« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

キーホルダー/キーレス/808型カメラによる長時間録画

 以下のサイトで、裏技を使用して充電しながら撮影可能ということを知りました。

  808 Car Keys Micro Camera Review
  http://www.chucklohr.com/808/index.shtml

  808 #9 Camera
  http://www.chucklohr.com/808/C9/

  「充電しながら撮影」の手順は以下の通り。
1)カメラの電源をオフにする。
2)シャッタボタン(「キーレス型カメラ」の取説ではBボタン)を押し続ける。
3)シャッタボタンを押したままの状態でカメラとUSB電源(PC、充電器等)をUSBケーブルで接続する。
4)LEDが連続点灯すれば準備完了。(通常の充電開始状態ではLEDは点滅)
5)シャッタボタンから手を離す。(LEDは点灯したまま)
6)これ以降は通常の撮影手順(静止画:短く押す。動画:LEDが点滅後消灯するまで長く押した後に離す。

 手元にある類似の二つのカメラで試してみました。
 USB電源はUSB-AC Charger (USBAC4PBK)を使用しました。

【USB電源】
Usbac_charger_usbac4pbk


 万一の過熱や発火を考えて一応可燃物から離して金属トレイの上に置いて実験しました。

①「キーレス型カメラ(型番不明)」(808#9?):Toshiba 4G Class 4

【記録ファイル】
Microsd_4g

 SUNP0006~SUNP0012が連続撮影で生成されたファイルです。
 30分ごとに分割されて約570MBのファイルが生成されています。
 メモリの容量が4Gだったので、SUNP0012の途中で満杯になって録画が終わっています。

【リブーバブルディスク】
Removable_disk_4g

 合計の録画時間は約3時間20分になりました。

②「キーホルダー小型カメラ SA-1168」(808#23?):Toshiba 8G Class 4

【記録ファイル】
Mcrosd_8g

 SUNP0057~SUNP0089が連続撮影で生成されたファイルです。(スクリーンショットはSUNP0066~SUNP0089)
 10分ごとに分割されて約160MBのファイルが生成されています。
 この例ではひとつのファイルの容量は約160MBですが、絵柄によってこれより大きくなります。
  被写体の絵柄は非常に単純ですが、撮影開始時は周りの背景が写っていたので、最初のファイルSUNP0057の容量は201MBになっています。
 CODECはMotion JPEGなので、動きは関係ありませんが、絵柄が複雑だと容量が増えます。

【被写体】
Time_stamp

 午前5時頃の時点で、まだ録画が続いていましたが、長時間充電しながら動作させるのが一寸怖くなって途中で止めました。

 内蔵バッテリを充電しながらバッテリの電圧で動作しているのか、あるいは、バッテリの充電とは独立して負荷に電力を供給しているのかはよくわかりません。
 連続使用の場合は念のために、目の届く範囲で使用したほうが安心かもしれません。
 手で触った感じでは、それ程温度は高くなっていないようでしたが念のため・・・。

【リブーバブルディスク】
Removable_disk_8g

 結局、合計の録画時間は約5時間30分になりました。
 メモリの容量は877MB残っていました。
 この様子ではメモリの空き容量がある限り録画が出来そうな雰囲気ですが未確認です。


①と②の違いをまとめると以下のようになります。

                        ①(808#9?)4GB    ②8GB(808#23?)8GB
  分割単位時間:  30分           10分
  ファイル容量:    約570MB       約160MB
  (非常に単純な絵柄の場合)
  ファイル容量/1H:約1140MB         約960MB
    録画時間:      約3時間20分      約5時間30分
                   (メモリ満杯)   (877MB残)

 非常にラフに考えて使用メモリ容量は、1GB+α/1時間という感じでしょうか?

 当方は長時間の動画録画をするつもりはなくて、長時間のインターバル撮影を考えているのですが、外部から電力を供給するために内蔵バッテリからリード線を引き出したりする必要はなさそうです。

                           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

違うバージョンのキーレス型カメラを買いました

 秋葉原を徘徊していたら、以前アキバオーで買った「キーホルダー小型カメラ(Key holder mini camera) SA-1168」とは異なるパッケージに入ったいわゆる"808"タイプの小型化カメラがセルスタ・Rで売っていました。
 製品名は「キーレス型カメラ」となっており、型番のようなものはありません。
 下記のサイトによれば、808カメラには非常に多くのバージョンがあり、機能がかなり違っているようです。

 
   808 Car Keys Micro Camera Review
   http://www.chucklohr.com/808/index.shtml

 以前買ったSA-1168は#23に近いようですが、正確なところは判りません。
 外観が似ていても外箱が違えば中身(基板)も違うのではないかと思って、好奇心で買ってきました。

 この種の小型カメラは3台目になります。安いものを何台も買っているうちに、まともな製品よりも費用がかさむという、よくあるパターンになりそうです。

【キーレス型カメラ】
Keyless_entry_type_camera_1

Keyless_entry_type_camera_2

Keyless_entry_type_camera_3

Photo

 「ペン型」と「KC型」の共通外箱のようで、「KC型」の方にマークが付いていました。
 KCはKey Chainでしょうか?
  カメラ自体の外観はSA-1168と同じように見えます。


Keyless_entry_type_camera_5

Keyless_entry_type_camera_6

Keyless_entry_type_camera_7

Keyless_entry_type_camera_8

Keyless_entry_type_camera_9


【hynix HY57V161610D (2Banksx512Kx16Bit Synchronous DRAM)】
Keyless_entry_type_camera_10_hynix_

http://www.hynix.com/datasheet/pdf/dram/HY57V161610DTC(4.0).pdf

  また、下記のブログによれば、808カメラで使用するmicroSDは、Class 6やClass 10よりもClass 4の方が望ましいということなので、このカメラに当てはまるかどうかは判りませんが、わざわざClass 4を探して買ってきました。

  808 Key Chain Camera SD Card Disk Format Information
  http://blog.oscarliang.net/808-key-chain-camera-sd-card-disk-format-info/
  以下、上記URLから抜粋引用
*************************************************************
Which Class is best for Keychain Camera?
Class 4 memory cards has been reported to provide the best compatibility with this camera and are strongly recommended. Class 6 and Class 10 cards with faster speed but cannot improve the video image quality. It also costs more, and sometimes even may not work at all! I do not recommend using class 10 with this camera.
*************************************************************

【microSD Class 4】
Microsd_class_4_1Microsd_class_4_2

Microsd_class_4_3

 壊してしてしまう前に取り合えず動作を確認しました。

 日時設定、静止画撮影、動画撮影は正常にできました。

【静止画サンプル】
Keyless_entry_type_camera_still_sam

【動画サンプル】

  SA-1168(Non-compliant AVIの#23?)では、元のファイルのままではYouTubeに正常にアップロードできませんでしたが、今回のキーレス型カメラでは特に問題はありませんでした。
 Compliant AVIだったということでしょうか?

 次に、808 Car Keys Micro Camera Reviewの基板の写真を参照してバージョンを確認してみました。
 基板パターンから判断すると#9に非常に近いみたいです。

  808 #9 Camera
  http://www.chucklohr.com/808/C9/

  #9基板パターン(microSDメモリ側)
  http://www.chucklohr.com/808/C9/images/130501%20C9%20Karol%20IMG_1715%

  #9基板パターン(スイッチ側)
  http://www.chucklohr.com/808/C9/images/130501%20C9%20Karol%20IMG_1718%20460.jpg
  

 次に、以下のサイトの情報(主にCODEC)を参考にして調べてみました。

  100616 - How to identify (ID) your Camera version from a Video Frame
  http://www.chucklohr.com/808/index.shtml#VideoToCameraType

 今回購入したキーレス型では以下のようになっていました。

    Video Dimension:720x480
   Wrapper & CODEC :AVI  Motion JPEG
   Video Date Time Stamp:右下・黄色
  Micro SD Card:有り
    Audio(Kbps):352.80kb/s

 この条件に当てはまるのは#3と #9ですが、#3は基板のパターンが大きく異なります。
 これらの状況から判断すると今回購入したカメラのバージョンは #9の可能性が高いようです。

  #9は当たりなのか外れなのか気になるので、上記の808 Car Keys Micro Camera Reviewで調べてみました。

  "Unfortunately is #9."という残念系のレポートもありますが、この種の製品としては、それなりの品質で極端に悪いということはないようです。
   ユーザのレポートを見ていたら、充電しながら撮影可能というコメントがありました。

  808 #9 Camera
  http://www.chucklohr.com/808/C9/

  以下、上記URLから抜粋引用
*************************************************************
    30331 - #9 report

Steps to take:
1) Shut down the camera
2) Press and hold shutter button
3) While holding shutter button, plug the camera to the charger (USB port or charger). (PC must be ON, phone charger already connected to wall plug) 
4) Led will light ON. It will be steady light (mine's yellow/orange)
5) Release shutter button. the led must be steady at this time
6) Now you can record a video or take a still image as usual
7) If you press the shutdown button, you have to repeate the procedure.

