« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

番組再送信システムAereoは違法(米国最高裁)

 米国では、"Aereo"と呼ばれる番組再送信サービスが実施されています(いました?)が、放送局との間 で裁判になっていました。
 最高裁の判決が6月中に出るということだったので、ネットニュースを調べてみると、6月25日に判決が 出ていたようです。

  TECHCRUNCH JAPAN
  最高裁はAereoを違法と裁定
  2014年6月26日
  http://jp.techcrunch.com/2014/06/26/20140625aereo-loses-in-supreme-court-deemed-illegal/

  TECHCRUNCH
  Aereo Loses In Supreme Court, Deemed Illegal
  Posted Jun 25, 2014
  http://techcrunch.com/2014/06/25/aereo-loses-in-supreme-court-deemed-illegal/

  The Decision
  AMERICAN BROADCASTING COS., INC., ET AL. v.  AEREO, INC., FKA BAMBOOM LABS, INC.
  http://www.supremecourt.gov/opinions/13pdf/13-461_l537.pdf

 結論としては、6対3で違法ということになったようです。
 TECHCRUNCHの記事には以下のように書かれています。

“the essence of the Aereo ruling is that Aereo is equivalent to a cable company, not merely an equipment provider.”
“判決の核心は、Aereoはケーブル企業と同等であり、単なる機器装置のプロバイダではない、という点に ある”。
  「機器装置のプロバイダ」→「機器装置の提供業者」?

 Aereoが主張していた「各ユーザに個別にアンテナを割り当てているので、各家庭で選局して視聴している のと同じ。」という理屈は通らなかったようです。

   個別アンテナを強調するためにバラクタ同調型ループアンテナを採用した?

 超単純化して模式化すると以下のようになるのかもしれません。
(正確さは怪しいです)

(非同調型)
 個別ANT→Tuner→Decoder→Stream→家の内外で視聴
 ┗━━ 家庭内 ━━━━━━━━┛

はOKでも、

(同調型)
 個別ANT→Tuner→Decoder→Stream→┐   ┌家の内外で視聴
 個別ANT→Tuner→Decoder→Stream→┼→┼家の内外で視聴
 個別ANT→Tuner→Decoder→Stream→┘  └家の内外で視聴
 ┗━━ Aereo内 ━━━━━━━━┛

  はNGということのようです。

   通常のCATV(Community Antenna Television)のように共聴アンテナを使用すれば話が簡単なのに、技術的 にあまり意味があるようには思われない共聴アンテナよりも受信特性が優れているようには思われない多数の超小型個別アンテナを設けることにより、法の網の目を逃れようと するのは、正義に反するということでしょうか?

     Aereo側の対応がHPに書いてありました。

      Aereo
      A Letter to Our Consumers
      https://www.aereo.com/
     「The world hates change, yet it is the only thing that has brought progress.」
  ”As a result of that decision, our case has been returned to the lower Court.
   We have decided to pause our operations temporarily as we consult with the court and map out our next steps. ”

 こんなサイトもありました。

  Protect My Antenna
  http://protectmyantenna.org/

【蛇足】
Pencil_gavel_headed_the_supreme_cou

Pencil - Gavel Headed
http://supremecourtgifts.org/pencil-gavelheaded.aspx
"With Liberty and Justice For All" 、"The Supreme Court of the United States"と印刷されています 。

【関連内部リンク】
2013年4月11日 (木)
これが番組再送信システム「Aereo」の仕組み?
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/04/aereo-1d83.html

2014年5月 2日 (金)
米国のTV番組再送信システムAereoのAntenna Farmの紹介動画
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2014/05/tvaereoantenna-.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

U.S.S. Enterprise NCC-1701 Refit Fly-by (480fps)

 最近、ハイスピード撮影(120/240/480/1000fps)が可能なCASIO EX-ZR500を購入しました。

 480fpsは初めてだったので、テストを兼ねてスタートレックのエンタープライズを黒幕の前で自由落下させながら480fpsで撮影してみました。

 ハイフレームレートになるとS/Nと解像度が悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

「JAL SKY NEXT」JL320(B777-200)に乗りました

 狙った訳ではありませんが、利用した福岡・羽田便が「JAL SKY NEXT」のJL320(B777-200)でした。


    国内線、新クオリティ。JAL SKY NEXT 東京(羽田)-福岡から始まる!
    http://www.jal.co.jp/dom/skynext/fuk/

