« 芸術衛星"INVADER"が不法無線局の被害に | トップページ | JJYのモールス確認用にデジタルオシロ(DSO Nano v3)を買いました »

2014年5月15日 (木)

NHK技研公開2014(5/29-6/1)展示項目

  技研公開は、時々行っていますが、スーパーハイビジョンシアターがなかなか迫力があります。

  8Kスーパーハイビジョンシアター
  http://www.nhk.or.jp/strl/open2014/theatre/index.html

 少し前までは、展示項目のタイトルのみでしたが、ほとんどの項目に詳細な説明がついたようです。

  展示項目
  http://www.nhk.or.jp/strl/open2014/tenji/index.html

 最近の展示では、デジタルラジオの項目がありませんが、どうなっているのでしょうか?

 個人的には、「T1 さわれるテレビ」が一寸面白そうです。
 ハプティック技術は昔からいろいろ研究されていますが、人間の身体に「密接/密着」して使用されるユーザインタフェースなので、微妙な部分があるようです。
 ハプティックではありませんが、血圧を測るときの手首を掴まれるような感じは一寸気持ちが悪いです。
 あの締め付ける感じが良いと言う人もいるのかもしれませんが・・・・

 ハプティックは色々な分野で実用化されており、タッチパネルの振動フィードバック等は一般的ですが、以下の記事のような極めて人間的なものもあるようです。

  The Register
  Japanese boffins build internet kissing machine ? The Register
  http://www.theregister.co.uk/2011/05/03/japanese_internet_kissing_machine/

  口腔における双方向コミュニケーションデバイスの開発(Development of a kiss-like remote mouth communication device for close relationships)
  http://kaji-lab.jp/ja/index.php?research

 現時点ではコンセプトレベルですが、映画「A.I.」でジュード・ロウが演じた特定用途アンドロイド「ジゴロ・ジョー」のレベルまで達すれば、「不気味の谷」は越えられるのしょうか?

|

« 芸術衛星"INVADER"が不法無線局の被害に | トップページ | JJYのモールス確認用にデジタルオシロ(DSO Nano v3)を買いました »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/59649632

この記事へのトラックバック一覧です: NHK技研公開2014(5/29-6/1)展示項目:

« 芸術衛星"INVADER"が不法無線局の被害に | トップページ | JJYのモールス確認用にデジタルオシロ(DSO Nano v3)を買いました »