« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

NHK技研公開2014の「さわれるテレビ」に触ってきました

 NHK技研で公開されている「さわれるテレビ」とはどのような感触なのか一寸興味があったので、実際に触ってきました。
 触ったのはテレビではなくてアクチュエータですが・・・

【さわれるテレビ】

 仕組みとしては、ホップコーンが弾ける振動を拾って、スピーカに類似した構造のアクチュエータを駆動することにより、手に振動を伝えるようになっています。
 画面を見ずにアクチュエータの振動だけを感じていると、「pon-pon」というよりも「bon-bon」といった感じがしますが、画面を見ながらアクチュエータを触っている場合には、ホップコーンが弾けているような感じがしないこともありません。

 面白そうですが、実際に番組に適用するためには、解決すべき課題が沢山ありそうです。
 現時点では、単一の刺激付与手段で多種類の感覚に対応させることは困難と思われますが、番組の進行に従って色々なアクチュエータを交換するのは現実的ではありません。
 もし、万能のアクチュエータが実現できたとしても、身体のどの部分に刺激が加わるか判らないので、体中にアクチュエータを貼り付けることになるのでしょうか?
 あるいは、宇宙服のようなボディースーツの内側全面に多種多様のアクチュエータを貼り付けてハプティック・スーツを作るとか・・・

 刀によってバッサリ切られる感覚の提示方法等というのもどこかで研究されているようですが、あまり経験したくないかも・・・

 技研公開に行った目的のひとつは、8Kスーパーハイビジョンシアターだったのですが、今回は一寸予想と違っていました。
 今までの映像ソースは祭りやスポーツが多くて、明るくでダイナミックな動きがあったので、見ごたえがあったのですが、今回は一寸印象が違いました。
 今回は、暗いシーンに強い“シアターカメラ“で撮影したオペラの映像がソースとなっており、低照度でのS/Nの良さを強調するためか、全体的に暗い画面になっており、しかも、画面のかなりの面積が黒に近い場面が多いです。
 さらに、撮影が舞台全体が固定視点で撮影されているために、動きがほとんどありません。
 確かに、映像は綺麗で音響は迫力がありましたが、小生のようなミーハーは、普通の派手なデモ映像の方がうれしいです。
(独断と偏見の個人的感想です)
 

【参考外部リンク】
さわれるテレビ
http://www.nhk.or.jp/strl/open2014/tenji/tenjiT1/index.html

AV Watch
「さわれるテレビ」や「好みの番組との出会い」を可能にする技術
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140527_650478.html
(2014/5/27 21:41)

日本バーチャルリアリティ学会第12回大会論文集(2007年9月)
仮現運動を利用した“ばっさり感”提示の研究
http://kaji-lab.jp/ja/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=VR07@o-shima.pdf&refer=publications

8Kスーパーハイビジョンシアター
http://www.nhk.or.jp/strl/open2014/theatre/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

液晶パネルに降る雪(?)

 IEEE1394を使う必要があって古いノートPC(2000年1月発売)を、保管棚の奥から引っ張り出してみると、液晶パネルの表面に白い粉が付着しています。
 最初はどこから来たのかが判りませんでしたが、よく見ると液晶パネルと周囲のフレームの隙間から出てきているようです。
 試しに、フレームを叩いてみると隙間から盛大に白い粉が降ってきます。
【液晶パネルに降る雪(?)】

 すぐに止まるかと思っていたら結構な量が出てきました。

 液晶の表面にカビが生えることは知っていましたが、これは一寸違うようです。
 また、酢酸のような臭いがします。
 ネットで調べてみると、関係ありそうな「ビネガ-シンドロ-ム(Vinegar Syndrome)」という現象の説明がありました。

  ビネガ-シンドロ-ムとは
  www.jps.gr.jp/center/main_content/vinaigre/e-1.html?

 「何か酸っぱい臭いがする」とか「白い粉が析出」という記載あります。
  TAC(Triacetylcellulose、トリアセチルセルロース、セルローストリアセテート、三酢酸セルロース)の劣化が原因のようです。

 次に、TACが液晶パネルで使用されているかどうか調べてみました。

  日経テクノロジー
  TACフィルムとは
  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060427/116698/

  コニカミノルタ
  液晶偏光板用TACフィルム
  http://www.konicaminolta.jp/al/products/tac_film/

  コニカミノルタ
  液晶用新TACフィルムの開発(1.77MB)
  http://www.konicaminolta.jp/about/research/technology_report/2012/pdf/09_sugitani.pdf

 上記の記事によれば、TACは偏光板の保護膜として使用されているようです。
 どうも白い粉の原因はTACの劣化のような気がしますが、 白い粉の正体がよく判らないので調べてみました。
 下記の資料は、液晶の保護膜ではなく映画フィルムの話ですが、白色物質をフタル酸(フタル酸塩)と推定しています。

  東京工芸大学
  劣化映画フィルムから析出した白色固体の分析 ... -
  https://www.t-kougei.ac.jp/research/pdf/vol36-1-05.pdf
  「TAC フィルムに含まれていたフタル酸エステル系可塑剤が酢酸酸性下、加水分解を受け、その結果、水に不溶のフタル酸あるいはフタル酸塩が析出した可能性がある。」

 ここまで調べてなんとなくイメージが湧いてきましたが、まだよく判らない部分があります。
 白い粉がTACフィルムから析出したのであれば、液晶パネルの表面に直接付着してもいいような気がしますが、TACフィルムの表面にはコーティング層が形成されているので、TACフィルムの面に沿って端まで移動してフレームの部分に堆積したということでしょうか?
 対象液晶パネルの表面には長くて深い傷があるのですが、これも関係があるのでしょうか?
 
 結局、正確なことは判りませんでしたが、幸いなことにPCの電源を入れる画面が表示されたので、IEEE1394は使えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

中華スマホIODESUを衝動買いしました

 impressのAKIBA PC Hotline!の下記の記事を見かけたのが間違いの元でした。

  実売9,980円のAndroidスマホがイオシスから発売
  (2014/5/23 12:05)
    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20140523_649737.html

 日本国内では余り出番がないということは判っていながら、好奇心と物欲でついクラクラッと・・・

【いつの間にか秋葉原の店の前に・・・・】
Ca3k0145


【いつの間にかレジ袋の中に・・・】
Ca3k01470001

【開梱】
Iodesu_1_2

Iodesu_2

Iodesu_3

Iodesu_4

Iodesu_5

【香港SIM 3HKでローミング表示】
Iodesu_6

Iodesu_7

Iodesu_8

Iodesu_9


 SIMは残高無し且つ期限切れなので表示されるだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

JJYのモールス確認用にデジタルオシロ(DSO Nano v3)を買いました

【DSO Nano v3 開梱】
Dso_nano_v3unboxing_1

Dso_nano_v3unboxing_2

Dso_nano_v3unboxing_3

Dso_nano_v3unboxing_4

【DSO Nano v3 起動中 Ver 4.25】
Dso_nano_v3ver_425

【DSO Nano v3 初期画面】
Dso_nano_v3initial_image_jpg

 パープルの比較演算用の基準波形が邪魔なので消します。
  (1)[↑]/[↓]ボタンで[Ex]を選択。
  (2)[←]/[→]ボタンで[off]を選択。

【DSO NANO V3 + RK-G201M + Oregon Scientific  RM-219
Dso_nano_v3_rkg201m_oregon_scientif

【RK-G201M】
Rkg201m_1

Rkg201m_2

【JJYタイムコード】
Jjy_time_code

【JJYモールス J:・---】
Jjy_morse_j

  無事に確認できました。

 ノイズが多くて綺麗な波形を撮るのに一寸苦労しました。
 1時間に2回(15分40秒、45分40秒)しか機会がないので・・・

【参考外部リンク】
  DSO Nano v3
  Customer Reviews
  http://www.amazon.com/Seeedstudio-TOL01241P-DSO-Nano-Oscilloscope/dp/B00BB4ETJW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

NHK技研公開2014(5/29-6/1)展示項目

  技研公開は、時々行っていますが、スーパーハイビジョンシアターがなかなか迫力があります。

  8Kスーパーハイビジョンシアター
  http://www.nhk.or.jp/strl/open2014/theatre/index.html

 少し前までは、展示項目のタイトルのみでしたが、ほとんどの項目に詳細な説明がついたようです。

  展示項目
  http://www.nhk.or.jp/strl/open2014/tenji/index.html

 最近の展示では、デジタルラジオの項目がありませんが、どうなっているのでしょうか?

 個人的には、「T1 さわれるテレビ」が一寸面白そうです。
 ハプティック技術は昔からいろいろ研究されていますが、人間の身体に「密接/密着」して使用されるユーザインタフェースなので、微妙な部分があるようです。
 ハプティックではありませんが、血圧を測るときの手首を掴まれるような感じは一寸気持ちが悪いです。
 あの締め付ける感じが良いと言う人もいるのかもしれませんが・・・・

 ハプティックは色々な分野で実用化されており、タッチパネルの振動フィードバック等は一般的ですが、以下の記事のような極めて人間的なものもあるようです。

  The Register
  Japanese boffins build internet kissing machine ? The Register
  http://www.theregister.co.uk/2011/05/03/japanese_internet_kissing_machine/

  口腔における双方向コミュニケーションデバイスの開発(Development of a kiss-like remote mouth communication device for close relationships)
  http://kaji-lab.jp/ja/index.php?research

 現時点ではコンセプトレベルですが、映画「A.I.」でジュード・ロウが演じた特定用途アンドロイド「ジゴロ・ジョー」のレベルまで達すれば、「不気味の谷」は越えられるのしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

芸術衛星"INVADER"が不法無線局の被害に

 最近、GPM相乗り衛星受信用に430MHzの6エレ・クロス八木を作って、どうにか大阪府立大学のOPUSATを受信することができました。
 相乗り衛星はこの他にいくつかありますが、多摩美術大学・東大共同開発のINVADERが面白そうなので、次にこれを受信してみようと思っていたら、以下のようなニュースがありました。

  47NEWS >  共同ニュース  > 記事詳細
  2014/05/13 20:18   【共同通信】
  衛星通信に障害の疑いで初告発 ダンプ運転手が無免許無線局
  http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051301002118.html

  hamlife.jp
  <報道機関が大きな扱い!>関東総通、ダンプカーに開設した不法無線局で「小型衛星」との通信に障害を与えていた男を告発
  http://www.hamlife.jp/2014/05/13/huhou-musenkyoku-torishimari-69/

  総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > 報道発表資料(2014年) >
  平成26年5月13日 関東総合通信局
  不法無線局の開設者を告発
  ≪警視庁四谷警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫
  http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/26/0513k1.html

 
 芸術衛星INVADER(INteractive Vehicle for Art and Design Experimental Research)の仕様をみると、ダウンリンクは437MHz帯を使用しているようです。

  INVADER仕様
  http://artsat.jp/invader/invader-specification

 無線局運用規則では、435MHzから438MHzまでは、衛星通信に割り当てられているようですが、不法無線局にとっては関係ないのでしょうね。

  総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 電波環境 >
  電波の型式及び周波数の使用区別(抜粋) (430MHz帯)
  http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/denpa/amateur/syuuhasuu43.html

  無線局運用規則第二百五十八条の二の規定に基づくアマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別
  http://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a72ab05321.html
  435MHzから438MHzまで(5)(6)
  注5 衛星通信を行う場合に使用することができる周波数の電波は、(5)の周波数の電波に限る。

 時々取り締まりが行われているようですが、絶滅は難しいようです。
 当局(自分)が毎年払っている300円の電波使用料も、取り締まりに寄与しているのでしょうか?

 告発は珍しいのかと思っていたら、関東管内平成23年度実績によれば、36件ということなので、そこそこあるようです。

【参考外部リンク】
総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > 電波環境 > 電波監視システムの概要
最新の電波監視システム“DEURAS”
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/re/system/

総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > 電波環境 > 不法無線局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/re/info/huhou/

総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > 電波環境 > 不法無線局の取締り
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/re/huhou/torishimari/index.html

HOME> 電波監理の概要> 電波監視の概要> 電波監視の業務内容> 不法無線局の特徴
http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/chara/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

衛星受信用に430MHzクロス八木アンテナを作ってみました

 しばらく前の話になりますが、2月末に打ち上げられた7機のGPM相乗り衛星の中の6機は、430MHz帯でビーコンを送信しているようなので、受信してみることにしました。

  JAXA
  GPM相乗り公募小型副衛星の選定結果について
  平成23年12月14日
  http://www.jaxa.jp/press/2011/12/20111214_sac_subpayload.pdf

  hamlife.jp
  <430MHz帯のビーコンも受信成功!>H2Aロケット23号機
  (2014/2/28 09:08)
  http://www.hamlife.jp/2014/02/28/h2a-23-successful/

 以前、衛星受信用に「JAMSAT:500円八木アンテンナ  435MHz用6エレメント八木の製作」(http://www.jamsat.or.jp/features/cheapyagi/index.html)を参考にして、というかデッドコピーしてアンテナを作ったことがあるんですが、フェーディングが結構多くて、信号が弱い場合には、一寸受信しにくかったです。
 
  JAMSAT:500円八木アンテンナ  435MHz用6エレメント八木の製作
  http://www.jamsat.or.jp/features/cheapyagi/index.html

 フェーディングを軽減するためにはクロス八木が効果がありそうなので、以前作ったアンテナのエレメントを流用して、6エレX2のクロス八木アンテナを作ってみました。
 製作に際しては、以下の記事を参考にさせてもらいました。
 
  JAMSATホームページ掲載アンテナ(500円アンテナ)の検証と改良 2012/12/10
  http://www.ne.jp/asahi/ja1cpa/ja1cpa/00index.html/freeaddr/ja1cpa/ja1cpa/nhp0812100/kousaant2/newpage20121210.html
  435MHz 10エレメントクロス八木(空間移相式?) 2013/7/6

 給電点に位相差を与える方式としては、給電線の長さを異ならせる方法と、輻射エレメントの位置を異ならせる方法があるようですが、今回は作るのが簡単と思われる後者を採用しました。

 クロスすることを除いて、基本的な構造はシングル八木の場合と同じですが、Qマッチの部分が一寸面倒です。
 電気長がλ/4の75Ωの同軸ケーブル2本と任意長の50Ωの同軸ケーブル1本をT字型に接続することになります。
 模式図的には以下のようになりますが、接続点をどのようにするか一寸悩みます。

       λ/4(115mm)    λ/4(115mm)
ANT━━75Ω━━┳━━75Ω━━ANT
                │ 
                │             
                    50Ω(任意長) 
                │
                │
                │    
                TX 
 
  435MHz
  1λ=690mm
  λ/4=172mm
  λ/4×0.67=115mm

  3C-2V
  特性インピーダンス  75±3Ω
  波長短縮率  約67% 
  http://oyaide.com/catalog/products/p-539.html

 「なるべく手を抜いてそこそこの効果を」という方針に従って、今回は接続部分にBNC同軸コネクタ(F)を利用しました。

【BNC同軸コネクタ(F)】
Bnc_coax_connectorfemale

【接続部分】
Bnc_coax_connectortconnecting_point

【430MHzクロス八木アンテナ】
430mhz_cross_yagi_antenna

Tripod_velbon_he3

 内径13mmのエスロンパイプに手持ちのドリルで適当にエレメント固定用の孔を開けたので、エレメントはかなり不ぞろいになってます。
 ボール盤がほしいところですが、アンテナをそんなにたくさん作るわけではないし・・・
 
  アンテナの仰角は、ホームセンタで売っていたパイプクランプを2個組み合わせて可変としました。
 また、写真撮影用の三脚(Velbon HE-3)のマストを抜いてエスロンパイプ(内径13mm)を固定しました。

 SWRを測定してみると、無調整の状態では430.0MHzより下側に同調点があるような雰囲気でしたが、輻射エレメントを数mmづつ切って調整していくと、436.0MHzで1.05まで下げることができました。
 最終的には、両方の輻射エレメントを10mm程度短くしました。
  なお、SWRはアンテナ近傍の構造物の影響を受けるので、壁、床からの距離や仰角で大きく変化することがあります。

周波数(MHz) SWR(調整前/調整後)
  430.0         1.8    1.7
  432.0         1.85   1.4    
  434.0         1.85   1.15
  436.0         1.85   1.05
  438.0         1.9    1.25
  440.0         2.1    1.7

  とりあえずアンテナは出来上がりましたが、次はどの衛星を受信するかです。

 下の記事を見ると、周波数的には、437MHz帯にまとまっているようです。

  Satellite TLE Lottery Begins
  http://amsat-uk.org/2014/03/01/satellite-tle-lottery-begins/

 アンテナのSWRが436.0MHz付近で最低になっているので、周波数チャートの左端にあるOPUSat(437.15MHz)を受信してみることにしました。
 OPUSatのTLEを調べようと思ってCelesTrakを見てみましたが、Communications Satellites/Amateur Radioのカテゴリーでは見当たりません(2014.05.11現在)。

  NORAD Two-Line Element Sets    Current Data
  http://celestrak.com/NORAD/elements/

  Amateur Radio
  http://celestrak.com/NORAD/elements/amateur.txt

 OPUSATのサイトを見てみると、使用周波数やTLEの情報が公開されていたので、これを参考にすることにしました。

  OPUSAT - OPU SSSRC
  受信協力のおねがい
  http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/projects/OPUSAT/receive.html
  OPUSAT通信諸元
  OPUSATコールサイン:JL3ZCA
  変調方式                 送信周波数   通信プロトコル
  CW (37cpm/73cpm)        437.1546MHz     Morse
  AFSK 1200bps               437.150MHz      Ax.25
  GFSK (G3RUH) 9600bps  437.150MHz       Ax.25
  FSK 400bps                   437.150MHz     OPUSAT通信方式

  運用スケジュール
  http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/projects/OPUSAT/schedule.html
  【現在のTLE】(2014-05-11 10:00:23.560952更新)
  0 OPUSAT
  1 39575U 14009D 14130.24201104 .00146883 00000-0 86577-3 0 1253
  2 39575 065.0048 172.1987 0014805 316.7498 043.2623 15.77365799 11208

 やっとTLEが判ったので、CALSAT32にデータを入れて軌道を調べてみると、近いうちに関東の真上を通過する軌道はあまりません。
  仰角が30度以下の軌道が多いようです。
  折角クロス八木アンテナを作ったので、とりあえず受信にトライしてみました。
 受信ターゲットにした軌道は、南西から北西に抜ける最大仰角約30度ということで、条件はあまりよくありません。

 受信環境は以下の通りです。
 アンテナ:2F南向きベランダに設置した430MHz6エレメント・クロス八木(今回作製)
 アンテナ方向(固定):方位ー南西、仰角ー30度
 受信機:FRG-965+WA-965
  受信周波数:437.1606MHz
 受信モード:USB

 受信結果は以下の通りです。
【OPUSAT受信モールス "OPU0106A"】

  6エレなので指向性はそれほど鋭くないはずですが、はっきりと確認できた時間は短かったです。
 方位角と仰角が固定の状態で、ドップラーシフトを耳と指で追いかけて受信するのは結構大変です。
 一応信号は受信できましたが、クロス八木の効果があったのかどうかはよくわかりません。

【関連内部リンク】
2009年2月12日 (木)
500円八木アンテナで東大の衛星(PRISM)の電波を受信してみました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2009/02/500prism-d9bc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

川崎大師に行ってきました

 「祭日/振替休日はどこかに出かけなければならない」という強迫観念に駆られて、川崎大師に行ってきました。
 川崎大師にした理由は特にないのですが、「近場」and「有名」and「まだ行ったことがない」という条件で、たまたま思い浮かびました。
 正月の初詣のニュースでいつも出てくるので、一度位は行ってみようということで、電車を乗り継いでいきました。
  知らなかったのですが、なにかイベントがあるようで、結構な人出でした。
 例によって手抜きで写真のみです。

【赤い電車で赤札授与に [京急電鉄]】

Kawasakidaishi_01_2

Kawasakidaishi_02_2

Kawasakidaishi_02a Kawasakidaishi_03 Kawasakidaishi_04 Kawasakidaishi_05 Kawasakidaishi_06 Kawasakidaishi_07 Kawasakidaishi_08_2

【赤札授与の待ち行列】
Kawasakidaishi_09
 たいした長さではないので、どんなもんか並んでみようと思ったら

Kawasakidaishi_10
 少し離れた場所に待ち行列用のテントが張ってあり、長蛇の列でした。即、あきらめました。 

Kawasakidaishi_11_2

【参考外部リンク】
川崎大師
http://www.kawasakidaishi.com/

東京新聞
10年ぶり「大開帳」川崎大師 御利益の「赤札」へ長い列
2014年5月1日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014050102000221.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

三菱みなとみらい技術館に行ってきました

 休日を費用を掛けずに楽しもうということで、三菱みなとみらい技術館に行ってきました。

_1s_2

_2_3

Photo
 通常の大人料金は500円ですが、65歳以上は無料です。余裕(?)でクリアです。
 発券機の列には並ばずに、入り口のカウンタのスタッフに年齢を証明する書類を提示すれば入館券をもらえます。

 体験展示というのが面白そうでしたが、体験を楽しむのには歳をとり過ぎているということで、今回はパスしました。

【体験展示のご案内】
Photo

 体験プログラムの中には「月面資源採掘船ドデカトロン」を設計するというのがあるのですが、昔の計数放電管「デカトロン(Dekatron/Decatron)」を一寸思い出しました。

 施設の性格上、主に年少者を対象とした説明となっていますが、HⅡロケットの打ち上げの様子を通路のフロアに投射しているビデオがなかなか面白かったです。
 雰囲気的には、"Powers of Ten"の最初のほうのシーンと一寸似ていますが、技術館のほうは自分の足元に映像が投影されているので、かなりの浮遊感があります。
 別のブースでも打ち上げのCGビデオが上映されていましたが、こちらのほうは視野全体が映像となるので、結構臨場感がありました。

  最新の技術のほかに、航空機の歴史的な展示もあり、個人的にはF-86Fが懐かしかったです。
【F-86F】
F86f

 昔、米軍の板付基地で、L字型のサイレンサに機体の尾部を突っ込んで、エンジンテストをしているのをよく見かけました。

  出口を出ると記念品など売店があるので、一寸覗いてみました。
 雰囲気的には、北の丸公園の科学技術館の売店と似ています。
 航空機の模型があるのですが、結構なお値段がします。
 何か安いものはないかと探してみると「ミラージュスコープ」(税込み194円)というのがありました。
 一見、低倍率単眼鏡のようですが、接眼レンズはなく、対物レンズの代わりに多面プリズムが取り付けてあります。
 多面プリズムの部分を取り外せば、「ミラージュ・フィルタ」の代用品になるのではないかと思って買ってきました。
【ミラージュスコープ】
Mirage_scope_1_2Mirage_scope_2_3

 とりあえず試してみました。
【フィルタなし】
Without_mirage_filter

【フィルタあり】
With_mirage_filter

 編隊飛行もどき? 

 代用品はやっぱり代用品ですが、一寸遊ぶのにはいいかもしれません。

 この三菱みなとみらい技術館は、祖父/祖母(65歳以上)が孫を連れて行くのに丁度良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

今日の昼食はガーリックシュリンプ@BLUE Water Shrimp(横浜)でした

  天気が良いので「みなとみらい」方面に遊びに行きました。
 近くに「ブルーウォーターシュリンプ」の店があるということで、どんなもんかということで行ってみました。
 店は「横浜ワールドポーターズ」の「ハワイアンタウン」の中にありました。

【BLUE Water Shrimp(横浜)】
Blue_water_shrimp_2014_3

Blue_water_shrimp_2014_plate_2   時間が11:30頃ということで、それ程待たずに済みました。
 ガーリックシュリンプのマイルドとスパイシーを注文しましたが、個人的にはマイルドの方が口に合っていました。

 ホノルルでも2~3回食べたことがありますが、印象としては横浜の方が一寸小ぶりのような気もしますがなかなか美味しかったです。
 ホノルルの味と比べたらどうかということになると、現地の雰囲気の影響かもしれませんが、むこうの方が少し美味しかったような気もします。(時間が経過しているので自信はありません。)
 2008年に最初に食べたときは、予備知識がなかったので結構感激しました。
 普通の店舗だと思っていたので、駐車場のワゴン車を見つけるのに苦労しました。

【Blue Water Shrimp & Seafood Co. (Google Maps)】
Blue_water_shrimp_seafood_cogoogle_

【Blue Water Shrimp & Seafood Co. (2008)】
Blue_water_shrimp_seafood_co2008

Blue_water_shrimp_seafood_co2008_pl

【Blue Water Shrimp & Fish Market @ International Market Place  (2012)】
Blue_water_shrimp_fish_market_inter


Blue_water_shrimp_fish_market_2012_

Blue_water_shrimp_fish_market_201_3

【Blue Water Shrimp & Fish Market @ International Market Place  (2013)】
Blue_water_shrimp_fish_market_int_2





  昨日の昼食もハワイ料理だったので連荘です。
【Island Lager LONGBOARD @ The Veranda】
Island_lager_long_board_the_veranda

Island_lager_long_board_the_veran_2


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

米国のTV番組再送信システムAereoのAntenna Farmの紹介動画

 日本では敗訴した「まねきTV」ですが、米国の類似サービスの「Aereo」訴訟は、いまのところ放送局側の旗色が悪いようです。

  Impress クラウド Watch
  クラウドも巻き込むTVストリーミングのAereo 最高裁でテレビ局と対決
  (2014/4/28 06:00)
  http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/20140428_646410.html

  REUERS
  U.S. justices show little support for Aereo TV in copyright fight
  WASHINGTON Tue Apr 22, 2014 7:36pm EDT
  http://www.reuters.com/article/2014/04/22/us-usa-court-television-idUSBREA3L18F20140422

  上記記事によれば、”Aereo側は「無料の地上波信号をユーザー専用にリースしたアンテナで受信しているので視聴や録画は自由」と主張”と書いてあるので、共用アンテナを使用した「まねきTV」とは状況が違うのかもしれません。

 「Aereo」は、ニュースへの露出が多い割には技術的な要素がよく判らないと思っていたら、アンテナ設備(Antenna Farm)の紹介ビデオがありました。

  Aereo
  https://www.aereo.com/
    Learn How Aereo Works
    https://aereo.com/about

    TechCrunch
  Aereo Shows Off Their Rooftop Antenna Farm Ahead Of Supreme Court Ruling
  Posted Apr 16, 2014
  http://techcrunch.com/2014/04/16/aereo-shows-off-their-rooftop-antenna-farm-ahead-of-supreme-court-ruling/

  Aereo's Rooftop Installations | Exclusive

  上記TechCrunchの記事には、"the little thumb-sized antennas change to pick up the requested frequency"と書いてあるので、アンテナは可変同調型のようです。また、動画の中で帯域が6MHz(ATSCの1チャンネル分)という話が出てきましたが、アンテナだけでこの選択度が得られるということでしょうか? 或いは後段のチューナ(?)の周波数特性も含めた総合特性でしょうか?

 
  USPTOでAssignee Aereoの出願を検索してみると何件かヒットします。(2014.05.02現在)

    AppFT: Applications
    Published since March 2001
    Quick Search
    http://appft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-bool.html

  Results of Search in PGPUB Full-Text Database for:
  AN/Aereo: 14 applications.
  Hits 1 through 14  out of 14

PUB. APP. NO. Title
1 20140090004 Antenna System and Installation for High Volume Television Capture 
2 20140038535 Dynamic Tuning in Dense Arrays of Electrically Small Elements 
3 20130239146 User Interface for Television Programming and Social Media Feeds for Time Shifted Viewing 
4 20130207870 Antenna System with Small Multi-Band Antennas 
5 20130205352 System and Method for Video Streaming to Display Device Using Parasitically Powered Receiver 
6 20130191858 Broadcast Encoding, Recording and Distribution System and Method 
7 20130109295 Method and System for Assigning Antennas in Dense Array 
8 20120297423 Method and system for program and stream control of video to target device 
9 20120266201 Cloud Based Location Shifting Service 
10 20120266198 Fast Binding of a Cloud Based Streaming Server Structure 
11 20120131621 System and Method for Providing Network Access to Individually Recorded Content 
12 20120129479 Method and System for Processing Antenna Feeds Using Separate Processing Pipelines 
13 20120127374 System and Method for Providing Network Access to Antenna Feeds 
14 20120127363 Antenna System with Individually Addressable Elements in Dense Array 

 特許明細書に記載の実施例と実際のシステムが対応しているとは限りませんが、下記の米国特許出願等が雰囲気が似ています。

  Antenna System with Individually Addressable Elements in Dense Array
  US 20120127363 A1
  Original Assignee Aereo, Inc.
  http://www.google.com/patents/US20120127363

 Fig.2を見ると動画に出てきたAntenna Farmに似ているような気がしないでもありません。

 Fig.2
Us20120127363_fig_2

  102:antenna array
  102-1...102-n:dual loop antenna
  103:encoder system
  104-1...104-n:radio frequency tuner
  116:antenna optimization and control system
  802, 804:antenna subarray
  806, 808:broadcasting antenna

  Aereoのミソは、アンテナを共用するのではなく、「ユーザー専用にリースしたアンテナで受信」することにあるようですが、上記特許明細書にも以下のような記載があります。

    "Each user is assigned an antenna, such as their own, separate, individual antenna, from which they can then record and/or stream content transmissions from over the air broadcasts."

  一寸気になる以下のような記載があります。

  "The antenna assignment is either permanent or temporary depending on the mode of operation. In one mode, when users select to receive over the air content or record over the air content for later viewing, corresponding antenna elements and encoding resources are allocated to the users on the fly. Then, after the antenna elements are no longer needed, the resources are returned to the resource pool and become available for other users. In the other mode, users lease or buy particular antenna elements, which are then exclusively assigned to particular users and then used to service the requests of those users. In one example, the antenna elements are leased to users for the duration of those users' accounts."

  これによると、アンテナの割り当ては、「永久的」である場合と「一時的」である場合があり、「一時的」である場合には、ユーザが視聴を開始するたびに、プールされた多数のアンテナのなかのどれかが割り当てられることになります。
 この場合には、「この中のどれかが私のアンテナです」と言うことはできても、特定のアンテナを指さして「これが私のアンテナです」と言うことはできないような気がします。
 視聴中は「私のアンテナ」を特定できますが、視聴をやめた途端に「私のアンテナ」を特定できないという不思議な状況になります。

 ユーザ側から見ると、「このアンテナは私のアンテナであって、私のアンテナではない」・・・シュレジンガーの猫的アンテナ???

 アンテナ側から見ると、「ある時はAさんのアンテナ、またある時はBさんのアンテナ」・・・多羅尾伴内的アンテナ???
    

 「永久的」である場合の話はとりあえず脇に置いて、「一時的」である場合には「ユーザー専用にリースしたアンテナで受信」することになるのでしょうか?
 自宅での視聴方法と同じであるから合法という理屈であれば、Aereoのシステムの中から自分の持分を自宅に持ち帰っても視聴可能なはずですが、アンテナの割り当てが「一時的」である場合には、受信システムが破綻するような気がします。

 上の話は仮定に仮定を重ねた単なる想像なので、実際のシステムは全く違うのかもしれません。
  動画の中でもアンテナの動的割り当ての話は出てこないし・・・

 最高裁の判決は6月末のようですが、日本での判断に影響はあるのでしょうか?
 「まねきTV」に判決については、クラウド時代に対応していないのでは、という意見もあるようです。

【参考外部リンク】
 パテント 2011  Vol. 64 No. 8
 インターネットを利用する遠隔地テレビ視聴サービスを巡る二つの最高裁判決
 「まねきTV事件」と「ロクラクⅡ事件」
 http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/201106/jpaapatent201106_046-055.pdf

 まねきTV事件最高裁判決について - 弁護士法人東町法律事務所
 H23.1.21 
 http://www.higashimachi.jp/column/topics55.html

 放送研究と調査
 NOVEMVER 2005
 フェアユース(公正使用をめぐる20年)
 https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/report/2005_11/051102.pdf

 American Broadcasting Companies, Inc. v. Aereo, Inc.
 http://www.scotusblog.com/case-files/cases/american-broadcasting-companies-inc-v-aereo-inc/

【関連内部リンク】
 これが番組再送信システム「Aereo」の仕組み?
 http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/04/aereo-1d83.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

中国版 "TOP GUN" ?

 ネットニュースで見かけました。
 トップガンにインスパイアされて出来たPVということでしょうか?
  歌がなんとも・・・・・

  NewSphere
  愛国心煽る、空母「遼寧」の宣伝ビデオ、400万回再生 海外「まるでトップガン」
  更新日:2014年4月30日
  http://newsphere.jp/world-report/20140430-3/

  Hollywood Reporter
  'Top Gun'-Inspired Propaganda Film Goes Viral in China (Video)
  3:51 AM PDT 4/22/2014
  http://www.hollywoodreporter.com/news/top-gun-inspired-propaganda-film-698091

  Leader for the Dream" "为梦想领跑" 中国航母 MV

  新闻 > 中国航母舰载机训练大片   
  中国航母舰载机训练大片首度曝光
  http://v.qq.com/cover/i/i04o62opqwnrewt.html?vid=p0014t4yt8v&start=133&ptag=static_video_qq_com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »