« 中華スマホIODESUを衝動買いしました | トップページ | NHK技研公開2014の「さわれるテレビ」に触ってきました »

2014年5月24日 (土)

液晶パネルに降る雪(?)

 IEEE1394を使う必要があって古いノートPC(2000年1月発売)を、保管棚の奥から引っ張り出してみると、液晶パネルの表面に白い粉が付着しています。
 最初はどこから来たのかが判りませんでしたが、よく見ると液晶パネルと周囲のフレームの隙間から出てきているようです。
 試しに、フレームを叩いてみると隙間から盛大に白い粉が降ってきます。
【液晶パネルに降る雪(?)】

 すぐに止まるかと思っていたら結構な量が出てきました。

 液晶の表面にカビが生えることは知っていましたが、これは一寸違うようです。
 また、酢酸のような臭いがします。
 ネットで調べてみると、関係ありそうな「ビネガ-シンドロ-ム(Vinegar Syndrome)」という現象の説明がありました。

  ビネガ-シンドロ-ムとは
  www.jps.gr.jp/center/main_content/vinaigre/e-1.html?

 「何か酸っぱい臭いがする」とか「白い粉が析出」という記載あります。
  TAC(Triacetylcellulose、トリアセチルセルロース、セルローストリアセテート、三酢酸セルロース)の劣化が原因のようです。

 次に、TACが液晶パネルで使用されているかどうか調べてみました。

  日経テクノロジー
  TACフィルムとは
  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20060427/116698/

  コニカミノルタ
  液晶偏光板用TACフィルム
  http://www.konicaminolta.jp/al/products/tac_film/

  コニカミノルタ
  液晶用新TACフィルムの開発(1.77MB)
  http://www.konicaminolta.jp/about/research/technology_report/2012/pdf/09_sugitani.pdf

 上記の記事によれば、TACは偏光板の保護膜として使用されているようです。
 どうも白い粉の原因はTACの劣化のような気がしますが、 白い粉の正体がよく判らないので調べてみました。
 下記の資料は、液晶の保護膜ではなく映画フィルムの話ですが、白色物質をフタル酸(フタル酸塩)と推定しています。

  東京工芸大学
  劣化映画フィルムから析出した白色固体の分析 ... -
  https://www.t-kougei.ac.jp/research/pdf/vol36-1-05.pdf
  「TAC フィルムに含まれていたフタル酸エステル系可塑剤が酢酸酸性下、加水分解を受け、その結果、水に不溶のフタル酸あるいはフタル酸塩が析出した可能性がある。」

 ここまで調べてなんとなくイメージが湧いてきましたが、まだよく判らない部分があります。
 白い粉がTACフィルムから析出したのであれば、液晶パネルの表面に直接付着してもいいような気がしますが、TACフィルムの表面にはコーティング層が形成されているので、TACフィルムの面に沿って端まで移動してフレームの部分に堆積したということでしょうか?
 対象液晶パネルの表面には長くて深い傷があるのですが、これも関係があるのでしょうか?
 
 結局、正確なことは判りませんでしたが、幸いなことにPCの電源を入れる画面が表示されたので、IEEE1394は使えるようです。

|

« 中華スマホIODESUを衝動買いしました | トップページ | NHK技研公開2014の「さわれるテレビ」に触ってきました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/59693875

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶パネルに降る雪(?):

« 中華スマホIODESUを衝動買いしました | トップページ | NHK技研公開2014の「さわれるテレビ」に触ってきました »