This way I've been able to record 4 hours video, splitted in 30 minutes chunks.
*************************************************************

  手順は以下の通り。
1)カメラの電源をオフにする。
2)シャッタボタン(取説ではBボタン)を押し続ける。
3)シャッタボタンを押したままの状態でカメラとUSB電源(PC、充電器等)をUSBケーブルで接続する。
4)LEDが連続点灯すれば準備完了。(通常の充電開始状態ではLEDは点滅)
5)シャッタボタンから手を離す。(LEDは点灯したまま)
6)これ以降は通常の撮影手順(静止画:短く押す。動画:LEDが点滅後消灯するまで長く押した後に離す。)

 "30331 - #9 report"では、動画を4時間撮影できたようですが、上限が何の要素で制限されるのかよく判りません。

 #9で出来るのであれば、他のバージョンでもできるのではないかと思って、手元にあったSA-1168で試したら出来ました。
 
 今回買ったカメラを改造してインターバル(タイムラプス)撮影をすることを考えているのですが、もし長時間撮影が可能であれば、電源の問題は解決するかもしれません。
 一定間隔でシャッタをオンにするための仕組みをどのようにするかが問題ですが・・・・

                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

DARPAの曲がる銃弾"EXACTO"のデモ動画

 映画「WANTED」を見たときには「そんな馬鹿な!」と思っていましたが、DARPAの辞書には「不可能」という文字はないようです。

 
  Gigazine
  2014年07月14日 10時22分15秒
  途中でグニャッと弾道が曲がってターゲットを狙撃する銃弾
  http://gigazine.net/news/20140714-darpa-exacto/

 どんな仕組みになっているのかと思ってDARPAのサイトを覗いてみましたが、さっぱり判りません。

  EXtreme ACcuracy Tasked Ordnance (EXACTO)
  http://www.darpa.mil/Our_Work/TTO/Programs/Extreme_Accuracy_Tasked_Ordnance_(EXACTO).aspx

EXACTO Demonstrates First-Ever Guided .50-Caliber Bullets
July 10, 2014

 "Click for High-Resolution Image"と書いてあったのでクリックしてみましたが、ほとんど意味がありませんでした。

  疑問は色々あります。

 ・銃弾にスピンはかかっているのか?
  もしスピンがかかっているとすると、回転モーメントのために軸を曲げるのが非常に困難と思われます。
  以前、実験されたバージョンでは、可動フィン付きの弾頭をサボットで包んでスムースボアの銃身から撃ち出すタイプ(スピンはかかっていない)で誘導ダートという感じでした。

Sandia's self-guided bullet

 ・どうやって弾道を制御するのか?
  弾丸が回転していなければ、Sandia版のように空気抵抗や揚力を利用してフィンやスポイラで制御できそうな気がしますが、回転している場合にはどうするのでしょうか?
  回転に同期してフィンやスポイラを高速で制御する?
  あるいは、重心を移動させたり、内部で回転モーメントを発生させて回転軸を傾けるとか・・・

 ・照準はどのようにするのか?
 "optical sighting technology"と書いてありますが、自律で飛んで行くのか、誰かがレーザ等でターゲットをポイティングするのかよく判りません。レーザポイティングは自分が危ないですが・・・
  動画を見るとターゲットから照準を外して射撃しているので、スポッタが何らかの光学的手段でエイミングする?
  静止標的なのに弾道がオーバーシュートしているのが一寸気になります。PID制御がうまくいってない?

 ものがものだけに詳細が公表されることはないのでしょうね。

【参考外部リンク】
 EXACTO - Wikipedia, the free encyclopedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/EXACTO

【関連内部リンク】
2008年10月26日
映画「WANTED」で弾丸が曲がる理由?
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2008/10/wanted-614b.html

2010年5月 1日
曲がる弾丸(Curving Bullet 420fps)
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2010/05/curving-bullet-.html

[WANTED]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

FRG-965のメモリーバックアップ用バッテリを交換しました

 昔買ったYAESUの広帯域受信機FRG-965を今でも使っていますが、メモリーバックアップ用のバッテリの寿命が尽きて、メモリの内容が全部消えてしまいました。

 ということで、バッテリを交換することにしました。
 取説を引っ張り出してみると、「バックアップ機能」の説明の余白にに"CR1/3N"と手書きでメモが書いてあります。
 全く記憶が無いのですが、以前バッテリを交換したことはあるようです。
 とりあえずCR1/3Nの価格を調べてみると、結構なお値段がします。

 CR1/3Nは、仕様では、リチウム電池、3V、160mAh、2mA(連続標準負荷)となっているようです。

  Coin Type Primary Lithium Batteries
  http://www.fdk.co.jp/battery/lithium/lithium_coin.html

 安い代替品はないかと思ってネットで調べてみるとCR2032を使った例がありました。
 仕様では、リチウム電池、3V、220mAh、0.2mA(連続標準負荷)となっています。
 放電電流が1/10というのが一寸気になりますが、安さ優先でこれを第1候補にしました。

 ドスパラを覗いてみると、ボタン電池が安く売られていました(期限切れ?)。
 目的のものとは異なりますが、1シート100円だったので、使えたらラッキーというつもりで以下の3種類を買ってきました。
   CR2450(4個)
   CR1620(5個)
   AG13(10個)

  なお、AG13は今回の件とは関係ないてすが補充用です。
 ついでに近くの100円ショップに寄ってみると、目的のCR2032が2個100円だったので、これも買ってきました。

【左から、CR2450、CR1620、AG13、CR2032】
Battery_cr2450_cr1620_ag13_cr2032


  純正の電池と候補の電池を比べてみると以下のようになります。

  CR1/3N   160mAh、2mA(連続標準負荷)  11.6φ
  CR2450   610mAh、0.3mA(連続標準負荷)24.5φ
  CR2032  220mAh、0.2mA(連続標準負荷)20.0φ
  CR1620  80mAh、0.1mA(連続標準負荷)16.0φ

 CR2450とCR2032が候補になりそうです。

【左:CR2450、右:CR2032】
Battery_cr2450_cr2032


 電気特性的にはCR2450がよさそうですが、サイズが大きいので取り付けに苦労しそうです。
 また、電池の鮮度がどの程度なのか判りません。
 あまり当てにはできませんが、開放端子電圧を測ってみたら以下のようになりました。

  CR2450   3.317V
  CR2032   3.328V

  誤差やバラツキの範囲かもしれませんが、CR2032の方が僅かに高いです。
 また、ジャンクよりも100均の方が鮮度がよいであろうということで、CR2032を使うことにしました。
 容量はCR1/3Nの1.4倍ですが、連続標準負荷が1/10なので、全体ではどうなるのかよくわかりません。

 とりあえず交換してみました。
  以下、交換の手順です。

 (1)上カバーを外す。(ねじ4本)

 (2)下カバーを外す。(ねじ8本)
Frg965_memory_backup_battery_repair

Frg965_memory_backup_battery_repa_2
 
(3)フロントパネルを外す。(ねじ4本)
Frg965_memory_backup_battery_repa_3

 (4)元のバッテリを取り外す。
Frg965_memory_backup_battery_repa_4

Frg965_memory_backup_battery_repa_5


 (5)新しいバッテリにリード線の一方を半田付けして、他方を基板の端子に半田付けする。
 40Wの半田こてを使いましたが、熱容量が不足していたのか、あるいは、バッテリの電極の素材が半田になじまなかったのかは判りませんが、バッテリへの半田付けは”芋半田”状態になってしまいました。
 大容量の半田こてに変更して再度半田付けすることも考えましたが、半田付け後の電圧が若干低下していたので、これ以上劣化しないようにそのままにしました。
 半田付けというよりも半田の接着力(?)で貼り付いている感じで、強い力が加わると外れそうですが目を瞑ります。

 (6)バッテリを両面テープで基板に固定する。Frg965_memory_backup_battery_repa_6

 かなり手を抜いているので、確実性(安全性)には問題があるかもしれません。
 専用の電池ホルダを使用して絶縁に注意して取り付けたほうが望ましいと思われます。

【★御注意!】(2018.0531追記)
 手元に適当な電池ホルダが無かったので、電池に直接半田付けをするという反則技を使いましたが、これは危険ですのでご注意ください。

  半田付けについて
  https://industrial.panasonic.com/cdbs/www-data/pdf/AAA4000/AAA4000COL27.pdf

 (7)ケースを取り付ける前に、メモリ書き込みを行った後に電源コード抜いてしばらく放置し、再度電源を入れたときにメモリ内容がバックアップされているかどうか確認する。

 (8)バックアップ動作が確認できたら、フロントパネルと上下ケースを取り付けて出来上がりです。

 連続標準負荷の値が純正のものは大きく異なっているので、一寸心配ですが、現在のところは正常に動作しているようなので、しばらく様子を見ることにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

『東京総合車両センター 一般公開』(2014)は8月23日(土)

 いつもはJR大井町駅でポスターを見かけるのですが、今年は気がつきませんでした。
 掲示場所が変わったのでしょうか? ポスターを作らなかったということは無いと思うのですが・・・

  LABI側の入り口に掲示してありました。
2014

  『東京総合車両センター 一般公開』開催のお知らせ 来て見て遊ぼう 楽しさいっぱい 夏休みフェア2014     http://www.jreast.co.jp/tabidoki/tabitetsu/common/pdf/201408/140801_06.pdf

   railf.jp> イベント情報> 2014年>8月>23日(土) >8月23日 東京総合車両センターの一般公開開催
   http://railf.jp/event/2014/08/04/160000.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

キーホルダー小型カメラ(SA-1168)用ローアングルカメラホルダを作ってみました

 超小型という特徴を生かして、地面すれすれの超ローアングルで撮影してみました。
 手持ち撮影は難しいので、ローアングル用カメラホルダを三脚の先端に取り付けました。

【ローアングル撮影用カメラホルダ】
Key_holder_mini_camera_sa1168_low_a

Key_holder_mini_camera_sa1168_low_2

 オリジナルの映像ファイル(non-compliant AVI ?))では、YouTubeに正常にアップロードできなかったので、"AVI to MPEG Converter"というソフトでMPEG2に変換してアップロードしました。

【変換前】
[Key holder mini camera (SA-1168) Low Angle Shot.avi]
720x480 24Bit Motion JPEG(MJPG) 30.00fps 3426f 5905.05kb/s
PCM 8.00kHz 16Bit 1ch 128.00kb/s
[RIFF(AVI1.0)] 00:01:54.198 (114.198sec) / 86,192,640Bytes
真空波動研Lite 140713 / DLL 140713 Unicode

【変換後】
[Key holder mini camera (SA-1168) Low Angle Shot MPEG2.mpg]
720x480 MPEG2 MP@ML 1:1 Progressive 50.00fps 6000.00kb/s CBR
MPEG1-LayerII 32.00kHz 224.00kb/s CBR Stereo
[MPEG2] 00:01:54.214 (114.214sec) / 40,047,172Bytes
真空波動研Lite 140713 / DLL 140713 Unicode

 変換後のファイルで一応アップロードできたのですが、再生速度が1.6倍くらいになっており、映像と音声がずれていました。
  一寸速すぎるのでYouTubeの編集機能で2倍のスローモーションを適用しました。
 最終的には、オリジナルの速度の約80%の速度になりました。
 音声も遅くなるのでカラスの鳴き声のピッチが低くなっています。

 
【SA-1168ローアングル撮影】

 揺れがひどいのでYouTube提供の揺れ補正を適用しましたが、もともとよくない画質が更にぼけてしまいました。

 徐々に怪しさ係数が高くなっていくのが一寸怖いです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

AUの携帯電話 CA007の「航空機モード」と「電波OFFモード」

 9月1日から機内での電子機器利用規制が緩和されます。

  電子機器等を定める告示の見直しの概要
  www.mlit.go.jp/common/001050250.pdf

 タイプⅠの航空機の場合、携帯電話を「機内モード」にすればBluetoothで写真のデータ等を機内の知人に送ることができそうです。
 当方が使用している携帯電話はガラケーのCA007です。

 今まで「機内モード」を使ったことが無かったので、どうすれば設定できるのか取説を見ずに確認しようとしました。

 とりあえず「メニュー」の画面を見てみると、関係ありそうな項目として「機能設定」というのがあります。
 この「機能設定」を選択するといくつか項目が表示され、その中に「モード設定」という項目があります。
 多分これであろうと思って選択すると「ティーンズモード」という項目しか表示されません。
 「ティーンズモード」の意味は判りませんが、「機内モード」とは関係なさそうです。

 これから先は結構試行錯誤ですが、それらしい項目にたどりつきました。

 「メニュー」→「グローバル設定」→「航空機モード」

 この「航空機モード」が「機内モード」に対応しているのだろうと思ったのですが、説明を見ると一寸違うようです。
 説明では「電源OFF時、アラームなどにより自動で電源ONにしないようにします」となっています。
 意味が理解し難いのですが、携帯電話の電源がOFFになっている場合には、利用者が意図的に電源ボタンを押さないかぎり携帯電話の電源がONになることはないということでしょうか?
 「勝手に電源がONしないモード」の名前が「航空機モード」というのは、直感的には非常に判り難いです。
 また、「グローバル設定」の下位に「航空機モード」が置かれているのもよく理解できません。国内線は無視?
 結局「航空機モード」では携帯電話は実質的に死んでいるので、目的とする「機内モード」ではありません。

 更に試行錯誤を繰り返しましたが、メニューからはたどり着けませんでした。

 仕方がないので、取扱説明書を読むことにしましたが、これがまた判りにくかったです。

  CA007 取扱説明書 詳細版
  http://media.kddi.com/app/publish/torisetsu/pdf/ca007_torisetsu_shousai.pdf

 とりあえず「機内モード」を目次で探しましたがありません。取扱説明書を全文検索してみましたがヒットしません。
 次に「航空機」で全文検索すると、上で説明した「航空機モード」の説明が123ページにありましたが、それ以外はヒットしませんでした。
 ここから先がまた試行錯誤ですが、それらしい設定がありました。

 取扱説明書(詳細版)の387ページに「電波を送受信できないようにする(M586)」という項目があります。
 説明には「着信やメール受信に割り込まれることなく、カメラやムービーなど他の機能が利用できます。」と書いてあります。
 「機内モード」に近いような気もしますが、目的が違うようです。
 「機内モード」が携帯電話の電波を送信しないことが目的ですが、このM586は携帯電話による割り込みの禁止が目的であるように思われます。
 また、説明には「「ON」に設定すると、電話をかけることができません。ただし、110番(警察)、119番(消防機関)、118番(海上保安本部)には、電話をかけることができます。」と書いてあります。
 特番に電話が掛けられるということは、端末から基地局に端末登録のための送信が行われると思われるので、「機内モード」とは違うみたいです。
 
 また、「「ON」に設定すると、・・・(中略)・・・BlueTooth(R)機能による通信などもご利用になれません。」と書いてあるので、BlueToothによるデータ転送は駄目のようです。

  取説を詳細に読んでみると、69ページに突然「電波OFFモード(M586)」という用語が出てきます。
 この用語は取説中に何度も出てくるのですが、「電波OFFモード」自体の説明がありません。
 取説の最後のほうの431ページの目次でヒットしたので、該当の387ページを見てみると上に出てきた「電波を送受信できないようにする(M586)」という項目です。
 「電波を送受信できないようにする(M586)」=「電波OFFモード(M586)」のようです。
 目次の用語が本文に出てこないのは、うまくないのでは?

 なお、「電波OFFモード(M586)」の設定は以下のようになっていました。

 「メニュー」→「機能/設定」→「ユーザー補助」→「通信/USB」→「電波OFFモード」

 非常に深いところにあります。
 また、「ユーザー補助」の意味がWindowsとは全く異なるようです。

  ユーザー補助 - Microsoft Windows
  http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/products/features/accessibility

 結局、「機内モード」に関係しそうな設定として「航空機モード」と「電波OFFモード(M586)」がありましたが、携帯電話の送信を禁止し、かつ、BlueToothを動作可能にするという設定は判りませんでした。
 このような利用形態は結構あると思うのですが・・・

 読み込みが足りないかも知れないので、もう少し勉強してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キーホルダー小型カメラ(SA-1168)にフロントサイトを取り付けてみました

 「キーホルダー小型カメラ(Key holder mini camera) SA-1168」は結構が狭い(水平30度程度)ので、手で直接カメラを持って撮影すると、画像が大揺れになって見るのが辛いです。
 カメラを三脚に取り付けて、三脚を手で持って撮影するとかなり揺れは改善されますが、目標とする被写体に光軸を合わせるのが結構難しいです。
 ファインダがあれば話は簡単なのですが、無いものをねだっても仕方がないので、代用品を探してみました。
 引き出しの中をかき回していると、昔クレー射撃で使用していたフロントサイトが出てきました。
 このフロントサイトは、円柱状の導光体の中に細長いオレンジ色の透明板が埋め込んであって、後方から見ると、フロントサイトの光軸と視線の方向が一致したときに、明るいオレンジ色の光が見えるようになっています。
 もともとSA-1168のレンズの光軸はズレているので、フロントサイトをつけても意味があるかどうか判りませんが、とりあえず両面テープで貼り付けてみました。

【フロントサイト付きSA-1168】
Key_holder_mini_camera_sa1168_with_

Key_holder_mini_camera_sa1168_wit_2

Key_holder_mini_camera_sa1168_wit_3

Key_holder_mini_camera_sa1168_wit_4

 一寸使ってみた感じでは、無いよりはマシという程度でしょうか?

 機能的な効果の問題もありますが、このカメラを人前で使うのは一寸・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

キーホルダー小型カメラ SA-1168  (バージョン、日時設定)

 先日、2台目を買った 「キーホルダー小型カメラ(Key holder mini camera) SA-1168」ですが、どうも"808"と呼ばれるモデルの親戚(兄弟?)のようです。
 下記のサイトを見ると外見が似ているモデルが多数あります。

  808 Car Keys Micro Camera Review
  http://www.chucklohr.com/808/index.shtml

  手元にあるSA-1168が"808"の系列と同じかどうかは判りませんが、基板の写真を見た範囲ではかなり似たものがあります。

 SA-1168の基板と"808"の#1~#26の基板を見比べてみましたが、どうも#23がかなり近いような感じがします。
  ただし、プリントパターンが少し異なっており、また、SA-1168の方が部品の数が少ないようです。

【SA-1168基板(スイッチ側)】
Sa1168_pcb_switch_side_1

【HB1352CE7606-03】
Sa1168_pcb_switch_side_2

【SA-1168基板基板(USB側)】
Sa1168_pcb_usb_side_1

【Winbond 25X20CLVIG 1324 SERIAL FLASH MEMORY】
Sa1168_pcb_usb_side_2

http://html.alldatasheet.com/html-pdf/555580/WINBOND/W25X20CLSVIG/1519/5/W25X20CLSVIG.html

  808 #23
  http://www.chucklohr.com/808/C23/index.html

  基板(スイッチ側)
  http://www.chucklohr.com/808/C23/images/130728%20C23%20Neil%20100_0395.JPG

  基板(USB側)
  http://www.chucklohr.com/808/C23/images/130728%20C23%20Neil%20100_0393.JPG

 "808 #23"のサマリーには以下のように書いてありました。

  Summary - 480p video at 720x480.  Similar to the #22.  256Kbps audio.  Non-compliant AVI format.  Missing frame rate about 30% in outdoor light.

 720x480の部分は同じですが、他の部分に関してはよく判りません。

 記事の中に以下のような項目があったので、一寸調べてみました。

  100616 - How to identify (ID) your Camera version from a Video Frame
  http://www.chucklohr.com/808/index.shtml#VideoToCameraType

 SA-1168では以下のようになっていました。
 なお、CODEC関係の情報は真空波動研Liteによるものです。

    Video Dimension:720x480
   Wrapper & CODEC :AVI  Motion JPEG
   Video Date Time Stamp:右下・黄色
  Micro SD Card:有り
    Audio(Kbps):128.00 kb/s

  上の条件に一致するCamera  Version は #8 になりますが、基板がSA-1168とは大きく異なります。
  水平画角が約25度でかなり狭い点は似ていますが・・・

 雰囲気的には#23に似ているような気がしますが、音声のレートが異なります。
 結局よく判りませんでした。

 
 上記の”808 Car Keys Micro Camera Review”の記事には色々な情報が含まれていますが、時刻設定の情報もありました。

  how to set the date time.
  http://www.chucklohr.com/808/index.shtml#SetDateTime

 設定フォーマットがバージョンによって異なるようです。
 
 手元にあるSA-1168の場合は以下の手順で設定できました。
 なお、とりあえず設定できましたが、正しい手順かどうかは判りません。

 (1)PCとカメラをUSBケーブルで接続する。カメラのランプが点滅を開始し、PCでリムーバブルディスクとして認識される。(USBケーブルが不良の場合あり)
Removable_disk

 (2)ファイル名が"TAG"のテキストファイルを開く。なお、TAGファイルが無い場合は何かを撮影すると自動的に生成されます。
Tag_memo
 (3)デフォルトのテキストデータの日時を、次にカメラの電源をONにする予定の日時に書き換える。
 手元にあるSA-1168の取説では、YYYY-MM-DD HH:MM:SSとなっていましたが、YYYY.MM.DD HH.MM.SSでも可能でした。
 (4)書き換えた"TAG"ファイルを上書き保存して閉じる。
 (5)USBケーブルを外す。
 (6)設定した時刻になったらカメラの電源をONにする。

 なお、上記" how to set the date time"には以下のような注記がありました。

  NOTE - Some cameras are very sensitive to the wrong file format.  Some editors don't show you exactly what you are saving to the file, especially about carriage-returns (0D), line-feeds (0A) and spaces (20).  So, it is best to edit and save a files with a hex editor like HXD so you know exactly what is in the file.

 カメラのバージョンによっては、テキストエディタ(Notepad)では見えないCR($0D), LF($0A), SP($20)等が含まれていると、設定ができない場合があるようです。
 テキストの後ろにスペースSP($20)があるかどうかは、マウスオーバすると黒くなるので判別できるので、スペースを削除すると正常に時刻が設定できる場合があります。
 大昔にMB-6880用のCentronicsのI/Fを自作するため少し齧った魔人語を思い出しました。

 時刻が設定できるのはいいですが、設定した時刻がどの時点で有効になるのかがよく判りませんでした。
 上記" how to set the date time"の説明によれば、カメラの電源を入れたときに、カメラのメモリに書き込まれているTAGファイルのテキストデータを読み込んでタイムスタンプを設定するようです。
 しかしながら実際にやってみると正確な時刻を設定するのはなかなか難しいです。
 色々試してみたところ、手元にあるSA-1168の場合には、設定時刻よりも5~10秒早く電源ボタンを押すと比較的正確に(1~2秒の誤差で)設定できることがあるみたいです。しかし、同じタイミングで設定しても30秒程度ずれることもあるので、正確なことはよくわかりません。
 以下の動画は、情報通信研究機構(http://www.nict.go.jp/JST/JST.html)提供の日本標準時(JST)とSA-1168のタイムスタンプを比較したものです。
 どうにか2秒以内の誤差に収まっています。
 なお、音声の時報は有線電話の117です。(携帯電話は遅延が大きいので・・・)

【Key holder mini camera (SA-1168) Time Stamp】

 このカメラは見かけによらず結構奥が深いです。
 しばらくは遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

懲りずにキーホルダー型カメラ(SA-1168)をまた買いました

  先日、一寸怪しげな「キーホルダー小型カメラ(Key holder mini camera) SA-1168」というのを買ったのですが、レンズユニットを分解して1日で壊してしまいました。
 遊び倒すつもりで買ったので、なにか物足りないです。

 もう一台買う価値があるかどうかネットで調べてみると、一般的な評価はあまり好ましくありません。
 しかし、下記のブログで紹介されていた外観が似ている(同じ?)カメラのレビューを見てみるとはかなりディープな世界があるようです。

  2014年1月4日土曜日
  禁断のキーレスカメラに手を出す
  http://ttripper.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

  808 Car Keys Micro Camera Review
  http://www.chucklohr.com/808/index.shtml

 外見は同じで中身が異なるバージョンが多数あるようです。
 記事の内容をざっと眺めてみると、広角レンズ、Webカメラドライバ、タイムスタンプ除去などについて書いてあり、面白そうです。
 これなら2台目を買う価値があるであろうということで、性懲りもせずに買ってきました。

【左:1台、右:2台目】
1_key_holder_mini_camera_sa1168_x2

 黄色いテープは画角30度のマーカーのつもりです。

 今回は、中身には手をつけずに、ケースの外側の若干の加工と撮影だけにしました。

 最初に正常に動作するかどうか確認してみました。

【テレビ用テストパターンを撮影】
2_test_pattern_40_cm

  40cm離れて撮影して水平方向に21cm写っているので、水平方向の画角は約30度です。
 レンズの方向は少しずれているようですが、とりあえず撮像と再生はできました。

 前回は撮影回数が非常に少なかったのですが、手持ちで撮影した画像が相当に揺れるということは判ったので、三脚用のアダプタを取り付けました。
 以前買った100円三脚の固定ねじ(?)が使えそうだったので、これを取り外してカメラの裏面に接着剤で固定して出来上がりです。

【100円三脚(部品取り用)】
3_100_yen_tripod_type1

【3脚用アダプタ付きキーホルダー小型カメラ】
4_key_holder_mini_camera_sa1168_tri

【別の100円三脚に取り付けた様子】
5_key_holder_mini_camera_sa1168_wit

 手持ちと三脚付きで動画を撮ってみました。

【テレビ用テストパターン(手持ち)】

【U.S.S. Enterprise NCC-1701  Refit(三脚使用)】


 静止状態で撮れば、そこそこの画質が得られるようです。

  なお、PCでは普通に再生されるのですが、撮影データをそのままYouTubeにアップロードすると表示が変になるようです。
  音声もノイズのみになるので、音楽に置き換えました。

  Motion JPEGをMPEG2に変換してアップロードしたら、どうにか再生できるようになりました。

オリジナル:
[Key holder mini camera test shot(TV Test Pattern).avi]
720x480 24Bit Motion JPEG(MJPG) 30.00fps 1266f 3597.17kb/s
PCM 8.00kHz 16Bit 1ch 128.00kb/s
[RIFF(AVI1.0)] 00:00:42.199 (42.199sec) / 19,677,696Bytes
真空波動研Lite 140713 / DLL 140713 Unicode

変換後:
[Key holder mini camera test shot(TV Test Pattern).avi]
720x480 24Bit 不明mpg2 29.97fps 600f 2966.68kb/s
Dolby AC-3 44.10kHz 2.0ch(2/0 L+R) CM 128.00kb/s
[RIFF(AVI1.0)] 00:00:20.019 (20.019sec) / 7,773,240Bytes
真空波動研Lite 140713 / DLL 140713 Unicode

 次は、手持ちで安定な画像を撮りたいところですが、なかなか難しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

厚木基地の”日米親善アメリカンフェスティバル&盆踊り2014”は8月16日(土)

 「8月15日午後1時の天気予報で、16日の降水確率が70%以上の場合は、17日に順延となります」とのこと。

  在日米海軍厚木航空施設 渉外部 HNRO | Facebook
  【NAF厚木アメリカンフェスティバル&盆踊り2014】
  2014年8月16日 14:00 - 20:30 (UTC+09)
  https://www.facebook.com/events/491048424331826/?ref=22

【ポスター】
Naf_atsugi_american_festival_and_bo

【NAF厚木(通称 厚木基地)までのアクセス】
Naf

【イベント会場マップ】
10348451_694906377245120_8163252362




【天気】
  Naf Atsugi, Japan
  (Forecast for Machida, Tokyo > 35.519 139.480 > 70 m )
  http://www.wunderground.com/weather-forecast/JP/Naf_Atsugi.html

東京アメッシュ
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

 

余談:
 厚木基地のハンガーには幽霊が出るという噂が・・・・

  SEEKS GHOSTS
  Wednesday, May 22, 2013
  Japan's Haunted Military Bases
  http://seeksghosts.blogspot.jp/2013/05/japans-most-haunted.html

  どのハンガーに出るのでしょうか?
Atsugi_base

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

9月1日から機内における電子機器の使用制限が緩和

 最近、各国で機内での電子機器利用規制が緩和されていますが、日本でも9月1日から制限が緩和されるようです。

  朝日新聞デジタル
    離着陸時のスマホ使用、9月解禁 通話禁止はそのまま
  2014年8月7日22時43分
  http://www.asahi.com/articles/ASG87672JG87UTIL02V.html?iref=comtop_6_04

  国土交通省
  ホーム>報道・広報>報道発表資料>
  航空機内における電子機器の使用制限を緩和します
  平成26年8月7日
  ~9月1日より使用制限を緩和~
  http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku09_hh_000055.html

  電子機器等を定める告示の見直しの概要
  http://www.mlit.go.jp/common/001050250.pdf

  電子機器の使用制限緩和概要(区分一の航空機内のケース)
  http://www.mlit.go.jp/common/001050251.pdf

 基本的に、GPSやデジカメは常時OKなので、Gate-to-Gateでログをとることができそうです。
 BluetoothもOKなのでM-241を窓際においてテーブルに置いたタブレットで航路を表示できるので便利です。
 少し前に機内でBluetoothヘッドホンを使用したレビュー記事が削除されたことがありましたが、今後はそういう心配はしなくていいかもしれません。

 米国では一足先に規制が緩和されていますが、航空会社によって扱いが違うので要注意です。

  ■アメリカン航空
  米国内で機内での一部電子機器の使用を大幅に緩和 -
  http://www.americanairlines.jp/intl/jp/onboard/ped.jsp
  上記URLから抜粋引用
  ---------------------------------
  アメリカン航空では、米国内の離発着時や誘導路移動中の機内での電子書籍、ゲームやビデオなど、一部電子機器の使用が可能になりました。以下の注意点をお守りいただき、さらに快適な空の旅をお楽しみください。引き続き、東京離着陸時や誘導路移動中の機内での電子機器のご使用はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

  ご使用になる電子機器は機内モードに設定の上、常にお客様ご自身でお持ちいただくか、座席下に収納ください。
  米国内線や米国-中南米線など、一部の機内でご利用いただけるWi-Fiサービスは、離陸後しばらくしてからご使用いただけます。
  新ガイドラインは、小型軽量端末に分類されない電子機器は対象外です。(ノートブックPCなどは、現行のガイドラインに沿ってご使用ください。)
  ---------------------------------

  ■デルタ航空
  個人用電子機器(PED)
  よくあるご質問 - 携帯用電子機器
  http://ja.delta.com/content/www/en_US/support/faqs/during-your-trip/personal-electronic-devices.html
  上記URLから抜粋引用
  ---------------------------------
  フライトのすべての段階で使用できるのはどのような機器ですか?
  以下の機器については、デルタ航空およびデルタ・コネクション便でゲートからゲートまで通してご利用になれます。
  ・ AM/FM または衛星ラジオ
  ・ デジタルカメラ、ビデオカメラ
  ・ 電卓
  ・ 機内エンターテインメントシステムなど、デルタ航空が設置した機器
  ・ DVD プレイヤー*
  ・ 電子書籍リーダー
  ・ 電動ひげそり
  ・ 電子 / デジタル腕時計
  ・ 全地球測位システム(GPS)受信器
  ・ 携帯コンピューターゲーム
  ・ ヘッドフォン
  ・ ノートパソコン、ラップトップ*
  ・ 医療機器**
  ・ ノイズリダクションヘッドフォン
  ・ ポータブル・メディアプレイヤー*
  ・ ポケベル
  ・ 携帯ネットワークサービスを使用するスマートフォンその他のすべての機器は、電源をオフにするか機内モードに設定してください。
  ・ タブレット、ワイヤレスキーボードまたはマウス
  ---------------------------------

  ■ユナイテッド航空
  機内への電子機器類の持ち込み
  https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/baggage/devices.aspx
  上記URLから抜粋引用
  ---------------------------------
  携帯用電子機器類
  ユナイテッド運航便では、小型で軽量の携帯用電子機器類(下記に明記)を「機内モード」でお使いいただけます。携帯電話サービスは、出発前に必ずお切りください。機内で機器類をお使いいただけるようになりましたら、客室乗務員のアナウンスでその旨ご案内をいたします。使用に関する一般的なガイドラインは次のとおりです:

  米国州内(米国領土を含む)では、認められている機器類は常時お使いいただけます。
  米国‐米国外、米国‐米国領土の間では、当該の外国または領土の離着陸時を除き、認められている機器類をお使いいただけます。
  米国外では、高度10,000フィートを超えましたら、認められている機器類をお使いいただけます。
  一部の電子機器類は、航空機の航法計器に軽微な妨害を与える可能性があります。このため、状況によっては、乗務員が皆様にすべての機器類の電源を切るようお願いする場合があります。緊急時の準備中には、必ずすべての機器類の電源を切り、収納してください。

  携帯電話サービスをお使いいただけるのは、客室の扉が開いている場合、または客室乗務員がその旨ご案内した場合のみです。ポケットベルは、メッセージ受信には常時お使いいただけます。

  お使いいただける機器類:
   電子ゲーム機
   パソコン
   エンターテイメントプレーヤー
   音声やビデオのレコーダー類(テープ/CD/MD/MP3プレーヤー、ビデオカメラなど)
   電卓
   電気かみそり
   カメラ
   機内のノートパソコン用電源ポート

  お使いいただけない機器類:
   電池式の個人用空気清浄機
   テレビ
   ラジオの受信機や送信機(AM/FM/SW、CB、スキャナーを含む)
   無線操縦玩具などの無線通信機能を持つ玩具など
  ---------------------------------

 ユナイテッド航空では受信機の使用が常時禁止されているのが一寸意外です。
 
 
 ポケットベルがOKなのにラジオがだめなのはなぜでしょうか?
 局発の周波数の問題?

 
 
 GPS付きのタブレット、デジカメ、腕時計は、GPS機能を殺さないとNGですが、取説を熟読しないとわからないかもしれません。

  日本の話に戻りますが、 こんなのを使えばシートが離れていてもBluetooth経由でお話ができるのでしょうか?
 Skypeは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

アクションカメラ代用品としてキーホルダー小型カメラ(SA-1168)を買いましたが・・・

 最近(でもないかもしれませんが・・・)、アクションカムなるものが流行っているようです。
 当方も一寸興味がありますが、一寸過酷な環境(高音圧...耳栓必須)で使用する予定なので破損する可能性があり、高価な製品は使えません。
 有名な製品は数万円するし、もどきの製品でも最低でも5000円程度はします。
 使い捨てにするのには未だ一寸高いです。

 先日秋葉原を徘徊していたら、一寸怪しげな超小型のビデオカメラが1200円程度で売っていました。
 アクションカムもどきとして利用できるかどうかはわかりませんが、この値段なら勉強代ということで買ってきました。

【SA-1168】
Key_holder_mini_camera_sa1168_1_2

Key_holder_mini_camera_sa1168_2

Key_holder_mini_camera_sa1168_3

Key_holder_mini_camera_sa1168_4


【MicroSDカード挿入口】
Key_holder_mini_camera_sa1168_5_mic


 取説には「間違った向きや角度でMicroSDカードを無理やり挿入すると、故障の原因となります。」と書いてありますが、正しい方法が明記されていないので、間違う可能性が大です。
 挿入口の真ん中に基板を挟んで上下に二つの空間が見えますが、ボタン側(表側)の空間にMicroSDカードの端子面を上側にして挿入するのが正解です。


  
 試しに少し撮影してみましたが、静止状態ではそこそこに写りますが、手に持って動画を撮影すると画像の揺れがかなり大きいです。
 一般に、アクションカメラのレンズ系は、手振れの影響が目立たないように広角気味の場合が多いのですが、このキーホルダー小型カメラは画角がかなり狭いみたいです。
 どの程度なのか実測してみました。

【撮影画角確認】
Sa1168_sample_pix_1


 25cm離れて撮影して水平方向で14cmの範囲が写っています。
 ということは、水平方向の画角は約30°ということになります。
 下記の資料によれば、50mmの標準レンズ(35mmフィルム換算)の画角が46°(対角)ということなので、30°というのはかなり望遠寄りであり、結構画角が狭いです。

  画角
  http://withphoto.jp/glossary/%e7%94%bb%e8%a7%92/

 素人考えで、レンズ系に少し手を加えれば広角になるのではないかと思ったのが間違いでした。
 今考えてみると、画角は基本的にはイメージセンサのサイズとレンズの焦点距離で決まるので、レンズ自体を交換しない限りは変更できないのですが、以前、固定焦点のWebカメラのレンズをいじって合焦位置を移動させたことがあったので、同じようにできるのではないかという大きな勘違いをしたようです。

 気が付くのが遅かったですが、以下分解の様子です。

【キーホルダー小型カメラ(SA-1168)の分解】
Key_holder_mini_camera_sa1168_6_3

Key_holder_mini_camera_sa1168_7

Key_holder_mini_camera_sa1168_8_hb1

【レンズユニット】
Key_holder_mini_camera_sa1168_9_len

 ねじ溝や回転角確認用のマークが見えるので、製造時にレンズの調整を行ったと思われますが、接着剤で固定されています。
 ここで止めておけばよかったのですが、好奇心で無理やりレンズをペンチで取り外しました。

【レンズユニットの分解】
Key_holder_mini_camera_sa1168_11_le

Key_holder_mini_camera_sa1168_12


Key_holder_mini_camera_sa1168_13

Key_holder_mini_camera_sa1168_14

【レンズユニットの再組み立て】
Key_holder_mini_camera_sa1168_15_le

 レンズユニットは、ペンチの傷でボロボロになっていますが、一応レンズの位置は調整可能です。
  レンズの元の位置がよく判らないので組み立ては適当です。
 再組み立て後に、レンズ位置を調整しながら撮影してみました。

【分解後の映像】
Sa1168_sample_pix_2

Sa1168_sample_pix_3

Sa1168_sample_pix_4


 
 撮像してみると、最初のうちは、超ピンボケでも何が写っているのかはわかる程度の画像だったのですが、そのうちに、映像信号のビット数が極端に少なくなったような擬輪郭だらけの画像になり、最後には同期が乱れてしまいました。
 基板を直接素手で触って作業していたので、映像処理用のICが壊れたのかもしれません。

 結局、遊べたのは1日程度でした。
 好奇心は高くつく・・・

おまけ:
・取説には記載がありませんが、リセットスイッチらしきものがありました。
Key_holder_mini_camera_sa1168_21_re


・他の類似製品(OEM?)の記事で、PCとUSB接続した状態で電源スイッチを押すとWebカメラとして動作するようなことが書いてあったので、試してみたところ、何かのドライバをインストールする作業が始まったのですが、途中で止まりました。

Driver_software_install_usb_composi


 ドライバーソフトウエアのインストール USB Composie Device ST6000 という表示が出ていましたが、これは何でしょうか?
 なにかのドライバをインストールすればWebカメラになるのかと思ってドライバをいじっていたら、マウスが動作しなくなってしまいました。復元するのに結構苦労しました。結局、マウスのドライバを削除して再起動したら回復しました。
 好奇心はトラブルのもと・・・

★★★分解は自己責任で・★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

タブレット(Hyundai T7)の故障スピーカを交換しました

  現在、SDR用に使用しているタブレットは中華(韓?)PADのHyundai T7ですが、2台目です。
【Hyundai T7】
Hyundai_t7_speaker_repair_00

 1台目目は当たりが悪かったのか、取り扱いが不適切だったのか、よくわかりませんが、最初に内蔵スピーカが故障して、次にUSB端子が接触不良になりました。
 USB充電ではなく充電専用の端子を使用しているので、メモリに記録された動画を再生しながら音楽をイヤホンで聞くことくらいはできましたが、やっぱり使い難いということで2台目を買いました。
 先日、1台目のUSBの故障をどうにか出来ないかと色々触っていたら、USBレセプタクルが完全に外れてしまいました。

  このまま、部品取り用のジャンクにするのは、一寸勿体ないので、修理できるかどうかはわかりませんが、いわゆる「殻割り」をやってみました。
 ケースの表面にビスの頭は見えないので、裏蓋の固定は接着か嵌合と思われますが、多分爪による係止構造であろうと想像して、こじ開けることにしました。
 通常の小型ドライバでは裏蓋を開け難いし傷が付きやすいので、刃の先が幅広になっている腕時計の工具を使用しました。

【殻割り】
Hyundai_t7_speaker_repair_01

Hyundai_t7_speaker_repair_02

Hyundai_t7_speaker_repair_03

 隙間に刃の先を差し込んで、少しずつよじっていくと裏蓋が外れました。
 なお、Hyundai T7の場合は、裏蓋側には電気部品が固定されていないので、裏蓋を完全に取り外すことができます。

【スピーカ部分】
Hyundai_t7_speaker_repair_04

 超小型の楕円形のスピーカが使用されています。サイズは約12mm×約20mmです。
 故障の原因を確認するためにホルダを外し、スピーカを取り外して、動画を再生してみましたが、やっぱり音は出ません。
 イヤホンからは音が出るので、故障の原因はイヤホンジャックからスピーカまでの配線か、または、スピーカ自体であると考えられます。

【タッピングで検査中】
Hyundai_t7_speaker_repair_05_2

 故障の原因を切り分けるために、スピーカの直前でスピーカ用のリード線にピンを刺してタッピングしてイヤホンに接続すると音が出ます。
 ということは、故障の原因はスピーカ自体に確定です。

 スピーカの内部をよくみると、ボイスコイルのようなものが見えますが、その一部が本来あるべき位置とは異なった位置にあるように見えます。
 スピーカの外からではよく見えないので、スピーカを分解することにしました。
【スピーカの分解】
Hyundai_t7_speaker_repair_06

Hyundai_t7_speaker_repair_07

Hyundai_t7_speaker_repair_08

Hyundai_t7_speaker_repair_09

Hyundai_t7_speaker_repair_10


 ボイスコイルが二つに分離しています。

 ボイスコイルの断線は時々聞きますがボイスコイル自体が変形する故障は初めて見ました。
 調べてみると、ボイスコイル成形用の接着剤が熱で溶けて、ボイスコイルがばらけることがあるようです。
 Hyundai T7にSDR用のDVB-T+DAB+FMチューナ(消費電流約300mA)を接続し、SDR TouchでUHFのエアバンドを4時間位連続受信した後に故障が発生しており、タブレットはかなり高温(アッチッチ状態)になっていました。

  この状態では、スピーカを交換するしかないので、スピーカホルダのサイズに合いそうなものネットで探してみました。

【スピーカ取り外し後(ホルダ付き)】
Hyundai_t7_speaker_repair_11_2


 秋月電子とaitendoにそれらしいものがありました。

  秋月電子
  トップ > パーツ一般 > 音響部品 > スピーカーユニット
  http://akizukidenshi.com/catalog/c/cspk/

  aitendo
  ホーム > ★色々な電子部品 > スピーカ
  http://www.aitendo.com/product-list/123

 ネットの情報では現物の細部がよく判らないので、故障したスピーカを持参して秋葉原で現物と比較しながら探しました。

 最終的には、以下の二つをaitendoで買ってきました。

【購入したスピーカ】
Hyundai_t7_speaker_repair_12


 左:故障したスピーカ(分解状態)

 中:①ESE1420T21-03X-8Ω 1W-P \200
      8Ω 1W
      14.0x20.0x4.1 mm
      高品質

 右:②SPKU1318-808 \200
   8Ω 0.8W
      18.0x13.0x3.8 mm
      モバイルデバイス用

 タブレットのスピーカは、ホルダで固定されているので、ホルダのサイズと比較しました。

【①ESE1420T21-03X】
Hyundai_t7_speaker_repair_13

【②SPKU1318-808】
Hyundai_t7_speaker_repair_14


 ①の方は、形状は元のスピーカと殆ど同じですが、全体的にサイズが大きく、ホルダをかなり削る必要がありそうです。
 ②の方は、形状は元のスピーカとは異なりますが、楕円の短径がスピーカホルダより僅かにはみ出すだけなので、ホルダを少し削ればスピーカを固定できそうです。

 どちらを使うか迷いましたが、少しでも音が大きい方が良いであろうということで、実際にタブレットのスピーカコードを接続してみると、①の方が音が大きくて音質も若干良い(比較の問題ですが)ようです。
 ということで、①に決定です。(シールに「高品質」と印刷されているし・・・)

  この種の超小型のスピーカは携帯電話の受話用なので、耳に接近させた状態で使用することが想定されており、空中で鳴らすと「蚊の鳴くような声」しか聞こえません。
 スピーカをタブレットの裏蓋の放音孔部分に押しつけると、音量と音質が若干改善されます。裏蓋が共鳴板や平面バッフルとして少しは機能しているのかもしれません。
 スピーカの押しつけ状態によって、音量と音質がかなり変化するので、裏蓋の放音孔部分をよく見ると、不自然に変形した部分があります。

【裏蓋の放音孔付近】
Hyundai_t7_speaker_repair_15

Hyundai_t7_speaker_repair_22

 最初は、スピーカを裏蓋に固定するための接着剤の痕かと思いましたが、変形部分と周囲の部分の材質は同じです。
 変形の状態から判断して、どうも熱で溶けたようです。
 裏蓋の材質は不明ですが、合成樹脂が溶けるのであればかなり高温になったようです。
 故障の直前にはタブレットはかなり発熱していましたが、基板の熱がスピーカに伝わってスピーカが高温になったとは考えにくいです。
 もしそうであれば、基板上の部品や裏蓋の内側にも損傷があるはずですが、目視した範囲では損傷は見当たりません。また、スピーカ以外の動作不良は見受けられません。(USBの故障は除く)
 となると、原因はスピーカ自体の発熱ということになりますが、思い当たる節があります。
 SDR受信の耐久試験のつもりで、UHFのエアバンドをスケルチ・オフ、音量最大の状態で受信していたので、スピーカからはノイズが連続的に出力されていました。
 スピーカをシングルトーンで長時間駆動することはご法度ということは知っていましたが、ノイズについては気が付きませんでした。
 後で、下記のスピーカメーカのHPを見てみると、ホワイトノイズを使用して連続負荷試験を行っているようなので、長時間のノイズ再生は過酷な状態だったのかもしれません。

  技術情報 - 株式会社東京コーン紙製作所
  http://www.toptone.co.jp/technology/

 故障発生時に想像した「高熱によるボイスコイルの損傷」が当たっていたようです。

 なお、スピーカの交換作業自体は簡単で、ホルダの孔をスピーカのサイズに合わせて広げ、スピーカを押し込んでホルダを基板にねじで固定し、スピーカのリード線を半田付けして終わりです。
【スピーカの修理】
Hyundai_t7_speaker_repair_16_2

Hyundai_t7_speaker_repair_17

Hyundai_t7_speaker_repair_18

Hyundai_t7_speaker_repair_19

Hyundai_t7_speaker_repair_20

Hyundai_t7_speaker_repair_21


 2台目の音と比べると若干音が小さくて低音も不足していますが、200円の部品代で修理できたので、よしとしましょう。

 スピーカの表面と裏蓋の放音孔部分の接触状態によって、音量と音質が変化するようなので、スピーカの周囲を裏蓋に接着剤で固定した方がいいのかもしれませんが、次に分解するときに不便になるので、しばらくはこの状態のままで様子を見ることにします。

 なお、裏蓋を開けるときに、最初は丁寧に作業をしていたのですが、途中で手抜き作業になったため、ケースに若干傷がつきました。
 老眼ではあまり気にならないので、許容範囲とします。

【ケースの傷】
Hyundai_t7_speaker_repair_23

Hyundai_t7_speaker_repair_24


【関連内部リンク】
2013年9月22日 (日)
Hyundai T7のスピーカが沈黙したので外部スピーカを接続しました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2013/09/hyundai-t7-1a28.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

シンガポール航空は巡航中に携帯/スマホのSMS等が利用できるようになったようです

 ネットニュースで以下のような記事を見かけました。

  NAA.ASIA
  シンガポール  2014/07/14(月曜日)
  航空庁、機内での電子機器利用規制を緩和
  http://news.nna.jp/free/news/20140714spd008A.html

  CAAS eases rules on electronics in flightsEmail Print
  POSTED: 11 Jul 2014 15:00
  http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/caas-eases-rules-on/1254442.html

  Civil Aviation Authority of Singapore
  http://www.caas.gov.sg/caas/en/Regulations/

  CAAS Advisory Circular
    17 September 17
    USE OF PORTABLE ELECTONICS DEVICES ONBOARD AIRCRAFT
    http://www.caas.gov.sg/caasWeb2010/export/sites/caas/en/Regulations/Safety/Advisory_Circulars/AC-AOC_series-Air_Operators/AC_AOC-7_3_Use_of_Portable_Electronic_Devices_onboard_Aircraft.pdf

【The use of PEDs on Singapore-registered aicraft for the different phases of flight】
The_use_of_peds_on_singaporeregiste


 米国や欧州では、既に規制が緩和されているようですが、シンガポールでも同様な対応となるようです。

  航空会社の扱いはどうなっているのか調べてみました。
 シンガポールに行く予定があるので、規制が緩和されていればうれしいです。

  シンガポール航空
  インターネットアクセス・SMS/MMS
  http://www.singaporeair.com/jsp/cms/ja_JP/flying_with_us/inflight-connectivity.jsp

 以下上記URLから抜粋引用
********************************************
どうすればテキストメッセージ(SMS)またはマルチメディアメッセージ(MMS)を送信できますか?

1. 電話のネットワーク設定で、電話通信をオンに設定してください。フライトモードがオンになっていないように設定を確認してください。オンボードネットワーク** に接続してください。
2. ウェルカムメッセージに記載されたコードを入力して、返信してください。大文字、小文字は判別されます。このウェルカムメッセージはお客様の携帯電話会社が弊社のサービスプロバイダーとローミング契約 がある場合にのみ受信できます。
3. メッセージを送信する際には、宛先の電話番号の先頭に‘+’を入力し、続けて国番号を入力してください。
4. ‘データローミング’はマルチメディアメッセージを送信する際、または携帯電話会社のデータ接続サービスを利用したいときのみオンにしてください。

** OnAir接続サービスをご利用の場合は 'OnAir' または '90115' ネットワークを選択して下さい。Panasonic / Aeromobile 接続サービスをご利用の場合は 'Aeromobile' ネットワークを選択して下さい。
------------------------------------------------------
  WiFiを利用したインターネット接続
  2. WiFiサービスはいつ利用できますか?
  サービスは航空機が水平飛行中かつ、公海上または認可された国の上空を飛行中にのみご利用いただけます。サービス提供地域の情報は、クリスワールドマガジンの背表紙にある地図をご参照ください。弊社のサービスプロバイダーはサービス提供の許可を得るために、継続して関係各国の当局と交渉を続けています。
------------------------------------------------------
  GSMを利用したテキスト/マルチメディア・メッセージ
  1. フライト中に音声電話を掛けるまたは受けることはできますか?
  音声電話を掛けたりまた受けることはできません。携帯電話でメッセージを送受信する際は、他のお客様にご配慮頂き、サイレントモードに設定をお願いいたします。
  2. GSMサービスはいつ利用できますか?
  航空機が水平飛行中や、公海上または認可された国の上空を飛行中以外のときには、‘Switch off phone’の機内表示が点灯しています。この機内表示が点灯している間は携帯電話は電源を切るかフライトモードに設定してください。
  3. GSMに接続できずサービスを利用できません。考えられる原因は何ですか?
  このサービスを利用するには、まず、お客様の携帯電話がGSM1800に準拠している必要があります。更にお客様の携帯電話会社が弊社のサービスプロバイダーと、ローミング契約がある場合に限ります。その場合はローミング機能もお客様の携帯電話にて可能です。
------------------------------------------------------
  よくある質問とご利用のヒント
  Q:なぜ今は航空機上で携帯電話を使用することが安全なのですか?
  A:機内での接続システムは、フライト中に航空機のシステムに影響を与えることなく携帯電話を使用するための数々のテストを経て各航空当局で認証されました。しかし、地上走行中および離着陸時には、安全規定に従い全ての電子機器の電源を切ることが必要です。
********************************************

  この説明を見た範囲では、基本的には巡航中であれば、Wi-Fiや携帯電話のメールが使えそうです。
 「フライトモードがオンになっていないように設定を確認してください。」という、今までとは逆(?)の注意書きが一寸不思議な感じです。

 費用がどの程度になるか気になります。
 StarHubのローミングサービスのプロモーションが行われているようですが、残念ながら時期が間に合いません。
  
  StarHub Roaming Services 
  http://roaming.starhub.com/index-roaming_onair.html

  シンガポールでプリペイドSIMを購入してIOSESUに挿す予定なので、条件が整えば帰りの便で実験できるかもしれません。

 話は変わりますが、日本でも規制緩和の話があったようですが、どうなっているのでしょうか?

  朝日新聞デジタル
  機内でスマホ、常時OKに 今夏解禁、通話禁止は継続
  2014年4月7日
  http://www.asahi.com/articles/ASG3X74N5G3XUTIL064.html

  国土交通省航空局安全部 空港安全・保安対策課
  航空機内における電子機器使用に関する規制緩和の方向性について
  平成26年3月27日
  https://www.mlit.go.jp/common/001034707.pdf

  電子航法研究所
  電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性評価方法
  http://www.mlit.go.jp/common/001031526.pdf
  玄関結合:航空機搭載アンテナと配線を経由して侵入
  裏口結合:機内配線、筐体から侵入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »