が判るので、外出の際などに役に立つことがあります。
 今回の旅行では香港国際空港のATISを受信してみました。
 受信環境は以下の通りです。

   受信場所:ホテル日航香港3F(海側)
   アンテナ:430MHz用ベースローディング・ホイップ
   チューナ:TV28Tv2DVB-T(R820T+RTL2832U)
     Androidタブレット:Hyundai T7(rooted)
     SDRアプリ:SDR Touch
   ドライバ:RTL2832U driver

 以下のサイトに香港国際空港で使用されている可能性がある周波数のリストがあったので、SDR Touchにプリセットして持って行きました。

  Hong Kong International Airport (HKG)
 http://www.radioreference.com/apps/db/?aid=2861

 ATISの周波数は128.200MHzのようなのでこの周波数を受信してみると比較的良好に受信できました。
 空港から九龍のホテルまでは直線で約20kmありますが、ホテルの前は海で遮蔽物がなく、また3Fなので割と高さがある為に受信環境としては恵まれていたかもしれません。

  プリセット選局を解除して、手動で選局しているとATISと似た内容の信号が聞こえます。
  周波数スケールの目盛を見ると128.87MHz付近になっています。
 アナウンスの内容を聞いてみるとどうもVOLMETのようです。
 VOLMETは短波と思っていたのですがVHFのVOLMETは初めて聞きました。
 Wikiによれば、ヨーロッパ地域ではVHF帯で送信していることもあるようですが、香港は歴史的な経過から欧州に準じているのかもしれません。
 正確な周波数が判らなかったのでとりあえず、128.870MHzでプリセットしましたが、後で調べてみると128.875MHzでした。

 INTERNATIONAL CIVIL AVIATION ORGANIZATION
 ASIA AND PACIFIC OFFICE
 FREQUENCY LIST NO. 3
 List of facilities in the band
 117.975 - 137.000 MHz
 http://www.icao.int/APAC/Documents/edocs/CNSdocs/04freqlist03.pdf
 P75/378
    HONG KONG
    ATIS 128.200 ICAO OP 22°16'33" N 114°08'41" E
    VOLMET 128.875 ICAO OP 22°16'33" N 114°08'41" E

【Hong Kong VHF VOLMET(128.875MHz) by "SDR Touch"】

【参考外部リンク】
 ATIS - Wikipedia
 (Automatic Terminal Information Service、飛行場情報放送業務
 http://ja.wikipedia.org/wiki/ATIS

 Hong Kong International Airport (HKIA)
 Automatic Terminal Information Service (ATIS)
 http://www.weather.gov.hk/aviat/atis.htm

 VOLMET放送 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/VOLMET%E6%94%BE%E9%80%81

 VOLMET - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/VOLMET

 HF Volmet Broadcasts
 http://www.dxinfocentre.com/volmet.htm

 VOLMET VHF - Ok2kkw.com
 http://www.ok2kkw.com/volmet_vhf-version_02c.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

香港の鴨寮街に行ってきました

 しばらくは香港ネタです・・・・

 香港の秋葉原的な場所としては、深水埗の「黄金電脳商場」や旺角の「旺角電脳中心」が良く知られているようですが、PC関連の商品が中心のようです。
 今回は、もしかしたら安いデジタル選局の短波ラジオのジャンクがあるのではないかと思って、怪しさ度が高いと思われる鴨寮街に行ってきました。
 鴨寮街は、MTRの路線を挟んで「黄金電脳商場の反対側です。

  黄金電脳商場付近の地図
  http://www.hongkongnavi.com/shop/128/map/

 時間があれば両方とも見たいところですが、今回は同行者と一緒なので、自由時間は1時間程度しかありません。

【鴨寮街(Ap Liu Street)】
Ap_liu_street_1

Ap_liu_street_2

Ap_liu_street_3

 MTRの深水埗駅のC2の出口を出たところが鴨寮街で、目の前にジャンク屋が並んでいます。
 上を見上げると昔の雰囲気の建物が見えます。
 30年位前に初めて香港に行ったときに、ビルの建設工事の足場が竹だったのでびっくりしましたが、現在も竹の足場は健在でした。

  とりあえずは腹ごしらえということで、通りの突き当たりにある「西九龍中心」のフードコートで昼食を摂りました。
【西九龍中心(Dragon Centre)】
Dragon_centre