  全席が本革シート JAL、スカイネクスト初号機「JA007D」公開
  http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20140527/Flightliner_21621.html

 新仕様機材では、ブルー(色は可変とのこと)のLED照明が結構印象に残りました。

【LEDブルー照明】
Jal_sky_nextb777200_led_blue_illumi


 シートは本革ということでなかなか高級感があります。
 ベルトの色も赤色系となっており、従来のものとは印象がかなり異なります。
 エコノミーの場合には、膝まわりのスペースがこれまでよりも最大約5cm拡大しているとのことです。
 たしかに足元に少し余裕ができたような気がします。

【JAL SKY NEXT(B777-200)のエコノミーの膝まわり】
Jal_sky_nextb777200_2

Jal_sky_nextb777200


 最大で5cmということは、平均はそれより狭いということになりますが、実際の平均値はどの程度でしょうか?
 
 全体的になかなか良い感じなのですが、一寸気になる部分がありました。
 国内線なので、機内放映は個人モニタではなく天井から吊るされた共通のモニタが使用されています。

【機内モニタ】
B777200_inflight_monitor_1

B777200_inflight_monitor_2

 機内アナウンスのときには、映像が静止(フリーズ、スチル、ポーズ)状態になるのですが、画面上に横線状のアナログチックなノイズが発生しています。
 昔よく見かけたβやVHSのヘリカルスキャン方式のビデオテープデッキのトラッキングエラーノイズに似ているような気がします。

【機内モニタのノイズ】
B777200_inflight_monitor_tracking_e

 最近のVOD(Video On Demand)が可能な個人モニタでは、機内アナウンスのときや、自分で視聴中の映画にポーズをかけたときでも、ノイズがない綺麗な静止画が表示されます。
  いまどきビデオテープを使用する可能性は少ないような気がしますが、機材自体の初フライトは1998年とのことなので・・・・。

 話は変わってGPSの話です。
 今回の旅行では、列車移動中の地図表示用にIODESUを持って来ていたので、巡航中の機内で測位できるかどうか試してみました(フライトモード)。
 座席は窓側でしたが、横に窓がないシートだったので、条件はかなり悪いです。
 前の席の窓の一部が背もたれの後方まで広がっているで、そこにIODESUに持って行って数分間待ってみましたが、残念ながら測位できませんでした。
 IODESUの測位をあきらめてM-241で測位すると30秒程度で測位できました。
 しかしながら、測位開始直後に電子機器使用禁止のアナウンスがあったため、短時間しかログをとるこができませんでした。
 後で地図を確認してみると、房総半島上空でした。

 IODESUのGPSの特性はそれほどよくないけれども、他の中華タブレットと同様で普通という感じでした。
 (中華タブレットの中には、デフォルトの状態では、かなり開けた場所で静止状態で受信しても、いつまでたっても測位できないものもありますが・・・)

【参考外部リンク】
エアライン研究所
JA007Dの詳細
http://www.airlinelab.com/airline/detail/Japan-Air-System/Boeing_777-289/JA007D/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

「田園シンフォニー」と「SL人吉」に乗ってきました

  少し前にテレビで「田園シンフォニー」を紹介している番組を見ました。
 「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治氏の設計だそうです。
 「ななつ星」は一寸無理ですが、「田園シンフォニー」なら手が届きそうだということで、乗ってみることにしました。
 人吉経由なので、ついでに「SL人吉」にも乗ってみることにしました。
 一寸遠いので、関東から出かけると結構大変です。

 以下は、九州内の移動スケジュールです。
 なお、下記の時刻は実際の時刻ではなく定刻ですが、ほとんど定刻通りに移動できました。
 ひたすら列車を乗り倒す的なスケジュールになってます。

 
 07:21(博多発)さくら403号
  ↓42分
 08:03(熊本着) 

 08:32(熊本発)くまがわ1号
  ↓1時間28分
 10:00(人吉着)

 11:11(人吉温泉発)田園シンフォニー(1001D)
  ↓1時間2分
 12:13(湯前着)

 12:31(湯前発)田園シンフォニー(1002D)
  ↓44分
 13:15(人吉温泉着)

 14:38(人吉発)SL人吉
  ↓2時間35分
 17:13(熊本着)

 17:23(熊本発)さくら566号
  ↓38分
 18:01(博多着)

【M-241で記録したGPSデータをルートラボで表示】

  距離は 423.6km となっていました。
  右下の三角マークをクリックするとアニメーションが始まります。

 以下、時系列で絵日記風に・・・

--------------------------------------
[さくら403号]
07:21(博多発)

【JR九州新幹線「さくら403号」入線・乗車風景】
Photo

Photo_2

Photo_3


 九州新幹線に初めて乗りました。
 綺麗でなかなか快適です。
 結構トンネルが多いですが、山陽新幹線ほどではありませんでした。
 当然なのかもしれませんが、飛行機に比べて足元が広いので楽です。
  AC100Vも使えます。

【OUTLET (AC100V  2A  60Hz)】
Outlet_ac100v_2a_60hz

 最近の新幹線はコンセントが標準装備なのでしょうか?
 荷物を少しでも減らそうと思って、ロケフリ(どこでもTV)用のタブレットのACアダプタをホテルに置いてきたのですが、これが失敗でした。帰りの新幹線でバッテリ切れになってしまいました。

【九州新幹線 新玉名付近を時速225kmで通過中 】

08:03(熊本着)
--------------------------------------

[くまがわ1号]
08:32(熊本発)

【九州横断鉄道 185DC】
185dc_1

185dc_2


【くまがわ1号】
Photo_4

Photo_5

Photo_6


  観光列車ということで、女性スタッフが記念写真の撮影、観光ガイド、社内販売等と何役もこなしていました。

【特急くまがわ 女性スタッフ】
Photo_7


Photo_8


【記念乗車証】
Photo_9


【球磨川】
Photo_10


 天気が若干曇りぎみでしたが、球磨川の風景を楽しむことができました。
 球磨川は前半は右側、後半は左側に見えます。

【特急くまがわ 86km/h : M-241(左)とIODESU(右)】
86kmh_m241iodesu


【185DCの鏡像】
185dc

【人吉駅改札口】
Photo_11


10:00(人吉着)
--------------------------------------
[観光列車「田園シンフォニー」(1001D)]
11:11(人吉温泉発)

 「田園シンフォニー」の予約は電話できますが、切符の購入は現地でということで、受付で切符を購入しました。

【観光列車「田園シンフォニー」受付】
Photo_12


【「田園シンフォニー1日フリー乗車券+1001D指定席券」と「お土産引き換え券」】
Photo_13


 待合室のベンチの上に置いて撮影しましたが、年季が入ったベンチでした。

  人吉駅で約1時間待つことになりますが、駅前なのに人が少ないです。

【人吉駅前】
Photo_14


 駅前に設置された「からくり時計」が1時間置きに動作するときと、観光バスが到着したときに若干人が集まりますが、それ以外は閑散とした感じです。
 「人吉駅」と「人吉温泉駅」は別の駅だと思っていたので、「田園シンフォニー」を待つために「人吉温泉駅」の待合室を探そうとしたのですが、同じ駅の呼び名が違うだけでした。

 待合室で「田園シンフォニー」を待っていると、首から何かのカードを下げた女子高生が数人いました。
 最初は通学用のパスカードのようなものかと思っていたのですが、あとで車内でのイベントのスタッフ(?)であることがわかりました。
 自分たちで企画したツアーの予行演習を兼ねて乗車していたようです。
 
【「球磨商業高校生が考えた田園シンフォニーで行く奥球磨の温泉、グルメ、観光ツアー」のチラシ】
Photo_15


Photo_16

 チラシには以下のように書いてありました。
------------------------
   私たち高校生
  ・客室乗務員
  ・バスガイド
  ・おもてなし隊
   をします!!
------------------------

 

 

  朝日新聞デジタル
  熊本)高校生、新車両「田園シンフォニー」のツアー企画
  2014年6月8日03時00分
  http://www.asahi.com/articles/ASG675S6PG67TLVB00B.html

  球磨商業高校生が考えた田園シンフォニーで行く奥球磨の温泉、グルメ、観光ツアー
  http://www.kumagawa-rail.com/files/260705kumasyo_tuor.pdf

【「田園シンフォニー」(冬・春・秋)】
Photo_17


【「田園シンフォニー」(春)】
Photo_18


【「田園シンフォニー」(冬)】
Photo_19


【内装】
A


B

Photo_20

Photo_21


  車両が新しいのでなかなか気分が良いです。
 内装もかなり凝ったつくりになっています。

【「田園シンフォニー」の発車のハンドベル】

【おかどめ幸福駅】
Photo_22

Photo_23


【「KUMA1」】
Kuma1

【「KUMA2」(左)と「田園シンフォニー」(右)】
Kuma2_2


  途中で何か所か数分~10分間程度停車するので、外に出て体を伸ばしたりや(急いで)買い物をすることになります。引き換え券のお土産は、箸置きでした。
 
 件(くだん)の女子高生も活躍していました。
 本番は平成26年7月5日(土)~6日(日)とのことです。

 田園風景の中をビバルディの四季を聞きながらんびり走るのも、たまには命の洗濯になって良いかもしれません。

12:13(湯前着)
--------------------------------------
[普通列車「田園シンフォニー」(1002D)]
12:31(湯前発)

 同じ車両に再度乗って折り返しです。
  復路は各駅停車で全席自由席ですが、かなり空いていました。
 往路はイベントや途中下車があり、落ち着いて食事をする時間がなかったので、博多駅で購入した駅弁を復路で食べました。
 復路は通常の通勤・通学用に使用されるので、駅弁を広げるのは一寸気が引けましたが、日曜の昼ということで、かなり空いていたのでゆっくりと食事を楽しむことができました。
  こんな立派な車両を通勤・通学で使えるのは贅沢かも・・・

13:15(人吉温泉着)
--------------------------------------
[SL人吉]
14:38(人吉発)

  待ち時間が1時間半程度あるので暇です。

 14:00丁度に「からくり時計」が動作するので、これを見ましたが数分間で終わります。

【人吉駅前の「からくり時計」】
Photo_6


 時間つぶしに駅の周囲を歩いていたらSL展望所というのがありました。
 今回乗車する蒸気機関車が待機していました。

【SL展望所】
Photo_7

【「SL人吉」58654】
58654_2

Photo_8

Sl58654_a

Sl58654_b

【SL人吉 内装】
1_2

2_2


【SLひとよしみどころMAP】
Slmap_2

  蒸気機関車(に牽引された車両)に乗るのは久しぶりです。
 最後に乗ったのは、「SLあそBOY」だったかもしれません。
 子供の頃は現役の蒸気機関車に何回か乗った記憶がありますが、夏場は大変でした。
 当然エアコンはないので、窓は開けっ放しですが、トンネル通過時には窓を閉めないと煙が車内に流れ込んできます。
 トンネルに入る前に汽笛が鳴るので、そのたびに全部の窓を閉めることになります。
 しかしながら、トンネルが何か所もあると、そのうち面倒になって窓を閉めない人が出てくるので、結構煤だらけになります。
 このため、当時は降車後に顔や手を洗うために、プラットフォームに洗面台は不可欠でした。
 現在のSLは観光用ということで快適に乗れます。

【記念乗車証】
Photo_9

【記念撮影】
Sl_3

【SL人吉58654キャンディ】
Sl58654




 球磨川に沿って走っていたら、乗客の笑い声がします。
 何かと思って窓の外を見ると、球磨川の対岸の道路を窓から何かを振りながら併走している乗用車がいます。
 数十メートル離れているので肉眼ではよく判りませんが、デジカメのズームで見てみるとどうやら「くまもん」のぬいぐるみを振っているようです。イベント関係者? ボランティア?

【SL人吉の伴走車】

 最初は対岸を併走していましたが、途中から線路脇の道路を併走していました。いろいろなサイズの「くまもん」を用意しているみたいでした。

【SL人吉の伴走車(見送り隊?)】
Sl_4

Sl_5


 最後は、車から降りて手を振っていました。
 SLの速度は45-55km/h程度でしたが、併走するのは結構気を使うと思うので、安全運転を・・・

 熊本駅に近づくと、特急「あそぼーい!」と並走してメッセージ交換をするという案内がありました。
 どうやってメッセージ交換をするかと思っていると、各窓に1枚づつ文字を書いた紙を貼り始めました。
 視認によるメッセージ交換です。
 タイミングを合わせて走行するという説明だったので、列車無線か携帯電話でしょうか?
 あるいは、昔の職人技でダイヤグラムと懐中時計だけが頼りとか・・・

【「SL人吉」と並走する「あそぼーい!」】

YouTube提供の事後手振れ補正を適用したら、映像がグニャグニャになってしまいました。車窓映像には適していないのかもしれません。

 熊本到着直前に「A列車で行こう」とすれ違いましたが、オートフォーカスが間に合いませんでした。

【超ぴんぼけの「A列車で行こう」】
Photo_10


17:13(熊本着)
--------------------------------------
[さくら566号]
17:23(熊本発)

  「SL人吉」の熊本着が17:13で「さくら566号」の熊本発が17:23なので、乗継時間が10分しかありません。
 熊本駅のHPをみると、新幹線との乗り換え標準時分は9分となっています。
 計算上はセーフですが、どこかで迷うとアウトになる可能性がありあす。(当方は方向音痴なので・・・)
 今回は、往路で新幹線から在来線に乗り換えるときに、経路を確認したので迷うことはありませんでしたが、結構ぎりぎりでした。

 帰りは特にすることもないので、GPSロガーM-241の衛星信号ロスト時の再測位の状態を調べてみました。
 普通の乗用車の場合でも、ネットワーク、車速パルス、ジャイロなどの補助信号を使用しない完全スタンドアローンのGPSの場合には、トンネル通過中は当然測位できませんが、トンネルを抜けても衛星を再度捕捉するまでには結構時間がかかります。

【250km/hでトンネルを出て7秒でGPS再測位(九州新幹線)】

  GPSロガーとGPS受信可能な端末(タブレット・スマホ)を幾つか持っていますが、いまのところM-241が最も調子がいいです。(多分最近のモデルはさらに性能が上がっているのでしょうね)

 熊本から博多までは38分しかかからないので、あっという間に到着です。
  途中で258km/hを記録していましたが、最高速度が 260 km/h ということなので、結構上限に近いです。

【258km/h】
258kmh_2


18:01(博多着)
--------------------------------------

 M-241で記録した移動距離は 423.6km となっていました。

 なんか、一日中列車に乗っている感じでした。

 (終わり)

【参考外部リンク】
九州新幹線 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A

JR九州
http://www.jrkyushu.co.jp/

熊本駅構内図:JRおでかけネット
http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0930121

特急 九州横断特急
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/oudan/

くまがわ (列車) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%8C%E3%82%8F_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

くま川鉄道株式会社
http://www.kumagawa-rail.com/

くま川鉄道 田園シンフォニー - WIX.com
http://denen-s.wix.com/top-page

人吉駅 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%90%89%E9%A7%85

SL人吉
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

SL人吉 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/SL%E4%BA%BA%E5%90%89

国鉄8620形蒸気機関車58654号機 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%848620%E5%BD%A2%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A58654%E5%8F%B7%E6%A9%9F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

U.S.S. Enterprise NCC-1701 Refitをターテーブルに載せてみました

 昨日のネタの続きです。

 以前買った高台式ソーラー・ターンテーブルにエンタープライズを載せて動画を撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

スタートレック・スターシップ・コレクション(2号)を衝動買いしました

 久しぶりに書店に立ち寄ったら"STAR TREK"という文字が目に入りました。
 DeAGOSTINIの新しいシリーズのようです。
 スタートレックは”宇宙大作戦”のころから見ていたので、懐かしいです。 例によって創刊号は定価が安い(499円)のですが、付属しているスケールモデルの格好が見慣れているものと一寸違います。
 よく見ると、2号のモデルの方が見慣れた格好に近いです。表紙には”U.S.S.エンタープライズNCC-1701改装型”と書いてあります。
 価格は一寸高い(1299円)ですが、ブログのネタにということで買ってきました。
 2号のモデルは、他の方が評価されているように、出来がいまひとつという感じですが、見慣れた形なのでOKとします。
 (追記:創刊号と見比べなければそんなに悪くないかも・・・)

 例によって、手抜きで写真のみです。

Star_trek_01


Star_trek_02

Star_trek_03

Star_trek_05

Star_trek_06

Star_trek_07

Star_trek_08

Star_trek_09

Star_trek_10

Star_trek_a


Star_trek_11

Star_trek_b


【STAR TREK FOTONOVEL #4 "A TASTE OF ARMAGEDON"】
Star_trek_12

蛇足:
【Tiny Trek 「マイクロコンピュータの活かし方」から抜粋引用】
Star_trek_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

adsbscope27_16384を使ってみました

    ADS-B信号に基づく機体位置表示用のソフトとしてはadsbSCOPEのadsbscope27_256を使用していますが、データ数の上限が256(No.0-No.255)のようです。

 ADS-B信号を長時間受信して、どの程度の距離まで受信できるのかを確認したいのですが、割と短時間でデータが満杯になってしまいます。

 adsbscope27_256が置かれているフォルダには、adsbscope27_256の隣にadsbscope27_16384というのが見えます。

【フォルダ "27"】
Adsbscope_27

 adsbscope27_256のデータ数の上限が256(2**8)個なら、adsbscope27_16384のデータ数の上限が16384(=2**14)個かもしれないと思って試してみました。

    約10時間連続受信してみたら、データの数は540個になっていました。 【adsbscope27_16384 受信データ数】
Adsbscope27_16384

 受信状態を確認してみました。

【adsbscope27_16384 E-W:408NM】
Adsbscope27_16384ew408nm

【adsbscope27_16384 E-W:408NM(最新20秒分)】
Adsbscope27_16384ew408nm20

【adsbscope27_16384 E-W:107NM】
Adsbscope27_16384ew107nm_2


【adsbscope27_16384 E-W:107NM(最新20秒分)】
Adsbscope27_16384ew107nm20

  最長距離は約220kmになっていました。  受信アンテナが貧弱な割にはよい方かもしれません。

【受信アンテナ】
Adsb_collinear_antenna

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

ソフトバンクのロボット”ペッパー”は自我を持っているか?

 昨日、派手にデモをしていた”ペッパー”は、「世界初の感情認識パーソナルロボット」が売りのようです。
 別のところには、「Pepperは世界で初めて感情を持ったパーソナルロボットです」とも書いてあります。

  2014年06月05日 13時00分46秒
  ソフトバンクが感情を持つロボット「Pepper」を発表     http://gigazine.net/news/20140605-softbank-conference/

  ソフトバンク、感情を理解するロボット発売へ 来年2月
  2014年6月5日21時51分      http://www.asahi.com/articles/ASG654J31G65ULFA016.html?iref=com_alist_6_01

  ソフトバンク、家庭向け感情ロボット「pepper」を19.8万円で来年2月発売
2014年6月5日
http://jp.techcrunch.com/2014/06/05/jp20140605softbank/

 「感情を持つ」と「感情を理解する」とは別の話のような気がしますが、「感情を持つ」とはどのようなことでしょうか?
  記事とプレゼン資料の中から関係ありそうな部分を拾ってみました。

  『Pepperは世界で初めて感情を持ったパーソナルロボットです』
  『ソフトバンクのビジョンは「愛を持ったロボット」』
  『つまり、感情を理解して、自ら動くロボット』
  『感情を伝えることでいいことだと認識して学習』

 説明を読んでもよくわかりません。
 また、孫氏の話の中に「感情認識および自立的感情」という言葉が出てきますが「自立的感情」というのがよく判りません。
 自立的(自律的?)でない感情というのは、あまり想像できません。
 他人の「感情を理解する」部分に関しては、なんとなくパターン認識の延長上にあるような気がしますが、自分の感情は学習を必要としない先験的なもののような気がするので、どうやって「感情を持つ(感情をもたせる)」のか一寸想像できません。

 Wikipediaによれば、一般に、代表的な感情として以下の6種類があるそうです。
  1.喜   2.怒   3.哀   4.楽   5.愛 (いとしみ)   6.憎 (にくしみ)

 「感情を持つ」ためには「自我(エゴ)」の存在が必須だと思うのですが、ペッパーには自我があるのでしょうか?

 と思っていたら、以下の記事にあっさりと「初めての“自我”を持つロボット」と書いてありました。

  ソフトバンク・孫社長に聞く 人型ロボット「中核技術の外販検討」
  2014年6月6日(金)11:07   http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/communications/snk20140606531.html

 しかしながら、ペッパーの自我の実態がよく判りません。
 自我(Ego)を持った現実味を帯びたロボットというとHAL(Heuristically programmed ALgorithmic computer)9000くらいしか思いつきません。

【2001: A Space Odyssey.”(SIGNET-451-E6625)から引用】
2001_a_space_odysseysignet451e6625



 自我があるということは、チューリングテストもパスするのでしょうか?
 自我があっても知能があるとは限らないので、直接関係ない?

  上の記事の中に、「家庭で(アプリやコンテンツなどに)月10万円払っても惜しくないサービス」とありますが、本体を安く売ってアプリなどで儲けるというビジネスモデルでしょうか?

 昨日(6月5日)のニュースステーションにペッパーが出ていたのですが、スタジオの照明に含まれる赤外線の影響で会話機能が不調というような話しをしていました。
 別の場所に移動してデモするようなことを言っていましたが、用事があって残りは見ていないので、デモの様子は確認していません。
 想定外のノイズということでしょうか?

蛇足:  プレゼンのロジックがよく判らないところがありました。
 「ノイマン型コンピュータはプログラミングで動きますが、このパーソナルロボットは家族の喜びのために動きます。」
 比較できないもの(手段:目的)を比較している? (よくあることですが・・・)

  あるいは、孫氏流のレトリック?

【参考外部リンク】
 感情 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%83%85

 自我 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%88%91

 人工意識 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E6%84%8F%E8%AD%98

 チューリング・テスト - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

 人工知能実現へまた一歩:Elbot、チューリング・テストを25%突破する
...  http://www.gizmodo.jp/2008/10/elbot25.html

 Elbot the Robot
 http://www.elbot.com/

 ロボットは心を持つこと出来るか?
 http://philosopher.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post_4ee2.html

 感覚・感情とロボット. 工業調査会 - AGI
 http://www.agi-web.co.jp/docs/img-robot.pdf

 TED日本語 - デイビッド・ハンソン: 「感情を表現する」ロボット
 http://digitalcast.jp/v/14161/

 感性会話型ロボット「ifbot」の表情制御の感情空間へのマッピング
 http://www.ipsj.or.jp/award/9faeag0000004emc-att/2B-7.pdf

 感情動因学習モデルを用いたペットロボット - 東芝
 https://www.toshiba.co.jp/tech/review/2001/09/56_09pdf/a10.pdf

 ロボットの感情 *
 www.geocities.co.jp/MotorCity/7294/emotion.pdf

 WO2013150076A1 2013/10/10 WO2013EP057043W 2013/04/03  ALDEBARAN ROBOTICS (FR) [ HOUSSIN DAVID (FR) ]  G10L 15/22 (2006.01);B25J 9/00 (2006.01);G06F 17/27 (2006.01);G06N 3/00 (2006.01);G...  ROBOT CAPABLE OF INCORPORATING NATURAL DIALOGUES WITH A USER INTO THE BEHAVIOUR OF SAME, AND METHODS OF PROGRAMMING AND USING SAID ROBOT
 http://patentscope.wipo.int/search/ja/detail.jsf?docId=WO2013150076&recNum=1&office=&queryString=ALL%3A%28WO2013150076%29&prevFilter=&sortOption=%E5%85%AC%E9%96%8B%E6%97%A5%EF%BC%88%E6%96%B0%97%E3%81%84%E9%A0%86%EF%BC%89&maxRec=1  

*

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

コンセントを自分で修理???

 家電Watchの見出しを見て一寸びっくりしました。

  壊れたコンセントを自分で修理してみよう!   (2014/6/5 07:00)     http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/fujilabo/20140605_650389.html

 「コンセント交換は免許なしでOK」と書いてあります。
 いつのまにか法律が変わったのかと思っていると、どうも「プラグ」のことを「コンセント」と呼んでいるようです。
 最近は部品の呼び方が変わったのでしょうか?
 従来の「コンセント」をなんと呼んでいるのか確認すると「壁のコンセント」、「壁コンセント」という表現になっています。
 昔は、「コンセント」はACアウトレットのみを意味していたような気がしますが、今は違うのでしょうか?

【昭和54年版 電気工事士技能試験突破テキスト(オーム社)から転載】

Cimg3604


 「コンセントが壊れた家電」とか「掃除機のコンセント」は非常に違和感があります。
 冷蔵庫とか昔のオーディオアンプには、「コンセント」(ACアウトレット)が付属しているものもありましたが・・・

 この記事では、注釈なして「コンセント」という場合には「プラグ」を意味しており、ACアウトレットの場合には「壁コンセント」と呼んでいるようです。

 当方のようなオールドタイマーは、ACアウトレットを自分で修理できるのかと早とちりしそうになりました。

 常識的には「コンセント」は壁についているものを想像するので、誤解を招く見出しのような気が・・・・
 あるいは、現在は「コンセント」は「プラグ」を意味するのが常識?

 常識の範囲や言葉の使い方は、時代とともに変化すると言われていますが、安全に関係する場合には要注意と思われます。

 基本的には、AC100Vが印加される部分には手を出さない方が身のためのような気がします。

  「製作者の保証も、資格のない人間の手だしで無効になる(Tampering by unauthorized personnel invalidates the manufacturer's guarantee)」という警句もあるようですし・・・

 当方は自己責任で手を出しますが・・・・


  余談ですが、こんな切り方は一寸・・・・
  http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/650/389/html/06-03A.JPG.html

  カッターナイフの安全な使い方 - エヌティー
  http://www.ntcutter.co.jp/safety.htm
  「刃の進む方向に手を置くと勢い余った時に危険です」

【参考外部リンク】
  配線用差込接続器 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%8D%E7%B7%9A%E7%94%A8%E5%B7%AE%E8%BE%BC%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E5%99%A8

  AC power plugs and sockets - Wikipedia, the free encyclopedia
  http://en.wikipedia.org/wiki/AC_power_plugs_and_sockets

  JIS C 0303構内電気設備の配線用図記号準拠
  http://nekoden.web.fc2.com/pdf/jis-c-0303.pdf
  コンセント(p.9/20)

  コンセント
  http://nekoden.web.fc2.com/2_required/3_symbols/4_outlet/4_outlet.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

ADS-B用5段コリニア・ワイヤ・アンテナを作ってみましたが・・・

 現在、ADS-B受信用アンテナとしては、以下の記事を参考にして1.6mmのすずメッキ線を折り曲げて作った3段コリニア・ワイヤ・アンテナ(ラジアルなし)を使っています。

  How tu build antenna for sbs-1?
  http://www.kineticavionics.co.uk/forums/viewtopic.php?f=1&t=7489&sid=a97d41478e66511dd5cf715ee7c88df0&start=24

 このアンテナでも結構受信できるのですが、素人考えで、段数を増やせばもう少し聞こえるのではないかと思って試してみました。

 ネットで調べてみると、同軸ケーブル型のコリニアアンテナでは8段とか10段とかの記事を見かけるのですが、ワイヤ型のものは3段(2ループ)しか見つけられませんでした。
 何か理由があるのかもしれませんが、とりあえず作ってみました。
 4段以上のアンテナはデータが無いので、ループ間の距離がすべて同じ(130mm)である以下の記事を参考にしました。

  ADS-B Decoder and Software
    http://www.sprut.de/electronic/pic/projekte/adsb/adsb_en.html

 基台は、144/430MHz用のアンテナに付属していたマグネット基台を流用しました。エレメントは2.0mmx2芯のVVFケーブルの芯線を流用しました。
 長さ約1.2mの芯線に130mm間隔でマークをつけて、直線130mm、ループ130mm(直径約40mm)という加工を繰り返して出来上がりです。
 以下のような構造になりますが、寸法の妥当性は判りません。

ベースー・直線130mm・ループ130mm・直線130mm・ループ130mm・直線130mm・ループ130mm・直線130mm・ループ130mm・直線130mm

 ループが四つなので5段ということになるのでしょうか?

  3段コリニアと比べてみました。
 チューナは、両方ともDVB-T+DAB+FM(R820T) です。

【3段コリニア(左端)、5段コリニア(右端)】
Photo


【受信状態(3段コリニア(左)、5段コリニア(右))】
_1


_2



 残念ながら、3段コリニアの方が20~30%程度機体数が多いです。
 「骨折り損の草臥れ儲け」でした。

  もしかしたら、5段コリニアのほうは、基台に付属していた4mの同軸ケーブルを使用したので、減衰が大きかったのかもしれません。

 羽田空港の滑走路上の信号を受信するのは、なかなか難しそうです。

【ADS-Bで見た羽田からの離陸機(3段コリニア)】
Adsb

 約4時間分のデータです。

【関連内部リンク】
2013年11月 2日 (土)
RTLチューナ付属アンテナをADS-B(1090MHz)用コリニアアンテナに改造してみました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/11/rtlads-b1090mhz.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »