« FRG-965のメモリーバックアップ用バッテリを交換しました | トップページ | 違うバージョンのキーレス型カメラを買いました »

2014年8月26日 (火)

DARPAの曲がる銃弾"EXACTO"のデモ動画

 映画「WANTED」を見たときには「そんな馬鹿な!」と思っていましたが、DARPAの辞書には「不可能」という文字はないようです。

 
  Gigazine
  2014年07月14日 10時22分15秒
  途中でグニャッと弾道が曲がってターゲットを狙撃する銃弾
  http://gigazine.net/news/20140714-darpa-exacto/

 どんな仕組みになっているのかと思ってDARPAのサイトを覗いてみましたが、さっぱり判りません。

  EXtreme ACcuracy Tasked Ordnance (EXACTO)
  http://www.darpa.mil/Our_Work/TTO/Programs/Extreme_Accuracy_Tasked_Ordnance_(EXACTO).aspx

EXACTO Demonstrates First-Ever Guided .50-Caliber Bullets
July 10, 2014

 "Click for High-Resolution Image"と書いてあったのでクリックしてみましたが、ほとんど意味がありませんでした。

  疑問は色々あります。

 ・銃弾にスピンはかかっているのか?
  もしスピンがかかっているとすると、回転モーメントのために軸を曲げるのが非常に困難と思われます。
  以前、実験されたバージョンでは、可動フィン付きの弾頭をサボットで包んでスムースボアの銃身から撃ち出すタイプ(スピンはかかっていない)で誘導ダートという感じでした。

Sandia's self-guided bullet

 ・どうやって弾道を制御するのか?
  弾丸が回転していなければ、Sandia版のように空気抵抗や揚力を利用してフィンやスポイラで制御できそうな気がしますが、回転している場合にはどうするのでしょうか?
  回転に同期してフィンやスポイラを高速で制御する?
  あるいは、重心を移動させたり、内部で回転モーメントを発生させて回転軸を傾けるとか・・・

 ・照準はどのようにするのか?
 "optical sighting technology"と書いてありますが、自律で飛んで行くのか、誰かがレーザ等でターゲットをポイティングするのかよく判りません。レーザポイティングは自分が危ないですが・・・
  動画を見るとターゲットから照準を外して射撃しているので、スポッタが何らかの光学的手段でエイミングする?
  静止標的なのに弾道がオーバーシュートしているのが一寸気になります。PID制御がうまくいってない?

 ものがものだけに詳細が公表されることはないのでしょうね。

【参考外部リンク】
 EXACTO - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/EXACTO

【関連内部リンク】
2008年10月26日
映画「WANTED」で弾丸が曲がる理由?
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2008/10/wanted-614b.html

2010年5月 1日
曲がる弾丸(Curving Bullet 420fps)
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2010/05/curving-bullet-.html

[WANTED]

|

« FRG-965のメモリーバックアップ用バッテリを交換しました | トップページ | 違うバージョンのキーレス型カメラを買いました »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117933/60214318

この記事へのトラックバック一覧です: DARPAの曲がる銃弾"EXACTO"のデモ動画:

« FRG-965のメモリーバックアップ用バッテリを交換しました | トップページ | 違うバージョンのキーレス型カメラを買いました »