【昼食@西九龍中心】
Photo

 ドラゴンセンターにはAKBショップが入っています。
【同行者が買った香港AKBグッズ】
2011__1 2011__2

 大島優子の団扇(HK$78)です。「2011 香港總選擧」と書いてあります。

 昼食後は別行動ということで当方はジャンク屋巡りをしました。
 秋葉原のように間口が狭い店舗を構えた店と、完全に路上に島状に設置されている店(露天)があります、
 昼過ぎだったので露天の数はあまり多くなく、開店準備中(というかガラクタ/廃棄物を並べている?)がいくつかありました。
 事前の情報はほとんど無かったので、絨毯爆撃的に端から順番に見て行きましたが、雰囲気は昔の秋葉原です。さすがに米軍の放出品は見かけませんでしたが・・・

 HK$30程度でジャンクの短波ラジオを扱っている店もありました。短波ラジオというよりも、短波も受信できるポータブルラジオといった感じです。
 パネルの表示を見るとMW/SW/FM/USBと書いてあったので、最初はBFO(Beat Fequency Oscillator)装備でSSB(Single Side Band)のUSB(Upper Side Band)が復調できるのかと思いましたが、よくみるとUSB(Universal Serial Bus)メモリのMP3が再生可能という意味のようです。
 この他にも、通常のAMやFMの周波数の他に、ダイヤルに「2」「3」「4」・・・・と書いてあるポータブルラジオがありました(これもHK$30でした)。どうもアナログTVの音声搬送信号(FM)を受信することができるラジオのようですが、2チャンネルから始まっているということは米国向けに作られたものかもしれません。
 もしそうなら、54MHZ~88MHzのFM波を受信できるので一寸面白いかもしれません。

  Television channel frequencies - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/Television_channel_frequencies
 
 アマチュア無線の装置を扱っていそうな「CQ」の文字が入った看板があったので、怪しげな細い階段を登って店に入ってみると、期待に反して普通の無線機器ショップでした。
【CQの看板@鴨寮街】
Cq

 主にアマチュア無線や業務用のVHF/UHFトランシーバを扱っているようです。
 デジタル選局のポータブル短波ラジオがあるかどうか聞いてみると、置いてないとのこと。
 この付近で売っている店はないか聞いてみると、沢山の店があるので判らないという返事でした。

 目的の短波ラジオを探して2ブロック程度を往復しましたが、残念ながら希望のものは見当たりませんでした。
 結構疲れます。本気で探すつもりであれば数時間はかかる感じです。
 携帯のケースを沢山ぶら下げて売っている露店が多かったです。
 ネット情報によれば鴨寮街では安いSIMも売っているようですが、時間切れで結局何も買いませんでした。

【参考外部リンク】
 深水ホ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%B0%B4%E3%83%9B

 Sham Shui Po District - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Sham_Shui_Po_District

 深水埗- 维基百科,自由的百科全书
 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%B0%B4%E5%9F%97

 Apliu Street - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Apliu_Street

 鴨寮街- 维基百科,自由的百科全书
 http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%A8%E5%AF%AE%E8%A1%97

  西九龍中心 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E4%B9%9D%E9%BE%8D%E4%B8%AD%E5%BF%83

 Dragon Centre
 http://www.dragoncentre.com.hk/selection.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

香港で中華スマホNM860のFM放送受信機能を使ってみました

 以前好奇心で買った中国製のAndroidスマートフォンMewman NX/NM860にはFM放送受信機能があります。

【FM Radio】
Newman_nx_nm860_fm_radio

 しかしながら受信可能範囲は世界標準のチャンネルプラン対応となっており、ガラパゴス状態の日本のFM放送のチャンネルプランは殆どカバーしていません。
 このため日本ではほとんど実用的価値がありません。
  今回香港に行く機会があったので受信テストをしてみました。

  受信環境は以下の通りです。
   信号場所:ホテル日航香港3F(海側)
   アンテナ:イヤホンアンテナ
     スマートフォン(Android):Mewman NX/NM860
    FM放送受信アプリ:FM Radio(プリインストール)

  周波数スキャンしてみると、結構多数の周波数がプリセットされました。

【プリセット周波数リスト】
Newman_nx_nm860_fm_radio_hong_kon_2

Newman_nx_nm860_fm_radio_hong_kon_3

 下記の資料によれば、香港全体では放送FM波は50近くあるようですが、プリセットされた局がこれに対応しているのかどうかはよくわかりません。実際に受信してみると側帯波成分を拾っているのではないかと思われるものもありました。

   Radio Stations in Hong Kong [Hongkong], China
  http://www.asiawaves.net/hong-kong-radio.htm

  香港廣播電台列表- ?基百科,自由的百科全?
  http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%BB%A3%E6%92%AD%E9%9B%BB%E5%8F%B0%E5%88%97%E8%A1%A8

 実際に使用する機会はあまりないと思いますが、とりあえず正常に受信できることが確認できました。

  ついでに、Hyundai T7に入れたSDR Touchでも受信してみました。

【Hyundai T7+SDR Touch】
Hyundai_t7_sdr_touch_hong_kong_881m

Hyundai_t7_sdr_touch_hong_kong_1063

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

香港でWavesink Trial DAB+ FM-RDSを使ってみました

 FM放送用Android SDRアプリとしてWavesink Trial DAB+ FM-RDSがあります。

  Wavesink Trial DAB+ FM-RDS
  Michael Feilen - 2013年11月2日
  https://play.google.com/store/apps/details?id=de.ses.wavesink

  Android? DAB+ FM radio in 3 Steps
  http://feilen-stolz.de/wavesink_android.php

 最初のバージョンは世界標準(?)の周波数割り当て対応だったので、日本で受信できる放送局は非常に少なかったのですが、現在は周波数が下側に伸びて日本のFM放送周波数もカバーするようになっています。

  FM broadcast band
  http://en.wikipedia.org/wiki/FM_broadcast_band

 このアプリ(trial version)は、FM放送だけでなくDAB(Digital Audio Broadcast)も受信できるようですが、日本ではサービスされていません。
 DABは名前くらいしか知らなかったので、一寸調べてみました。

  DAB - ウィキペディア
  http://ja.wikipedia.org/wiki/DAB

  Digital Audio Broadcasting (DAB) systems
  http://ece.ut.ac.ir/silab/srahmanian/pp01.pdf

  WorldDMB
  http://www.worlddab.org/

  Final draft ETSI EN 300 401 V1.4.1 (2006-01)
  European Standard (Telecommunications series)
  Radio Broadcasting Systems;
  Digital Audio Broadcasting (DAB) to mobile, portable and fixed receivers
  http://www.etsi.org/deliver/etsi_EN/300400_300499/300401/01.04.01_40/en_300401v010401o.pdf

 MPEG, QPSK, OFDMによるデジタル音声多重放送のようです。
 Wikiには「日本とアメリカ合衆国を除くほとんどの国で採用されている。」と書いてあります。

 WorldDMBのサイトのCountry Informationのページを見ると、香港はCountries with regular servicesのリストの中に含まれており、現在DABのサービスが行なわれているようです。

  Countries with regular services
  http://www.worlddab.org/country-information

    Hong Kong
    http://www.worlddab.org/country-information/hong-kong
   "Four broadcasters are now broadcasting via DAB+ on Mux 11C(220.352 MHz) in VHF Band III."と書いてあります。
 
  DABは、220.352 MHzの1波で放送されているようです。
 サービスエリアを調べてみました。

  Geographic coverage of digital audio broadcasting service in Hong Kong:
  http://rthk.hk/about/dab/coverage_e.htm

  DAB Transmission network in Hong Kong
  http://www.digitalradio.gov.hk/en/basics/network.html

  Radio Stations in Hong Kong [Hongkong], China
  http://www.asiawaves.net/hong-kong-radio.htm

  香港廣播電台列表
  http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%BB%A3%E6%92%AD%E9%9B%BB%E5%8F%B0%E5%88%97%E8%A1%A8"

  これによれば、市街地であればDABを受信できそうです。
 ということでHyundai T7に入れたWavesink Trial DAB+ FM-RDSを使って受信してみました。

  受信環境は以下の通りです。
   信号場所:ホテル日航香港3F(海側)
   アンテナ:430MHz用ベースローディング・ホイップ
   チューナ:TV28Tv2DVB-T(R820T+RTL2832U)
     Androidタブレット:Hyundai T7(rooted)
     SDRアプリ:Wavesink Trial DAB+/FM-RDS
   ドライバ:RTL2832U driver

 Wavesink Trial DAB+ FM-RDSには自動プリセット機能があるので、周波数スキャンすると受信可能な局が自動的にプリセットされます。
【プリセットされた周波数(番組)リスト】
Wavesink_trial_dab_fmrdshotel_nikko

Wavesink_trial_dab_fmrdshotel_nik_2

Wavesink_trial_dab_fmrdshotel_nik_3

 DABの局と普通のFM放送の局が混在してプリセットされています。
 同一周波数で複数の番組が放送されている様子がよく判ります。
 FM局は普通に受信できましたが、DAB局は選択しても反応がありませんでした。
  アプリのサイトには以下のように書いてあるので、DAB+は駄目でもDABは受信できても良いような気がしますが、理由はよく判りません。

(以下、https://play.google.com/store/apps/details?id=de.ses.wavesinkから抜粋引用)

**************************************************************
(NOTE: USB dongles with R820T tuner are NOT recommended!)

The trial version can decode:
* FM/RDS (Excellent stereo quality and RDS reception)
* DAB
(DAB+ in Wavesink Plus version)
(DRM+ in Wavesink Plus version)
**************************************************************

 何か設定が必要? DABとDAB+の下位互換性の問題?
  R820Tは推奨しないと書いてありますが、これが関係あるのでしょうか?
 高利得チューナはすぐ飽和するので信号が歪みやすいとか・・・

 今回はDABの音声は再生できませんでしたが、システム的にはかなり良いように思われました。
 1波(1.5MHz帯域)でモノ63チャンネルまたはステレオ12チャンネルというのは魅力的です。
  関東地方でも1波でお釣りが来る?
 「日本とアメリカ合衆国を除くほとんどの国で採用されている。」とのことですが、日本のデジタル音声放送の実施はどうなっているのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

香港で”どこでもテレビ”を使ってみました

 現在、以下のような環境でロケフリ的にテレビ番組を視聴しています。

送信側
 映像信号源(CH1):地デジチューナ UNIDEN DTH11
 映像信号源(CH2):スカパーチューナ SONY DST-SP5
  ビデオストリーム送信機:「どこでもテレビ」PTA-8960A7
 ルータ:IODATA WN-G300DR
受信側
 モバイルルータ:HE-WR01
 通信プラン:IIJ「ミニマムスタートプラン」(クーポン使用)
 Androidタブレット:ポケタブ6 GA-E60026J
 視聴アプリ:Net-TV mobile2

 デフォルトの200kbpsだと滑らかな画像再生が一寸難しいですが、クーポンを使用して500kbps程度を確保できれば、実用的にテレビ番組を視聴できます。
 ワンセグでもテレビ番組を視聴できますが、画質が悪いし、一寸郊外に出ると電車内での視聴が苦しくなります。また、地下区間では受信できません。
 ネットワーク経由であれば、電話回線が接続可能な環境であれば場所の制限がないので便利です。

 原理的には、この環境(送信側)で外国でも受信できるはずですが、今まで機会がなくて確認できませんでした。
 今回香港に行く機会があったので試してみました。
 日本で使用していた受信側のシステムは香港では利用できないので、以下の環境を用意しました。

  スマートホン(Android):NEWMAN NX NM860
  モバイルネットワーク:PCCW-HKT
  SIM:Discover Hong Kong Tourist SIM Card

 以下、受信状況です。

【”どこでもテレビ”@ホテル日航香港】


_2

【”どこでもテレビ”@MTR-Airport Express】

【”どこでもテレビ”@香港国際空港】

 
 移動する電車内では、結構ブロックノイズやフリーズが発生しましたが、全体としては良好に受信できました。
 通信速度は平均で1Mbps程度は出ていました。
 海外旅行中に、わざわざ4インチの小さな画面で日本のテレビ番組を見てどうするのということもありますが、単なる好奇心です。
 ホテルによっては部屋のテレビに外部映像信号入力端子(PAL/NTSCコンポジット信号)が設けられている場合がありますが、もしHDMIの入力端子が利用可能な環境であれば、AndroidタブレットのHDMI出力を使用して大きな画面で綺麗な画像を見ることができるかもしれません。

 また、最近は機内でWi-Fiが利用可能な場合もあるようですので、リアルタイムで日本の番組を視聴できるのであれば、暇つぶしになるかもしれません。結構使用量が高いですが・・・
 なお、上記システムはリモコンが可能(10秒程度レスポンスが遅れます)なので、HDDレコーダに記録されている番組を再生して視聴することも可能と思われます(やったことはありません)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

中華スマホNM860に香港SIMを2枚(PCCW/3HK)挿してみました

 以前好奇心で買った中国製のAndroidスマートフォンMewman NX/NM860にはSIMスロットが二つあります。
 今回香港に遊びに行くことになったのでSIMの2枚挿しを試してみました。
 香港では、色々な種類のプリぺードSIMカードがあるようですが、今回はネット上で名前を良く見かける以下の二つを使用することにしました。
 二つも買う意味はないかもしれませんが単なる好奇心です。

(1) Discovery Hong Kong Tourist SIM Card (PCCW-HKT)
(2) 3G International Roaming Rechargeable SIM Card (3HK/Three)
 
 Discovery Hong Kong Tourist SIM Cardは、以前知人が香港に行く用事があったので、その時に5-day Pass(HK$69)を買ってきてもらいました。スターフェリーの乗り場で買ったそうです。

【Discovery Hong Kong Tourist SIM Card】
Discover_hong_kong_tourist_sim_ca_4

Discover_hong_kong_tourist_sim_ca_5


Discover_hong_kong_tourist_sim_card

Discover_hong_kong_tourist_sim_ca_2

Discover_hong_kong_tourist_sim_card

Discover_hong_kong_tourist_sim_ca_3

  3G International Roaming Rechargeable SIM Cardは、MTR尖沙咀(チムサーチョイ)駅の近くにある以下の3ショップで買いました。
         
  Shop 5, G/F, Hang Seng TST Building, 18 Carnarvon Road, Tsim Sha Tsui   
   Mon to Sat: 10:30am - 10:00pm   Public Holiday:11:00am - 10:00pm

 間口が割と狭いのであまり目立ちませんが「3」の看板があります。
Three_shop_tsim_sha_tsui_map

Three_shop_tsim_sha_tsui_streetview

 口で説明するよりも紙の資料を見せた方が話が早くて間違いがないので、以下のURLのページを印刷して持って行きました。
  http://www.three.com.hk/website/appmanager/three/home?_nfpb=true&pageid=611001&_pageLabel=P200470391219567710594&lang=eng

Threecomhk

 ところがこの資料を店員に見せても「こんなものは知らないよ」的な反応です。
 色々説明していたら、別の店員が来て机の引き出しの中からSIMカード(HK$98)を取り出してきました。
  目的のものかどうかはよくわかりませんが、名称が似ているのでこれをかうことにしました。
  「使う端末は?」ということでNM860を渡すと、SIMの装着から開通手続きまで10分程度で全部やってくれました。

【International Roaming Rechargeable SIM Card】
International_roaming_rechargeable_

International_roaming_rechargeabl_2

International_roaming_rechargeable_

International_roaming_rechargeabl_3


【Mewman NX/NM860 Dual SIM(PCCW and 3)】
Mewman_nx_nm860_dual_simpccw_and_3_

Mewman_nx_nm860_dual_simpccw_and__2

Mewman_nx_nm860_dual_simpccw_and__3

【SIM情報】
Hong_kong_dual_sim

Hong_kong_sim_pccw

Hong_kong_sim_3_hk

  PCCWと3の両方のアンテナが表示されますが、両面待ちができるのかどうかはよく判りません。

【Hong Kong SIM (PCCW-HK).信号強度】
Hong_kong_sim_pccwsignal_strength

 当方が常用しているCA007は香港でのローミングが可能ですが、同行者のK010は日本専用なのでNM860を渡しておけば国際電話扱いになりますが、別行動の場合でも一応連絡可能となります。

【参考外部リンク】
[Discover Hong Kong Tourist SIM Card]
香港政府観光局
ホーム>旅行計画の立て方>実用的な情報>コミュニケーション>Discover Hong Kong Tourist SIM Card
http://www.discoverhongkong.com/jp/plan-your-trip/practicalities/communications/tourist-sim-card.jsp

香港経済新聞
香港で使える旅行者向けプリペイドSIMカード発売-香港政観が企画
http://hongkong.keizai.biz/headline/140/

PCCW-HKT
Home > Prepaid > PCCW-HKT Discover Hong Kong Tourist SIM Card
http://www.pccw-hkt.com/en/Prepaid-Discover-HK-Tourist-SIM-Card/

[3G International Roaming Rechargeable SIM Card]
three.com
http://www.three.com.hk/website/appmanager/three/home?_nfpb=true&pageid=611001&_pageLabel=P200470391219567710594&lang=eng

3Shop, 3Broadband Specialist & 3Dealer
http://www.three.com.hk/website/appmanager/three/home?_nfpb=true&_pageLabel=P200470391219567710594&lang=eng&pageid=b32001

異国からのモバイル通信
香港”3”のプリペイドSIMを使いつくす 更にお得な日本人的利用法 
http://paso-kon-seikatsu.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/sim-562b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

これが”フォーチュンクッキー”だ!

 海外旅行でお土産用のお菓子を買うときには、DFSで買うか、DFSで見つけたものと同じものを地元のスーパーマーケットで買うことが多いのですが、香港の場合は中々適当なものが見当たりません。
 主に仕事場で配るので、数が30個程度、個別包装、個別包装の状態で場所が判る、日持ちがする、安い等が条件となります。

 尖沙咀の竹園海鮮飯店(ロブスターのバターとチーズ焼きがおいしかったです)で食事をした帰りに、ホテルで呑むためのビールを買おうと思って近所のスーパーマーケットを覗いてみると、お飾りなどの旧正月用品の売り場に立方体の箱が山積みされています。
 箱には、"Fortune Cookies 幸運曲奇 "と書いてあります。映画などではたまに見かけることがありますが、現物を見るのは初めてです。季節限定商品なのかもしれません。
 説明では、30個入りで個別包装となっています。価格もHK$50程度なのでそれほど高くありません。
 箱が嵩張るし、味も判りませんが、一寸珍しいのではないかと思って買ってきました。

 中身は、以下の写真の通りです。
Fortune_cookies_1

Fortune_cookies_2

Fortune_cookies_3

Fortune_cookies_4

Fortune_cookies_5

Fortune_cookies_6

Fortune_cookies_7

Fortune_cookies_8

Fortune_cookies_9

Fortune_cookies_10

Fortune_cookies_11

 味は、二◯加煎餅(にわかせんぺい)のような感じでした。
 ”大吉”は"Super Lucky"!

  評判は結構よかったです。
 品物の性格上、配る代わりに引いて(選んで)もらうことになるので一寸面倒ですが・・・

【MV】恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式] - YouTube

【参考外部リンク】
 Sweetheart Kitchen
 幸運曲奇 Fortune Cookie
 http://sweetheartkitchen.com/recipes/fortune-cookie/
 (フォーチュンクッキーの作り方/中国語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

ホテル日航香港のPC利用環境

 今回の香港旅行ではホテル日航香港に宿泊しました。

Logo

 最近のホテルはインターネット環境が整っているところが多いですが、有料/無料、有線LAN/無線LANの組み合わせが色々あるようです。

 ホテルのHPには、「客室内でのワイヤレスブロードバンド・インターネット接続が可能です。」と書いてありました。

  ホテル日航香港
  http://www.hotelnikko.com.hk/default-ja.html
  ご宿泊
  http://www.hotelnikko.com.hk/accommodation/default-ja.html

 残念ながら有料でした。

【ホテル・ブロードバンド・サービス】
Photo

 HK$60/1h, HK$120/24h, HK$250/7d, HK$350/14d, HK$520/30d

【コンセント&コネクタ(その1)】
Photo_2
 左から、AC110V, AC220V, ランプスイッチ、電話/LAN(Ethernet)

A
電話/LAN(Ethernet)

【コンセント&コネクタ(その2)】
Photo_3

 左から、 AC220V, 電話

  日本用のACプラグがそのまま使えるAC110Vのコンセントがあるのは便利です。

 インターネットが一日でHK$120というのは、一寸抵抗があるので、無料のWi-Fiを探してみました。
 タブレット(Hyundai T7)を窓際(3F)に置いてWifi Analyzerでチェックしてみると、NIKKOの他にfreegovwifi-eというSSIDが見えます。

【WiFi Analyzer @ Hetel Nikko Hong Kong】
Wifi_analyzer_hetel_nikko_hong_kong

  どうも香港政府提供のサービスのようです。

  GovHK 香港政府一站通
  Home > GovWiFi > Usage Guide
  http://www.gov.hk/en/theme/wifi/guide/

 「無料で使えてラッキー」となるのか、「只より高いものはない」となるのか分かりませんが、とりあえず使って見ました。
 信号は一寸弱いですがどうにか利用することができました。

【3Fの窓からの景色】
Hotel_nikko_hong_kong_3f_window_vie

Hotel_nikko_hong_kong_3f_window_v_2
*

【参考外部リンク】 
旅行者のための香港インターネット&Wi-Fi事情!
http://www.hongkongnavi.com/special/5039928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

香港のMTR-Airport Express(機場-九龍) に乗りました

 今回の香港旅行は個人旅行だったので、香港国際空港からホテル(日航香港)まで自力で行く必要がありました。
 ホテルのHPで調べてみると、いくつか方法があるようです。

  香港国際空港-ホテル日航香港間の交通手段
  http://www.hotelnikko.com.hk/aboutus/access-ja.html

 一番楽なのは、「プライベートリムジン(4人乗り、ホテル直行)」のようですが、費用が高い( HK$650 )し、予約が必要なのが一寸面倒です。
 一回乗換えが必要ですが、時間もそれほどかからずに費用が安いということで、「エアポートエクスプレス(九龍駅からエアポートエクスプレス無料シャトルバスに乗車可能)」を利用することにしました。

  Airport Express Travel Pass
  http://www.mtr.com.hk/eng/fares_tickets/aepass_index.html

【Airport Express Travel Pass】
Airport_express_travel_pass_mtr_h_4

Airport_express_travel_pass_mtr_hon

Airport_express_travel_pass_mtr_h_2

Airport_express_travel_pass_mtr_h_3

 MTRが3日間乗り放題なので便利です。
 後で気がついたのですが、PCCW-HKT Discover Hong Kong Tourist SIM Card のHK$30の割り引きクーポン(KH$96 SIM用)がついていました。当方はHK$69の方を知人に買ってもらったので、結果的には関係ありませんでしたが・・・。

【機場→九龍】

【九龍→機場】

 このカードはOctopusがベースになっており、Felicaと同様なシステムを採用しています。
【ICチップ】
Airport_express_travel_pass_octopus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

ADSB on USB SDR RTL (Beta) Test@JL029(HND-HKG)

  巡航中の機内でADSB on USB SDR RTL (Beta)が使えるかどうか試してみました。
 利用した便はJL029(羽田ー香港:B777-200)です。
【B777-200】
B777200

 なお、巡航中に受信機が利用できるかどうかは、航空会社によって扱いが違うので、事前に日本航空のHPで確認しました。

  国際線>空港・チェックイン>お手荷物について
  http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/

  以下、上記URLから抜粋引用
**********************************************
ドア開放中、飛行中(*)に使用できる機器

上記機器のうち作動時に電波を発信しない状態にあるもの、テレビ、ラジオ、ポケットベル、GPS受信機、ビデオカメラ、ビデオプレーヤー、DVDプレーヤー、デジタルカメラ、デジタルオーディオ機器、有線かつ電池式ヘッドホン、有線かつ電池式イヤホン、ワードプロセッサー、電子手帳、電子辞書、プリンター、充電器、愛玩用おもちゃ“電子ペット”(音声または接触に感応してスピーカーおよびモーターが作動するものに限る。)
**********************************************

テレビ、ラジオ、GPSはOKのようなので、SDRも問題ないようです。

【ADSB on USB SDR RTL (Beta) Test@JL029(HND-HKG)】

Adsb_on_usb_sdr_rtl_beta_testjl029h
 日本列島の近くでは自機(JL029)以外にも数機のデータが見えました。

Adsb_on_usb_sdr_rtl_beta_testjl02_2

 台湾の近くでは以下の自機のデータしか見えませんでした。
 Flight JAL29, Alt 38100, Speed 390, Lat 026.55, Lon 125.75
 メートル表示では、高度約11600m、速度約720km/hとなります。
 GPS(m-241 BT off)では、高度約12000m、速度720km/hとなっていました。


受信環境
    高度:約12000m
  速度:約720km/h
  アンテナ:430MHzベースローディング・ホイップ
  チューナ:DVB-T+DAB+FM(R820T)
   タブレット:Hyundai T7(rooted)
    ADS-Bデコード/表示アプリ:ADSB on USB SDR RTL (Beta)
    地図表示アプリ:FAA Charts(必須?)

【Hyundai T7 GPS+RMaps】
M241_gps_testjl029hndhkg

【M241】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

”ADSB on USB SDR RTL (Beta)”テスト@HND

 ”ADSB on USB SDR RTL (Beta)”を羽田空港国際線ターミナルで使ってみました。
  RWY34L上に機影が見えました。

Adsb_on_usb_sdr_rtl_beta_testhnd
*

受信環境
  アンテナ:430MHzベースローディング・ホイップ
  チューナ:DVB-T+DAB+FM(R820T)
   タブレット:Hyundai T7(rooted)
    ADS-Bデコード/表示アプリ:ADSB on USB SDR RTL (Beta)”
    地図表示アプリ:FAA Charts(必須?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

映画「ゼロ・グラビティ」の脚本(究極のネタバレ!?)が公開されていました

 遅まきながら映画「ゼロ・グラビティ」(原題:Gravity)を見てきました。
 3Dで見るべしという感想が多いのですが、以前「アバター」を3D/字幕で見たときの印象があまり良くなかった(暗い、字幕読み取り時の焦点移動で疲れる、眼鏡常用者なので眼鏡の二重掛けは見難い)ので、今回は2D/字幕にしました。
 なるべく予備知識なしで映画を見ることにしているのですが、今回は予告編の他に「ゼロ・グラビティ」のスピンオフムービー「Aningaaq」(動画と説明記事)と新聞の映画評を見てしまいました。
 予備情報からかなりプロットが推定できてしまうので、予想が外れることを期待していましたが、「当たらずと雖も遠からず」でした。
 
 CGのおかげで迫力あるシーンを楽しむことができましたが、映画のポイントであると思われる女性宇宙飛行士の心の変化の描き方が面白かったです。
 主人公は、心に傷を負っている女性宇宙飛行士(medical engineer and Mission Specialist)ですが、生命の危機に瀕する事故に遭遇し生き延びる努力をしますが、一旦は生存をあきらめます。
 しかし、神の御業とも思えるような事象(赤ん坊の泣き声、夢など)により、生きる意欲を取り戻して無事生還することができます。
 宇宙船の中で宇宙服を脱いで胎児(「2001年宇宙の旅」を連想します)のような姿勢になるシーンは、主人公の再生(Reborn)のメタファーでしょうね。また、ラストシーンは、生命の進化を連想させます。
 話が飛びますが、宇宙服を脱ぐシーンは、大昔に映画館で見た「バーバレラ」のジェーン・フォンダを連想しました。雰囲気はかなり違いますが・・・。「エイリアン」のリプリーも一寸思い出しました。

 映画ですので、ご都合主義的な部分(物理法則に反しているように思える動きがあるとか、デブリが目視できるとか、宇宙服が防弾スーツのように頑丈だとか、高度も軌道も違うはずの別の宇宙船を簡単に利用できるとか、周波数も電波形式も違うと思われるイヌイットの漁師のトランシーバとDuplexで交信できるとか・・・台詞の"Mayday"と"AM frequency"から想像すると243.0 MHz A3EのSimplexか?)はありますが、結構楽しめました。
 本編を見て初めて判ったのですが、「Aningaaq」は「ゼロ・グラビティ」のほぼ完全なカウンターパートでした。

 映画の中で、マット(ジョージ・クルーニー)が、ライアン(サンドラ・ブロック)と繋がれていたテザーから手を離すシーン(状況は違いますが「タイタニック」を思い出します・・)があるのですが、その理由がよく判りませんでした。
 映画に関するFAQを見てみると、外す必要はなかったというコメントがあったりします。
 映像では画面の変化が速くて状況ががよく判らなかったので、予告編をもう一度よく見てみましたが、マットとライアンの手が離れるシーンで終わっていたので、マットがテザーから手を離すシーンはありません。

【Gravity - "I've Got You" [HD] - YouTube】

  他に何か情報はないかと探していたら、脚本(究極のネタバレでしょうね)が公開されていました。

  GRAVITY
  A Space Suspense in 3D
  Written by Alfonso Cuaron & Jonas Cuaron
    Property of Artisan Gold Limited
    May 29, 2012
 http://www.warnerbros2013.com/pdf/gravity_20131219.pdf (リンク切れ)

  以下は、予告編Gravity - "I've Got You"に対応すると思われる部分です。
【Ready...aim...fire】(上記脚本から抜粋引用。マーカは後から追加。)
Gravity_screenplayreadyaimfire

【I've Got You】(上記脚本から抜粋引用。マーカは後から追加。)
Gravity_screenplayive_got_you

【SHE IS FREE.】(上記脚本から抜粋引用。マーカは後から追加。)
Gravity_screenplayshe_is_free

  記憶にある映画の映像と予告編の映像と脚本の内容から判断すると、マットがライアンの脚とパラシュートの紐は緩く絡んでいるのを見て、ライアンの脚とパラシュートの紐の摩擦力よりも自分(マット)の慣性モーメントの方が大きいと判断して手を離したように思われます。(脚本の中には結構慣性モーメントの話が出てきます)

 脚本は"SHE IS FREE."で終わりますが、このラストとの対比のために、映画の最初の方では、ライアンが必ずしもライトスタッフを備えていないような描き方になっているのかもしれません。
 また、無重力ではなくて有重力の方に意味がありそうです。

【余談】
 サントラのタイトルを見ると、なんとなく話の流れが見えてきます。
1. Above Earth    
2. Debris    
3. The Void    
4. Atlantis    
5. Don’t Let Go    
6. Airlock    
7. ISS    
8. Fire    
9. Parachute    
10. In the Blind    
11. Aurora Borealis    
12. Aningaaq    
13. Soyuz    
14. Tiangong    
15. Shenzou    
16. Gravity

【参考外部リンク】
 barbarella opening titles
 http://www.youtube.com/watch?v=Tw6WMdrzbJw

 Ultrahigh Frequency System      
 http://spaceflight.nasa.gov/shuttle/reference/shutref/orbiter/comm/orbcomm/uhf.html

 Aircraft emergency frequency
 http://en.wikipedia.org/wiki/Aircraft_emergency_frequency

 FAQ Contents
 Did the film follow the laws of physics?
 http://www.imdb.com/title/tt1454468/faq?ref_=tt_faq_1#.2.1.4

 'Gravity': Panel of astro-experts on the science behind the filmBy Shirley Li on Oct 8, 2013 at 10:50AM
 http://insidemovies.ew.com/2013/10/08/gravity-questions-science-experts/

 right stuff
 http://eow.alc.co.jp/search?q=right+stuff

  Gravity (film) - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/Gravity_(film)

  Gravity (2013) - IMDb
  http://www.imdb.com/title/tt1454468/

  ゼロ・グラビティ (映画) - Wikipedia
  https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiDzvubvp_NAhUJoZQKHRo7CF4QFggdMAA&url=https%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25BC%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2593%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3_(%25E6%2598%25A0%25E7%2594%25BB)&usg=AFQjCNGB73E0f_-FrZhXjl7h2bQNCitc4g&sig2=GLPuEurYrcgddMxfVzuNIg

【関連内部リンク】
2013年11月29日 (金)
映画「ゼロ・グラビティ」が面白そうです
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/11/post-e3e2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年(2014/H26)

Happy_new_year_2014

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »