« AM局の都市型難聴対策用FM補完局の周波数は90~95MHz | トップページ | JR浜松町駅の小便小僧が東京消防庁バージョンでした »

2014年3月19日 (水)

消防絡みのナンバープレート(1119)の消防車両

 散歩の途中で消防訓練のようなものを見かけました。
 訓練というよりも、消火器や消火ホースの使用体験イベントのような感じでした。
 消火器は消火液の代わりに水(多分)を入れてあり、火元に見立てたターゲットに放水するもので、ターゲットにヒットすると後ろに倒れるようになっていました。
 消火ホースは道路の消火栓に接続されており、圧力は弱いですが実際に放水できるようになっていました。
 職場の訓練では、火が出たつもり、消火器を使ったつもりの訓練なので、臨場感がありませんが、実際に水を使うと印象がかなり違います。
 消防車両が2台来ていたので、ナンバープレートを見てみると両方とも「1119」でした。


Photo

Photo_2

 一見両方とも同じに見えましたが、よく見ると「そ」と「た」でした。
 イベント専用の車両なのでしょうか?

|

« AM局の都市型難聴対策用FM補完局の周波数は90~95MHz | トップページ | JR浜松町駅の小便小僧が東京消防庁バージョンでした »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/59321794

この記事へのトラックバック一覧です: 消防絡みのナンバープレート(1119)の消防車両:

« AM局の都市型難聴対策用FM補完局の周波数は90~95MHz | トップページ | JR浜松町駅の小便小僧が東京消防庁バージョンでした »